プロが教えるわが家の防犯対策術!

適切な処置が出来ず、愛犬を亡くしてしまいました。
そこで、前から気にはなっていた「動物看護」について勉強をしたいです。
どなたか独学するのに参考になる書籍をご存知ではないでしょうか。
ネットで検索はしたのですが、実物を見ていないのでよく分かりません。
どこに行けば実物があるのかも分からなくて・・・

また、独学で動物看護師になられた方。
これは良かった!という内容の参考書がありましたら教えていただきたいです。
動物看護師として働けるくらいの知識が欲しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして。



私は専門学校に3年間通い、看護とトリミングを学びました。AHT兼トリマーとして動物病院に就職して3年になります。

(他の方々の回答と重複するところもありますが…)看護師として働くに当たってどれくらいの知識が必要なのかは勤務先となる病院(の先生)によってかなり違ってくると思います。
どんなに学校や本などで勉強しても、それらはあくまで一般論であって、それが必ずしも正解ではありません。それぞれの病院の先生によって、受付業務に始まり、よく使う薬や器具、検査機器、手術の方法などはみんな違っていると言っても過言ではないと思います。もちろん診察や治療にあたっての考え方も違います。(安楽死を引き受けるか否かなど)先生方が看護師に要求する能力や仕事も違います。だから、一旦就職してしまえば、本にはこう書いてあった。学校ではこう習った。などというのはあまり通用しません。その都度、その病院のやり方を覚えるしかありません。

学校ではいろいろな看護の方法や器具の使い方、病気や薬の名前、検査方法など様々なことを教わりました。とても全部は覚え切れませんでしたが、実際に就職してみると(私の病院では)そのほとんどがあまり必要ではありませんでした。役に立ったと言えば、保定の仕方や飼い主さんへの説明の仕方の実習など。
前述通り、器具や機械は学校のものとは違うし、器具や薬の中には先生独自の!?呼び名で呼ばれているものもあり、1から覚えなおしでした。

先生方の中には有資格者を好む方や、複数就職希望者がいた場合、有資格者を優先する方もいらっしゃいます。その場合の何らかの看護関係の資格を得るには学校等に通われた方が広い勉強ができるので得やすくなり、もちろん自分の知識も高まりますので、お勧めします。でも、他の回答者の方もおっしゃっていましたが、動物看護師は資格が必ずなければなれないものではありません。就職してから必要な知識や作業を覚えれば大丈夫です。
ご存知の通り、看護師は病気の診断や薬の処方はできません。獣医師のサポートをし、飼い主さんと先生の橋渡し的な存在です。何かわからないことがあれば先生方に聞けばよいし、その都度自分で調べれば問題ないと思います。その時、参考文献なども合わせて教えてもらってもいいと思います。
看護師に必要なのはそれらの知識を飼い主さんにいかにわかりやすく説明してあげられるか、よいアドバイスを与えられるかだと私は思っています。難しい専門用語をわかりやすい言葉に置き換えたり、処方された薬を上手に飲ませる方法や、日々の健康管理の仕方、しつけ方などなど。
自分が飼い主なら(実際にワンちゃんを飼われていたようですし)看護師にどんなことをしてもらえたらうれしいか。どんな説明やアドバイスをもらえたら役に立つか。そんなことを思い浮かべて勉強なさったらいいと思います。
もし、本などで勉強されるならば難しい専門書からよりも、一般の飼い主さん向けに書かれたペット関係の本からお読みになると、大変わかりやすく書いてあるので読みやすく、より実践的な表現(説明)方法も身に付くと思います。何よりも、飼い主さん向け=身近に必要な知識=飼い主さんの多くはそれらの本に書かれていることは知識としてすでに持っている=『看護師は当然それらを知っていなければならないし、より詳しく知っていたほうがいい!!』そう考えれば、それらの本を取っ掛かりとして、さらに広く深く専門書等で勉強されれば効率もいいと思います。

