小学校か中学校の国語の教科書で読んだ話なのですが、
お父さんと子供がいて、お父さんが蜻蛉の話をします。
「蜻蛉は喉まで卵が詰まっていて、口も退化してしまい、
卵を産むとすぐ死んでしまう」。
その話を聞いて、子供は自分を産んで死んでしまったお母さんを思う、
というのは誰のなんと言う話なのでしょうか。おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

吉野弘さんの「I was born」です。


小説ではなくて、詩です。
私も確か中学生か高校生の時に教科書で読んだ記憶があります。
心に残って忘れられない詩です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、ありがとうございました!
検索エンジンで探したら詩も出てきました。
詩だったんですね。

お礼日時:2001/10/26 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QV系バンドをしている方or好きな方にお聞きしたいのですが

V系バンドをやっている又は以前やっていた経験のある方に質問なのですが、
なぜV系バンドを組もうと思われたのでしょうか?
単に音楽をやりたいならば、容姿なんて普通のバンドでもいいんじゃないかと思うけど、
あえてV系バンドにしたその理由、V系に憧れる理由がすっごく気になりました!
化粧や衣装で中性的な容姿になることをどんな気持ちでやっているのかなぁなど…
私自身、V系大好きなのですが、ふと疑問に思い気になってしまいました。

バンド仲間がV系やりたいっていうからそれに合わせて…とか
V系ファンの方で、好きなバンドのメンバーが雑誌などのインタビューで
何故V系バンドを組んだのか、などの話をしているところを見たことが
ある方、何でもいいので是非教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

何を思ったのか「専門家」としましたが、
現役活動中バンドのボーカルです。はじめまして。

組もうと思ったきっかけはバンドがやりたかったから。
やりたい音楽がダークで、ゴシックな要素が大きかったのと、
シャウトも高音も得意だったのでV系路線にしました。
(でも自分も元々は路上でゆずとか歌うギター弾きでした。)

V系は衣装やステージングがポップスとは違います。
(最近はスーツ系とか割とポップなのも増えてますが。)
お金がどれだけかかろうともV系の世界観が魅力的だったので選びました。
化粧や衣装は撮影かライブの時位ですが、とても楽しいです。
雑誌の取材等で「皆さんも、服もすごくカッコイイですね。」と言われ
とても嬉しかったです。
音楽以外で、自分達自信も売れる努力が要るジャンルだと思います。
それゆえにとても充実しています。

メンバーとも良く話しますが、
「音楽だけじゃなくて自分も売りたかったよね。
 ゴス系のモデルとかなりたかったもん。」
って意見にうちはまとまります。

Q探してます 窓辺に置いて雨に濡らしてしまった本の話

道徳の教科書にのっていた小説を探しています。
小学生の頃に読みました。
自分の学年のものでは無く、図書室においてあった教科書で読んだので発行年数が不明なんですが、今から14~18年くらい前に読みました。
恐らく、有名な作家の自伝がエッセイの一部だったと思います(これはうろ覚えなので自信がありません)。
物語は外国の話です。

【あらすじ】
少年は勉強が好きだが貧しくて本も買えない。
どうしても本を読みたい少年は、ある日近所のおじいさんに本を借りる。
しかし、その晩雨が降り、窓辺に置いてあった本をうっかりビショビショに濡らしてしまう。
あくる日、少年は本当の事を言えず、おじいさんに「本を失くしてしまった」と一度は嘘をつくが、罪悪感に耐え切れず本当の事を告白する。
おじいさんは真実を話したご褒美に、その本を少年にプレゼントする…。

と言うような短い物語でした。
スケッチ画のような挿絵もあったと思います。
その教科書のための書き下ろしでは無く、何かの本の再録だったような…(うろ覚えです)。
このような内容の物語をご存知でしたら作者やタイトルなど教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

道徳の教科書にのっていた小説を探しています。
小学生の頃に読みました。
自分の学年のものでは無く、図書室においてあった教科書で読んだので発行年数が不明なんですが、今から14~18年くらい前に読みました。
恐らく、有名な作家の自伝がエッセイの一部だったと思います(これはうろ覚えなので自信がありません)。
物語は外国の話です。

