大沢在昌「天使の爪」を週刊ポストで連載しているらしいですが
ああいうものって連載はどのくらい続くのでしょうか?
「天使の牙」には原稿1100枚って書いてありましたけど
また連載終了から単行本として創刊されるまで
どのくらいかかるものでしょうか?
そんなもの分かりっこないとは分からないでもないんですが
だいたいの見当で教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一般読者に公表されることは少ないけど、作家に依頼するときに、だいたいのボリューム(一回分の文章量と連載回数。

はじめっから単行本で出すなら何ページ分とか)やコンセプト&ギャラなどを交渉し契約が成立して、小説が執筆されるのではないでしょうか。

新聞の連載小説なんかは、「これから×ヶ月間連載する予定です。お楽しみに」なんて前宣伝してますがね。

連載をはじめてみて好評なら当初の予定より長くしてみたり、いまいちなら途中で打ち切りということもあるようですが。(テレビドラマでもありますよね)

大沢在昌氏なら人気があるから(…って、読んだことないけど)、しばらくすれば本が出るでしょうけど、連載小説が必ず単行本として発刊されるというきまりは、ないと思いますよ。

ワタクシゴトキが今まで見てきた中では、連載物が本になるまでに経った年月は、その著作(作品)の種類にもよりますが、早いもので1~2年、だいたい2~3~5年という感覚なのですが。

だいたいの見当です。

(余談--ちょびっとずつ読むのは面倒だから単行本になったら教えてって、知人によく頼まれるんです。--私って一体…)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q朝日新聞に連載された小説のタイトル

6,7年前になりますか、朝日新聞の連載小説で、
故風間完氏が挿絵を担当された小説のタイトルを知りたいのですが、
ご存知の方いらっしゃらないでしょうか。
仕事に行き詰った女優が沖縄に行って、海で、小さなボートで遭難しかける話だったと思います。
タイトルも、確か沖縄ならではの言葉だったような。(←うろ覚えです)
確か、作家の方が病気で途中で連載が中止になったと思います。

Aベストアンサー

私は読んでいませんでしたが、こちらでしょうか?

http://216.239.57.104/search?ie=EUC-JP&lr=lang_ja&hl=ja&q=cache%3A729WHFa-p_wJ%3Ahttp%3A//www5b.biglobe.ne.jp/~WHOYOU/sabani.htm++%B9%E2%B6%B6%BC%A3+%B5%F9%B2%D0

Q篠田節子さんの雑誌連載小説「スターバト・マーテル」

 一昨年、雑誌「STORY」で連載されていた篠田節子さんの小説、「スターバト・マーテル」を読みたいと思い、書店で捜したものの見つからず、ネットで検索しても情報が得られません。まだ単行本化されていないのでしょうか?単行本になるのにこんなに時間がかかるのでしょうか?どなたか情報をお持ちでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

秘密の情報ルート(^_^;)ですので、ソースは明かしませんが

来年の二月に光文社から発刊されるそうです。
「スターバト・マーテル」一作では短いので、「エメラルドなんとか」とで一冊になり、タイトルはそちらになるそうで、お見逃しなく。

Q茅田 砂胡 「暁の天使たち」について。

「暁の天使たち」を読んだ方、教えて下さい!
デルフィニア戦記を読み終えたのですが、その続きが「暁の天使たち」なのでしょうか?
それとも「スカーレットウィザード」なのでしょうか?
スカーレットウィザードのあらすじを読むとデルフィニアの続きって感じがしないのですが・・・。
スカーレットを読まなくても暁の天使たちを読んでも大丈夫でしょうか?
内容についていけますかね?!
詳しい方みえましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「暁の天使たち」は「デルフィニア戦記」の続きであり、「スカーレット・ウィザード」の続きでもあります。

「デルフィニア戦記」のラストでリィは自分の世界に返っていきます。
それが「暁の天使たち」の世界であり、「デルフィニア戦記」の世界とは別次元?の世界です。

「スカーレット・ウィザード」の世界は「暁の戦士たち」と同じ世界であり、つまり、リィが「デルフィニア戦記」の世界から戻ってきた、別次元?の世界と同じ世界です。
「スカーレット・ウィザード」第1巻の時代は、リィが「デルフィニア戦記」の世界から戻ってきた時代より、約40年ほど前の話であり、リィは「スカーレット・ウィザード」には出てきません。
「スカーレット・ウィザード」の主人公もケリーという人物です。
ただし「スカーレット・ウィザード外伝」のラストで、リィがこの世界に還ってきた事を窺わせるような描写があります。

「暁の天使たち」では、この世界に帰還したリィ達と、「スカーレット・ウィザード」の主役ケリーとその仲間達が、手を組み活躍する事になります。
つまり「デルフィニア戦記」と「スカーレット・ウィザード」が合体したのが「暁の天使たち」です。

「暁の天使たち」の次のシリーズである「クラッシュ・ブレイズ」シリーズもリィやケリー達が活躍する話です。

先月、発売されたばかりの新シリーズ「天使たちの課外活動」は「クラッシュ・ブレイズ」シリーズの続きではありますが、今のところリィ達の生活に焦点を当てたものとなっています。

「デルフィニア戦記」を読んだのなら、次は「スカーレット・ウィザード」シリーズをお読み下さい。
そうしないと「暁の天使たち」を読んでも???という事になります。

「暁の天使たち」は「デルフィニア戦記」の続きであり、「スカーレット・ウィザード」の続きでもあります。

「デルフィニア戦記」のラストでリィは自分の世界に返っていきます。
それが「暁の天使たち」の世界であり、「デルフィニア戦記」の世界とは別次元?の世界です。

「スカーレット・ウィザード」の世界は「暁の戦士たち」と同じ世界であり、つまり、リィが「デルフィニア戦記」の世界から戻ってきた、別次元?の世界と同じ世界です。
「スカーレット・ウィザード」第1巻の時代は、リィが「デルフィニア戦記...続きを読む

Q藤原新也がmetro min.で連載していたエッセイの本

写真家の藤原新也がmetro min.で連載(既に終了)していた、「撮りながら話そう」というエッセイが、単行本になると、metro min.のサイトに載っていたのを発見しました。(その記事はずいぶん昔のものです)

その単行本を読みたいのですが、藤原さんの公式サイトの本のリストを見ても「これはmetro min」で連載されていたものです」のような説明がどれにもないので、どの本がそれなのか分らないのです。

「名前のない花」という本が、なんとなくそれかなと思ったのですが、でも確証がないのでネット購入する勇気が出ません。

一般の方のブログとかで情報がないかと探したのですが、確証が得られる情報が見付かりません。

どなたか、情報をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』です。東京書籍刊。
全14編のうち13編が metro min. に掲載されたものがもとになっているようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報