ステップワゴンを検討してます。家族が多いんですが8人乗った時の走りはどうですか?ちなみに自宅は箱根周辺です

A 回答 (6件)

友人がステップワゴンにのっているのですが、車重のわりにエンジンパワーがないので坂道を登るのが大変だそうですよ。

(特にたくさん乗車したとき)

たくさん乗ることを考えているようでしたら、車両重量、エンジン馬力、エンジントルクを重視したほうがいいかもしれません。
    • good
    • 0

他の方の回答にハイエースとアストロが登場していますのでちょこと意見を書かせてもらいます。

友人のステップワゴンに少し乗った程度での回答はオーナーさんには申し訳ないですが、多人数乗車時は確かにパワーが少々物足りませんね。(ハンドリングはいいと感じました)私はハイエースディーゼルターボ→シボレーアストロと乗り継ぎましたが、ハイエースはパワーもあり確かに広いです。アストロはこれまた広くて楽しい車です。常に8名乗車を前提に考えるのであれば大きい車がオススメです。同乗者を含め疲労度がまったく違います。車の大きさは慣れれば全然問題はありません。もちろん価格、維持費、車庫の問題もありますが・・・・
    • good
    • 0

箱根で乗るということを考えると、エンジンはもっと大きい方がいいのではないでしょうか。

4.3リッターのシボレー・アストロ(299万円~)なども検討してみてはいかがでしょう。下のHPで「アストロ」で検索してみてください。試乗インプレッションが見られます。評論家の人々には日本車より印象がいいみたいです。

参考URL:http://www.webcg.net/WEBCG/index.html
    • good
    • 0

nemochanさんのURLでいろいろな車種が検討されていますが、


個人的におすすめは、「ハイエース」です。
今まで8人乗りの経験が何度かありますが、パワー、室内の広さは、
申し分なしです。 価格が高いのが、難点ですが。

もし検討に入れられるのであれば、
  「ハイエースワゴン 3000cc ディーゼルターボ」
がおすすめです。 (ガソリンはパワーがないそうです)

自分が乗っているので、つい回答してしまいました。。。
    • good
    • 0

うちも悩みましたが、ご参考までに。



http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=133420

いまけっこう気に入ってます。片側ドアだったり、2列目のウィンドーが開かなかったり、コストダウンしてるなって感じはあります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=133420
    • good
    • 0

うちの旦那がステップワゴンを買いまして・・


我が家は子供が三人・・あわせて、5人搭乗すると・・

もう、いっぱい、いっぱいです。

8人乗ることが頻繁なのであるならば、大き目の車を検討された方が無難では・・

いえいえ、嫌いじゃないんですよ、とても気に入ってます。
あくまでも、ファミリーユースと言う事を考えれば「走り」は特に必要無い物ですから・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタ『ノア』とホンダ『ステップワゴン』で迷っています

新車の購入を検討中ですが、トヨタ『ノア』とホンダ『ステップワゴン』のどちらにするかで迷っています。
『ノア』は両側スライドドア、デザイン、後部座席用モニターが良いなぁと思うところです。ただ、欲しいオプションをつけると、少し予算オーバーになってしまいます。
『ステップワゴン』は室内空間の広さ、シートアレンジの豊富さ、金銭的に安いことが良いなぁと思うところです。ただ、近所に何台かあるのが気になっています。
現在、車は一台あるのですが、下取りには出さないので、予算的には300万円くらいを考えています。
パンフレットを見ても、実際見に行っても、なかなか結論が出ずにいます。
購入後に後悔したくないので、しっかり検討したいと考えています。
実際に『ノア』か『ステップワゴン』をお持ちの方のご意見もいただければうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

