出産前後の痔にはご注意!

過去の質問も見たのですが、よくわからず質問させてください。
5年前私のハイツで雨漏りの為、30m2のルーフバルコニーに40万で、ウレタン防水塗装の工事をしました。
去年から塗装膜が膨張し、水が溜まってぼこぼこになり、ひび割れなどが目立ちます。
業者は「ウレタン塗装とはそういうものだ、通気口を作るやり方もあるが70万はする。膨張した部分を切り取って剥がし、再度ウレタン塗装するがまた剥離しても、もう保障はできない。」とのことです。

(1) ウレタン防水工事とはこんなにもちが悪くて、すぐ駄目になるものなのでしょうか。

(2) 住民が上にトップコートを塗るなどしてメンテナンスすれば、もっと長持ちするのでしょ うか。

下見に来られた方も職人さんでは無く、写真で十分です、とのこと。大丈夫でしょうか。不安でなりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

質問にお答えしておきます。



(1) ウレタン防水工事とはこんなにもちが悪くて、すぐ駄目になるものなのでしょうか

しっかりとした施工をすれば環境にもよりますが10年以上持たせることも可能です。
ウレタン防水は誰がやってもそれなりに綺麗に見えますので
塗装屋さんが施工している場合がかなりあるようです。
ですが、しっかりとした知識と技術が無いので
本来必要な膜厚(塗装膜の厚み)が確保されず、わずか数年で
見るも無残な姿になってしまっているのを良く見かけますね。
一応ウレタン防水1級技能士は建設大臣から認定をいただきますので
国家資格です。

ウレタンの絶縁工法とはウレタン塗膜の下に絶縁シートを敷き込み
先ほど述べた脱気筒を取り付け、その上にウレタンを流します。
下地の湿気はその絶縁シートが一旦吸収し、脱気筒から排出されますので
通常膨れることはありません。
ipa222さんが仰られている絶縁工法ですが、これはウレタン防水以外の防水で
いろいろな種類があります。
共通するのは下地に密着させないので、既存の防水層を剥がす必要が無く
下地処理などの工程が省かれますので、施工期間の短縮や無駄な
産業廃棄物を出さないと言った環境面でもメリットがあります。
主なものでは塩ビシート防水と言うものがあります。
その代わり、ウレタンなどに比べるとやはりかなり高価なものになってしまいます。
今後、全面改修の際はお高いですがこの工法が良いかもしれません。

(2) 住民が上にトップコートを塗るなどしてメンテナンスすれば、もっと長持ちするのでしょ うか。
トップコートは塗膜面の保護の為に塗るものですから
膨れには全く意味がありませんが、防水層の保護と言う観点から見れば
5年に1度くらいは塗り替えておく方が良いです。

ちなみに脱気筒そのものは1万円くらいで施工は簡単です。
絶対に取り付けてもらってください。

この回答への補足

takumi99様 お忙しい中、専門的かつ詳しいアドバイスを頂きまして有難うございました。感謝申し上げます。

これからもう一度業者に話し合いを持ってもらい、脱気筒を取り付けてもらえるよう要請したいと思います。

アドバイスを伺い、本来はウレタンの絶縁工法にしたいところですが、高価な工事をする為には、住人の理解を得て、修繕費の積み立て計画から取り組み直す必要がありそうです。

気候が安定するからと、11月に工事をしたいとのことですが、それまで「雨漏りしないで」と祈る思いでおります。

補足日時:2005/08/19 00:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その節は本当に詳しく、親切なアドバイスを頂きまして有難うございました。あれから直ぐに住民と何度も話し合い、地元の信頼出来る専門の業者に始めから何もかも相談して説明会もして頂き、建物のひび割れを修理し、防水シートを使い、脱気筒も取りつけてもらいました。あれから今年で5年になります。住民も仲良く建物の修繕費もコツコツ次回に備えて積み立て幸せに暮らしております。有難うございました。

