「女王の教室」で進藤ひかる(福田麻由子)の母親を演じていたのは、奥貴薫さんかしら?
どこかで見たような・・・、と思っていたら「渡る世間は鬼ばかり」に出ていたんじゃないか?
ラーメン屋の調理人の奥さんの役の人だ!と思ったのですが。
「女王の教室」公式サイトでも、出ていなかったので、どなたか女優さんにお詳しい方、お願い致します。

A 回答 (1件)

奥貴薫さんで間違いないですね、『今後のスケジュール』にもありますので…。



http://www.humanite.co.jp/human06.html

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/rekishikan/diary/2005 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ちゅらさん3にも出てましたよね。
なんか訳ありの奥さんという役が多いかしら?(^^;

お礼日時:2005/09/06 14:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「女王の教室」のエンディングで気づいたこと。

 ドラマ「女王の教室」のエンディングで気づいたのですが、キャストに“俺のバカ”という名前(芸名?)を発見したのですが、これは一体・・・??ドラマの中では何役なのでしょうか?

Aベストアンサー

私も気になったので調べたんですが…
大川興業の漫才コンビらしいです。
http://www.okw.co.jp/profile/12.html
和美ちゃんが見ているテレビ番組(「エンタの悪魔」という番組らしい)のなかに出ていたんだそうです。
全然気づきませんでしたが。

参考URL:http://www.okw.co.jp/profile/12.html

Q渡る世間は鬼ばかり

つまらない質問ですが、今年の春からまた「渡る世間は鬼ばかり」は始まりますか

Aベストアンサー

2010年開始が予想される第10シリーズ(開始時期及び放送枠未定)が最終ではないかと思われます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E3%82%8B%E4%B8%96%E9%96%93%E3%81%AF%E9%AC%BC%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%82%8A#.E7.AC.AC10.E3.82.B7.E3.83.AA.E3.83.BC.E3.82.BA

Q貴方は女王の教室派?ごくせん派?

唐突にこう言う質問ですが。

私は女王の教室派です
真矢の言う事は結構正論だと思う。

人に聞いてみるとごくせんが好きな人は女王の教室が嫌いな人が多いような気がします。

Aベストアンサー

断然女王の教室ですね。
ごくせんくさいです私的に。

Q渡る世間は鬼ばかりについて

TBSドラマの渡る世間は鬼ばかりの再放送ですが、昨年の年末に途中で終わり、今月からまたやるような字幕が出たはずですがやってませんよね・・・
いつから始まるかご存知の方いらっしゃいますか?

以前の再放送で、何回か見逃したのですが、確か一番古いやつは岡倉家の三女の文子が2人目を妊娠して会社を辞め、キャリアーウーマンから専業主婦になったと思うのですが、いつの間にかお腹の子がいなくなってしまっていたのですが、流産してしまったのでしょうか?そうだとしたら、何故か知っている方はいらしゃいますか?
前からとても気になっています。

Aベストアンサー

葉子の事私も今だに謎で気になってます。

公式サイトの他に、最近見つけた渡鬼ファンサイトがあるのではっておきます。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~cak25800/08_old/html/wataoni/wataoni.html

Q女王の教室

今日、放送された女王の教室エピソード2で、エイジ君のペンを、まや先生が貰った(?)じゃないですか。
そのあとに、まや先生が誰かの太ももにそのペンを刺した映像が流れたのですが、アレは一体なんなんですか?

前に放送していた女王の教室を見てないのでわかりません。おしえてください!

Aベストアンサー

前に放送していた女王の教室で、「出会い系サイトを利用して、まや先生が助けてきてくれるか実験(?)してみる」みたいな計画を生徒が企てました。
そして、女子生徒が数人出会い系サイトで知り合った男数人と、カラオケに行きました。
女子生徒が恐怖を感じ、帰ろうとしたところ男の仲間が来て、女子生徒を帰さないとかいい始めて 駐車場まで女子生徒を引っ張ってきました。
そこでまやが現れて 男たちともみ合いになり太ももをエイジのボールペンでさしたという話です。
感動しました...(泣)