★ステップワゴンの弱点なら簡単につけます★
◎人々が弱点を冷静に見つめた時、この軍艦は沈むでしょう。
まずは、この車の開発にあたってのコンセプトを把握しましょう。
以下のサイトをご覧ください。
http://www.nifty.ne.jp/forum/fcar/impre/STEP_WGN/step_wgn.htm
このサイトに書かれている文章をそのまま抜き出すと
●「家族の青春」といわれる時期があるらしく、子供が車に乗るのに不自由なくなる4歳頃から子供が自分達の社会に出て行く12歳ごろまでがそれにあたるそうです。 一人っ子であれば8年もの長きに渡りますが、二人、三人となるとそれらが重なる時期は案外短く、だいたい3~4年とのこと。 だったらこの大事な時期を思いっ切り楽しめる車にしよう、というのが結論となったわけです。
つまりこの車のコンセプトは「家族の青春」を思いっ切り楽しめる車にしようということなのでしょう。
◆(1)片側スライドドアをいまだに採用!!
ステップワゴン最大の欠点とも言えるのが片側スライドドアであるということです。
他社のミニバンも利便性の良さから両側スライドドア採用が主流になってきています。
また、ホンダ自体、現行のモビリオやモビリオスパイクでは両側スライドドアを採用しています。片側スライドドアでは現代のファミリー層のニーズを受け止めることはもう限界があるのでしょう。片側スライドドアはまさに時代遅れです。しかし、ステップワゴンは2003年のマイナーチェンジを受けても、片側スライドドアを貫く予定です。
また先ほど言ったように、ホンダは、モビリオやモビリオスパイクでは両側スライドドアを採用したように、ホンダ自体、片側スライドドア=子供にとって安全 と考えて、このような車づくりをしたのではありません。ホンダがそういう発表をしたこともありません。
片側スライドドアを支持する言い分を探したら、こうなったのでしょう。
結果論としては子供のことを優先したコンセプトとしてうまく仕上がっているようにも見えますが、コストを削減した結果のようです。しかし日常生活では運転席に近い側もスライドしてくれたら助かるのに という場面もたくさん存在するのが現実です。
例えば1人で乗った時に荷物を後部座席に載せた時、積み下ろしの際に運転席から遠い左側までわざわざまわらないといけないステップワゴンと、運転席から近いドアが開く車、どちらが便利だと思いますか?
◆(2)窓が開きません!!
ステップワゴン、二番目に大きな弱点と言えるのが昇降しない後席窓。
ほぼ全開に近い日産セレナ、全開はしないにしても30センチ以上窓が昇降するトヨタ ノアに比べれば、ステップワゴンの後席窓は、昇降はしないことはもちろんのこと、少し開くと言っても換気程度の小さな隙間しか開かないことを考えても確実に分が悪い点です。
これもホンダ自体が発表していないのに、子供の安全を考えた車 と言い分けする人はいらっしゃるようですが、小さなお子様を過保護的に見すぎる傾向はやめて冷静にこのクラスのライバル車と比較する必要があると思います。窓が十分に開くと開かないとでは利便性に大きな差が出ます。窓が開くことは乗り物酔いする子供にも対応できますし、長時間の空調が苦手という子供にも効果はあるでしょう。夏の暑い時期には自然の新鮮な風を取り込んで、暑さをしのぐことも子供にとって健康的で爽快なものです。また、窓が開かないことは精神的閉塞感を高めます。『窓が開く』 ことに関して 『窓が開かない』ことに対するいろいろなアドバンテージは見出せても、その逆はなかなか見つからないものだと思います。
◆(3)2、3列目のシートが小ぶり、成人に対応していない
ステップワゴンの2、3列目のシートはシートアレンジを優先したために、シートバックのサイズが圧倒的に足りず、成人の肩口に到底届くものではありません。その上、座面の形状がいまいちで、しかも、ヘッドレストの高さが全く足りないため、成人が長時間座るにはあまりにもお粗末なシートといえ、成人が長時間、ゆったりと座れるものではありません。
◆(4)後席には座るな!?
●カップホルダー
ノアはカップホルダーが2列目以降も両ドア側に設置されていますが、ステップワゴンは2、3列目は右ドア側にしかカップホルダーがありません。
 後席左部分に座る人だって飲み物を置く場所は確保しておきたいはずです。いちいち、右部分に座る人の目の前を手をのばして、取ったり、置いたりするのは意外に不快なものです。気を使わなければいけない右側の人も大変です。実際使う機会がくればなかなか大きな問題です。
●アシストグリップ
また、ノアは2列目には両ドア側にアシストグリップがありますが、ステップワゴンの2列目左ドア側のアシストグリップは存在しません。これも意外に不快かもしれません。
◆(5)シートアレンジの弱点をつく
ステップワゴン髄一の長所はシートアレンジの豊富さです。
しかし、
●対座モード 
2列目、3列目シートを向かいあわせにすればおしゃべりもますますはずむ対座モード

