あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

こんにちは。いつもお世話になっております。

先日図書館で本(歴史系・学術書)を借りたのですが、その中に本の内容に非常に関わる誤植を発見しました。その部分以外にもいくつか誤植を発見したのですが、それらは文字の間違いなどささいなものです。

ですが、内容的には非常に良い本なだけに、この重要な誤植をみのがすのはとても気が引けるのです。

この場合、自分が買った本ではないですが、出版社(大手です)に問い合わせをすれば、何か対応していただけるのでしょうか?

あるいは、内容にかかわることなので、直接筆者とコンタクトを取った方が良いのでしょうか?
筆者自身と面識はありませんが、連絡先はわかるので、直接連絡を取ることもできるのですが、やっぱり失礼にあたりますよね?

もやもやして気が晴れないので、経験者の方がいらっしゃいましたら、何かアドバイスをお願いいたします。

A 回答 (3件)

 こんばんは。

書籍編集者です。

 ぜひ、出版社に、伝えていただきたいと思います。

 どういった「誤植」か、ご質問の文中には書いておられませんが、普通の場合、誤植は、著者には責任がなく、編集部にあるからです。

 あまりに多く、内容に関わる場合、これから出庫する分に関しては正誤表をつけるなり、刷り直すなりといった対応をしなければなりません。
 いま市場に出ている分を回収、ということは、ほとんど不可能ですが、あなたのご一報で、在庫分でもなんとかできます。

 ご一報下さった方への対応は、出版社によってさまざまです。その会社の出版物を差し上げたり、出版目録を送って来たり……。

 実はですね、大手の出版社ほど、内部では編集せず、外部の、いわゆる編集プロダクションに出してしまうことが多いのです。安く叩けるから。
 で、納期を厳しくするから、仕事が雑になります。とくに、学術色の濃い本は、あまり儲かりませんから、ままこ扱いになったりします。もっと丁寧にみれば、そんなミスは防げるかもしれないのに、みきり発車したりします。

 決していい傾向とはいえません。

 ですから、お手数でもありましょうが、そんな傾向に警鐘を鳴らすためにも、伝えていただけたら、と思います。

 本の質が落ちたといわれて、久しくなります。私たち編集者も、現場でもがいています。そんな時、励みになったり、反省の材料になったりするのは、machirdaさまのような、真面目な読者の声なんです。

 なんだか、回答ではなく、お願いみたいになってしまって……お気を悪くされたら、謹んでお詫びいたします。

 ただ、一編集者の、ささやかな希望です。

 ご参考として、読んでいただければ幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

書籍編集者の方からお返事いただけるとは思いませんでした。

>誤植は、著者には責任がなく、編集部にあるからです
この部分で、著者ではなく編集部に問い合わせをする事に決めました。誤植は年号の誤りで、誤植によって100年の差が出てしまうというものです。一般書に載っていないような事項ですので、発見されなかったのかな?とも思っています。

ほかの部分も非常に参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/09/20 20:17

私は著者に連絡したことが数回あります。

面識のある方3名、ない方1名です。
面識のない方は丁度次の刷を出すところにだったそうで、訂正して戴き、献本も送られてきました。面識のある方2名は次の刷を出すとき訂正する、とのお返事でした。残り1名は大先生ですが増刷の可能性がないせいか、無視でした。
増刷がない場合その指摘が役に立たないかも知れませんが、面識がない筆者でも連絡された方が良いでしょう。失礼ということはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は私も同系統の研究者で、筆者の方は私から見れば大先生にあたります。同じ学会に所属しているので、住所はわかるのですが、まだお会いしたことの無い若輩者が直接指摘しても良いものか、今後直接お会いするときに気まずくないか心配で、質問させていただきました。
ですが、やはりこういう間違い(というより誤植)は指摘するべきだと思いますので、出版社経由で問い合わせをしたいと思います。
貴重な経験談、ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/20 20:14

できるのは出版社に手紙を出すくらいでしょうか。


版を直すのは大変ですから、どの時点で直すかはわかりませんが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
マイナーな学術専門書ですので、新しい版がでるのは、ずっと先のことになると思います。
文章自体が直されるのは難しいかもしれませんね。

出版社の方に問い合わせをしてみたいと思います。

お礼日時:2005/09/20 20:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誤植の問い合わせとお礼

皆様の中で、資格に関する本の誤植の問い合わせをしたことがある人いますか?
幾つかの出版社ではネットにて誤植表があったりしますよね。

今回どうも誤植と思われるところがあります。
問い合わせをする場合に住所や電話番号などをいれるべきかちょっと悩んでいます。
住所を入れればお礼(図書券とか)がもらえるならいれたいし、特に住所を入れても何もないなら入れたくないしと思っています(笑)。

皆様のなかで実際誤植を見つけ、出版社と連絡を取ったかたいますか?またお礼はもらえましたか?

Aベストアンサー

以前、専門書の出版社で編集の仕事をしていました。

編集と言っても、大半は誤植との戦いです。本来読者の方から誤植を指摘されてはいけないようチェックするのが編集の仕事なのですが、やはり見落としはあります。そういう場合、ご指摘は大変ありがたいものです。が、お礼と言われると「は?」となります。私の知る限り、誤植に対してなんらかのお礼をして頂ける出版社は聞いたことがありません。更に言えばよっぽど分かりやすい誤植であれば、おそらく大勢の読者から報告があるのではないでしょうか?

もしあなたが、善意のみで誤植を指摘したいのであれば、その連絡のみで(礼儀として出版社も返事があると思いますので苗字くらいはあった方が良いかと思います)良いでしょうが、お礼を期待されるのであれば、嫌な思いをしないためにも、このまま連絡しない方が良いかも知れませんね。


人気Q&Aランキング