なかなかうまく文章がまとめられず読みにくいとは思いますが、私が思うことを書かせて頂きました。

自分がなりたい(こうありたい)と思う看護師に必要と思われることを第一に考え、そこから勉強されればきっと頼り甲斐のある素敵な看護師さんになれると思います。頑張って下さい!!
    • good
    • 3

こんにちは。



動物看護士というのは国家資格ではなく、民間で発行する資格です。ほとんどは専門学校に数年在学し、試験に合格して・・という形だと思います。なにより、動物を扱う仕事ですから、例えば人間の看護師の資格を通信教育で取ることが意味をなさないのと同じように、在宅でこの資格を得ることにはあまり意義がないように思います。

実際動物病院で働いている看護士さんたちにも、資格持ちも、そうでない方もいます。採用に当たってどの位加味するかは動物病院次第です。実際には、資格持ちでも即戦力になることは期待できず、結局は時間をかけて業務をこなしながら仕事を覚えていくことになりますから、資格を持たない方とそれほど大きくは変わりはないような印象を、私は持っています。

「動物看護師として働けるくらいの知識」
これはやはり、専門学校に通うか、実際に勤務しながら勉強しないと無理だと思います。

たんに病気に関する知識を向上させたいなら、やはり一般向けに病気について書かれた本を勉強されることが一つ。獣医に限らず、人間の病気の本も十分参考になります。もし専門書に手を出したくなったら、私は人間の看護師向けの、病気について平易に説明されたものから入ることをお勧めします(JNNブックスというシリーズがお勧めです)。もし高校生物くらいの知識があるようでしたら「医科生理学展望」もお勧めです。電話帳くらいありますが、体の生理学から初め、基本的な病気について分かりやすく解説されています。お勧めです。
    • good
    • 1

こんにちは。



動物看護に関しての書籍で一般の書店で入手できるものは多くないと思います。
イラストでみる犬の病気・猫の病気は、大型の書店なら置いていると思います。この本は、これだけを読んで動物看護を学ぶといった性格の本ではありませんが、よく見られる犬猫の病気について、基礎知識の少ない方や一般の飼い主さんにも理解しやすく解説しているよい本です。
「実践AHTマニュアル講座 小宮山典寛著 Inter Zoo」は平易な内容で動物看護士の勤務の実際を知ることができます。
「ドグロペディア、キャトロペディア ともにJ.M.Evans&Kay White著 監訳 苅谷和廣 チクサン出版」は、しつけやフードといった部分で日本の現状とそぐわない記述も少々ありますが、多様な知識を分かりやすくコンパクトにまとめており、安価です。
「動物看護ハンドブック、同2 チクサン出版」
はハンドブックであるので情報量はやや削ってありますが、値段も安くコンパクトです。
「犬猫臨床テクニック 清水かおり訳 桑原次郎監 LLL seminar」は保定、検査などに必要な臨床現場での技術を図入りで説明しています。記述の一つ一つを、意味を理解しながら学ぶことができます。
これ以外にも役立つ書籍は多いですが、概して値段の高いものは専門知識を多く詳細に容れるものが多く、値段の安いものは特定の分野の解説やハンドブック的な簡易版、一般向けの平易なものが多いといった傾向があるかと思います。

動物看護士の仕事は患畜のケアだけでなく病院内のあらゆるところに及びます。ご質問者様の基礎的な知識や今後についてのお考えなどによって変わるとは思いますが、現実問題として書籍のみから独学で学ぶのは困難を伴うかも知れません。
動物看護士はまず臨床経験を積み、そのあとに資格を取得することも可能です。もし臨床の動物看護士として働けるくらいの知識がほしいとなると、基礎的な獣医学まで学ぶ必要が出てくると思いますし、病院によってケアや検査など(基本は同じでも)方針的習慣的に異なる方法をとる場合も多くなります。様々な状況に対応するためにも基本をしっかり学ぶことが大切になると思います。