例えば成人だけ4人~5人で出かけて、2、3列目を向かい合わせにして対座モードにしたとします。(3)に書いたように、ステップワゴンの2、3列目のシートは小ぶりで十分なサイズではないので、それまでまだ乗り心地がましな1列目に座っていた2人が回転した2列目に座りたくなるかは疑問です。まして成人だけならこのモードにすること自体恥ずかしさから抵抗があるかもしれませんが・・・(笑)
家族づれで出かけた場合でも同じです。家族4人で出かけて、お父さんやお母さんが
対座モードに参加しても、回転した2列目の座り心地は成人に対応できたものではないのです。お父さん、家族サービスで我慢するとしますか!?(笑)
●レストランモード
ちちんぷいぷいでなんとレストランのできあがり!
 
そして、レストランモード、これは要するに6人以上で出かけた場合には成立しないモードなのです。単純にそれが弱点だと思います・・・(笑)
 
このようにステップワゴンの多彩なシートアレンジにはわりと制約があります。ステップワゴンのカタログの写真の通り、これは子供達だけでワイワイガヤガヤ楽しむのがメイン。普通に考えるとこのシートアレンジはもてあますと思います。ステップワゴンはシートアレンジを優先したために、後席の居住性、座りごごちというあまりにも大きなものを犠牲にしました。この事実をライバル車と比較して、どう捕らえるかですね。

◆(6)ブレーキ性能 悪いの??
自動車事故対策センターのHP
http://www.osa.go.jp/anzen/
を開いて
自動車アセスメント⇒◇2001年度のブレーキ性能試験結果とすすんでみてください。
実験対象車種にステップワゴンがありますが、
試験結果は乾燥した路面で47、7メートル
     濡れた路面で 55、2メートルとなっており 
これは1ボックス&ミニバンクラスではもちろん、乗用車としてはトップレベルに悪い数値です。このHPを見れば他の乗用車より頭ひとつとびぬけたグラフが印象的です。
◆(7)広い室内空間の矛盾点をつく!!
CHECK(1)   ◇4人乗車の場合◇
確かに、ライバル車を圧倒する室内空間を持っているステップワゴン、しかし、矛盾点はすぐにつける。4人乗車をした場合、2列目の方の足元、頭上空間の余裕を考えたらステップワゴンに大きなアドバンテージは見受けない。しかし、ここで考えてみるとステップワゴンはまだ室内幅で圧倒している。1470mmのノアに対して、ステップワゴンは1570mmと圧倒的にリードしている。ノアはここをどう挽回するのか!? しかし、この手のミニバンでは逆転が起こってしまうのが怖いところ!!ステップワゴンは後席のもっとも左側が補助席であるため、実際に後ろの2人が座りたくなるのは900mmのシートの部分、単純にここに2人座ったとしても1人の取り分は900÷2=450mm。しかも詰めて座るようになるため、実際には横方向の体感的な広さも、2人がおのおの端っこにドカッと座れるノアには劣るのである。ノアは実際の座り方は、細かい事を計算しなければ、1335mmの圧倒的容量のシート部分(セカンドシート=ワンタッチタンブルシートの場合)を自由に2人で分け合えばいいこと、単純に6:4分割の4側、つまり左側部分に座った人のシートの取り分を考えてもステップワゴンより多い495mmを確保している。詰めてすわらなくていいため、体感的な余裕では、『横方向』さえノアの勝ちなのです。
◆CHECK(2)   ◇5人乗車の場合◇
ステップワゴンの5人乗車の説明にこうある。
シートピローをつけたまま、はね上げられる3列目シート。5人乗ってもつめるつめる!

