【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

最近駅の階段のはじっこのほう(下面)に「赤」と「黄」のマーキングを見かけます。何の効果があるのかわかりません。いったいこの意味はなんでしょうか?よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

弱視者が、階段の踏面を認識できるように設置されたマーキングです。



参考URL:http://www.kotsu.city.sendai.jp/subway/ssisetu.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。あの程度のものが有用とは知りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/21 13:11

階段の段の上面の、縁に沿って細長く塗られているものでしたら、安全対策です。


上り下りのときに踏み外したり足をぶつけないように、縁を明確に表示するのが目的です。
本来は、お年寄りなどの視力が弱っている人のためのものですが他の人にも有用だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじっこに設置されているので不思議に思っていました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/21 13:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駅の階段の端にあるマーク

最近気づきましたが、駅の階段の端に赤と黄色のシート状のものが各段に貼ってありますが、何かご存じでしょうか?
想像では、車椅子のリフトのセンサーかと思いますが

Aベストアンサー

北海道JR商事が開発した、「視力障害者用歩行路標識シール」です。

弱視・白内障などの視力障害者の方、高齢者の方などが、階段などの段差をわかりやすくするために貼っています。

詳しくは以下のページへ。

参考URL:http://www.hjsd.co.jp/~jrpark/seel1.html


人気Q&Aランキング