お礼日時:2010/04/25 02:01

お考えの通りで結構かと思います。


ただ、その業者は再度行うウレタン防水は保証工事として無償で施工してくれるのでしょうか?そうであれば脱気盤等の小額(一箇所:10,000程度)の出費で今回は済むと思いますし、時間稼ぎにもなるかと思います。
但し、防水層の膨れ云々よりもあくまでも漏水が発生する前に補修工事をするべきですので、専門業者の観点から言わせてもらえれば、早い段階での絶縁工法の施工をお奨めします、金銭的な問題であれば、大手のリフォーム会社等ではローン払いを行っているところもありますよ。その分、業者に頼むより高くはなりますが、保証もしっかりしていると思います。
又、施工業者選定に当たっては、使用材料のメーカーに確認する方法もあります。通常各メーカーと工事業者は組合や工業会組織になっていて、責任施工体制を確立しているはずですから、保証書も材料メーカーと施工業者の連名になります、万が一施工業者と連絡が付かなくなっても、メーカーは大手の企業が多いですから心配ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ikejirou55様 ご丁寧なアドバイスを頂きまして、有難うございました。感謝申し上げます。

この場で皆様より様々なアドバイスを頂く事が出来、どの様な工事が必要であるか、どの様な方法があるのかについて知ることが出来ました。不安な気持ちの先に光が見えたようです。

正直なところ、今の業者にこのまま保障工事をして貰わずに、別の業者に相談しようかと思っています。
悪い所だけを切り取り、そこだけにウレタンを塗るつもりで、脱気盤は意味がないと申します。
あちらこちらに膨張が見られるのに、そんなチマチマした工事で誤魔化そうとしている様で、残念ですが不安な気持ちを更に倍増されたかのようです。

資金の問題は避けて通れない問題で、頭が痛いのですが、他の住人ともよく話し合い、先々を考え結論を出そうと思っております。
いろいろ有難うございました。

お礼日時:2005/08/27 22:55

防水工事業者で営業及び工事監理をしている者です。


他の方からもご指摘のように、その業者はウレタン防水の工法(密着、通気緩衝、絶縁)の選択を誤っているようです、おそらく新築時にはアスファルト防水の上に押さえコンクリートを施していたと思われます。
その上にウレタン防水の密着工法を施工すれば100%膨れは発生します、アスファルト防水層と押さえコンクリートの間には常に水分が溜まっています、この水分が、太陽光等により熱しられて、水蒸気となり膨張し防水層を押し上げるのです。

この回答への補足

お忙しい中アドバイス頂きまして有難うございます。

どうやら業者の方にウレタン防水工法への理解が足りないようで、残念に思っています。
住人も無知でございました。
しかし水漏れ被害が出る前に何とかせねばなりません。現実的には今回は次のように考えております。

(1)業者が言う様に、悪い所は切り取って剥がしてもらう。
(2)業者が言う様に、ウレタン塗装を再度行うがその時に、脱気盤を2個被害の大きい所に取り付けてもらう。
(3)しかし被害が再発する事は確実であるので、その間に次回絶縁工法を取るべき積み立て計画を立てる。
(4)被害が再発した時には絶縁工法にて工事依頼するべき、他の業者にも見積もりを依頼し、しっかり検討する。

今回は業者の補修してくれるという工事に、脱気盤の料金をプラスする程度で行い、時間稼ぎをしたいと思ったのですが。

心配なのは被害が再発してからの、絶縁工法での塗装はリスクが高まるのでしょうか。それでは遅いのでしょうか。

お忙しい中大変恐縮ですが、専門家としてのご意見を頂けましたなら、幸いでございます。

決定や責任はあくまでも住人ですが、参考にさせて頂きたいと思います。

補足日時:2005/08/21 00:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その節は本当に詳しく、親切なアドバイスを頂きまして有難うございました。あれから直ぐに住民と何度も話し合い、地元の信頼出来る専門の業者に始めから何もかも相談して説明会もして頂き、建物のひび割れを修理し、防水シートを使い、脱気筒も取りつけてもらいました。あれから今年で5年になります。住民も仲良く建物の修繕費もコツコツ次回に備えて積み立て幸せに暮らしております。有難うございました。