Q渡る世間は鬼ばかり

葉子さんの妊娠している子の出生が離婚後300日を過ぎていないため、前夫(宗方さん)の子としてしてしか届出できないようですが、何か困ることでもあるのでしょうか。
普通に、婚姻届(大原さんとの)→出生届(宗方さんとの)→裁判所での手続→大原さんと葉子さんの子、という流れですよね。
それとも宗方さんは、葉子さんが大原さんとの結婚を決めた時も気持ちよく納得してくれて仕事も応援しようとしていましたが、その後宗方さんの態度が急変したのでしょうか。
毎週は見ていなかったので、その辺のいきさつがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>岡倉家の人々が皆知らないという設定も分かりづらいですよね。

そうですね。
でも、勇の糖尿病騒動のときにも、糖尿病って何?って雰囲気で、「命に関わるほどの症状だ」と言われてはじめて慌てたり(その割にはインスリンもせずに、最初こそ糖尿病食を食べていたものの、すぐにウォーキングだけでビールを飲むようになり、今ではすっかり完治したかのようになって、全員忘れ去っているし)、眞が受験するときも、眞以外の全員がセンター試験だけで受験が終わると思い込んでいたり(眞さえもかなり長い間二次の存在を知らないかのような言動があった)、第1シリーズでは遺産相続のことを文子から言われるまで誰一人として知らなかったり・・・と、どうも渡鬼ワールドの人たちは浮世離れしているというか、現実を知らないので全員が子どもの籍のことを知らない設定もアリかと思ってしまいます(苦笑)
インターネットでHPを作りさえすれば何でも可能な世界だし。
まあ、本来どこにでも起こりえる事柄を描くはずのホームドラマでありながら、ありえないことばかりな設定になっているあたりが、ばかばかしくて眼を離せないのですが(笑)

>岡倉家の人々が皆知らないという設定も分かりづらいですよね。

そうですね。
でも、勇の糖尿病騒動のときにも、糖尿病って何?って雰囲気で、「命に関わるほどの症状だ」と言われてはじめて慌てたり(その割にはインスリンもせずに、最初こそ糖尿病食を食べていたものの、すぐにウォーキングだけでビールを飲むようになり、今ではすっかり完治したかのようになって、全員忘れ去っているし)、眞が受験するときも、眞以外の全員がセンター試験だけで受験が終わると思い込んでいたり(眞さえもかなり長い間二...続きを読む

Q女王の教室スペシャルについて

NTVの女王の教室の公式HPの冒頭で「女王の教室スペシャルに向けてスタッフ、関係者一同充電中」と記載されていましたがあれはどうみても続編あるいはSPを製作放送すると受け止めるべきでしょうか?自分は女王の教室のロケ地巡りに参加したほどのファンなのでその記載通り本当に製作されればうれしいですね^^楽しみです。皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

「機会があれば続編を作りたい」という意志はあるのだとおもいます。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050921-0009.html

Q渡る世間は鬼ばかり 2009.2.26 45回あらすじ

先日、渡る世間は鬼ばかり(2009年2月26日放送45回)を見逃してしまいました。
tbs公式HPのあらすじではなく、もっと詳しい内容のあらすじを知りたいです。
どこかありませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

たまたま録画していました。

おかくらで働いてから家に帰った貴子は、母親の直子が迎えに来ているのを見て愕然とする。
直子は貴子が真と別れてお金持ちのいい人と結婚してほしいと思い
、貴子の荷物を自分のマンションに運んでしまえば、
あきらめて一緒に暮らしてくれるともくろんでいたのだ。
ところが貴子は自分の洋服など荷物が本当にないのを確認すると、
そのまま家を飛び出して行った。

向かった先はおやじバンドの練習場。しばらくはみんなが演奏しているのを
聴いて帰ろうと思った貴子だが、練習を終えた誠が、貴子が部屋の
外にいることに気づく。

勇「どうしたの?こんな遅く」
貴子「元気をもらいたかったのかな。ちょっとめげてたりしたし」
誠「なんかあったの?」
貴子「いえ、別に・・・」
勇「これからうち帰るの?ダメだよ、一人じゃ。真帰ってきたら、
送らせるからさ、うち寄ってって」
貴子「・・・私、もう帰るうちないんです・・・」と泣き始める貴子。