↓おそらくすでにごらんになっているかとは思いますが、参考までに・・・

http://page.freett.com/aht/book.htm

動物看護士はやりがいのある仕事です。天国の愛犬のためにも、頑張ってください。
    • good
    • 1

「イラストでみる犬の病気」


小野 憲一郎 (編集), 多川 政弘 (編集), 後藤 直彰 (編集), 今井 壮一 (編集), 安川 明男 (編集)
講談社

これの猫バージョン
「イラストでみる猫の病気」
というのもあります。

動物看護士の方がよくこの本で勉強していました。
また、私が獣医の学生だった頃、教授からも進められました。時折、一般の本屋でも見かけます。少し専門的で、しかもわかりやすいと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動物看護師の本について

春から動物病院に就職します。
まだ看護師の資格はないのですが
これからいろいろ勉強するにあたって
お勧めの本があれば教えてください。

Aベストアンサー

元動物看護士(AHT)です。

まずは、就職おめでとうございます。

アニテクのための本ですが、メディカグローブの「動物看護のための体のはたらき」やインターズの「AHTのための臨床カラーアトラス犬猫」が見やすくていいかなとおもいます。

あとは、病院で働きながら自然に身についてきますから大丈夫ですよ(笑)

病院の方針によってアニテクの存在価値が違うかもしれませんが、どの動物病院でも獣医師と患者の間にたてる存在なので、どうか患者さんが獣医師には相談できないことも看護師さんにならと思ってもらえるようなアニテクになってくださいね。

Qアニマルコミュニケーターに愛犬を殺されました

(すみませんが長文&パニック状態で、読み難い乱文です事をお許しください)

12歳になるチワワを飼っており、ここ最近体調を崩しており、日帰り入院を続けていました。
もしかしたら先があまり長くないのでは、と感じ、この先どうしたらワンコが幸せに暮らせるのか、ワンコの気持ちを知りたいと思い、TVで最近見かけるアニマルコミュニケーターというのに興味を感じ、自宅まで来て貰い、セッションしてもらうことにしたのです。

開始後、色々とワンコと話しをしてもらい、その中で、コミュニケーターに攻撃的になった為、
「小さい頃から人に攻撃的になる事があるので、それは何故なのでしょうか?」と聞いて貰いました。
最初は口頭でワンコと話しをしていたのですが、「医者はどういうか分かりませんが、私なら、攻撃的になったら、首元を押えて、胸を撫でてみます」との事でした。

しかし、うちのワンコはあまり心臓が強くない為、そのような行為を以前自分もしてみようとしたが、興奮してチアノーゼを起こし掛ったので、それ以上はやらないのです、とお答えしました。

しかし、その後またワンコがコミュニケーターに攻撃的になった際、コミュニケーターがソファーとクッションの間でワンコの首元を押えこみ、「落ち着きなさい!!」と大声を出し、押さえ付けました。
ワンコは苦しみなのか恐怖なのか分かりませんが、キャンキャンと今まで聞いたことの無い大きな声で泣きまくり、そのうち声が出なくなってしまいました。私はその間、不安と恐怖でコミュニケーターに何度も「大丈夫ですか?」と聞きましたが、「大丈夫です」の一点張りで…

大人しくなったので、コミュニケーターも、ようやく言う事を聞いたのかという表情でワンコを覗き込むと、もうワンコはグッタリして動きませんでした。

私はもうパニックになってしまい、ただただ大声でワンコの名前を呼ぶ事しか出来ませんでした。
コミュニケーターも焦り、人工呼吸や心臓マッサージをしていましたが、もう元には戻りませんでした。
主人も当日同席していたので、すぐに車を出して病院へ行きましたが、もう手遅れでした。
私と主人からしてみると、首を強く抑えられた窒息の様にも見えましたが、コミュニケーターは、ワンコが心臓が痛かったと言ってます、首を押えられた事ではありません、と伝えて来ました。
これ以上ワンコに辛い思いをして欲しく無かったので、解剖もしていません。