お礼日時:2010/04/25 01:57

#2です、追記します。


ウレタン防水では、密着工法と通気緩衝工法があります。
今回、質問の建物では密着工法ですが、浮きが発生した場合、浮いた部分を切り取り、通気シートを敷いて脱気装置を付けて部分的にウレタン補修をすることは可能です。
ただし、今回の工事業者では断ってくる可能性がありますので、説得する必要がありますね。

脱気装置は、下記URLの「ウレタン防水(通気)」の写真で空き缶のようなものがそうです。
他には、平型で直径15cm程度で厚さが2cmのものがあります。

参考URL:http://www.bowsuiya.kouji.biz/frame.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nobugs様 お忙しい中参考になるURLをお教え頂きまして、有難うございました。実際にどのような物なのかが判り、大変参考になりました。ルーフバルコニーの占有使用者にも早速相談したいと思います。

今回の工事業者は最初からしぶしぶという感じで、それでも補修工事に応じてくれたのですが、施工方法については殆ど説明がありません。

もっとベストなやり方、お金が掛かっても長持ちする方法、色々聞いても要領を得ません。

防水施工技能士も電話では居るといっていたのに、いざ話し合うと「居ないが、あんなものは国家資格でもなんでもないから意味がない。」と申します。

十分説明をしてくれるのであれば納得できるのですが、出来ないので専門知識に疑問を持ったわけです。

愚痴になってしまいました。
色々お世話になり有難うございました。

お礼日時:2005/08/19 01:56

文面からはこのウレタン防水で雨漏りは止まっていると解釈します。


そこで問題になるのは5年前に施工して昨年から塗膜が膨らんできたと言う点です。
通常、下地の乾燥状態が悪いままウレタンを流しますと翌日には膨れが出て来ます。
そのくらい湿気にはシビアな材料です。
それが施工から3~4年の後に発生したと言う事は、その膨れの原因である
水分の浸入がどこかで起こっているはずです。
これを発見せずに補修をしても再度膨れが起こるのは明白です。
まずはその原因を発見する事が先決だろうと思います。
ですがその業者の対応を見ていると、恐らくこんな要求には答えてくれないでしょうね・・。
取り敢えずその業者には脱気筒(脱気盤)の取り付けを依頼してみてはいかがでしょうか?
これを一番膨れている部分に取り付けてもらってください。
30m2でしたら本来は一つでOKですが、念のため二つくらいはつけてもらってください。
これで当面はOKですが、水の進入口が塞がれてい無ければ
また同じように膨れ、その膨れがマックスに到達すると
破れてそこからまた水が進入します。

恐らく新築時にはアスファルト防水を施工しその上に押さえコンクリートで
防水層を保護していたと思います。
このコンクリート下の防水層がなんらかの作用で破断し、雨漏りしたのでしょう。
この時点でしっかりとした原因究明をしていれば、
防水材料の選択なども考慮出来たかもしれません。
長くなりましたので次のレスに続けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中アドバイス頂きまして有難うございます。

水分の浸入がどこから来ているのか、怖い問題です。
確かにこれを発見せずに同じ塗装を繰り返しても、再度膨れが起こるのは時間の問題ですね。

業者に相談しても「5年前にしたこと以上のことは出来ない。ウレタン塗装なんて1番安くてそんなものだ。」
と言われてしまいました。
プロとしてその時その時にあった、ベストな方法をメリット、デメッリト共に、選択できるように説明して欲しいのですが。そんな気は無い様です。

お礼日時:2005/08/19 02:46

1 ウレタン防水そのものの問題ではなく、防水と下地との問題ですね。


下地と防水が密着しているので、その間にある湿気が蒸発したら、200倍近い空気になります。それでふくれが出てきます。
脱気口をつくったり、密着させない工法もあります。

2 トップコートは意味がありません。


建築の屋根にウレタンの密着工法をするのは、ミスマッチではないでしょうか?
僕だったら、絶縁工法をしましたが。

メーカー名を聞いて、メーカーにクレームを言ってみてはいかがでしょうか?