【あらすじ】
少年は勉強が好きだが貧しくて本も買えない。
どうしても本を読みたい少年は、ある日近所のおじいさんに本を借りる。
しかし、その晩雨が降り、窓辺に置いて...続きを読む

Aベストアンサー

http://blog.izumishobo.co.jp/sakai/2006/10/post_88.html
http://www.izumishobo.co.jp/onlinebook/c02_denki/lincoln/lincoln2.html
http://pub.ne.jp/KYOIKU/?entry_id=3752650
http://www.shobara-itabashi-e.hiroshima-c.ed.jp/download/4669/doutoku3.pdf

QV系好きな男の子に質問!!(学生がいいな)

こんにちは♪
あたしの好きな人はV系が好きなんです。。。
やっぱりV系が好きな男の子ってV系っぽい女の子を好きになるんですか??

Aベストアンサー

学生です(男)♪
そんなことないですよ!!
けど、、、
個人的にやっぱり趣味の合う人がいいですねー^^
もしV系が好きな人からコクられたら即おっけぃです♪
(きもくてすいません。
容姿は全然関係ないです。普通の化粧とかファッションでも
全然おkだと思います♪
一緒にライブ行ったり好きなバンドの話とかしたら
楽しいと思うんでV系っぽい女の子っていうよりはV系が好きな女の子が
いいですね♪(個人的に。。)なのでよりその男の子と仲良くなりたいならV系に興味をもってみては?(ファッションは普通でいいと思う

(LM.Cていうバンドなら聞きやすいし、激しくないですよ)

ごちゃごちゃ語りましたが、結局結論を言うと。。。
「V系が好きな男の子ってV系っぽい女の子を好きになるんですか??」
→そんなことはまったくないです(ただ、ちょっと話が通じる方がうれしい♪

Q泣ける話、笑える話

タイトルのとおり泣ける話、笑える話を探しています。
小説、漫画問いません。
参考までに、探している傾向としては
・病気で人が亡くなる系は苦手です
・児童書が好きでした
ぱっと面白い本で思い浮かぶもの
・ミミズクと夜の王(泣)
・しゃばけシリーズ(笑)
・ラブコメ(笑)
・下妻物語(笑/泣)
・宮部みゆき作品(特に時代物)
・輪違屋糸里

なんというか、ジャンルがバラバラ統一性がないのですが。
上記と似たようなテイスト、オススメのものがあれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。浅田次郎さんの小説がお気に入りという事ですので、浅田さんの時代物ではないのですが、泣ける小説を挙げてみました。
●天切り松闇がたりシリーズ
 大正時代の盗賊一家の話です。以前ドラマ化もされました。私は特に2巻が泣けます。それぞれのキャラクターがハッキリしていてカッコいいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30978788
●霧笛荘夜話
 霧笛荘という部屋を案内する老婆が以前借りていた人の話をするという連作短篇集です。多分病気では死ななかったとは思いますが、泣いた覚えはあります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31459536
●プリズンホテル1~4
 任侠団体様専用のホテルで巻き起こる様々な話の連作短篇集です。泣けるだけでなく笑えます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31459536
●中場利一さんの「岸和田少年愚連隊」
 映画化されましたので、ご覧になってるかもしれませんが、坊主を無理矢理脱色する話とか、永ちゃんのコンサートに行く話など爆笑話が満載です。吹出してしまうので電車などでは読めないです。シリーズ化されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472959
●今市子さんの「百鬼夜行抄」
 「しゃばけ」のような不思議系が好きなら、多分気に入ると思いますが、もう少しホラーというか怖い感じが入ってます(笑えるシーンもあります)。主人公の律は一太郎と同じように妖怪を感じる力はあっても、コントロールしたり支配する力はありません。犬神や白沢のように、尾白、尾黒という家来(あまり力はない)もいます。一部文庫で出ています。こちらが気に入ったら波津彬子さんの「雨柳堂夢咄シリーズ」もお勧めします。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31972392
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30979072
●藤沢周平さん「たそがれ清兵衛」
 宮部みゆきさんのように、市井に生きる人達の人情話から武家物まで、読みやすい文章で書かれていますので、さっと入り込めると思います。「たそがれ~」は映画化されたので入りやすいと思います。「時雨のあと」や「橋ものがたり」もしみじみと泣ける話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30979072
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31021282
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31198393

