交際中の彼氏が、彼女を受取人にして生命保険に加入しました。
その際、セールスの人が「全くの他人を受取人には出来ないので、将来結婚するという事で、続柄を『妻』氏名は彼女の姓を彼氏の姓に変えたもので契約しましょう。」と言ったので、その通りにしました。
今後、彼氏が保険契約を生涯継続し、受取人の続柄、氏名を変更しなかったとして、下記のような事態になった場合、彼女は保険金を受け取る事ができますか?
尚、これらの行為自体の是非はどうか問わないで下さい。受け取れるのか否かを知りたいのです。(ちょっと事情がありまして・・・m(__)m)
(1)彼女は別人と結婚、彼氏は独身のまま死亡した場合
(2)彼氏のみ別人と結婚後死亡、彼女は独身
(3)双方別人と結婚後、彼氏が死亡
変な質問ですみません。専門家の方、もしおられたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

事実と異なる契約を行ったので、保険会社が保険金の支払を拒否する可能性が高いと考えられます。

但し、保険会社のセールスの勧誘方法の不備を認め、法定相続人に支払う可能性はあると思いますが、この場合、内縁の妻ということが認知される必要があると考えます。

(1)、(3)は絶対に受け取れない
(2)のみ、受け取れる可能性があるが、絶対的ではない。

という見解です。尚、事実と異なる契約との主張を保険会社が行った場合には既支払分の返還を求めることは可能だと思います。

他人を受取人にする契約を保険会社が認めないケースが多いようですが、同じ効果を望むのであれば、受取人を本人として契約し別途遺言書でこの保険金の相続人を指定するという方法があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奇妙な質問に分かり易くご回答いただき、感謝しております。
おかげで、彼女に馬鹿な考えを改めるよう言い聞かせる事ができます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/09 13:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q続柄の書き方

私(女性)の弟の息子が就職するので、身元保証人を引き受けました。

身元保証書に、保証人が署名する欄の、続柄の書き方について質問です。
本籍
現住所
氏名
続柄
と書くようになっています。
私自身の氏名などを書く訳ですから、続柄は伯母と書けばよいのですよね?
保証する相手を指して、甥と書くのではないですよね?
すみません、考え出したらわからなくなりました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あ、これ迷うことありますよね。
この場合主体はあくまで就職する弟の息子さんですので、就職する弟の息子さんからみて(保証人である)あなたは何にあたるかということで伯母で正解です。

なお書式によっては「○○から見て」と注意書きがしているものもあり、それなら迷うこともありませんが。

Q養老保険の満期受取人と死亡受取人について

あと5年で満期を迎える養老保険があります

契約者=私
被保険者=私
保険金受取人=私
死亡保険金受取人=夫

となっています。

1 保険金受取人とは満期金のことでしょうか?

2 死亡保険金受取人を夫にしていおいていいのでしょうか?
  税制上、私にしておいたほうがいいのか?

税金対策として受取人を私か夫
どちらにしておいたほうがお得なのか、教えてください。

Aベストアンサー

(Q)専業になる前に自身で働いて稼いだお金からずっと支払っています
(A)税務署から問い合わせがあったとき、それを説明できれば
大丈夫です。

保険会社は、満期保険金を支払ったとき、税務署に対して、
保険料負担者、受取人、支払金額を税務署に報告します。
保険会社が把握できる保険料負担者は、口座名義人です。
その口座名義人が自分で収入を得ているのかどうかは、
把握しようがありません。
税務署は、保険会社から報告のあった支払調書を見て、
どのような課税をするのか判断するのですが、そのとき、
保険料負担者に収入があったかどうかは、
過去の課税状況を見ればわかります。
過去に一度も課税されていなければ、保険料を実質上、
負担していたのは誰か、という問題になります。
そこで、本人を呼び出して、質問するということになります。

質問者様が保険料を負担していたことを説明できるならば、
満期保険金の受取人は、質問者様であるべきです。
そうすれば、所得税(一時所得)となります。
(満期保険金)-(支払った保険料総額)-50万円
が、プラスになれば、この金額の二分の一が他の所得と
合算されて、課税されます。