この回答への補足

お忙しい中アドバイス頂きまして有難うございました。
私のハイツのルーフバルコニーには適切なやり方では無かったのかもしれません。
この業者はこの予算ではこの工法が当たり前、とりあえず11月になったら気候も安定するので、補修するからそれで終わりにして欲しいとの事でした。
雨漏りしてはいけないので、とりあえずこの補修で時間を稼ごうかと思ってもいるのですが。
今後近年中に再び不良箇所が再発されると思われるこのバルコニーに、どのような方法があるのか悩んでおります。

恐縮ですが、よければ以下の点を質問させてください。
(1)密着させない工法や、絶縁工法とはいかなる方法でしょうか。予算はどの位かかるものなのでしょうか。
(2)防水加工を長持ちさせるために住人にできる手段がありますでしょうか。
(3)この業者に防水施工技能士はおらず、国家資格ではないので、そんなに意味はないとの事。そういうものなのでしょうか。
お忙しいところ申し訳在りませんが宜しくお願いします。

補足日時:2005/08/18 14:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その節は本当に詳しく、親切なアドバイスを頂きまして有難うございました。あれから直ぐに住民と何度も話し合い、地元の信頼出来る専門の業者に始めから何もかも相談して説明会もして頂き、建物のひび割れを修理し、防水シートを使い、脱気筒も取りつけてもらいました。あれから今年で5年になります。住民も仲良く建物の修繕費もコツコツ次回に備えて積み立て幸せに暮らしております。有難うございました。

お礼日時:2010/04/25 01:55

通常、屋上防水工事では業者が10年保障を付けています。


保証書はありませんか?

ウレタン防水では、施工時の乾燥が十分ではない場合、経年劣化で浮いてくる事が良くあります。
その為に、専用の通気金具がありますが、部分的な浮きは防げません。
この場合には、部分的に補修を行いますが、やはり、下地の乾燥がキチンとされているかで決まります。

全面防水が40万円で、通気を取ると70万円は異常です。
ウレタン塗布前に、脱気金具を置きウレタンを巻き上げるだけで、特殊なものでもなく、全面塗布時には金具代+手間で1万円もあれば出来るものです。


ウレタン防水では、傷がつきやすくその部分から雨水が浸入してきます。
傷の部分に、塗布をしておけば結構持ちます。

この回答への補足

さっそくのアドバイス有難うございます。
新築時の防水工事ではないので、10年はつかない、5年だといわれています。
今回の業者がやろうとしている、下地と剥離している箇所を切り取り、再度ウレタン防水塗装をする時に、脱気金具を使って貰えるものでしょうか。
脱気金具とは大きい物なのですか。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけましたなら、宜しくお願い致します。

補足日時:2005/08/18 14:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その節は本当に詳しく、親切なアドバイスを頂きまして有難うございました。あれから直ぐに住民と何度も話し合い、地元の信頼出来る専門の業者に始めから何もかも相談して説明会もして頂き、建物のひび割れを修理し、防水シートを使い、脱気筒も取りつけてもらいました。あれから今年で5年になります。住民も仲良く建物の修繕費もコツコツ次回に備えて積み立て幸せに暮らしております。有難うございました。

お礼日時:2010/04/25 01:50

こんにちわ。



(1) ウレタン防水工事とはこんなにもちが悪くて、すぐ駄目になるものなのでしょうか。
ウレタンという塗布素材の平均的な寿命としては5年ぐらいが普通だと思います。
これは、かんかん直射日光が日中全部まともに当ってしまう陸屋根だと、部位としては、露骨に劣化が出てしまうところと思います。
(一日の日照時間が少なくて影になる所だと10年以上も保ってくれることもあります)

多分、「ふつうのウレタン塗布防水」だと、保証期間は2年ぐらいではないでしょうか。
高級品のウレタン工事で5年の保証、という話しを聞いた事も有りますが、雨漏りの修理、という「下地(コンクリート部分)次第でせっかく塗布したウレタンが駄目になるかもしれない工事」の場合だと、なかなか保証も出しにくいかと思います。
(きっちり保証してもらう場合には責任の擦りあいにならないように下地からやり直してもらうのが一般的のようです)