私はただ、ワンコがこれから幸せに暮らす為に、どうしたいのか、ワンコの気持ちを聞きたかっただけなのに…
確かに攻撃的で困ってしまうんです、という話はしましたが、しつけをして欲しいなんて一言もお願いしていません。

その後病院で、コミュニケーターになぜそこまでしたのかと聞くと、口で言っても分からないから、と言われてしまいました。そして、犬の神様が、もしこんな事が無くてもあと長くて3日の命だったと、言われました。又、ワンコが、プライドから、コミュニケーターに殺されたとは言わないで欲しい、との事なんです。
口で言って分からなくて、力任せでは、何の為のアニマルコミュニケーターなのか、そして、こんな事になって、残り3日の命だったのだと言われ、さらに自分の意思?で死んだという形にして欲しい…私はとても疑問を感じました。

しかし、行き過ぎました、とその場で土下座をして謝罪されたので、私ももうこれ以上責められないと思い、悔しい思いをしながらも、自分もショックを受け過ぎて、どうしたら良いか分からない状況だった為、当日はそのままお引き取り頂きました。

翌日、花と、振り込み済みのセッション代を持って再度訪問して来ました。
しかし、この一晩で何かが大きく変わりました。
コミュニケーターもその道のプロとして生計を立てているのです。きっと、先輩業者などに相談されたのでしょう。立場が逆転した様に感じました。

その時、改めて、なぜそこまでやる必要があったのかと聞いた所、「お客様が噛まない様にして欲しと仰ったからです」との事。その日は、もう私達に謝る事は殆どありませんでした。
むしろ、その時1時間程度居たか居ないかで、次のお客様が待っているので、と言って帰って行きました。
その際、お金を払うようなお詫びは出来ないが、自分に出来るお詫びは何か考えています、とだけ伝えられました。なので、お金の要求などはしないが、これからもワンコの声を伝え続けて欲しい、それだけは約束して欲しいとお願いしたのです。(疑わしい気持ちもありましたが、急にワンコを失った私達には、それが一番の望みでしたので…)

葬式にも、セミナーがあるとかで顔を出さず、初七日については、「ワンコとセッションした所、来ると同じ様な事ばかり聞かれて、ワンコがもう嫌だと言っていますので、行きません」と、メール一通送って来て、文面はもう少し丁寧ではありましたが、ワンコがそう言ってますのでご了承くださいとの事。お詫びの一言もありませんでした。

ワンコが急死してから私はショックのあまりもう何も出来なくなってしまい、目を閉じるとフラッシュバックの様にワンコが苦しんでいる姿が目に浮かぶ状況が続いており、心療内科に通院している状況で、その文面を見て感情的になってしまい、「私のワンコの言葉として伝えているだけで、本当はあなたの言葉で、もう私達に会いたくないのではないですか?私は、あなたに会うとあの時の事を思い出すので会いたくありません」といった文面を送ってしまいました。

そうした所、「言葉は全てワンコの声」「もうお会いしたくないなら会いません」「メールももうしませんのでご安心下さい」「「早く平安な日々が訪れますように」と締めくくられ、もうこれで終わりにしましょう、と私には受け取れる内容でした。

しかし、私も言い過ぎてしまったと反省し、言い過ぎてしまった事を謝罪し、ワンコが亡くなった時に約束したワンコの気持ちや言葉を伝えて欲しいという望みだけは続けて欲しいとメールをしました。
しかし、その後何日経っても返事はありませんでした。

返事が来ず、私の気持ちもどんどんまた混乱し、なぜ私が謝罪しなくてはならなかったのか、本当はただコミュニケーターが逃げたかっただけじゃないのか、あの時の約束はどうなるのかと考えしまい、見兼ねた主人がコミュニケーターにメールをした所、「奥様がもう連絡してほしくないとの事でしたので、していません」との事。私は会いたくないとは入れましたが、連絡を取りたくないなど一言も書いていないのです。なので、主人は又、「コミュニケーターさんの勘違いではないですか?」と送りましたが、「もう一度しっかり奥様が送ったメールを読んで下さい。この後のメールの返事はしばらく出来ない事をお伝えしておきます」との一方的なメール。

