人と話していて、途中で言葉が思い出せなくなった時、思い出すために「斜め上を見上げるしぐさ」をすることがあります。これは、何故でしょうか?

また、皆さんは、右上を見上げますか、それとも、左上を見上げます(私は右上です)?

A 回答 (5件)

回答ではありませんが、数年前にそのような実験をテレビでやってました。


そのとき実験では、人それぞれあらゆる方向を見るらしいですよ。
上見たり、下、右、左と人によって違うみたいです。
ちなみに、私は右を見てしまいます。
人間観察してみてください^^いろんな人がいますから
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あー、確かにそうですね。
自分自身でも、右を向いたり、下を向いたりすることもあったのを思い出しました。
そうすると、質問は、「なぜ、首を曲げるのか?」ということになりますか。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 22:38

 私はたいがい左下です。

たまに右下の時もあります。どちらのときも、何かを見ているのではなく、目の焦点は合わせていません。
 自分では、視覚による刺激を低減し、考えたり想像したりすることに注意を注ぎやすくしているように理解しているのですが、どうなのでしょうね。目をつぶるともっと刺激が減りますが、相手と会話中に目を閉じるのも、ちょっと変ですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/22 23:06

私の場合、右斜めにも左斜めにも上げませんが、まっすぐ斜めに見上げます。


何かを思い出す時は、思い出に浸ったり感傷に浸ることが多い為、「空を見つめる」ように斜め上を見ます。
空に今までの思い出が蘇り、映し出されてくるように感じるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

空がスクリーンになっているんですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 22:42

たとえば、「15×25はいくつかな?」と考えてみてください。

一方何かを思い浮かべて「あれは綺麗だったかな?」と思い浮かべてみてください。おそらく前者は左上を、後者は右上を見ると自然な感覚なのではないでしょうか?
学問的ではなく私個人の意見ですが、左右の脳の機能の違いが関係しているのではと思います。たしか左脳は「論理」、右脳は「感性」的な側面が強かったと思います。要は、使っている脳の方向を見ているのではと考えています。強く念を押しておきますが、私の勝手な推測でしかありません。専門家の意見も伺いたいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどね、左脳を使うか右脳を使うかで違ってくるというわけですね。私なんか、下を向くこともあることを思い出してしまったのですが、その場合、どこの脳を使ってんでしょうね? 間脳かなぁ?(^^;;

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 22:40

CSIでやっていました。

(それで犯人逮捕に!)
思い出す時には右上
話を作る時(計算?)は左上。

どなたか専門家が答えてくださると思いますが、脳を使うからではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内容によって左右分かれるとは面白いですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 22:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性が前髪を治すしぐさ

なんか意味あるんですか?

Aベストアンサー

髪をかきあげたり毛先を手で触ったりする
仕草は相手に興味がない。退屈。
と聞いたことあります。

ただ意味なく前髪が目に入りそうで直した。
好意ある相手を目の前にし動揺を隠す為。
照れ隠しで前髪を直すと言うよりは。触る
事は少なからずあると思います。

相手と話をしているとき嘘ついたりする時は
無意識に鼻を触るとか目が泳ぐ。
隠し事があると口を隠すといわれます。

Q女の子のあるしぐさで.....

どうも、こんにちは。

女の子のあるしぐさで、疑問に思うことが
あるのですが、ときどき女の子が人、もしくは
物を見つめるときに、片方の手をこぶしにし、
その手を口元にあてたりしているのを見ます。
なぜ女の子はこのようなしぐさをするのですか。

Aベストアンサー

心理学を学んでる女子大生です。
心理学的にはよくわかりませんが、ちょっとまじめに考えてみました☆

私も恥ずかしいときや、怖いとき、緊張しているとき、迷っているとき、不安なときなどはつい、片方の手をこぶしにして、口元に手をあてたりします。
けしてわざと、かわいこぶっているわけではありません。

好きな人をじーっと見つめたり、ちょっと危ない変な人を遠巻きに見るとき、とっても高いけど欲しい服やバック等、を見つめるときは色んな意味でドキドキです。
何がなんだかわからないけど、ドキドキして不安なとき、女の子はこのようなしぐさをしてしまうような気がします。

幼い子どもも、不安でドキドキなとき、爪や指をくわえますよね。赤ちゃんのころ、母親の乳房をくわえて安心感を得ていたように、大きくなってからも、人は唇や口元に触れることで安心するんだと思います。

大体、このようなしぐさは、甘えが抜けきってないかわいがられて育った末っ子の女の子に多い気がします。(自分でいうのもなんですが・笑)

ちなみに、自立した大人の女性は、だいたいあごを傾けて、頬杖をつくようにして、ものや男性をみることが多いように思いますね。

心理学を学んでる女子大生です。
心理学的にはよくわかりませんが、ちょっとまじめに考えてみました☆

私も恥ずかしいときや、怖いとき、緊張しているとき、迷っているとき、不安なときなどはつい、片方の手をこぶしにして、口元に手をあてたりします。
けしてわざと、かわいこぶっているわけではありません。

好きな人をじーっと見つめたり、ちょっと危ない変な人を遠巻きに見るとき、とっても高いけど欲しい服やバック等、を見つめるときは色んな意味でドキドキです。
何がなんだかわからないけど、ドキ...続きを読む

Qしぐさと心理の関係の根拠とは?