(2) 住民が上にトップコートを塗るなどしてメンテナンスすれば、もっと長持ちするのでしょうか

これは、「ウレタン防水だけの問題」しか考えないでよいのであれば、多少の効果はあると思っていいのですが(でも保証は出ないと思います)、
ところが「塗装膜が膨張し、水が溜まってぼこぼこになり、ひび割れなど目立ちます」という状況の発生原因が何であるかを突き止めないと、解答が出せない問題になりそうです。

塗布防水の「自然の劣化」は5年もすれば発生してしかるべきですから、弾力性が失われてひび割れ、ということは充分「想定内」なのですが、「膨張し、水が溜まってぼこぼこ」という状況の根本がどこから来ているのか?をよく確かめないと何ともわからない所といえます。
(コンクリートにひび割れが出来て、ウレタンが引っ張られて破られてしまってるかもしれませんし、もともとも防水工事が不備だったり、はたまた5年前の防水工事とは無関係の原因でどこかに水が入って、防水膜の中が水風船状になっているかもしれません)

一から始める新築工事だと、不具合の責任の範囲が白黒つけやすいのですが、改修工事の場合は何かあったら「元が悪かったから」ということになりやすいので管理組合のみなさんはよく検討なさるのがよろしいと思います。

これは一概に悪質業者だから、ということでなく、本当にきっちり事前調査をした上で改修計画を立てないと本当の意味での修繕が成り立たないからです。
次にトラブルにならない工事にするためには、 きちんとした調査にもとづいた納得の行く改修工事計画を見せてもらってから契約するように気をつけて下さい。
管理会社におまかせで工事が決まってしまうこともあるかと思いますが、そういう場合には、組合から意見を出せるような環境づくりの根回しもしっかりしておくとよいと思います。

この回答への補足

さっそくのアドバイス有難うございます。
新築時の建築会社は10年前に倒産しており、もともとの防水処置が悪かったようで、雨漏りのため現在の業者に5年前に、防水工事をしてもらいました。
去年より暑い日にはぼこぼこと膨張して、下地から剥離していると思われる箇所が沢山出ているのが発見されました。雨が降ると溜まります。
それまで賃貸しされていたので私には判りませんでした。
それでも業者が補修してくれるというのですが、悪い所を切ってまた同じ塗料を塗るというので、近年同じ様に剥離してしまうと考えられます。
業者は安いやり方だから仕方がない、気に入らなければ他でやってくれといいます。
こんなやり方を繰り返して防水工事をしていくものなのでしょうか。
どうするべきか悩んでおります。雨漏りしてはいけないので、とりあえずこんなやり方でも補修をしてもらい、時間稼ぎにはなるのかな、とも思っております。

補足日時:2005/08/18 14:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その節は本当に詳しく、親切なアドバイスを頂きまして有難うございました。システムへの理解が足りずお礼もせずに申し訳ございませんでした。あれから直ぐに住民と何度も話し合い、地元の信頼出来る専門の業者に始めから何もかも相談して説明会もして頂き、建物のひび割れを修理し、防水シートを使い、脱気筒も取りつけてもらいました。あれから今年で5年になります。住民も仲良く建物の修繕費もコツコツ次回に備えて積み立て幸せに暮らしております。有難うございました。

お礼日時:2010/04/25 01:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋上の防水塗装

築30年の鉄筋コンクリートの家に住んでいます。
最近、家の雨漏りが発覚して防水塗装をしようと思っているのですが、ホームセンターに行くと防水塗料は他の塗料に比べて価格が高いのに驚きました。(1斗缶で約15000円)
塗料を何回か重ね塗りしようと思っているのですが塗る面積が大きい為お金がかかり過ぎてしまうので、安価な防水塗料を探しています。
そんな防水塗料はあるのでしょうか?
そして以前防水塗料の下塗り材を塗装した時に下塗り材だけでも
防水効果があったように思うのですが、コレだけを塗り重ねる事も考えたのですが、間違ってるでしょうか?

