ランドローバー ディフェンダーを購入しようか迷ってます。

イギリス軍用車を民間用途車にして販売しているようですが、結構高い値段するので、買って損したくないので、オーナーの方々、正直な印象を語ってください。

 (1)エンジン性能 坂道走行の具合、高速入り口の加速性能
 (2)リアシート  対面シートですよね?割り切ってますか?(特に90)
 (3)ブレーキ   よく利きますか?
 (4)オーディオ  市販品OKですか?
 (5)ナビ     市販品OKですか?

日本にはたくさんいいRV車ありますけど、ディフェンダーを見た瞬間「乗ってみたい」と思った車はありません。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現役オーナーではありませんが、以前乗っていましたので、


私が感じた感想を述べさせて頂きます。

(1)加速はあまり良くありません。「走る」というタイプの車ではないですから・・・。
(2)うちも90で対面シートでした。もちろん割り切ってます。
乗り心地はよくないです、車に弱い人は酔います。
(3)遊びが深いので疲れます。右足だけだと疲れるので左足で踏んでました(笑)。
(4)(5)うちはオーディオ・ナビ共にいれていなかったのでわかりません。

回転半径はかなり大きいです、街乗りは大変です。
ドアの部分からちょっとですが雨漏りしました。

なんだか大変さばかり言ってしまいましたが、
やっかいな車を乗りこなす楽しみを味わう車、といったところでしょうか・・・。
日本車に比べればおもしろいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q放流された鮎が産卵した稚魚は‘天然鮎’か?

放流された鮎が産卵した稚魚は‘天然鮎’か?

 みなさん、いつもご丁寧な回答をありがとうございます。

 鮎釣りシーズンですが、‘天然鮎’について質問です。

 もともと、その河川で代々棲んでいた鮎が‘在来の天然鮎’とします。しかし、近年は各地にダムや堰ができ、また観光用に多くの稚魚(時には成魚)が放流されています。

 そこで、私が知りたいのは、

 「放流された稚魚が、在来の天然鮎と交雑した場合、それから産まれるものも‘天然’と言えるのか?」

 ということです。また、それに付随した質問ですが、

 「琵琶湖産鮎は、海へ下る鮎と交雑することはあるのか?」

 も知りたいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的な河川のお話ですと、前回の利根川の稚鮎放流は特別な例であまり参考にならないですね。利根川では前橋以北は全て人工です。釣り人に人気のある追いの性質が強く、早熟で在来の天然鮎とあまり交雑せず、陸封型で耐塩性が低く再生産に寄与しないものを群馬県水産試験場で品種改良したものだそうです。現実的には追いの性質が強すぎてほとんどが解禁されてしばらくの間に釣られてしまうようです。群馬以外の渡瀬水系等は湖産鮎も放流しています。

鮎の種苗(稚鮎)には三種類あります。天然鮎の稚魚を海で捕獲しました海産、びわ胡等の湖に陸封されました湖産、完全人工飼育の人工とあります。ご質問者さんの心配は、もっともなことと思います。湖産鮎や湖産鮎から人工飼育を始めました人工はやはり特別な鮎のようです。天然鮎との交雑種の問題も現実的でして、四国等では湖産や人工の放流を止め海産鮎の放流に切り替えて対処しているようです。ご質問の富田川は、三種をほぼ均等に放流しているようですから交雑種の問題は一番ご心配の通りと思います。

しかし、本州の海産天然鮎は大きく分けますと新潟から宮城県以北の北方型とそれ以南の南方型の二種だけです。ですから絶滅の心配はないものですから、富田川の漁協は対応しないのかもしれません。なぜかは知りませんが…

具体的な河川のお話ですと、前回の利根川の稚鮎放流は特別な例であまり参考にならないですね。利根川では前橋以北は全て人工です。釣り人に人気のある追いの性質が強く、早熟で在来の天然鮎とあまり交雑せず、陸封型で耐塩性が低く再生産に寄与しないものを群馬県水産試験場で品種改良したものだそうです。現実的には追いの性質が強すぎてほとんどが解禁されてしばらくの間に釣られてしまうようです。群馬以外の渡瀬水系等は湖産鮎も放流しています。

鮎の種苗(稚鮎)には三種類あります。天然鮎の稚魚を海で捕獲...続きを読む

Qトレーラーをつなぐヒッチメンバーを入手したいが車が古くて市販品がない

タイトルのとおりです。
1 古いヒッチメンバーを取り扱っている会社を知ってますが?