税金対策上、名義はどのように……という質問は
よくあるのですが、保険料負担者は、
「誰が保険料を負担したのか」という過去の事実なので、
名義変更をしても、事実を消せるわけもなく、
対策は、常に、将来に向けてだけ、有効ということになります。

となると……あと5年で満期とのことですが、
ご自分の口座に5年分の保険料の預金がない場合……
これは、ちょっと困ったことになります。

また、ややこしい話をして恐縮なのですが、
保険の場合、保険料に対して課税するのではなく、
保険金に対して課税します。
つまり、夫様が50万円の保険料を負担したら、
50万円が贈与になるのではなく、保険料50万円に相当する
保険金に課税されます。
つまり、支払った保険料総額が100万円で、
受取が200万円だった場合、
保険「料」50万円に対して、保険「金」100万円なので、
100万円に課税されるのです。
そこで、どうしても、保険料に課税して欲しい場合、
これが贈与であるという証拠を残すこととなります。
つまり、贈与証明書を作成して、贈与した証拠として、
夫様の口座から質問者様の口座へ送金して、
送金明細書を証拠として残しておくことです。

いろいろと書きましたが、贈与税には、110万円の控除が
あるので、贈与と見なされても、110万円以下ならば、
課税されませんでの、対策も不要となります。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)専業になる前に自身で働いて稼いだお金からずっと支払っています
(A)税務署から問い合わせがあったとき、それを説明できれば
大丈夫です。

保険会社は、満期保険金を支払ったとき、税務署に対して、
保険料負担者、受取人、支払金額を税務署に報告します。
保険会社が把握できる保険料負担者は、口座名義人です。
その口座名義人が自分で収入を得ているのかどうかは、
把握しようがありません。
税務署は、保険会社から報告のあった支払調書を見て、
どのような課税をするのか判断するのですが、そのと...続きを読む

Q席辞表の続柄の書き方がわかりません

席辞表に書く続柄の書き方がわからないので教えて下さい。


1.私の祖父の兄弟の息子(つまり私の父親のいとこ)さんは席辞表に書くとき、どう書いたらいいのでしょう。


2.従兄と従弟はどう使い分けたらいいのでしょうか?自分より年上のいとこに「従兄」年下のいとこに「従弟」を使うのか、もしそうなら、自分と同じ年のいとこはどうしたらいいの?

  それともいとこ二人兄弟のうちの上の兄が「従弟で下の弟が「従弟」なのでしょうか?

以上、わかる方だけの回答でもかまわないのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

えっとですね・・・・

親族の場合は、本人どうしの年齢で決めるのではなく、
その家のご主人が、あなたのお父様とどういう関係なのか、
で序列が決まっていくのです。

従ってあなたのお父様の、お兄様に当たる親族は、
すべて「従兄・従姉」にあたります。
逆に、お父様の弟様に当たる親族は「従弟・従妹」となります。

同様に「伯父・叔父」「伯母・叔母」の場合でも、
お父様のお兄様・お姉様に当たる方々が前者で、
弟様・妹様に当たる方々が後者になります。

席順としては、血縁の濃い方々が末席に近くなりますので、
(この場合、出席者のご主人を基本とします)
お父様のお姉様のご主人様が、一番上座に、
妹様のご主人様がその次、お兄様が次に来て、
弟様がもっとも末席となります。