Aベストアンサー

防水屋です。防水材も多種多様なのでお勧めは業者に頼むのが無難です。一時的に雨漏りをとめるのであれば簡単なウレタン防水がお勧めです。インターネットで高翔産業で買えます。プライマーを塗って防水材のF-400をカクハン機で10分くらい混ぜます。それを塗るだけで一応防水にはなりますよ。硬化するまで1日くらいです。最後にトップコートを塗ります。
他の防水は素人の方にはキツイと思いますよ。これでも数年は大丈夫だと思います。

Qウレタン防水工事はなぜ雨の日に施工してはいけないのか?

今私のマンションで大規模な改修工事を行っています.
その中でウレタン防水工事を行っているのですが,たまたま雨の日にその作業を見ようかと思い見たのですが,作業を行っていませんでした.
職人さんになぜやってないのかを尋ねたのですが,「雨の後が付く,又雨の流れた後が付く」と言われておりました.
よくよく考えたら,室外機置き場のウレタン防水工事の時もエアコンを制限し作業を行っていました.それも排水の流れた後が付くという理由で制限をされていたのでしょうか?
どなたか詳しくウレタン防水の事を教えてください.お願いします.

Aベストアンサー

1、工法・材料について
まず、防水工事の工法ですが大きく分けて3つに分類できます。
(1)アスファルト防水
(2)シート防水
(3)塗布防水
ウレタン防水は(3)の塗布防水の一種です。
主剤と硬化剤を所定の割合で混合し、所定の膜厚で塗布します。化学変化により数時間かけて硬化していきます。硬化後はゴム状になります。
作業箇所が湿っていたり、完全硬化前に雨が降ると硬化不良になることがかなりの確率で考えられます。
もし、硬化不良は免れたとしても雨つぶによるアバタや雨水による水みち痕が無数出来るでしょう。結果、膜厚不足が懸念されます。

2、コストについて
雨天の日に作業すると、上記の理由により部分手直しや全面再施工が考えられる。2回分の材料費+労務費さらには不良部の撤去費・工期の延長までも発生する。

3、安全について
スリップ・転倒。雨具着用にての動き辛さ。電動工具使用時の感電。等々雨の日は危険要素が増える。

以上、大きく3つのことを総合的に判断しての「雨天の為、作業中止」は当然の結果だと思います。

Q防水塗装は、素人でも出来ますか?

防水塗装は、素人でも出来ますか?
2階のテラスの、一部で雨漏りします、きれいに掃除してから 屋根用のペンキで、コンプレッサーを使い、エアブラシで吹きつけようと考えています。どうでしょうか?

Aベストアンサー

はい素人でも出来ます。(防水塗装は)
しかしお書きになられている方法はお勧めできません。
というよりも、おそらく防水効果は極めて低いと思います。



一般に、(と言うよりも)塗膜防水は、ウレタン防水が主流です。なぜかと言うと、この防水の方法は、ウレタン樹脂が隙間に入って行くことにより止水効果が出るからです、
正しくは、ウレタン樹脂は追従性があり、伸びちじみに強いからです、
ウレタン防水を行う前に、隙間を専用のコーキング材などで埋めてから防水塗料を塗ります。


今は、水性防水材などがホームセンターでも販売されていますが、やはり、専用のもの(防水専門店)などで販売されているものに比べると長持ちしないようです。

Q鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどち

鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどちらでしょうか?

Aベストアンサー

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であり、錆止めと言う下塗りが一番重要なのですよ、錆止めが悪ければ、錆で塗膜が浮いてきたり、錆止めごと剥がれたりします。
ウレタンとシリコンは上塗り塗装と言うのですが、どんなに高価な上塗り塗装でも下塗りの錆止めが剥がれては意味がありませんよね。
錆止めの状態や屋外や屋内の様に環境にも左右されるので目安でしかありませんが、ウレタン系で8年~10年・シリコン系で12年~15年の一般的に耐久力があるとされてます。