ナレーション「真の恋人、貴子は追い詰められていました。
人生の曲がり角に立っている貴子を、
勇や周りの人たちは温かくサポートしようとしていて、
真や貴子の運命も変わろうとしていたのでした」

ここでオープニング

貴子は幸楽にいた。五月にうちに泊まりなさいと言われ、真も大吉が持っているマンションに住むように、と再三勧めていた。
貴子は父親の道隆に相談しないと、と遠慮しがちだったが、真から道隆に伝えるように、と言う五月に
「俺が言っても母親と暮らすように言われるだけだ」と
真は自分の意見は聞いてもらえないと主張。
そこで五月は真と一緒に道隆にお願いにあがると提案する。
「貴子さんは大事な人なの。ほっとけるわけないでしょ。みんなで貴子さんのこと守んなきゃね」
そんな五月たちの優しい言葉にホッとする貴子。

早速、真と五月は道隆に会いに行った。
最初はそんなわがままはさせないとマンションに住むことを拒んでいたが、
五月が貴子さんがおかくらになくてはならない存在でみんな惚れ込んでいることを強く伝えると、
その懸命な申し出が伝わったのか、貴子だけでもよろしくお願いします、と頭を下げるのだった。

五月はその足でおかくらにいる貴子に、お父さんのお許しをもらった、と
報告に行く。タキさんの協力で生活に必要なものも用意をされていると
いう。さらに、お母さんが荷物を持っていってしまって、何もないと
察した五月は「これで必要なものを買いなさい」とお小遣いを渡す。
貴子は、おかくらから過分なお手当ていただいてるので受け取れません、
などと拒否するが、五月はうちで面倒みたい、おやじバンドの練習も
たまには見に行ってやって、と言い、「お母さんのところに帰らなくて
本当によかった」とホッとしていたのだった。

お昼休み中に幸楽に戻ってきた五月が一体どこ行ってたのか
何も言わないことに、愛がピリピリする。

マンションでは貴子と共にタキと壮太が引越しの手伝いをしていた。
そこでタキはもしかしたらおかくらを継ぐのは貴子さんかもしれない、
などと貴子に意味深な言葉を漏らす。
マンションの家賃の心配もいらない、遠慮することない、社長さんの娘じゃなくなってみんなホッとしていると思う、
大井精機のことは大変だと思うけど、これからまた別の幸せがきっと来るから、と貴子を勇気づける。

その頃おかくらでは大吉が怜子と貴子についてよく働いてくれて、
本当に助かる、と話していた。
貴子たちもおかくらに戻り、仕事を始めたところに、日向子が一人で
やってくる。
おばあちゃんもパパもママもみんな忙しくて、相手してくれないと
愚痴をこぼす日向子は、だったらお店を手伝う、と張り切るが、
もう人手が足りてることを聞いた上に、大吉に早く帰りなさい、と
言われて友達はみんなどこかに連れて行ってもらったりしていることを
羨ましく話す。
見かねた怜子は日向子に、どこに行きたいか聞き、2日くらいなら
お休みをいただけると温泉つきのスキーに行くことを提案をする。
それを聞いて大吉が「小宮さん一人にヒナをお任せするのは・・・」と
一緒についていくことになり・・・。

翌日、早速旅行に出かける日向子をおかくらに挨拶がてら送りに長子が
やってきた。大吉たちを送り出した後、怜子が一緒ならタキに引き止めて欲しかったと、耳打ちする。
タキは大吉の気持ちを考えたら、こういうことはチャンスだと言い、
ゆくゆくは貴子がおかくらを継ぐことになることになるかもしれないから、
しっかり仕込ませていただこうと、壮太とも話したということも
長子に話すのだった。