 長文失礼しました。良かったら読んでみて下さいm(__)m。

こんにちは。浅田次郎さんの小説がお気に入りという事ですので、浅田さんの時代物ではないのですが、泣ける小説を挙げてみました。
●天切り松闇がたりシリーズ
 大正時代の盗賊一家の話です。以前ドラマ化もされました。私は特に2巻が泣けます。それぞれのキャラクターがハッキリしていてカッコいいです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30978788
●霧笛荘夜話
 霧笛荘という部屋を案内する老婆が以前借りていた人の話をするという連作短篇集です。多分病気では死ななかったとは思いますが、泣いた...続きを読む

QV系が好きな方!

V系が好きな方に質問です★

学校で一緒にお昼を食べたり仲良くする子はV系仲間が良いですか?
V系が興味のない子とはいつも一緒に行動とかは正直、辛いかったり出来ればV系仲間が良いですか?

Aベストアンサー

私の場合は女子高でなぜかバンギャが多いクラスだったので自然と友達にはなりましたが…

常に一緒に行動している私含めた四人組は、三人バンギャ、一人パンピの子でした(・н・)

しかも私が今でもずっと仲良くしてるのはパンピの子です。結局のところ、性格が合うか合わないかの問題ですよ☆

無理して趣味が一緒の子といるよりも、素で仲良くなれて、更にお互いの趣味を理解しあえる子といるのが一番いいです

Q苦悩の末戦争に行く話(高校教科書に載っていた。外国の話)

作品のタイトル・作家名が分からないので教えてください!高校(もしかしたら中学かも)の教科書に載っていた話です。(2~5年前)
多分アメリカが舞台で、主人公に、戦争(湾岸戦争か?)に行けという指令が来るが、主人公は絶対に行きたくないのでカナダ?に逃げてしまう。ペンションみたいな所に何週間か泊まる。そこの経営者のおじいさんと、一緒に釣りに行く。主人公は戦争に行くか行かないかすごく迷うが、結局、みんなに根性なし扱いされるのが嫌なので戦争に行く。
あらすじはこんな感じです。

心当たりのある方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ティム・オブライエンの
『レイニー河にて』という作品だと思います。
文春文庫の『本当の戦争の話をしよう』という短編集の中に入っています。ちなみに訳者は村上春樹。
しかし、こんな作品が教科書に載るんですね…。
その教科書を読んでみたいですよ。

QV系音楽って何をさすんですか?

V系音楽で有名な曲を教えてください。

あと、V系の意味もお願いします。

Aベストアンサー

V系とはヴィジュアル系です。
で、V系で有名な曲と言うかアーティストなら解散してしまいましたがV系のはしりで伝説的バンドとなったX-JAPAN、今はそれ程ではないけどV系バンドブーム時に売れたGLAY、L’Arc~en~Cielなどの曲がいいですね。

Q『私の家では何も起こらない』の3話と10話の解説(感想)をお願いします

『私の家では何も起こらない』の3話と10話の解説(感想)をお願いします。

恩田陸さんの『私の家では何も起こらない』を先日読んだのですが、
その3番目と10番目の話がいまいち分からなくて(納得できなくて)読み終わった後すっきりしません。

3番目の『我々は失敗しつつある』の話はある男の人が主観になっていて、パブで知り合った3人と屋敷へ行く…という事はわかるのですが、その後屋敷で何が起こったのかがよくわかりません。3人は木彫りの人形になったのでしょうか?

10番目の『附記・われらの時代』は他の話と雰囲気が違って、結局何を言いたかったのかがわかりません。

Aベストアンサー

すいません、一ヵ所、化けました。(^^)
1~9話 → 1から9話 

Q何でV系の人はかっこいいかについて

こんにちわ
普段はLimbonic Art,Mayhem,Dark Funeral,Dissection,Ulver,
Bring Me the Horizon,Marduk,Ihsan,Emperor,Anorexia Nervosaなどブラックメタルやメタルをよく聴いて癒されているんですが、
最近ラジオで流れてたV系の番組で使用されたV系の曲、インタビューなどを聴いていたんですがバスドラムも変だし、曲調も似通って、デス声?みたいな声も中途半端で微妙だな~と思っていたんですが、
見た目はすごくかっこいい人たちですごいなと思っていたのですが
V系の人たちはかっこいいからV系になったんですか?それともV系が好きで努力してかっこよくなったのでしょうか?
努力してかっこよくなれるのならうらやましいですけどね^^

Aベストアンサー

こんにちは!