用途にもよると思いますが、フッ素系はあまり使いませんね。高額ですが高品質なのは確かです。

下塗りにはエポキシ系で良いかと思います。

硬化方法による耐久性の違い
一般的な1液自然乾燥硬化塗料 < 硬化剤を混入し化学反応にて硬化する 2液硬化形塗料 < 空気中の湿気に反応する1液反応硬化形塗料

ウレタン樹脂塗料でも2液硬化形で強溶剤タイプなら水性シリコン樹脂より強く溶剤別で 一番 耐久性低い水性塗料でもシリコン樹脂で 反応硬化形ですと12年から15年の耐久性が有りますので2液強溶剤形ウレタン樹脂より強いのです、現在一番人気のあるシリコン樹脂塗料でも水性・弱溶剤・強溶剤・自然乾燥・応硬化乾燥・2液硬化・など沢山のタイプが有り 耐久性や価格も違うのですシリコンでも ウレタンより 劣る場合も 又その逆も 有ります。

ここからは参考に
ステップ1 ケレン
 剥がれかかっている旧塗膜や錆を落とす作業のこと、または、既存塗膜が活膜(新しい塗膜)の場合は密着を強くするための目荒らしをケレンといい、鉄部塗装全般において最も重要な工程といえます。

ステップ2 錆止め
 鉄部における下塗りの工程です。
  錆止め塗料には
・一般錆止め塗料(ホームセンターなどで入手可能)
・鉛丹錆止め塗料(鉛中毒の危険性あり)
・シアナミド鉛錆止め塗料(建築現場で多く使用)
・エポキシ樹脂錆止め塗料(一液、二液)

エポシキ系をお勧めします。

ステップ3 中塗り
 錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため上塗り塗料を塗ります。上塗り塗料は通常2回塗ることによってその効果を発揮することができるので、上塗り1回目の工程を中塗りともいいます。

ステップ4 上塗り
 中塗りと同様の塗料を塗って仕上がりとなります。言い替えますと、上塗り材を2回塗ることによって、初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

っと基本的な常識的なプロの工程作業です。

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であ...続きを読む

Q屋上防水シートの塗料について

ゴムの防水シートを張ってもらって6年ほどたちますが、寿命を延ばすためには、やはりこまめに塗料をぬったほうがいいのでしょうか?防水シート用の塗料と指定すれば、どのような塗料でもいいのでしょうか?洗浄してか塗装するほうがいいのでしょうか?  

Aベストアンサー

こんばんわ。
ブチルゴムのシート防水だと解釈して回答します。

>寿命を延ばすためには、やはりこまめに塗料をぬったほうがいいのでしょうか?

その通りです。新築でシート防水は滅多にないので恐らく改修だと思いますが
6年であればそろそろ塗り替えたほうが無難です。
シートの黒い部分が見えている箇所があれば早急に塗り替えるべきですね。
これから夏を迎えますから、黒色のシートが露出していれば
熱を吸収して劣化が進みます。ご自分で点検してみて「膨れ」などがありましたら
専門の防水業者に依頼して補修されてください。

>防水シート用の塗料と指定すれば、どのような塗料でもいいのでしょうか?
>洗浄してか塗装するほうがいいのでしょうか?

シートのトップコート(塗料)は水性の塗料ですから
ご自分での塗り替えも安全に行えます。
特別不具合箇所がなければ、DIYでチャレンジしてみてください。
高圧洗浄が理想ですが、DIYでは無理なのでデッキブラシなどで
水を流しながらあまり力をいれずに清掃してください。
その際は水上から水下へ向かうのが基本です。
汚れが酷いときはそのままドレン(排水口)まで流してしまうと
詰まりの原因になりますから、その手前で一旦土嚢袋などに移してください。
今の時期ならあっという間に乾燥するでしょうから、
その日のうちに塗ることも可能です。
まず用意するものは、中毛の7インチ位のウールローラー・ハンドル・刷毛・バケツ。  
それと床塗りなので出来れば長柄を用意して塗られたほうが無難です。
下手をすると腰を痛めることもあります。
長柄が手に入らなければ長ぼうきを逆さまにして、ガムテープなどで
ハンドルに固定しても十分に使えます。以下要領を説明します。