もう、堪忍袋の緒が切れました。
こちらは被害者なのに、なるべく穏便にすまそうとやってきたのです。
でも、なぜ立場が逆転するのでしょう。きっと当初から私が甘かったのだと思います。

子供の居ない私達夫婦にとって、息子の様に育て、愛しみ、精一杯の愛情を注いできたワンコを、コミュニケーターの手によって命を奪われたのです。その悲しみは言葉になど表わせない位です。

そもそもアニマルコミュニケーターに依頼なんてしなければ良かった、という後悔は毎日一日中ずっとしています。私が依頼しなければ、まだ今頃一緒にいられたのではないかと…。

アニマルコミュニケーターは動物のプロではなかったのでしょうか…?
人を癒す仕事なのではないのでしょうか?
もう、私の心はボロボロです。ワンコの仏壇の前で毎日泣いて過ごす日々で、きっとワンコも心配して成仏出来ずにいるのでは、と心配しています。

このまま何事も無かったかの様に終わらせようとしているコミュニケーターを許せません。
私達は被害者なのに、なんだか立場が逆転している気がしてなりません。
私達を馬鹿にしているとしか思えないのです。
でも、どうしたらいいか分かりません。

あまりこういった経験をされた方は少ないかと思いますが、どうするのが一番良いか、何か法的な方法があったりするのか、教えて頂けると幸いです。

長く、乱文を最後までお読み頂きありがとうございました。
アニマルコミュニケーターを信じて依頼し、このような結果となった事、重々反省と後悔をしています。
ですので、どうぞそういった批判のコメントだけはご容赦頂きたく、お願い致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

(すみませんが長文&パニック状態で、読み難い乱文です事をお許しください)

12歳になるチワワを飼っており、ここ最近体調を崩しており、日帰り入院を続けていました。
もしかしたら先があまり長くないのでは、と感じ、この先どうしたらワンコが幸せに暮らせるのか、ワンコの気持ちを知りたいと思い、TVで最近見かけるアニマルコミュニケーターというのに興味を感じ、自宅まで来て貰い、セッションしてもらうことにしたのです。

開始後、色々とワンコと話しをしてもらい、その中で、コミュニケーターに...続きを読む

Aベストアンサー

・・はじめまして

あまりの悲劇に・・・言葉が出ませんが。。。

見ている方のほとんどが、たぶんそうでしょうね

ワタシは法律に。とくに詳しいわけではありませんが・・・お伺いした状況では、法的に弁護士などを雇っても
納得のいく結論にみちびくのは、難しいと思います
ともかく悪魔のようなヒトたちを雇って、自らお宅へ招き入れてしまったという点で・・・責任の所在は。。。ということです

施術の様子をビデオなどで一部始終を撮影していたわけではありませんし・・・それに、そばで立ち会って見ていたわけですからね ただちに止めさせることもできたハズだと言われるかもしれません
悔しいですが・・・
残念ながら
たいていの場合
法律は正義の味方ではありません
また・・・その手の方達は、そもそも法の目をくぐることで商売が成り立っているので
対処にたけていると思われます

闘病しているワンコを愛しすぎて、ワンコの気持ちを知りたいと欲を出してしまった・・・痛いほど、わかりますが

ココのところですよね

ワタシは6年まえに腎臓病で闘病の愛犬を数年間、介護したあとみおくりましたが。。。
いろいろ辛いときもある、日々でしたが
彼女と誰よりも魂をよせあった時間だと確信しています

それでも、犬にかぎらず人間同士でも、所詮は別べつの魂です。分かり合えない部分があって当たり前なのです
mahalo-tamiha さんは愛が深すぎて・・・犬の心を全部、知りたいと欲が出てしまったんですね

(詐欺に引っかかるとき、人間はかならず欲が出ているときです)

