個人事業の開業に関しては情報が少なく、どこにいけば手続きが完了するのかわかりません。
取引先も決まり、すぐにでも開業できる状態なので、
個人事業の開業における必要書類と提出先を誰か知っている方、あるいは開業経験者の方、どうか教えてくださいお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

開業届を税務署に1ケ月以内に提出します。


なお、用紙によっては、県と市への届け用紙が一緒でない場合があります。
その場合は、事業開始届けを県税事務所及び市町村役場 にも提出します。

又、青色申告を申請する場合は、青色申告承認申請書を、税務署に開業後2ケ月以内に提出します。

青色申告は、税制上の特典がありますから、利用をお勧めします。
特典としては、赤字の繰越制度や、家族従業員の給与を経として処理できるなどです。
青色申告の詳細は、参考URLをご覧ください。  

使用人がいる場合は、下記の届けも必要です。
労災保険の届けを労働基準監督署に事業開始から10日以内に。
雇用保険の被保険者資格取得届を公共職業安定所に雇用時の翌月10日まで。

下記のページも参考にしてください。http://www.wantashi.com/work/howto/index.html

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.HTM
    • good
    • 0

 事業形態にもよりますが、青色申告をしない場合の個人事業開業の場合は、特に届け出るものはありません。

期限毎に、税金関係の申告をするだけです。翌年からは、税務署から自動的に確定申告の案内が届きます。
    • good
    • 0

税務署で(居住地か事業地)、「青色申告」の届けと、開業届を出すことになります。


 税務署の受付で聞けば、窓口が分かります。印鑑持参すること。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインプラントは専門開業医?大学病院?どちらがよい?

インプラント治療するにあたって、

(1)
インプラント専門の開業医
例えば
http://www.s-b-c.net/implant/?utm_source=google&utm_medium=display&wapr=510ee574


(2)大学病院
東京在中なので

・日本歯科大学病院
http://loco.yahoo.co.jp/place/ef2d9e2b5c90bbe361b2b7346ec298a1654bb846/?prop=search&ei=utf-8&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B&p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%84%E5%B1%9E%E7%97%85%E9%99%A2

・東京医科歯科病院
http://www.tmd.ac.jp/denthospital/

どちらが、よいでしょうか?

素人考えでは、それ程、営利目的ではない
大学病院のほうが、よいかと???

とりあえず、インプラントが可能な顎骨か?CTを撮るべきでしょうか?

(3)
また、お勧めの病院はありますでしょうか?

(4)
また、インプラントは抜歯した根の無い箇所にも顎骨に埋め込み、施術可能なのでしょうか?


症状は
下顎の右 
・6が根管治療済み 根の部分しか残っていません。
・7が10年前に歯科医でレントゲン撮影の結果、歯骨が悪くなっているので、
抜歯しないと、隣の歯にも悪影響があるので抜歯を勧められ抜歯しました。
・8が根管治療済みでコアを立て、

この6、7、8でブリッジにしていましたが
一ヶ月前に、このブリッジ(10年使用)が外れてしまい、
歯科医に行ったところ、
6のコアを立てる穴の部分が割れてしまっていて、
インプラントを勧められました。

宜しくお願い致します。

インプラント治療するにあたって、

(1)
インプラント専門の開業医
例えば
http://www.s-b-c.net/implant/?utm_source=google&utm_medium=display&wapr=510ee574


(2)大学病院
東京在中なので

・日本歯科大学病院
http://loco.yahoo.co.jp/place/ef2d9e2b5c90bbe361b2b7346ec298a1654bb846/?prop=search&ei=utf-8&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B&p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%84%E5%B1%9E%E7%97%85%E9%99...続きを読む

Aベストアンサー

大学病院のインプラントはSBC歯科のような値段ではできないと思われます。使っているメーカーの違いかもしれません。

たぶんですが、大学病院はかぶせる歯まで入れて一本35~45万くらいはするのではと思います。神奈川県内の大学病院で入れた経験からそう思います。

SBC歯科が使っているインプラントメーカーは韓国のメーカーですね。これも想像ですが北欧製より安いのではと思われます。

抜歯して何年も経っている顎の骨にも原則的には埋め込めます。私も埋め込めました。ただし骨が退化するなど状態により無理な時もあるようです。

SBC歯科の全身麻酔はちょっと疑問に感じます。たかだか歯の治療で全身麻酔の必要があるのでしょうか。もう5本入っていますが普通の注射の麻酔でもぜんぜん平気でしたよ。

Q個人事業開業届け 提出したまま

お世話になります。

6年前くらいですが週末起業を頑張ろうと思い、

気合いだけで個人事業の開業届けを当時住んでいた地域で提出しました。

しかし、その直後に首都圏への移動が決まり、

待遇も良くなり本業も多忙となり何も行わないまま6年が経過しまいた。

その間に何も通知など届くこともありませんでしたので正直提出していたのを忘れていたくらいです。

最近になって昔の書類を発見し、思いだしたのですが、

このまま放置で問題ないのでしょうか?

それとも今後再度開業などする場合に支障があったりしますか?