しかし、この時、2列目左端の人はあの、補助席なわけです。
当然ノアでも同じ状態にすることはできるわけですが(ノアの場合の呼び名は、サードシート両側スペースアップ状態)この時でも5人が綺麗に乗れるノアの乗り心地が、1人が補助席に座る運命にあるステップワゴンに負ける理由もありません。特にノアのセカンドシートが≪ワンタッチタンブルシート≫の場合は圧倒的な差が出てしまいます。このクラスを選ぶユーザーといえど3列目までフル乗車する機会というのはごくわずかなはずです。2列目まで人が乗車した時に全員が心地よく乗れるパッケージングを目指したノアの方が賢い車づくりをしているといえるでしょう。
ステップワゴンの広い室内空間のトリックはノアの名前を出せば打ち破れるのです。
◆(8)高級感のないチープなインテリアデザイン
インパネのデザイン、シートの質感は、ライバル2車と比べれば、あきらかにワンランク下です。安物感があります。インパネに関しては、一点だけ浮いてしまうような木目の使い方も不評だし、インテリアカラーブルーについてはカラーバランス自体悪いと思います。
しかし、この点だけについてはまだ言い分があるのかなという気はします。
この車のコンセプトは何度も言うように「家族の青春」を思いっ切り楽しめる車にしよう
なわけです。
シートのデザインについては子供が汚す、遊び倒すことを考えれば、高級感に固執しないという方向性は合っている気がしますし、
インパネデザインについても基本コンセプトを基に考えれば優先されるべきは、子供の目から見てどう映るかであり、求められるものは見た目のおもしろさや奇抜さ そして ファミリーカーらしい温かい質感の方であり、高級感を求める親父さんには縁遠い車になってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。
◆(9)実は一列目も・・・
もちろん、2、3列目のシートの出来がいまいちなのは有名ですが、一列目のシートの出来もライバル車にはひけをとります。特にこのクラス最大のライバル トヨタ ノアと比べてみましょう。運転席、助手席の出来をみてみると、身体を包む感触、フィット感、サイドサポート性、どれをとってもノアの座り心地がワンランク上です。ノアに対する一列目のアドバンテージといえば、ダッシュボードの張り出し部分が少ないため、助手席の方の膝まわりに余裕があるというところぐらいでしょうか
◆(10)チャイルドシート
ドアが片側のみしかないので、乗り込んでチャイルドシートを設置する事自体大変。よく考えたら、ステップワゴンのCM見ても、対象はある程度の
年齢の子だと訴えかけてるのでしょう。
ここで思い出してほしいのが冒頭の文章↓
●「家族の青春」といわれる時期があるらしく、子供が車に乗るのに不自由なくなる4歳頃から子供が自分達の社会に出て行く12歳ごろまでがそれにあたるそうです。 一人っ子であれば8年もの長きに渡りますが、二人、三人となるとそれらが重なる時期は案外短く、だいたい3~4年とのこと。 だったらこの大事な時期を思いっ切り楽しめる車にしよう、というのが結論となったわけです。

なんだか納得です。チャイルドシートの設置には不向きな車です。 

この他にも欠点は多々あります。車体剛性が低い。セレナ、ノアでは標準装備であるハイマウントストップランプの設定がない、走行中の静粛性はライバル車にはひけをとる。
ノア/ヴォクシーには販売台数で大きく差をあけられている、シンプルな箱型デザインであるためいじらないと乗れたものではないと考える人も多い=必ずしもノーマルのデザインが優れていると評価している人ばかりではない
などです。しかし、大きな弱点とはならない部分と捕らえる方も多数いらっしゃると思いますので省きました。
上にあげた(10)の欠点を冷静に見つめる人が増えれば、ステップワゴンという軍艦が沈む日は近いのかもしれません。