お母様のご兄弟の場合は、その下となります。

なお、それらのお子様で、すでに世帯をお持ちの場合は、
お子様が女性であれば、さらにご主人は血縁が薄いため、
さらに上座となり、男性であれば手前となります。

お子様がまだ世帯をお持ちでなければ、ご両親の下となります。

結婚式というものは、あくまで「両家が基本」なので、
新郎新婦にとっての序列ではなく、ご両親にとっての
序列として捉えてやってください。

ただし、何事にも「例外」はありますし、
地方による「風習」の違いもありますので、
ご両親と良く相談して、決められた方が良いでしょう。

えっとですね・・・・

親族の場合は、本人どうしの年齢で決めるのではなく、
その家のご主人が、あなたのお父様とどういう関係なのか、
で序列が決まっていくのです。

従ってあなたのお父様の、お兄様に当たる親族は、
すべて「従兄・従姉」にあたります。
逆に、お父様の弟様に当たる親族は「従弟・従妹」となります。

同様に「伯父・叔父」「伯母・叔母」の場合でも、
お父様のお兄様・お姉様に当たる方々が前者で、
弟様・妹様に当たる方々が後者になります。

席順としては、血縁の濃い方々...続きを読む

Q死亡保険金受取人が死亡の場合

義母(78歳)の養老保険が来年満期になり500万円下りる予定です。

契約者は義母で、満期受取人も義母なので、これは問題がないのですが・・・。
もし、この1年以内に義母が亡くなった場合の死亡保険の受取人が、すでに亡くなっている義父のままなのです。

このような場合、保険金を受け取れるのは、一人息子の主人で間違いないでしょうか?

今のうちに受取人変更の手続きをすればよいのでしょうが、後一年になって、[お母さんが死んだ場合・・・」等の話を持ち出す勇気がありません。

提出書類が1枚か2枚増える程度で、特に問題がないのであれば、このままにしておきたいと思っています。
(何事もなければそれに越した事はないので・・・)

どうか、ご存知の方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>提出書類が1枚か2枚増える程度で、特に問題がないのであれば、このままにしておきたいと思っています。
お書きの通りです。
一人息子、なんですよね。ご主人に兄弟姉妹はいないとの前提です。
死亡保険金の受取人が死亡している場合
受取人は法定相続人に切り替えられます。
この法定相続人は例えば、両親死亡、子供3人の場合
子供3人を指すことになりますので、
死亡保険金をどのように受け取りかの3人の意思を確認できる
書類が必要となります。
けれども、ご相談のケースの場合、一人息子、ということですので
義父が死亡していることを証明できる書類
通常、戸籍謄本、の提出が必要、で
あとの手続きは変わらないでしょう。

本来は、義父がお亡くなりになった時点で変更しておかなければならないことですので
建前的には、ちゃんと受取人変更の届をしてください、というのが
正しい答えです。が、
一人息子さんということなので、そんなに問題はないかと思います。

Q続柄の書き方

質問です。
携帯の契約書で、続柄を記入する欄があります。
契約者は、未成年で、親権者が記入する欄に続柄があるのですが、この場合、「子」・「父 or 母」どちらを、記入するのでしょうか?
至急、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メインで契約する者(つまり続柄が本人になる者)から見て、この人はどういう立場の人ですか?って事だから「父or母」になる。

Q受取人死亡時の死亡保険金の相続人の範囲は?

先日、母の妹が死亡しました。20年前に加入した生命保険の死亡保険金の受取人は、18年前に亡くなった母の父のままになっていたようです。母の母は25年前に亡くなっています。この場合母の父の法定相続人は、子である母を含めた母の兄弟姉妹なのでしょうが、この18年の間に、母の兄もなくなっています。すると、母の兄の配偶者や子も、母の妹の死亡保険金の法定相続人になるのでしょうか?ちなみに、母の妹には配偶者、子はおりません。

そうなるとなにか、手続きが非常に煩わしく思え、死亡保険金の請求もやめようか、という気にさえなりそうです。

Aベストアンサー

minigesoさんのおっしゃる通り、おば様のご両親が他界されている今、受取人がおじい様に指定してあっても、保険金を受取れるのは(法定相続人)、minigesoさんのお母様とそのお兄様です。
お母様のお兄様(おじ様)が他界されているのですから、代襲相続により、おじ様のお子様に相続権が発生します。(おじ様の配偶者にはありません)
従って、minigesoさんのお母様とおじ様のお子さんで分けることとなります。

Q医療費控除明細の書き方(続柄について)

医療費控除の明細に、"続柄"を記載する欄がありますが
そこに何と書いてよいか悩んでいます。
住民票の世帯主は夫なのですが、働けない夫は私の扶養に
なっており(扶養者控除の名は夫の名で申告)、
医療費控除や確定申告するのも私だけです。
その場合でも、続柄の夫の欄には「本人」
私のところは「妻」でよいのでしょうか。

Aベストアンサー

申告をする方は、lets55さんですね?
その場合は、lets55さん→「本人」、ご主人さん→「夫」だと思います。

Q生命保険の受取人を子供にしています。子供が結婚し、名字が変わった場合、受取人の名前の変更しなければな

生命保険の受取人を子供にしています。子供が結婚し、名字が変わった場合、受取人の名前の変更しなければなりませんよね?
その際、子供の名前が変わった証明の免許証とか必要になりますか?