2 自作してくれる業者さんがありますか。

3 使ってないやつ持ってますか。

4 その他、よいアドバイスありますか。(車を変える以外。)
ちなみに、車は平成元年のトヨタマスターエースグランドサルーン(ディーゼル)です。

Aベストアンサー

私は以前ここ(下記)で特注しました。
ここは、かなりの車種を作っています。良いおじさんです。(会った事はありませんが)

ぱっと見た所、製作例は無かったですが、ご自分の車の兄弟車がありませんか?

後たまにヤフーオークションで中古が出ています。
2社が多数出していますが該当する既製品は無いですか?

参考URL:http://www.t-tokiwa.co.jp/data/02hit/toyota/toyota.html

Qつり初心者が鮎つり

こんにちは。
嫁が鮎を食べるのが好きなので私と一緒に鮎釣りをしたいと言っております。
嫁自信は釣りは釣堀くらいしか経験が無く、私は子どもの頃に川、海で投げ釣りの経験があります。

このような感じなのですが、私のイメージでは鮎つりはとても繊細で難しいイメージがあり、簡単に出来るものではないと思っております。

質問は、初心者でも比較的始めやすい鮎釣りの仕方、鮎つりのために最低必要なこと、釣り場でのルールやマナー、釣った鮎を食べる際の注意点等ご教示いただきたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鮎釣り中級レベルの者です。
(地元では有名です。)

まずは毛針釣りからやるのはいかがでしょうか?
友釣りは横にベテランが居て、手取り足取り教わらないと難しいですが、毛針なら初心者でも簡単に釣れます。

かくいう私も、3年前に弟子を作りまして、その人は渓流界の大ベテランなのですが、鮎釣りは全くの初挑戦で、それでもその年はなんとか1日5~9匹釣らせる事に成功しました。
その時に与えたオトリ鮎は4匹ぐらい。
つまり、師が横にいないと釣れない、それほど友釣りは難しいです。

今年からもう1人弟子を増やし、女性なので簡単な毛針釣りを教えました。
したら、初挑戦で6匹釣れました。
毛針釣りは7月に入ると数が少なくなりますが、それでもまだまだ10匹前後は釣れます。
なので、もし川が近いのでしたが、竿を1mほど上下している人がいますので、その人たちの様子を観察してみてください。
毛針なら竿+糸+天秤+毛針の4つだけなので、竿を抜きにすると、2千円で準備できます。
竿は6~7mぐらいの固めの竿で、中古ショップで探してみてください。

友釣りを始めるなら、やはりベテランに手取り足取り教わらないと、全く釣りになりませんので、近くに鮎釣りをする方に弟子入りしてみてください。
ちなみに、友釣りを始めた人に奨めた道具は飽きるかもしれないので

9mの竿 30000円 シマノの新品を友人価格で値切らせて・・・
オトリカン 8000円 ダイワの新品
引き舟   3000円 ダイワの中古
タモ網   2000円 安物
腰ベルト  工事用を流用
ウェーダー 最初は既に持ってる渓流用を流用
仕掛け  約5000円

の総額約5万円からスタートし、面白くなってはまりだしてから徐々に道具もレベルアップしていきました。
オトリカンや引き舟は中古ショップにあったらそれで十分でしょう。

幸いに鮎が釣れて帰り仕度する時は、氷水に漬けて〆ます。
例えばオトリカンに水を1cmぐらい入れて氷を入れ、そこに釣れた鮎を入れます。
そうして持ち帰れば、蒼い色が変わらず綺麗な状態で家まで持ち帰る事ができます。
ビニール袋に入れてクーラーBOXに入れるだけでは変色は避けられませんし、せっかくの鮎が凸凹して硬直します。
なので、氷水に入れて移動するようにしてください。

料理ですが定番の塩焼きの他、天ぷら、唐揚げ、フライにします。
友人から教わったのは、小さい鮎を開きにして塩水に漬けて一夜干にしたものを、焼いて食べたら非常に美味しかったです。

最後に、鮎釣りしている最中に車上荒らしが発生する事がよくあります。
なので、貴重品は必ず車の中には置かないでください。
そして、車上荒らしに遭わないように最善の対策をしてください。
私は車の三角窓やリアガラスに「警報装置(振動センサー)付いてます」の張り紙と同時に、その横に電気のコードを先を裸にしてテープで止めてます。
すると、本物の振動センサーと思われて、今だ害無しです。

鮎釣り中級レベルの者です。
(地元では有名です。)