でも・・・こうして、この場に「辛い出来事」を書いてくださって、ありがとうございます
とっても深い意味があると思います

二度と、こういう悲劇がくりかえされぬように、これを読んだ愛犬家は、みな心に刻みます

毎日、ご飯をあげて・・毎日、声を聞いて、毎日、その目を見つめて・・・
この世に、飼い主ほど愛犬の心の変化を
わかってあげる存在など、どこにもないのだということを
どんな名医だろうが、名トレーナーだろうが
飼い主にかなう存在など、どこにもいない・・・ということ

それでも理解ができぬ部分は・・・神のみぞ知る部分で良いのです
ワタシたちは、それを受け入れましょう

http://www5.ocn.ne.jp/~select/Ten-Commandments.html

http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html


犬を愛して、一緒に暮らすということは
・・・どんな辛さにも勇気を持って
自ら 立ち向かわなければならないし

重い十字架を負わされることも、ときにはあると
それも、覚悟しなければならないのですが

そんなことを、考えて  
犬を 向かい入れるヒトは・・・少ないでしょうね

いつか・・・虹の橋でワンコの魂に再会できたときに、心からワンコにあやまりましょうね
ワタシも歴代の見送ったワンコ達に、そうするつもりでいるんです
(ワタシにも重い十字架があります)

・・はじめまして

あまりの悲劇に・・・言葉が出ませんが。。。

見ている方のほとんどが、たぶんそうでしょうね

ワタシは法律に。とくに詳しいわけではありませんが・・・お伺いした状況では、法的に弁護士などを雇っても
納得のいく結論にみちびくのは、難しいと思います
ともかく悪魔のようなヒトたちを雇って、自らお宅へ招き入れてしまったという点で・・・責任の所在は。。。ということです

施術の様子をビデオなどで一部始終を撮影していたわけではありませんし・・・それに、そばで立ち会っ...続きを読む

Q動物を救える職業てなんですか?

私は動物が好きで
テレビなんかで動物の虐待事件なんかを聞いたりすると許せません。
また動物の殺処分なんかもとても悲しくおもいます

私は今年の4月で高3になるので進路などを決めなければいけません。

そこで思ったのは、こうした動物たちを救う仕事につけたらいいなと思いました。

そういうような仕事はあるのでしょうか?
あるとしたらなんでしょうか

Aベストアンサー

 質問者さまの素晴らしい意志に感動しました。テレビで見たのですが、イギリス、ドイツ、アメリカなどには、動物を救済するための公的機関があって、動物が虐待されているようなところはないかパトロールしたり、市民から通報を受けて虐待をしている人のところに行って注意、警告をしているようです。そこに勤務している専門の職員もいるらしいです。日本の保健所でもそういうことはやっていると思うけど、たくさんある仕事の中のほんの一部という感じで、虐待されている動物を助けるのが専門という公的機関は日本にはないと思います。虐待されている動物を助けるためにがんばっているのは、動物愛護団体の人たちだと思うのですが、そういう団体の人たちは、それが専門の仕事というわけではなく、ほかに仕事を持っていて、仕事の合間にボランティア活動をしているのだと思います。ただ、よほど大きな団体であれば、専門の職員もいて給料ももらえるかもしれません。たとえば、WWFジャパとかは、専門の職員がいるかもしれません。
 さて、愛護団体の人たちが、虐待をしている人から動物を助けるときに頼りにするのが、法律にくわしい弁護士だと思います。なので、弁護士の資格をとって、動物愛護団体のところに行き、なにか手伝えることがあれば協力します、というふうに売り込みに行くというのが一つの方法としてあるでしょう。
 質問者さまのように、動物を助ける仕事がしたいと思っている人に対して、必ず「どうせ、人間は動物を食べているのだから、動物を助けたいと思うのはばかげている。」というような反対意見を言う人がいます。
しかし、そのような反対意見はおかしいと思います。それは、「テストで百点をとれないなら、0点でいい。」と言っているようなものです。助けられる動物は助けたい、と思うのは人間社会に必要なやさしさだと思います。
 動物を助ける職業にどんなものがあるか、ということについては、下記に問い合わせるとよいでしょう。
http://www.arkbark.net/?q=ja/
http://www.wwf.or.jp/

