個人事業の開業に関しては情報が少なく、どこにいけば手続きが完了するのかわかりません。
取引先も決まり、すぐにでも開業できる状態なので、
個人事業の開業における必要書類と提出先を誰か知っている方、あるいは開業経験者の方、どうか教えてくださいお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

開業届を税務署に1ケ月以内に提出します。


なお、用紙によっては、県と市への届け用紙が一緒でない場合があります。
その場合は、事業開始届けを県税事務所及び市町村役場 にも提出します。

又、青色申告を申請する場合は、青色申告承認申請書を、税務署に開業後2ケ月以内に提出します。

青色申告は、税制上の特典がありますから、利用をお勧めします。
特典としては、赤字の繰越制度や、家族従業員の給与を経として処理できるなどです。
青色申告の詳細は、参考URLをご覧ください。  

使用人がいる場合は、下記の届けも必要です。
労災保険の届けを労働基準監督署に事業開始から10日以内に。
雇用保険の被保険者資格取得届を公共職業安定所に雇用時の翌月10日まで。

下記のページも参考にしてください。http://www.wantashi.com/work/howto/index.html

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.HTM
    • good
    • 0

 事業形態にもよりますが、青色申告をしない場合の個人事業開業の場合は、特に届け出るものはありません。

期限毎に、税金関係の申告をするだけです。翌年からは、税務署から自動的に確定申告の案内が届きます。
    • good
    • 0

税務署で(居住地か事業地)、「青色申告」の届けと、開業届を出すことになります。


 税務署の受付で聞けば、窓口が分かります。印鑑持参すること。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業開業届け 提出したまま

お世話になります。

6年前くらいですが週末起業を頑張ろうと思い、

気合いだけで個人事業の開業届けを当時住んでいた地域で提出しました。

しかし、その直後に首都圏への移動が決まり、

待遇も良くなり本業も多忙となり何も行わないまま6年が経過しまいた。

その間に何も通知など届くこともありませんでしたので正直提出していたのを忘れていたくらいです。

最近になって昔の書類を発見し、思いだしたのですが、

このまま放置で問題ないのでしょうか?

それとも今後再度開業などする場合に支障があったりしますか?

何かアドバイスをいただけましたらありがたいです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

届けだけでなく実際に開業したとしても、税金を納めるだけの売上が上がらなければ、確定申告の必要は生じないのです。

まして、実際には開業していないのなら、他の事由がない限り確定申告の義務は生じませんので、そのまま放置でかまいません。

将来、開業するとしてもあらためて届けを出せば良いだけで、別に支障ありません。

Q個人事業の開業届書を提出するタイミングについて。

個人事業の開業届書を提出するタイミングについて。
フランチャイズでのペットシッターの開業を決意し、9月に契約しました。
フランチャイズ加盟料等の初期費用は支払い済みですですが、研修や市への認可等があるため実際に業務開始できるのは、半年後なため、来年となります。
この場合、個人事業の開業届を提出するのはいつがいいのでしょうか?
(1)すぐに個人事業の開業届を出し、加盟料等を経費として計上し、最初の確定申告は所得0で申告する。
(2)実際に業務開始となる半年後(来年)に個人事業の開業届を提出する。

(1)と(2)のどちらがいいのか悩んでおります。
(2)の場合、開業の前年に支払い済みの経費はどうなるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

経費の関係から今すぐ提出して青色申告でいいんじゃないの?
もし、今年他で税金払っている収入があれば
赤字で申告すれば税金返ってくるし青色申告なら赤字の
繰り越しも一定年数できますしね

Q個人事業開業届はどこの税務署に提出するのでしょうか

個人事業開業届を税務署に提出する予定ですが、これはどこの税務署に提出すればいいのでしょうか?
事務所の所在で管轄する税務署なのでしょうか?それとも自宅の住所で管轄する税務署でしょうか?

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
が参考になるでしょうか。
>新設、増設、移転、廃止に係る事務所・事業所の所在地が
>納税地と異なる場合には、これらの事務所・事業所の
>所在地を所轄する税務署長にも提出してください。
ということなので、自宅と事務所のある場所の両方の税務署に出すということになりますね。

Q個人事業の開業届出・廃業届出等手続 を提出する際の

個人事業の開業届出・廃業届出等手続 を提出しようとしています。
記入しすでに原本に印鑑を押したのですが、手元の本に自分で保管用に控えをとるようにとあります。

『2通作成し、税務署で控えにも受付印をもらう』 
とあるのですが、これは印鑑を押す前にコピーをとり、その後、自分の印鑑を押すべきだったのでしょうか?自分の印鑑がコピーではまずいのでしょうか??

★すでに印鑑を押してしまった場合は、記入し直して、先にコピーをとり、原本と控えに直接印鑑を押した方がよいでしょうか?

★他に、所得税の青色申告承認申請書、青色事業専従者給与に関する届出書も同様でしょうか?


初歩的な質問ですが、ご存じの方教えていただけないでしょうか

Aベストアンサー

>これは印鑑を押す前にコピーをとり、その後、自分の印鑑を押すべきだったのでしょうか…

はい。

>★すでに印鑑を押してしまった…

PDF を印刷するだけで用紙は作れます。
もう1枚作りましょう。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/04.pdf

>★他に、所得税の青色申告承認申請書、青色事業専従者給与…

はい。

Q個人事業主として開業届を出すと、開業した事を証明する認定証のようなもの

個人事業主として開業届を出すと、開業した事を証明する認定証のようなものは貰えるのでしょうか?

あるとしたら、具体的にどのようなものでしょうか?

単なるペラペラの紙ですか?それとも賞状くらいの厚さですか?

屋号や日付は入っていますか?

教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

発行はされません。
開業届出を作成した際にコピーをとり、コピーにも収受印をいただくことはできます。
それが、開業をしていますよ。という証明?みたいなものにはなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報