旅行先でスキーの練習に行く日向子を送り出した後、大吉と怜子は
コーヒーを飲みながらゆっくり寛ぐことにした。
「こういうところに来て、やっと自分の気持ちを見つめることができる
のかもしれない」と大吉。それに賛同する怜子。
娘がみんな出て行ってしまって、一人ぼっちになったことを
嘆いた大吉に怜子は
「私なんておかくらでお手伝いをさせていただけて
なかったらたった一人でどうなってたか・・・考えたらゾッとします」
「小宮さん、ずっとおかくらにいてください。どこへも行かないで、
私のそばに。大事にします」との大吉の言葉に「ありがとうございます」
と怜子が言った。大吉はよかった、とホッとする。ずっと言いたかった
けど、なかなか言えなかったと。

おかくらで夜食を囲む、タキ、壮太、貴子。
そこに真が貴子のことが心配でおかくらにやってきた。
大吉が怜子と日向子とスキーに行ってることを聞いて、「おじいちゃんと
小宮さんどうなってるの?」と言う真。そして、道隆も貴子と
同じマンションに引っ越すことを受け入れてくれたことを報告した。
「小島くんが説得してくれたんでしょ?」と感謝する貴子。
「社長は必ず再起なさる方です。一時しのぎのことなんですよ。
すぐちゃんとしたところで貴子さんと暮らせるようになるから。それ信じて」

自宅に帰ってきた真は、明日和津が東大の試験なのに何やってるの、と
咎める五月に何気なく言った。
「貴子さんがおかくらのマンションへ入ったから様子見に行ってきたんだ。
おじいちゃんに会ってよく頼んでおくつもりだったんだけど、おじいちゃんいなくて。
ヒナがスキーに行くのに泊りがけでついてったんだって。小宮さんもだって」
「え、小宮さんも!?」
「うん。温泉で骨休めだってさ。けど小宮さんも一緒なんてなんか
ヘンだよね。じゃおやすみなさい」

翌朝、試験を受ける和津に五月がお弁当にビフテキとトンカツを作り、
真が湯島天神のお守りを頑張れ、と渡す。

お昼休みにおかくらに行った五月はろくに挨拶もせず、
大吉に話があるから、二階に来るように言う。
「お父さん、小宮さんと泊りがけで温泉に行ったんだって?」
「おぅ、ヒナのスキーのお供でね。」
「だったら一人で行けばいいでしょ!?」
「なんだ、そんなことで来たのか」
「日向子ちゃんダシに使って。小宮さんと泊りがけで温泉行くなんて」
「はっきり言っとく。私はとっくに夫としての役目を果たした。
父親としての責任も果たした。今は一人の男として、自由に生きていけるときが来たんだよ。
私が何をしようとお前たちにとやかく言われることはないんだ。好きにさせてもらうぞ」
「お父さん!?」
「それから、あとどれだけ生きられるかわからないけどね。
このまま一人というのは寂しすぎる。そばにいてくれる人がいたら、
一緒にいい年を取りたい。まだね、正式にその人に話したわけじゃないんだよ。
ま、いずれきちっとケジメをつけて、できたら籍を入れて、
このうちで暮らしたい。そのときはお前たちにもハッキリ言うよ。それまでは黙って見ていてほしい。余計な口出しされたら迷惑だよ」
「お父さん、小宮さんが好きなんだ。小宮さんと再婚するつもりなんだ」
と泣く五月。
「あ、相手は誰だっていいだろうさ。ただね、私がそういう考えでいるってことだけは、承知しておいてくれ」

ナレーション「父の再婚なんて思ってもいない五月には、大吉の言葉は
大きなショックだったのでした」

以上です。省略したところもありますが、お役に立てれば幸いです。

たまたま録画していました。

おかくらで働いてから家に帰った貴子は、母親の直子が迎えに来ているのを見て愕然とする。
直子は貴子が真と別れてお金持ちのいい人と結婚してほしいと思い
、貴子の荷物を自分のマンションに運んでしまえば、
あきらめて一緒に暮らしてくれるともくろんでいたのだ。
ところが貴子は自分の洋服など荷物が本当にないのを確認すると、
そのまま家を飛び出して行った。