 質問者さまの素晴らしい意志に感動しました。テレビで見たのですが、イギリス、ドイツ、アメリカなどには、動物を救済するための公的機関があって、動物が虐待されているようなところはないかパトロールしたり、市民から通報を受けて虐待をしている人のところに行って注意、警告をしているようです。そこに勤務している専門の職員もいるらしいです。日本の保健所でもそういうことはやっていると思うけど、たくさんある仕事の中のほんの一部という感じで、虐待されている動物を助けるのが専門という公的機関は日...続きを読む

Q歯科助手という職業についてみようかと思っているんですが

今まで、ほとんど事務職の経験しかありませんが、歯科助手の面接に行こうかと思っています。

30歳を過ぎると事務職の正社員はなかなか採用されず、他の職種を考えてみたんですが、歯科助手は資格がなくてもいいところもあるようなので面接に行ってみようかと思っています。

歯科助手についてあまりよく知らないんですが、せっかく働くのであればずっと続けたいと思っています。実際のところ一生?続けられる仕事なのでしょうか?若い人しかできない仕事なのでしょうか?

正直いうと、経験がないので不安だし、ずっと事務職だったのでもう事務職に戻れないかも・・・などと不安だらけです。

どんなことでも結構です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

歯科助手経験者です。
(30後半になってパートとして勤めました。今は別の仕事ですが)
前に何度か類似の質問に回答しています。
上の検索窓に「歯科助手」と入れて調べると私が回答したもの以外にも過去の関連質問がたくさん出てきますのでご覧になって下さい。

歯科助手は正社員としての採用もあるにはありますが、ほとんどはアルバイト、パートでまかなわれます。資格があり患者さんの口の中を触れる「歯科衛生士」とは一線を画するものです。職場に衛生士が多い場合は仕事内容が八割程度は同じなのに給料、待遇に厳然とした差があるのを思い知らされむなしくなることもあるかと思います。
正直いって一生勤められるかは・・・私でしたら自信がないです。
高校生など若者の採用も多いですし。
レセプトの管理(医療事務)などが出来ればそれはそれで大きな戦力になりますが。

下は直接ではありませんが、歯科助手の仕事について答えたものです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=299931

Q無資格・未経験の動物看護師

私は、今まで美容や芸能関係の仕事をしておりましたが、去年限界を感じ別の仕事に就こうと考えました。
昔から動物が好きだったので、動物関係の仕事で、尚且つ病院や学校などの固い感じの職場を探していました。
そこで去年から動物病院で看護師として働かせていただけることになりました。

特に動物関係の学校に通っていたわけでもないですし、無資格・未経験からの仕事は大変ではありましたが、
キツイながらもやりがいを感じながら仕事をしております。

そして、今年の4月から新卒で新入社員の看護師さんが入ってきました。
その子は今年の4月に専門学校を卒業したばかりで、うちの病院に勤めたみたいなのですが、
とにかく学校に通っていたことをひたすらに自慢して、無資格・未経験の私に嫌味を言ってきます。
「やっぱり学校出てないと駄目ですよね。」「私は3年間やってきたんで、やっぱり違うんですよ。」などなどです…

確かに、その子は勉強してきたので、知識があるし、私よりできることもたくさんあるかもしれません。
ですが、動物看護師は国家資格ではないので、無資格・未経験でも良いとうちの院長は雇ってくれました。
無知なので、余計に勉強しなきゃと今は働きながらセミナーに通ったり、本を読んで勉強しています。
ですがその子にそんなことを毎日毎日言われるたびに、嫌になってしまいます。

今まで「学校に行ってない奴は駄目だ」とか、獣医さんやほかのスタッフに言われたこともなく、
私が出来なくてその子に代わってもらったりだとか、
学校を卒業したその子だからこそ任せられる!というようなことも、今のところは特に無いように感じます。
(心の中で思っている人はいるかもしれませんが…)