★ステップワゴンの弱点なら簡単につけます★
◎人々が弱点を冷静に見つめた時、この軍艦は沈むでしょう。
まずは、この車の開発にあたってのコンセプトを把握しましょう。
以下のサイトをご覧ください。
http://www.nifty.ne.jp/forum/fcar/impre/STEP_WGN/step_wgn.htm
このサイトに書かれている文章をそのまま抜き出すと
●「家族の青春」といわれる時期があるらしく、子供が車に乗るのに不自由なくなる4歳頃から子供が自分達の社会に出て行く12歳ごろまでがそれにあたるそうです。 一人っ子であれば8...続きを読む

Qステップワゴン

3日前に新車を買いました。これで2台目です。が以前の時すごく困ったことがあります。我が家にはおてんばな女の子5.6歳の子供が2人居ます。
どうしても出かけるときに車の中でジュース、お菓子をほしがり今まではあげていましたが、なんとしてもシートが汚れてしまいます。しかし今回は何とか汚れを防ぎたいのです。
そのためシートカバーを手作りで作りたいのですが、誰か型紙を通販で売っているホームページ、安くて布でかまわないので売っているホームページを知っている方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

(株)サンプランニングというところで型紙を売っているらしいのですが、確認していません。 服の型紙を扱っている会社のようなので、手芸店などで取り寄せも可能かと思います。

ステップワゴンのシートカバー実例:
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/m-saka/stepwgn/stepitem01.htm

サンプランニング連絡先:
http://www.kdec.com/sanpuran.htm

参考URL:http://www.kdec.com/sanpuran.htm

QステップワゴンRG

18年式のRGで モデューロフロントスポイラーを
装着しています フォグランプを通販で買おうと
思っているのですが 18年式のRGは H11タイプ
なのですが そのサイトにフォグランプの形状が
出ているのですが 純正は楕円形です モデューロ
は正面から見ると真ん丸と 純正と見た目が明らかに
違うのですが H11タイプの球を買って 
装着できるのでしょうか サイトに問い合わせると
わからないと言われました (泣

Aベストアンサー

サイトにはH11と書いていますから、端子部はH11でしょうね。
ただ、これって、ライトユニット+LEDのバルブのセットですよね。しかも競技用とありますから、車検非対応です。

仮にこのライトユニットに、市販の普通のH11バルブを入れたとしても、配光特性がどうなるかが不明です。
正直、この手の社外品の品質はイマイチな上に、例え市販のH11バルブにしたとしても、車検に対応できない可能性があります。

純正のフォルランプユニットを取り寄せたほうが良いのでは?

Qステップワゴンのエアロについて

モデューロのエアロ(純正)を付けたのですが、初めてのエアロ装着なので、どの程度の事で擦るかなど検討もつきません。
積雪でもどの程度まで進めるか、凸凹道や縦列駐車のコツなどもありましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

これはエアロの形状に依存する所が大きいので具体値を挙げるのは難しいですが
と言うよりも乗り方を工夫すればかなりの所までイケますし、ある程度慣れてくればパッと見で「こりゃムリ」って解るようになりますよ

*この文章はよくある「エアロ+軽くローダウン」位の車両を想定しています

まずサイドステップの高さを見ましょう
注:サイドステップ…前後タイヤの間のドアの下に付いているエアロ
ここは相当低くても(地面に擦りそうなくらい)滅多に擦りませんよ
但し車がスッポリ跨いでしまうような凸状態の場所ではHITしますので「凸の高さ>サイドの高さ」の場合は通らないようにしましょう