よく、口に手を当てるのは落ち着かないとか嘘をついているなど、しぐさと心理の関係についての一般論というかそういったものを耳にします。心理学というか、こういったものの根拠はいったい何なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
このようなものはほとんどが「統計学的根拠」に基づくものです。
他人の心の中というのは覗いて見るわけにゆきませんので、我々は相手の仕草や行動からそれを推察します。これを「情動理解」といい、「目は口ほどに物を言う」の例えの通り、我々の「非言語コミュニケーション」における「情動疎通(気持ちのやり取り)」といいますのはこれによって支えられています。
多くのひとがそうしますし、自分もそうします。ですから、我々はその行動から相手の心理を推察し、気持ちを理解することができますし、昔からそう言われていることは一般的に多くのひとに共通します。そして、このような多くのひとに共通する様々な行動を「統計学的手法」に基づいて分類するのがそもそも心理学という学問です。

心理学は生理学ではありませんから、従来の古典心理学で行なわれてきましたのは「生理学(解剖学)的分類」ではなく、専ら「統計学的な分類」です。
「生理学的分類」といいますのは「脳(神経系)」の構造がどのようになっているかというのを基に「その行動の根拠」を解剖学的に解明するということです。ですが、このような脳の構造といいますのはつい最近になるまで良く分かっていませんでした。ですから、従来の心理学では統計学的な手段を用いることによって多くのひとに共通する行動を分類し、逆にその結果を基に脳の構造を解明しようとしました。
例えば、全く同じ条件を与えてやったならば60%を超えるひとが同じ行動を執ったとします。ならば、そこには何か共通の原因があるはずです。心理学といいますのは、これによって人間の心理を解明する学問です。
従いまして、このような「他人の行動の解釈」といいますのは、一般の我々にとっては「人生体験による経験則」であり、心理学では様々な実験事例を基にこれを「統計学的事実」として扱います。

ですから、それは圧倒的多数であり、統計学的に事実であることは間違いありません。ですが、これに対して科学的な「生理学的根拠」といいますものはまだほとんど解明されていないというのが現状です。
嘘がばれそうなときに接近行動を選択するひとはいません。ですから、それが回避行動であるというのは全人類に共通だと思います。ですが、我々人間には「嘘を吐くための遺伝子」というものはありませんので、これによって「思わず口に手を当てる」というのは遺伝的に定められた本能行動ではなく、これは明らかに「生後体験に基づく学習行動」です。ならば、その行動は生後の社会学習や個人体験に基づく結果であり、そのとき口に手を当てるか思わず顔を背けるか、我々の脳が何れかを決定するための生理構造を解剖学的に特定することはまず不可能です。ですが、逆に言いますならば、心理学では統計学的手法を用いることにより、これを客観的事実として検証することができます。

こんにちは。
このようなものはほとんどが「統計学的根拠」に基づくものです。
他人の心の中というのは覗いて見るわけにゆきませんので、我々は相手の仕草や行動からそれを推察します。これを「情動理解」といい、「目は口ほどに物を言う」の例えの通り、我々の「非言語コミュニケーション」における「情動疎通(気持ちのやり取り)」といいますのはこれによって支えられています。
多くのひとがそうしますし、自分もそうします。ですから、我々はその行動から相手の心理を推察し、気持ちを理解することができ...続きを読む

Q顔・表情・しぐさと心理・性格の関係について

顔・表情・しぐさと心理・性格は一致するものでしょうか?
体験談・例等を用いて説明していただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

人によるということはもちろんでしょう。
ただ、考え方として、顔つきで大体人柄を憶測して、それがそれだ大体、当たることの方が多くないでしょうか?やさしい顔立ちだといかめしい性格の人はあまりいませんようです。このことは何を意味するのかというと、人は自分の生来の顔に、多少なりとも影響を受けて性格形成するという要素もある、ということになるのだと感じます。たとえは適当でないですが、馬子にも衣装というやつ、あれを衣装でなく顔に当てはめてもそうおかしくない。もともとの性格とプラスアルファ、鏡や写真で見慣れた自分というやつの顔、これにふさわしいような性格を知らず知らず、不承不承かも知れませんが、演じているということも、ないとは言えないはずです。

Q【脳・心理学】「相手が右上を見て話をしている人は記憶から話をしているので本当のことを言っている。

【脳・心理学】「相手が右上を見て話をしている人は記憶から話をしているので本当のことを言っている。

左上を見て話している人は想像しながら話をしている。

これをアイアイセシングキュー(視線解析)と言う」

なんで右上を向いたら過去の記憶で、左上を向いたら未来の想像なのですか?

Aベストアンサー

こちらから見て右上の場合、本人は左上を見ていることになります。
また人間は、末梢神経から得られる情報を反対側に投射するという仕組みがありますので、左上を見るということは、右脳に反射していることになります。
右脳はイメージを司っていますので、頭の中では過去の記憶をイメージ化させていることになるので、そういう理屈になるわけです。
もっと分かり易く説明して下さる方がいらっしゃれば良いですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報