まずは毛針釣りからやるのはいかがでしょうか?
友釣りは横にベテランが居て、手取り足取り教わらないと難しいですが、毛針なら初心者でも簡単に釣れます。

かくいう私も、3年前に弟子を作りまして、その人は渓流界の大ベテランなのですが、鮎釣りは全くの初挑戦で、それでもその年はなんとか1日5~9匹釣らせる事に成功しました。
その時に与えたオトリ鮎は4匹ぐらい。
つまり、師が横にいないと釣れない、それほど友釣りは難しいです。

今...続きを読む

Q急斜面を登れる車は何がありますか(軍用可)

急斜面を登れる車はどんなタイプのモノがあるでしょうか?急斜面といってもゴツゴツした岩山とか山林とかではなく、あくまで車が走行可能な道というか斜面です。思い浮かぶのはトヨタのランドクルーザー、三菱のパジェロ、ジープなどいろいろありますが、どれが走破性が一番高いでしょうか?またどのくらいの角度までなら車は斜面を登ることができるでしょうか?70度、80度とかそのレベルになってくると不可能な気はしますが、限界はどのくらいだとお思いになるでしょうか?

Aベストアンサー

家にあるカタログの範囲でお答えしようと思います。
ニッサンサファリ
登板能力38.6°
アプローチアングル37°
三菱パジェロ(旧)
アプローチアングル39°
三菱パジェロ(新)
アプローチアングル36.5°
三菱デリカスペースギア
アプローチアングル25°
三菱デリカD:5
アプローチアングル24°
この中で一番上れそうなのはサファリか旧パジェロだと思います。

Q本物の天然鮎とは?

天然鮎とは、海に行き川に戻ってきてそこで育ったものであるはずですが、一般的に今日言われている天然鮎とは本当に海を知っている鮎なんでしょうか?
稚鮎を川に放したものが天然鮎とするなら、川すらも知らない養殖の鮎というものも存在することになりますがどうなんでしょう。
教えて下さい。

Aベストアンサー

補足します。
「天然鮎」と言う言葉は曲者です。文句出るかもしれませんが、極端に書けば「川で泳いでいたアユ」です。
書き忘れた事では、稚魚を分ければ、
1.その川で生れて、遡上してきたもの・・・間違いなしの天然
2.通称 汲み上げ・・・その川か近隣の川の河口や下流で遡上途中のものを纏めて網などで取り、中上流域の
アユが大きくなれる環境に苦労させずに運んでやる。
堰が多かったり、下でかたまっていると大きくならないし、遡上を待っていたら時間が間に合わないので。これも天然
3.琵琶湖産(通称 湖産)琵琶湖には沢山アユがいますが、良い餌がないので大きくならないし、
かたまって行動しています。
これを各地域の漁協は購入しています。放流されると縄張り意識が強く友釣りファンには人気です。これも天然
4.人工の種苗(稚魚)・・・これが問題、湖産であろうと人工であろうと普通、数回放流します。
3月頃から4月にかけて放流しますが、遅くなるという事はそれだけ大きくなりますし、1匹の単価も上がります。
しかし、大きい事は放流後のロスが少ない事にもつながります。

詳しくは書けませんが、最近地域によっては放流後のロスが大きく、釣果が上がらないと予想された場合には
追加放流を解禁の2週間くらい前に行なう漁協もあると聞きます。
客寄せの意味もあるようですが。

全国内水面漁業協同組合連合会のホームページ:http://www.naisuimen.or.jp/ で、参考URLはその中の
昨年のアユ速報ですから、各都道府県をクリックすると漁協毎の状況が判ります。
本当のところ天然遡上と人工との比率は判りません。人工種苗の放流が少ないから天然物が多いとも言えません。
それは、その漁協の管理している河川の長さやアユに適する所の場所の広さ、また購入資金の量でも違います。
もともとアユ漁の盛んなところは、遡上も多いが人工種苗の放流量が多い所もあるので。
九州南部も遡上が多いし、日本海側が一般に遡上が多いですが、詳しくは漁協に聞くしかないと思います。

現物で見れば判りますが、ヒントとしてGoogle使用、キーワード:アユ 人工 区別 長良川 で最初に
出るサイトの写真がよい例です。
黄色の班がはっきりして、ヒレ大きく、尾ヒレが黄色、これでどうでしょうか?