>V系の人たちはかっこいいからV系になったんですか?それともV系が好きで努力してかっこよくなったのでしょうか?


V系ってVisual(ビジュアル)系のことですよね。

もともとビジュアルっていう英語の意味自体が
「見た目に訴える」とかそういう意味なので
見た目重視のバンドということです。

どちらかといえば、V系になりたいからかっこよくなろうと思ったんじゃなくて
かっこいいとある程度自覚しているから
V系になった人が多いのではと思います。

もちろん、逆の人もいるとは思いますが、少数派じゃないでしょうか。


整形したのかと思うほど美形な人もいますし
バンドの多くが音楽の内容よりも見た目に力を入れているであろうところを見ても
それぞれ努力はあると思いますが、それ抜きにしても
もともとのかっこよさに天性のものがあるとどこかで自覚しているから
V系になったのではと思います。

私は派手なのは苦手ですけど、爽やかにかっこいい人たちもいますね。
ただ、個人的に音楽的に惹かれる人は皆無です。

こんにちは!


>V系の人たちはかっこいいからV系になったんですか?それともV系が好きで努力してかっこよくなったのでしょうか?


V系ってVisual(ビジュアル)系のことですよね。

もともとビジュアルっていう英語の意味自体が
「見た目に訴える」とかそういう意味なので
見た目重視のバンドということです。

どちらかといえば、V系になりたいからかっこよくなろうと思ったんじゃなくて
かっこいいとある程度自覚しているから
V系になった人が多いのではと思います。

もちろん、逆の人もい...続きを読む

Q道徳(教科書?)の本を探してます

自分(28歳)が小学生のときに道徳の授業で教わった話なのですが、内容は
「ある村で、村長さんの誕生日に村人全員でぶどう酒をプレゼントすることになり、村人の各人が、少しずつ持ち寄り、たるの中にぶどう酒を入れるのですが、自分1人ぐらい水を入れても分からないと村人全員が思い、村長さんのプレゼントのぶどう酒が水になってしまった」
という内容です。
出版されていましたら買いたいのですが、誰か情報をください。

Aベストアンサー

こんにちは。
 この話は私も間接的に読んだことが有りますが、出典を知らないので今まで誰かが回答を寄せるのを待っていました。しかしどうも現れてくれませんね。いずれ正確なことを教示してくれる人が現れるまでのつなぎとして、ここまでに調べられたことを記しておきます。

 話の内容から、なんらかの寓話であることに間違いが無いと思います。ですが寓話集として有名なイソップにはこんな話は含まれていないようです。
http://www.geocities.co.jp/Bookend/9563/Aesop/Aesop1.txt
 条件を替えて検索を何度かすると、村長の代わりに賢者が登場する話としてほぼ同様のものが見つかります↓。このページの、図書分類番号で913.6とある、続私の部屋のポプリ 熊井明子 婦人生活社 の解説に次のような話が紹介されています。
>昔話からの引用なのですが、「昔、村人が引退して去ることになった賢者にグラス一杯ずつワインを持ち寄って贈ることにしたのだが、その中の一人だけ自分くらいと思って水を入れた者がいた。」
 というわけでどこかにこの原典が有るのは確実なのですが、私には現在これ以上は調べられません。以下は続く者を待たれたし。恐縮です (^^;

参考URL:http://www2.gol.com/users/hanae/book_past.html

こんにちは。
 この話は私も間接的に読んだことが有りますが、出典を知らないので今まで誰かが回答を寄せるのを待っていました。しかしどうも現れてくれませんね。いずれ正確なことを教示してくれる人が現れるまでのつなぎとして、ここまでに調べられたことを記しておきます。

 話の内容から、なんらかの寓話であることに間違いが無いと思います。ですが寓話集として有名なイソップにはこんな話は含まれていないようです。
http://www.geocities.co.jp/Bookend/9563/Aesop/Aesop1.txt
 条件を替えて検索...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報