先日、神奈川県横浜市のこどもの国に家族を連れて遊びに行った時のことです。そこには大きな池があり、鯉がたくさん泳いでいます。売店で鯉のえさを買って与えていました。良く見ると、鯉に混じってメダカのような魚がえさを食べに浮いてきていました。
売店に網と虫かごが売っていたことを思い出し係員に尋ねたところ、捕まえてもかまわないとのことです。早速売店で網と虫かごを購入し、捕まえて家にもって帰り水槽に入れて飼い始めました。
私は捕まえた魚がメダカであると思い込んでいたのですが、図鑑で調べたところメダカとは明らかに違います。体の大きさはメダカよりやや大きいくらいなのですが、胴に一本はっきりと線が入っており、尾ひれは丸でも四角でもなく二股に分かれています。色は、黒っぽい色です。
とりあえず、メダカのえさを与えています。どなたか、この魚の名前と、飼い方を教えてくださいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

千葉県に住む高校生です。


「メダカのような魚を捕まえた」ときて、すぐに思い浮かぶのが『カダヤシ』という魚です。
魚の種類というのは、実際に見てみないと分かりませんが、状況から考えてカダヤシの可能性が高いです。
もし、カダヤシの可能性を否定された上での質問だったらゴメンなさい。
カダヤシのメスはメダカのちょっと大きいくらいで、メダカと同じく口が上を向いていて、水面の餌を食べられるようになっています。この辺の生態はメダカと同じです。
ただ、「胴に一本はっきりと線が」とありますが、カダヤシにはとくに体に線は無かったように思います。
尾びれも分かれてはいないです。
ということで自信がありません。
もしかすると、別の魚の稚魚かもしれません。
形状や生態は変わってきますが、クチボソ(モツゴ)の稚魚という可能性も。
クチボソは地域によっていろいろな呼び名があるそうで、検索するときはモツゴで調べた方が良いかも知れません。
いずれにせよ、メダカとほぼ同じような環境に生きる魚なので、『メダカの飼い方』と同じです。メダカの餌を与えても大丈夫でしょう。
魚の大きさと匹数を見て、容器の大きさと、エアーポンプの使用を検討して下さい。
すぐに水が汚れたり酸欠になるようでしたらエアーポンプの先に濾過器を接続すると良いでしょう。濾過器にも色々ありますが、個人的にはスポンジフィルターをお勧めします。鑑賞魚店やホームセンターで売ってます。

参考URLは、
神奈川県水産総合研究所の淡水魚図鑑 と、
カダヤシとメダカの比較 というHPです。

参考URL:http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/naisui …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答、ありがとうございました。
 図鑑等で調べていたのですが種類が特定出来ず困っていましたが、参考URLを利用させていただいた結果、「カワムツ」「ムツギク」「モツゴ」の内のどれか(又は稚魚)ではないかと考えております。
 今、エアーポンプと濾過器を水槽にセットして、メダカのえさを与えて飼っています。12匹全てが元気に育っています。

お礼日時:2000/12/20 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q室外の池で飼育できる小型の観賞魚を教えてください

野外に池を作り、小型の魚を飼育したいと思っています。
野外なのである程度の気温の変化に耐えうる種類となると、メダカとアカヒレしか思い浮かばないのですが、ほかにも飼育可能な種類はありますか?

飼育環境はこんな感じです。
水量は80リットルくらい。水面を広くとって水草や湿地にはえる植物を植えます。(昔の日本の湿原の再現を目指してます)
夏の暑いときはすだれを立てかけて、温度の上がりすぎをふせぎ、冬は凍結ないよう管理します。

できるだけ自然に近い環境にしますので、手はあまりかけません。自然循環できるように魚は少なめにします。
また、このような環境で小魚たちと一緒に飼育できる、循環の中に入りやすい生き物も教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様の住んでいる地域の気候にもよりますが
ミナミヌマエビやヤマトヌマエビなども飼育可能だと思います。

ただしミナミヌマエビは繁殖してすごい数になることもあるので注意してください。

Qめだかと金魚を同じ水槽で飼ったらダメですか?

以前からめだかを水槽に入れて飼っております。
水草も入れておりますし、空気も送ってます。お部屋に置いてあるので決まった時間に餌をあげたり水が濁れば取り替えるなどして、めだかは元気でした。

しかし、数日前子供が金魚すくいをしてきまして、3匹だったので同じ水槽に入れてしまいました。
ただし、水槽の真ん中にネットを張って魚どうしが喧嘩等しないように気を使ってました。
ところがだんだんとめだかの元気が無くなり、餌もあまり食べなくなったんです。そして今日めだかが数匹死んでました。
金魚に変わった様子は見られないのですが、網を張ってあったとしても同じ水ではめだかと金魚は飼えないのでしょうか?このままにしておくとめだかが全滅してしまうのではないか心配です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境等で、ある程度飼育できる魚の数やサイズ
が決定します。一定の数を超えての飼育は著しく環境を悪化させることがあるため、
それが原因の可能性があります。このサイズの水槽なら何匹といった、絶対的な数
値はありませんが、下記URLを目安に考えてみてください。
参考URL http://www.koketaisaku.com/sakananokazu.html

次に寿命、めだかの寿命は一般的に二夏一冬といわれ、一年程度です。5年近く生
きる事もありますが、環境がよくても2~3年程度が普通ですので、去年生まれた
めだかであれば、寿命を全うしたと考えることも出来ます。

他にも、ネットを張ったとありますが、ネット付近に近づいためだかが、金魚につ
つかれた可能性も考えられますね。(すみません、勝手に柔らかいネットを想像し
てます)

私が思いつく原因はこれぐらいでしょうか・・・

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境...続きを読む

Qクロメダカとハヤの稚魚の見分け方

クロメダカとハヤ(小魚)の稚魚を簡単に見分けられる方法はありますか??

