次の問題が分かりません。お願いします。
水とガソリンの間には双極子―誘導双極子引力が存在する。しかし、これら2つの物質は混ざらない。なぜなら水は水同士で強く引き合っているからである。次の化合物のうちどれがこれら2つの物質を1つの液相に混ぜるのに最も役立つか。

(1)CH3CH2CH2CH2-OH  (2)塩化ナトリウム  (3)メタン

あと、問題中の双極子―誘導双極子引力ってなんですか?

A 回答 (4件)

【次の化合物のうちどれがこれら2つの物質を1つの液相に混ぜるのに最も役立つか。


 nozomi500 さんの回答がありますので,おわかりですよね。簡単に言うと,2つの物質を混ぜる事ができる化合物は,どちらの物質にも混ざる物質です。

【双極子―誘導双極子引力ってなんですか?】
 MiJun さんの参考 URL でお解りかと思いますが,簡単に説明します。

 分子中に(δ+)部分と(δ-)部分があるものを双極子と言います。この時,CH3CH2CH2CH2-OH では,C-O結合の電子は酸素側に片寄って存在するため,酸素が(δ-)で,炭素が(δ+)で存在し双極子になっています。

 一方,メタン(CH4)の場合,C-H結合には電子の偏りがありますが,分子全体では相殺されるために(δ+)部分も(δ-)部分もできません。したがって,普通の状態では双極子ではありません。

 しかし,メタン分子の隣に(+)のものが来た場合,電子は(-)ですから,そちら側に引っ張られます。結果として,(δ+)部分と(δ-)部分ができてきます。隣に(-)のものが来た場合も同様に,(δ+)部分と(δ-)部分ができてきます。こうやってできる双極子を誘起双極子と言います。

 双極子あるいは誘起双極子の間には,(δ+)部分と(δ-)部分の間で引力が生じます。この引力が「双極子―誘導双極子引力」です。
    • good
    • 0

アルコール類は、左がわ(化学式の)の部分は極性のない有機物(油など)となじみやすい性質を持っているのに、右の-OHは、極性分子となじみやすい性質があるので、水も油もなじみやすいことになります。



塩化ナトリウムは水にしかとけないし、メタンは水に溶けない、といえますね。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


「分子間力と水素結合」
この中での記載「双極子-誘起双極子引力」と質問の「双極子―誘導双極子引力」は同じであると思います。
http://www.chem-station.com/yukitopics/topics7.htm
(分子間にはどんな力が働いている?)
http://www.jssp.co.jp/f_microbiol/kaimen_biseibu …
(界面と微生物)
この中で「3.5 Van der Waals力」の項が参考になるかもしれません・・・?
http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v2n1/katosato …
(遠距離力と近距離力の分類は?)
http://www.kusa.ac.jp/~nakanisi/extr/index.html# …
(分子間相互作用の起源と分類)

蛇足ですが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=72772
専門的ですが・・・・?

http://www5b.biglobe.ne.jp/~abemoto/water.htm
(水抜き剤)
この記載によるとアルコールが主成分のようですね・・・?
http://waki.printpia.co.jp/rashinban/faq/mizunuk …
(ガソリン水抜剤?)
この中の記載では「イソプロパノール」のようです。

⇒(1)でしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://eac01.hept.himeji-tech.ac.jp/eac/chem/lec …
    • good
    • 0

詳しくは分かんないですが,確か~車の水抜き剤にはアルコールが含まれていたと思います。

(1)のアルコール類だとおもいます。
界面活性剤のような効果もあるでしょう!?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報