もう一人、20年近く続けているベテランの看護師さんがいて、その方も特に学校に通っていたわけではないので同じようなことを言われるらしいですが、
その方は「別になんとも思ってないけど…自慢なんだろうね(笑)」と大人で、聞き流しているようですが…
勤めて2年目の私には、そんな余裕も自信もありません。

何も知らない子より知識も入っているし、3年間勉強や実習を頑張ってきたのはとても立派だと思います。
ですが、そのことを振りかざして見下されるたびに本当に嫌になります。
もちろん、その子が勉強していた3年間にはなかなか追いつけないので、私はもっともっと努力をしなくちゃいけないし、
ベテランの方のように気にしなければ良いというのは重々わかっているのですが…
コンプレックスになってしまい、勉強するのも仕事をするのも嫌な気持ちになってしまいます。

長文、乱文失礼いたしました。
同じように動物病院で働いている方、または同じような環境の方、
何かアドバイスをください。

私は、今まで美容や芸能関係の仕事をしておりましたが、去年限界を感じ別の仕事に就こうと考えました。
昔から動物が好きだったので、動物関係の仕事で、尚且つ病院や学校などの固い感じの職場を探していました。
そこで去年から動物病院で看護師として働かせていただけることになりました。

特に動物関係の学校に通っていたわけでもないですし、無資格・未経験からの仕事は大変ではありましたが、
キツイながらもやりがいを感じながら仕事をしております。

そして、今年の4月から新卒で新入社員の看護師さんが...続きを読む

Aベストアンサー

うん。そういう人確かにいるね。
ようは まだまだ餓鬼なんだよね。

なので余裕が無いなら ここに何を書いても
響かないかもしれないけど あえて書いてあげるよ。

>「やっぱり学校出てないと駄目ですよね。」
>「私は3年間やってきたんで、やっぱり違うんですよ。」等と言われたなら

質問者様は 
「そうだね~ その通りかもね~」「でも社会人としてま まだまだだね~ 社会人としては
失格だね~ もっと社会勉強してくれないと困るな」等と 
質問者様の言葉に直して言ってしまうのも1つ。

ただ・・・これを言う場合は その新人さん と 同じレベル(落ちること)になる事を覚えておくこと。


または 「そうだよね。凄いよね~ 私なんかより いっぱい知ってるし
私にも色々教えてよ~」 等と言ったり 聞いたり?して 仲良くなっちゃうのも1つ。


どちらの選択も選びたくないなら・・・・

「はいはい そうだね^^ じゃ 次回はよろしくね^^」等と言っておけば良いんだよ。

そういう人はいずれ 失敗をして挫折して 立ち直れず 辞めていくよ。

もしくは 周りから鼻つまみ者とされるから いずらくなっていくよ。

社会人としても人生でも 先輩なんだから ドーンと構えてなきゃ^^


うちの職場も資格ある・なし では 多少の違いはあるにせよ 経験が物を言う仕事なので・・・・

例え学校出ていようが 資格を持っていようが 経験に勝るとは思ってないからね。

また 学校・資格を持ってる人も そういった事を言うような レベルの低い人はいないからな。

もしかしたら 腹の中では思ってるのかもしれないけど。。。

うん。そういう人確かにいるね。
ようは まだまだ餓鬼なんだよね。

なので余裕が無いなら ここに何を書いても
響かないかもしれないけど あえて書いてあげるよ。

>「やっぱり学校出てないと駄目ですよね。」
>「私は3年間やってきたんで、やっぱり違うんですよ。」等と言われたなら

質問者様は 
「そうだね~ その通りかもね~」「でも社会人としてま まだまだだね~ 社会人としては
失格だね~ もっと社会勉強してくれないと困るな」等と 
質問者様の言葉に直して言ってしまうのも1つ。

ただ・・...続きを読む


人気Q&Aランキング