まず、材料をバケツに小分けし、刷毛で入り隅やローラーでは塗り辛い場所を塗っていきます。
その後にローラー塗りをするのが基本です。ローラー塗りに入る際は
刷毛は洗ってしまうか材料の入ったバケツにつけておいてください。
今の時期は硬化が早いので、下手をすると1回で刷毛を駄目にしてしまいます。

それと2回塗りが基本ですので、1回目が完全に乾いてから2回目を塗って下さい。 
色はシルバーがベストですが、作業の最中はかなりの照り返しで日焼けすると思いますので
日焼け対策はしておいたほうがいいですね。当然水分と休憩はこまめに取られてください。

長くなりましたが、頑張ってください。
頑張ってください。

こんばんわ。
ブチルゴムのシート防水だと解釈して回答します。

>寿命を延ばすためには、やはりこまめに塗料をぬったほうがいいのでしょうか?

その通りです。新築でシート防水は滅多にないので恐らく改修だと思いますが
6年であればそろそろ塗り替えたほうが無難です。
シートの黒い部分が見えている箇所があれば早急に塗り替えるべきですね。
これから夏を迎えますから、黒色のシートが露出していれば
熱を吸収して劣化が進みます。ご自分で点検してみて「膨れ」などがありましたら
専門の防水業者...続きを読む

QベランダのFRP製の床の勾配をなおすことできますか

5年前に新築したときに2階に2メートル×10メートル程度のベランダをつくりました。
FRPで床を加工してもらったのですが、勾配の出来がひどく、
雨の日にはサッシ側(建物側)に
雨がかなりたまってしまいます。
たまった水を、人力で、スイーパーで建物と反対側の排水穴に流し込む始末です。
工務店に言っても、再加工はサッシ下面までの高さが10センチぐらいしかないので無理だの何なのと、のらりくらりかわされるので、
期待していません。(補償する気もまったくないようです。)
そこで別の業者にあたろうかと思案しているのですが、
勾配をとりなおすべく、上面に再度FRP加工することは可能でしょうか、もし可能としていくらぐらいかかるものなのかご教授ください。
そのほか、よい知恵があればご教授ください。

Aベストアンサー

サッシ側(水上側)で3センチ水が溜まるということは、5cm程嵩上げしなくてはいけませんね。広い・長いベランダのようですので、パテやポリウレタン樹脂ではおっつきませんね。。。

となると樹脂モルタルがいいかな。樹脂モルタルにガラス繊維を混ぜたものを使用すれば、薄い部分の割れも軽減できると思います。

FRPは受水タンクに使用されているように、穴や割れが無ければ水を透さず、上から防水をする必要はありませんが、嵩上してもFRP面に帯水しているのは建物的に良くありませんので、勾配を直したらシート防水または塗膜防水をして、それからタイルを敷くなりなんなりした方がいいです。
工事は防水屋に依頼されるのが良いと思います。

Qベランダのウレタン防水の修理方法について

ベランダにウレタン防水加工?(グレー一色で少し柔らかい)が施されています。そこに子供が傷をつけてしまいました。直径8cm位の半円の傷で、そこがペロンとめくれる感じです。下地はコンクリートが見えています。簡単にそこだけ修理する方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

色がグレーですか?俺だったらホームセンターに行ってコーキング・ガンを購入してグレーのコーキング剤を購入しコーキング用ヘラを購入しマスキングテープを購入してコーキングで処理した方がベストかなと考えましたが?ただコーキングは接着剤等が出来るコーキング剤を購入した方がいいかも。

Q平面図の平米と坪の出し方がわかりません

タテが9849mmでヨコが14803mmです。

Aベストアンサー

タテ:9849mm = 9.849m
ヨコ:14803mm = 14.803m
9.849m × 14.803m = 145.794747m2 ≒ 145.8平米

1坪 = 3.30578512m2
145.794747m2 ÷ 3.30578512m2 = 44.10291102042349 ≒ 44.1坪


人気Q&Aランキング