次にリアバンパーを見ます
通常のリアバンパーは後ろに向かってハネ上げるようにカットされているものが多いので逃げの確保はほぼ出来ていると考えても良いと思います
目安的にはフロントが通ればリアも通せますよ
但し下の方まで伸びているボッテリ系のエアロを装着した場合は基本的に後で述べるフロントバンパーと同じ考え方で逃がして下さい
リアセクションで注意したいのはマフラーの高さ(社外の場合は特に)を見ます
出口だけでなく奥のほうの高さも見ておきます
この時におよそですが15cmを切る場所があれば輪留に当てる事は難しいと考えられます
注:15cmは微妙なラインなので安心して?当らなくしたいのであれば20cm位は必要かと思われます。ただし何センチ確保しても例外があるので注意
車庫入れでどのくらいまで下げられるかはお車の下回りの形状を考慮しつつ輪留めの一歩手前で止めるように心がけます。そして必ず降りて確認しましょう。この「寸止め→確認」を続けていればだんだん感覚が身に付いて来ますよ

最後に一番問題であると思われるフロントセクションに行きます
フロント(リアもですが)オーバーハング(タイヤからバンパー先端までの距離)が長ければ長いほど擦り易くなりますよ
これまた概論ですが15cm前後になっていたら不便な場所が出始めますよ
上りそうにないと思った時は基本的に「ナナメ走り」で登らせます
坂に対して真っ直ぐ進入してしまうと勾配の切り替わりがキツくなりそのままガツんと当りますので坂に対してはナナメからナナメからとにかく角度を薄く入るようにします(その方が勾配が緩くなるから)
スピードもなるべく落として入ります。あまり勢いが強いと段差で車が沈んだ時に当ります。この浮き沈みを利用出来ない事もないですが初めはちょっとリスキーなので止めましょう
車庫の輪留はリア以上に注意がいるでしょう。エアロの高さ次第ですが基本的に当てないように一歩手前で止める事をお薦めします
この時もリアと同じように「手前で止め→確認」をして感覚を身に付けて下さい
フロントは当てやすい割に見切りが悪いのでリアよりも注意が必要です
また、デザインを見ていただければ解ると思いますがフロントの方がリアに比べて前&下に張り出している量が多い事が多いので、避けようとすると車庫にあまり深く突っ込めません
なので面倒かも知れませんが駐車場へは基本的にバックで入れます
フロントから入れると「奥まで行けない→ケツ出る」と言う事が起こる時があります
路面の凹凸に対しては走り方云々以前に凹凸を跨ぐ格好になってしまえば何ともなりませんので、車のフロア形状をしっかりと把握して(エアロだけではなくシャシーの出っ張りも見ておく)凹凸が大きい場合は避けるように走るのが基本です
路面に落下物があった場合も同様です

積雪は轍の深い場所ではラッセル車になってしまう時があるので使わないか轍を避けるくらいしか方法はないですね

縦列駐車?
エアロがあってもあまり関係ないですよ(そう言う意味ではないのかな?)

基本は。。。
1.ゆっくり進入
2.坂はナナメに登る
3.凸凹は避ける

頑張って走り方を身に付けて下さい
昔、新品エアロを1ヶ月で割った悲しい過去がある人より。。。

これはエアロの形状に依存する所が大きいので具体値を挙げるのは難しいですが
と言うよりも乗り方を工夫すればかなりの所までイケますし、ある程度慣れてくればパッと見で「こりゃムリ」って解るようになりますよ

*この文章はよくある「エアロ+軽くローダウン」位の車両を想定しています

まずサイドステップの高さを見ましょう
注:サイドステップ…前後タイヤの間のドアの下に付いているエアロ
ここは相当低くても(地面に擦りそうなくらい)滅多に擦りませんよ
但し車がスッポリ跨いでしまうような凸状...続きを読む

Qステップワゴンの車台番号刻印の位置

ユーザー車検の予定があり、車台番号の刻印の場所がどこにあるのか、探しているのですがどうも見当たりません。

車種によって貼ってある場所が異なるとかで、運転席周りやボンネットを開けたりしたのですが、見当たりません。

ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

一番ボデー内で修理で張り替えされにくいパネルは
エンジンルームと室内の隔壁です。
(ここが歪むなら全損です。)

ですのでエンジンルームからみて
ワイパーの下あたりにありませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報