何かアドバイスをいただけましたらありがたいです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

届けだけでなく実際に開業したとしても、税金を納めるだけの売上が上がらなければ、確定申告の必要は生じないのです。

まして、実際には開業していないのなら、他の事由がない限り確定申告の義務は生じませんので、そのまま放置でかまいません。

将来、開業するとしてもあらためて届けを出せば良いだけで、別に支障ありません。

Q今年、開業届を提出して青色申告の申請をしたのですが、ソフトを買ってイン

今年、開業届を提出して青色申告の申請をしたのですが、ソフトを買ってインストールさえしていません。
一体、何から始めたらよいのでしょうか?ソフトは青色申告2010というソリマチのものを買いました。売り上げ、仕入れの領収証は保存しています。後は、取引日に並べてノートに貼ってそれを入力すれば自動的に損益が出て確定申告ができるんだろう・・・と楽観しているのですが、今年も後2ヶ月になってあさっています。売り上げは大体月5万円位なので、税理士に任せると赤字が出てしまうくらいの事業なので何とかなるだろうと思っているのですが、甘いでしょうか?業種は、インターネットのアフィリエイトとオークションでの売り上げです。

Aベストアンサー

>取引日に並べてノートに貼ってそれを入力すれば自動的に損益が出て確定申告ができるんだろう…

だめだめ。
ソフトはあくまでも補助。
記帳と仕訳の基本をわきまえなければ、青色申告決算書の作成は無理ですよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

まず最初にやらなければならないのは、現金と銀行預金の出入りを正確に把握することです。
預金は通帳で分かるとして、現金の動きをお小遣い帳か家計簿の感覚でよいですから、開業時までさかのぼって思い出せる範囲で拾い出します。

次に、その現金出納帳、預金通帳ともに、入金側も出金側も一つ一つ何の事由で発生したのかをメモしていきます。
ここまでできたら初めてソフトへの仕訳入力です。

>売り上げは大体月5万円位なので…

青色申告会といえども全く無料ではありません。
たいへん失礼ながら、年間 60万程度では青色申告会の会費も出ないでしょう。
ともかくその程度の事業内容なら、自力でじゅうぶん可能ですよ。

今年は「貸借対照表」の作成までは無理としても、「青色申告特別控除」10万円は取れます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm
何月の開業か存じませんが、12ヶ月で 60万の売上としたも、仕入や経費を引いた「事業所得」は 50万以下でしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

青色申告特別控除 10万円を引いて 40万。
そこから基礎控除 38万を始め種々の「所得控除」を引いたら、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm
「課税所得」はゼロになってしまい、納税はありません。

初年分は白色申告しかできないなどということはありませんから、ぜひがんばってください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>取引日に並べてノートに貼ってそれを入力すれば自動的に損益が出て確定申告ができるんだろう…

だめだめ。
ソフトはあくまでも補助。
記帳と仕訳の基本をわきまえなければ、青色申告決算書の作成は無理ですよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

まず最初にやらなければならないのは、現金と銀行預金の出入りを正確に把握することです。
預金は通帳で分かるとして、現金の動きをお小遣い帳か家計簿の感覚でよいですから、開業時までさかのぼって思い出せる範囲で...続きを読む

Q個人事業の開業届書を提出するタイミングについて。

個人事業の開業届書を提出するタイミングについて。
フランチャイズでのペットシッターの開業を決意し、9月に契約しました。
フランチャイズ加盟料等の初期費用は支払い済みですですが、研修や市への認可等があるため実際に業務開始できるのは、半年後なため、来年となります。
この場合、個人事業の開業届を提出するのはいつがいいのでしょうか?
(1)すぐに個人事業の開業届を出し、加盟料等を経費として計上し、最初の確定申告は所得0で申告する。
(2)実際に業務開始となる半年後(来年)に個人事業の開業届を提出する。

(1)と(2)のどちらがいいのか悩んでおります。
(2)の場合、開業の前年に支払い済みの経費はどうなるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

経費の関係から今すぐ提出して青色申告でいいんじゃないの?
もし、今年他で税金払っている収入があれば
赤字で申告すれば税金返ってくるし青色申告なら赤字の
繰り越しも一定年数できますしね

Qインプラントは一般歯科でもできますか?

歯医者の卵です。

父は一般歯科の開業医です。
ゆくゆくは父の跡を継ぐ予定なのですが
口腔外科の道も考えています。
もし口腔外科への道が無理そうなら
インプラントを導入することも考えています。
ですが、インプラントは口腔外科ではなく
一般歯科でも行えるのでしょうか?

Aベストアンサー

できますよ。

資格があれば一般歯科でもできます。

私の知り合いに一般歯科でインプラントやってる人たくさんいますよ。

Q個人事業開業届はどこの税務署に提出するのでしょうか

個人事業開業届を税務署に提出する予定ですが、これはどこの税務署に提出すればいいのでしょうか?
事務所の所在で管轄する税務署なのでしょうか?それとも自宅の住所で管轄する税務署でしょうか?