Aベストアンサー

メダカ(成魚)と小魚の稚魚の区別という事で良いのでしょうか?

クロメダカの特徴は。 。 。

1.口が上向きに付いている
2.背びれが尾びれの近くまで後方に寄って付いている
3.尾びれに切れ込みが無く、三角型

ハヤ(場所によりオイカワやウグイの別称になりますが)の稚魚は

1.口が真ん中かそれより下に付く
2.背びれが真ん中付近か、少しだけ後よりにつく
3.尾びれに切れ込みがあり、矢じり型に近い

なので、この3点がポイントになると思います。

Q川エビの飼い方

こんにちは!

川エビというんでしょうか、1~3センチくらいの透明なエビを池から取ってきたのですが(ええ、田舎ですとも!)飼い方がわかりません。

餌は何を食べるのでしょうか?
金魚(まだチビ)の水槽に入れても大丈夫でしょうか?

お休みのところ恐れ入りますが、ご存知の方、どうかご教示ください。よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

 スジエビ、ヌマエビ 両方の可能性があると思います。スジエビであれば、肉食性が強いので、金魚を攻撃してヒレが切れる可能性があります。(サイズ次第ですが)逆に、金魚がサイズアップした場合、エビは餌とみなされる可能性が十分あります。
 混泳させるのでしたら、植木鉢の破片とか流木などでエビの隠れ家を作る必要がありますね。餌は特別に気を使う必要はないですよ。なんでも食べます。
 水温は低温に関しては、金魚が耐えうる範囲であれば問題ありません。夏の高温には、金魚より弱いように思います。といいつつ私は室外で飼育してますねどね。
エビの違いは下記サイトなどの写真を見て判断してください。

参考URL:http://ki.itigo.jp/marli/water/

Qこれはメダカでしょうか?

これはメダカでしょうか?

今水槽でメダカを飼っているのですが、クロメダカも一緒に飼いたいと思い、今日近くの公園にある池でメダカもどきを捕まえたのですが、大きいと5cm近い個体もおり、これはメダカなんだろうか…と半信半疑で連れて帰りました。
上から見るとメダカそっくりなんですが、改めて家のメダカと見比べてみると体の中心にスジがはっきり出ていますし、背びれがずいぶん中心付近にあります…
浅瀬を泳いでいて小柄だったのでてっきりメダカだと思いましたが、もしかしなくても違うのでしょうか?
川魚等で調べてみましたがなかなかわからず…分かる方、教えて頂けるでしょうか。
メダカでなければ池に戻そうと思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.5です。
> ヒゲ…確認してみたのですがよく見えないです…
・でしょうね、この大きさだと。
しかも、普段、ヒゲは体にぴったりくっつけていますし。
観察の狙い目は、夜遅く。
夜中はヒゲが開きがちです。

タモロコの成魚は10cm以上に成長します。
水槽飼育では、将来メダカを補食する危険性があります。

モツゴは8cm程度まで成長します。
モツゴは口が小さく、メダカを補食する可能性は低い魚ですが、多少気性が荒いため、水槽飼育では、メダカを突き倒す可能性があります。

どちらも、メダカの卵や稚魚は大好物です。
メダカよりも一回り大きく成長した頃にはメダカと隔離飼育するか、元の場所へ放した方が良いでしょう。

余談ながら、
メダカやモツゴは絶滅危惧種です。
ブラックバスやブルーギル、カダヤシに徹底的に痛めつけられ、数を減らしました。
絶滅危惧種を個人が飼育するのは良くないと主張している、偉い先生がいることも知っています。
ですが、現時点での日本国の法律では、絶滅危惧種を飼育することは認められています。
家庭で、生涯飼育出来ない(飼育環境を構築できない)絶滅危惧種を飼育することは、私もダメだと思います。
ですが、メダカやモツゴなどの小型淡水魚は飼育方法も確立されています。
適切な飼育環境で絶滅危惧種を飼育することは、私は問題無いと思います。
http://tansuigyo.maxs.jp/a/link21.html

絶滅危惧IA類(CR),汽水・淡水魚類,シナイモツゴ,Pseudorasbora pumila pumila
絶滅危惧IA類(CR),汽水・淡水魚類,ウシモツゴ,Pseudorasbora pumila subsp.

絶滅危惧II類(VU),汽水・淡水魚類,メダカ北日本集団,Oryzias latipes subsp.
絶滅危惧II類(VU),汽水・淡水魚類,メダカ南日本集団,Oryzias latipes latipes

No.5です。
> ヒゲ…確認してみたのですがよく見えないです…
・でしょうね、この大きさだと。
しかも、普段、ヒゲは体にぴったりくっつけていますし。
観察の狙い目は、夜遅く。
夜中はヒゲが開きがちです。

タモロコの成魚は10cm以上に成長します。
水槽飼育では、将来メダカを補食する危険性があります。

モツゴは8cm程度まで成長します。
モツゴは口が小さく、メダカを補食する可能性は低い魚ですが、多少気性が荒いため、水槽飼育では、メダカを突き倒す可能性があります。

どちらも、メダカの卵や稚...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報