向かった先はおやじバンドの練習場。しばらくはみんなが演奏しているのを
聴いて帰ろうと思った貴子だが...続きを読む

Q女王の教室の子役たちの将来。

女王の教室に出てる子役たちで
将来、名女優、名俳優になりそうな子は
誰だと思いますか?
その理由も聞かせて。

Aベストアンサー

馬場ちゃん役の子は前にNHKの深夜のドラマに出ていたし将来有望?かもしれません。
でもなんか地味ですよね。

ももちゃん役の子はダンス&歌うまかったですね。

ひかり(ひかる?)役の子は今CMに出ているような?玉山鉄二と一緒に。(気のせいかもしれませんが)
個性的な感じでいいかと思います。

Q「渡る世間は鬼ばかり」の最終回について

先週、「渡る世間は鬼ばかり」の最終回があり、ビデオに撮っておいて後で見ようと思ったのですが・・。

二時間のスペシャルだと思っていたのですが、それよりも
あったみたいで・・・すごくショックでした。

最後の30分くらいがどんな話だったか、誰か教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どのあたりからが最後の30分か覚えていないので、岡倉5人姉妹の話をざっと書きます。
この辺が知りたいというところがありましたら、また詳しく書きます。

<文子>
文子と利子で海外旅行に行った。
休暇を取って東京に帰ってきた亨と七重の父は置いていかれてしまい、二人で岡倉に行き妻の愚痴やらを語り合い、二人で温泉に行く約束をする。

<弥生>
良が家に帰ってくる。
良は結局会社の建て直しに失敗し、その会社を辞めていた。
弥生は全て知っていた。良は女社長とはビジネス以上の関係はないと話し、家族はまた元の幸せな生活に戻った。

<葉子>
宗方と話し合い、信頼関係を取り戻す。
そして宗方からやりがいのある仕事を依頼され、仕事に燃える日々を過ごす。でも政子がいないとダメだと気づき、喧嘩別れしたことを後悔するが、宗方のおかげで仲直りする。また葉子、政子、宗方の三人で仲良く暮らすことになった。
政子が山口家から出たおかげで、美智も葉子の仕事を手伝えることになった。

<長子>
日向子の事で英作と喧嘩ばかりしていたので、日向子は普通の小学校に行くから喧嘩を止めてと大吉に泣きつく。大吉は長子をしかるが、考えは変えなかった。
そこに神林と常子が岡倉に来て、常子が日向子の送り迎えを引き受けることになり、日向子は私立の小学校に行ける事になった。そして長子と英作も仲直りする。

<五月>
愛がバイト先でキレて、上司?を殴ってバイトを辞め、幸楽に帰ってきた。キミと聖子が散々イヤミを言うが、城代が言い返して二人を黙らせた。光子も愛の味方をして聖子と喧嘩になるが、光子にキツイ事を言われ、聖子は何も言い返せなくなってしまった。
加津は小学校卒業の報告を自分のHPに載せた。
加津の母親は仕事先でそのHPをちゃんと見ていた。
眞は加津に卒業祝いにブローチを贈る。
そして愛もテレビ関係の仕事を諦めて、また新しい夢を探すことにした。

と言う感じで皆平和になりました。
弥生の誕生パーティーは、皆忙しいので中止になってしまいました。でも大吉は、「みんな幸せにやってるんだな」とホッとして終わりました。

たぶんほとんどご覧になってる内容だと思うので、長すぎて読みにくいと思いますが…。少しでもお役に立ててれば幸いです。登場人物の名前は↓のサイトを見て調べました。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~cak25800/S/wataoni/wataoni.html

どのあたりからが最後の30分か覚えていないので、岡倉5人姉妹の話をざっと書きます。
この辺が知りたいというところがありましたら、また詳しく書きます。

<文子>
文子と利子で海外旅行に行った。
休暇を取って東京に帰ってきた亨と七重の父は置いていかれてしまい、二人で岡倉に行き妻の愚痴やらを語り合い、二人で温泉に行く約束をする。

<弥生>
良が家に帰ってくる。
良は結局会社の建て直しに失敗し、その会社を辞めていた。
弥生は全て知っていた。良は女社長とはビジネス以上の関係はないと...続きを読む


人気Q&Aランキング