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
が参考になるでしょうか。
>新設、増設、移転、廃止に係る事務所・事業所の所在地が
>納税地と異なる場合には、これらの事務所・事業所の
>所在地を所轄する税務署長にも提出してください。
ということなので、自宅と事務所のある場所の両方の税務署に出すということになりますね。

Q開業届け時期と経費申請について

個人事業で開業届けを出す場合に、基本的には開業してから1ヶ月以内に開業届けを出すということですが、開業届けに記載した開業日以前に使用した経費(事務所家賃、PC購入、等)は経費として申請できないのでしょうか?
もし、できない場合は開業準備中でも早めに開業届けを出したほうが税金的に得なんでしょうか?

Aベストアンサー

 ken7788さん こんばんは

 開業日以前に開業のために掛る費用の事を「開業費」と言います。たとえば開業の為の店舗契約の為の前家賃や保証料等がこれに相当します。
 この「開業費」については何時~何時までの事を言うか詳しい決まりが有る訳でないのですが、一般的には「開業前1年以内に掛った開業の為の費用」の事を言います。したがって例えば19年8月1日に開業した場合、18年8月1日~19年7月31日に掛った開業のための費用と考えると良いでしょう。

 この「開業費」は経費に当らず、繰越資産として計上し5年間の均等で償却します。

 この方法で経費計上ではなくて、事務所家賃・PC購入等は「開業費」で処理して下さい。

Q個人事業主として開業届を出すと、開業した事を証明する認定証のようなもの

個人事業主として開業届を出すと、開業した事を証明する認定証のようなものは貰えるのでしょうか?

あるとしたら、具体的にどのようなものでしょうか?

単なるペラペラの紙ですか?それとも賞状くらいの厚さですか?

屋号や日付は入っていますか?

教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

発行はされません。
開業届出を作成した際にコピーをとり、コピーにも収受印をいただくことはできます。
それが、開業をしていますよ。という証明?みたいなものにはなります。

Q開業費の仕訳

2ヶ月前に開業し、開業届を出したのですが開業以前から備品をそろえていました。
こまごまそろえてきたので仕訳するのが大変に思えます。まだ、日々の記帳はしていない状態です。

開業前の仕訳もやはりちゃんと個別に仕訳しなくてはならないでしょうか?
×月×日 交通費(開業費) xxx 現金 xxx
×月×日 消耗品(開業費) xxx 現金 xxx
×月×日 消耗品(開業費) xxx 現金 xxx
×月×日 手数料(開業費) xxx 現金 xxx


とやる処理が煩雑なので、
開業前に購入してきたものは、一括して
x月×日(開業日) 開業費 xxx 現金 xxx
としてはいけませんよね?

個人でやっているので経理処理が煩雑にならない方法も教えてください。
詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

開業費の処理方についてですが、やはりちゃんと個別に行なうべきです。日付は開業日付けで大丈夫ですが、それぞれの単価によって、消耗品とみなしたり、備品とみなしたり、減価償却の対象になったり、後々の処理がかわってきますので、何事も最初が肝心、しっかり仕分けしときましょう。個人でされているとのことですが、経費の処理のコツは、習慣付けです。毎日癖をつけて行なうのがベストです。会計ソフトを使って入力負荷を減らすのもいいと思います。私は「弥生会計」を使っていますが、かなり重宝しています。忙しく、毎日処理できないこともままありますが、毎晩、とにかくその日に出費したレシートには裏面に目的などをメモっておき、レシートを日付の順に束ね、これを月末一気に出金伝票に書き起こしてその際全部仕分けしています。それと面倒でも使う都度、通帳を通してお金の流れを記録させています。自分の記憶ほど当てにならないものはないので、目的を通帳に直接書き込んだりしています。工夫次第でなんとかなるものです。勘定科目もふたを開ければ限られた種類しか使わないケースも多いでしょうから、なにしろ、面倒くさがらず、癖をつけることです。

開業費の処理方についてですが、やはりちゃんと個別に行なうべきです。日付は開業日付けで大丈夫ですが、それぞれの単価によって、消耗品とみなしたり、備品とみなしたり、減価償却の対象になったり、後々の処理がかわってきますので、何事も最初が肝心、しっかり仕分けしときましょう。個人でされているとのことですが、経費の処理のコツは、習慣付けです。毎日癖をつけて行なうのがベストです。会計ソフトを使って入力負荷を減らすのもいいと思います。私は「弥生会計」を使っていますが、かなり重宝しています...続きを読む

Q個人事業開業届けと古物商取得どっちが先?

この度、リサイクルショップを始めようと考えています。

リサイクルショップを始めるにあたって、古物商の許可を都道府県公安委員会から取得する必要がありますが、それは個人事業開業の申請をする前が良いでしょうか? それとも開業してから古物商の許可を貰うのでしょうか?

色々、調べてみたのですが、
わからないので、どなたかご指導よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

基本的に古物商として営業活動しないのであればどちらが先というものでもありません。
税務署に営業届けを出す際に、業種を書かないといけないとおもうので、先にとっておいたほうがいいとは思います。
たぶん、経費として記帳の面で心配されているかもしれませんが、
開業前にかかる経費は開業準備金という科目を作ればいいと、税理士に聞いたことがあります。


人気Q&Aランキング