Aベストアンサー

敢えて変更の届けは必要ないでしょう、

婚姻などで氏(うじ)が変われば、実際に受け取るときに変更に至った経緯が判断できる書類(主に戸籍抄本に成るようですが)を提出する事で問題なく処理されます、

今変更する場合も同様(書類の添付など)の手続きが必要です、既に変わってるならば、

運転免許証や住民票では変更の経緯が解りませんから証明する為の書類とは認められません。

Q続柄の覧の書き方について教えてください。

資格取得・資格喪失等確認請求書の続柄のところに、本人なら『本人』と記載すれば良いんでしょうか?

Aベストアンサー

「資格者」と「申請人」の関係を書きますから
「資格者」と「申請人」が同じ人なら「本人」です。
代理で請求する場合で、その「続柄」が「申請人」の名前の横にあるなら、
「資格者」から見た「申請人」の続柄を書きます。「資格者」が兄なら、弟となります。
(少ないと思いますが)
代理で請求する場合で、その「続柄」が「資格者」の名前の横にあるなら、
「申請人」から見た「資格者」の続柄を書きます。「資格者」が兄なら、兄となります。

Q死亡受取人を変更すると税金面で不利?

友人がある事情(借金の整理のため?)によって死亡受取人を配偶者から子供二人(小学生)へ変更した場合に税金面でどのくらい不利ですか?
契約、被保険人は本人で、各社の合計が5~6千万円です。

また、子供が保険金を請求する場合にはその配偶者が代理可能でしょうか?
  (その配偶者は受取りはしません。)

Aベストアンサー

結論から言うと税金面で不利はあまりありません。
法定相続人が受け取る場合における非課税控除(1人あたり500万)はお子さんも当然対象となります。
しかしながらそれでも控除しきれなかった部分は相続税の対象となります(ご相談の例では3500~4500万)。他の財産とも合算して相続税を算出し、それから取り分に応じた負担をします。配偶者には1億6000万までの非課税枠がありますので実質的には多くの場合は無税なのですが、子供にはありません。しかしながら、相続税の基礎控除自体でも7000万ありますので(5000万+法定相続人×1000万)、保険以外の財産が2500~3500万以内であれば、誰にも税金はかかりません。

子供が請求する場合ですが、受取人が未成年の場合は親権者の署名、押印が必要ですので、これはつまり実質的には配偶者が行うことになります。ちなみに受け取り口座も配偶者名義でも可能です(配偶者が受け取ったことにはならない)。

さて蛇足ですが、おそらくご友人には借金があるので、死亡時に保険金を持っていかれないための措置であろうと推察致しますが、相続財産には借金も含まれます。相殺し切れなかった借金も法定相続割合において按分しますので、誰が保険の受け取りになろうともそこから一部充当されることに原則変わりはありません。つまり限定相続しない限りは使えない方法です。しかしながら限定相続をすれば、配偶者は相続した資産の範囲で、子供は遺贈にもならず債権者にその死亡保険金を差し押さえられることはない(大審院判決S11年5月13日)ので、そこさえ気を付けていれば確かに有効な手段ですね。

ご参考までに。

結論から言うと税金面で不利はあまりありません。
法定相続人が受け取る場合における非課税控除(1人あたり500万)はお子さんも当然対象となります。
しかしながらそれでも控除しきれなかった部分は相続税の対象となります(ご相談の例では3500~4500万)。他の財産とも合算して相続税を算出し、それから取り分に応じた負担をします。配偶者には1億6000万までの非課税枠がありますので実質的には多くの場合は無税なのですが、子供にはありません。しかしながら、相続税の基礎控除自体でも70...続きを読む


人気Q&Aランキング