参考URL:http://www.naisuimen.or.jp/zennai/ayu/index.html

補足します。
「天然鮎」と言う言葉は曲者です。文句出るかもしれませんが、極端に書けば「川で泳いでいたアユ」です。
書き忘れた事では、稚魚を分ければ、
1.その川で生れて、遡上してきたもの・・・間違いなしの天然
2.通称 汲み上げ・・・その川か近隣の川の河口や下流で遡上途中のものを纏めて網などで取り、中上流域の
アユが大きくなれる環境に苦労させずに運んでやる。
堰が多かったり、下でかたまっていると大きくならないし、遡上を待っていたら時間が間に合わないので。これも天然
3.琵琶...続きを読む

QMT車でバックでの坂道発進+車庫入れ

免許を取ってまだ2ヶ月の初心者です。

先日、家の車が古いこともあり小型のMT車に買い換えたのですが、車庫入れが難しく困っています。
というのも、自宅の駐車場が若干斜めになっており、また駐車場の入り口付近は結構な傾斜になっているので、バックでの坂道発進と車庫入れを同時に行わなくてはなりません。
以前の車はAT車だったためそれほど苦労せずに駐車することができたのですが、それでも駐車場の入り口のきつい傾斜は回転数を高めにして越え、前輪が傾斜を越えたら速度が上がるのですぐブレーキを踏む、という作業で駐車を行っていました。
MT車にはまだ慣れていないため駐車の際頻繁にエンストしてしまいます。結構エンジンを吹かさないとエンストしてしまうし、吹かしすぎると速度が速くなってうまく車庫入れができない、という状況です。。
車庫入れ自体は半クラッチで行っています。

私の運転技術自体が未熟ということもあると思いますが、坂道での微速後退がうまくできるコツなどありましたらアドバイスいただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前から突っ込んで、バックで出る。
一番良くない車庫入れ方法です。
現在の方法で練習されてください。

前から突っ込むと、出る時バックになります。
前進よりも注意するものが多くなり、更に進行方向が見え難い状態で道路に出るわけですから、事故の確率も増えますからね。

坂道での微速走行方法ですが、なれれば半クラッチで坂道を停止する事ができます。(クラッチには悪いですけどね。)

なれるまでの方法ですが、簡単な方法です。
(1)坂道を下りない位の力でサイドブレーキを掛けます。
(2)そのままサイドブレーキの事は忘れてバックして下さい。

サイドブレーキよりエンジンの力の方が上です。
ですので、サイドブレーキを掛けて居たとしても車は前でも後ろでも走る事ができます。
あなたの場合、坂道発進のブレーキ停止と、クラッチの半クラ、アクセル操作。更にハンドルでの自動車誘導と安全確認のほかに4つの物を同時に制御しなければならないので大変なわけですから、一つだけでも外せれば、かなり楽になると思います。

まぁ、なれるまでの間ですけど、かなり楽になると思いますよ。

前から突っ込んで、バックで出る。
一番良くない車庫入れ方法です。
現在の方法で練習されてください。

前から突っ込むと、出る時バックになります。
前進よりも注意するものが多くなり、更に進行方向が見え難い状態で道路に出るわけですから、事故の確率も増えますからね。

坂道での微速走行方法ですが、なれれば半クラッチで坂道を停止する事ができます。(クラッチには悪いですけどね。)

なれるまでの方法ですが、簡単な方法です。
(1)坂道を下りない位の力でサイドブレーキを掛けます。
(2)その...続きを読む

Q鮎のてんぷら最中

池袋から赤羽方面に向かう道沿いに、
「鮎のてんぷら最中」屋さんがあります。
専門店ではないのかもしれませんが、
一番目立つ看板に「鮎のてんぷら最中」と書いてあります。
どなたか、これを食べたことのある方いらっしゃいますか?
「鮎のてんぷら」最中?
「鮎の最中」をてんぷら?

Aベストアンサー

形が鮎に似せてあるだけで実際に鮎は材料として使われていません。
全国に同じような物があり「若鮎」とか「鮎最中」とか呼ばれています。
中に入っているのはあんです。
店によって粒あんかこしあんかが違いますがだいたいがこしあんです。(というより練りあんっですね)

QMT車を坂道にてギアを入れて駐車

MT車を中古で購入しました。
先日、坂道にて、お尻を下にして駐車する際に、1速に入れて駐車すると「カツカツカツ...」という音とともに下がってしまいました。1速だけではなく2速3速でも同様です。

今まで別のMT車を運転してきましたが、こんな事はありませんでした。
最近のMT車はこういう物なのでしょうか?

車種はアレックス RS180(ZZE123) です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>車種はアレックス RS180(ZZE123) です。

とても良いお車をお持ちですね。市販のままで6速ミッション付き、190ps、ハイオクガソリンのみ使用可の、夢のような車ですよね。

ボディーは、ラリー車そのもの。
(http://www.cartorque.co.za/0209.htm)
(http://www.trd.com.au/TRD/#main/motorsport/rally)

私もこの車、欲しかったのですよね。



坂道駐車の件ですが、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1991419.html)の ANo.9 [3]をお読み下さい。

言葉のあやで、「“1速に入れておく” は必要ないですね。」といった書き方から始めてしまうほど、

実は、坂道でギアーを入れておくなどということは、やってもほとんど意味がない(まったく安心できない)のです。

{すぐのちで、「(おまじないのギアですが、社会的責任のために、意味が無くても おまじないは坂ではやっておいて下さい。 おまじないの掛け方は、「下り坂ではバックギアに。」 「上り坂では1速に。」 だそうです。  当方、おまじないを否定しているわけではなく、マニュアル車の特性とサイドブレーキの重要さをお話させて頂いているわけですので、宜しくお願い致します。)」と記載の通り、それでも坂道では(たとえ緩やか坂道でも)必ずギアーを入れておいて下さい。 そして、マニュアル車は、強い坂道では駐車は出来ない。ということです。}

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2235808.html)の ANo.6


私の経験からのことを例に、2つほど例をお見せしますと、


(当方以前は海外に住んでいたのですが)、海外(当方が住んでいた国)では、道から家のビルトインガレージまでに、たいていドライブウェイというものがあるのですね。道から家のビルトインガレージ入り口までは20m近くはあるのでしょうか、ドライブウェイ上にも車が縦に3台ほど置ける長さがあります(+歩道)。アメリカ映画などで見る郊外のビルトインガレージ付きの戸建ての家を連想すると同じものですね。家やビルトインガレージは公道よりも高い位置にあり、たいていはビルトインガレージに通じるドライブウェイはビルトインガレージに向かって上り坂になっています。家に帰ってくる時は車を頭から敷地に突っ込み、出かける時はバックで道に出るという、海外映画のまさにそのままのスタイルの使い方ですね。つまり、車の先頭を上にして坂に止めることが一般的です。(ビルトインガレージの中は、普段は使わない車が入っているといった感じです。ビルトインガレージ内は平ら。)

当方も、ビルトインガレージ内はラリー車など普段使わない2台が入っていましたので、その他の2台を その 上り坂のドライブウェイ上に止めていました。ドライブウェイ上の奥(ビルトインガレージ寄り)の1台は、普段から車止めをタイヤに敷き、毎日使う車はその後ろに止めていました。

ある時、(その時の普段用車は、R30のスカイライン直6の2000ccターボのマニュアル車でしたが、)、午前中のフライト(飛行訓練)が終わり、一旦家に帰ってきて、午後もまたフライトがあるので、それまでにちょっと数十分休んで(昼寝して)から復習&予習してまた出かけようと考え、我が家のドライブウェイ上にスカイラインを止めて、強めにしっかりハンドブレーキをかけてギアーを1速に入れ、車止めはせずに家に入ったのです。数十分後、起きて予習でもするかとキッチンに行って水でも飲みながらふと外を見ると、我がスカイラインがドライブウェイからすり落ちて、ほとんど道の真ん中に止まっているではないですか!!
あせりましたね。ほとんど青ざめました。急いで外に出てみると、近所のかた誰にも気づかれていない様子、だれも外に出ていません。また、車自体もどこにもぶつかってなく、我が家のドライブウェイからさがって平らな道に出たところで止まったようです。
これがもし、ご近所の家や塀にでも当たっていたら、とんでもないことになっていたところでした。

我が家は、丁度道の行き止まりの所の立地でして、我が家よりも奥は3軒しかありません。(海外の郊外の住宅地は、道が木の枝の様に分岐して行き止まりになるような街づくりが、よくあります。)
どうやら、我がスカイラインが道を塞いだ間には、奥の3軒のかたは道を通らなかったようです。
不幸中の幸いとでも言いましょうか、一歩間違えば大変なことになっていました。私の人生の、恥ずべき経験です。

その時は、すぐにエンジンをかけて、車を家のドライブウェイに戻し、
後日だれからも何も言われませんでしたので、たぶん誰にも気付かれずに(迷惑をかけずに)済んだのでしょう。
当方、そこでの近所付き合いは良好でしたし、近所のかたも皆さん、何か気付くことがあれば何でも言ってくるかたたちでしたので(良好な 遠慮のない 正常な関係)、この「スカイラインずり落ち事件」は、誰にも見られなかったのでしょう。

この事件以降、このスカイラインを坂に止める時は、どんなに短時間でも必ず車止めを使用したことは言うまでもありません。


この事件後すぐに、このスカイラインのハンドブレーキのワイヤーやら細かい部品類全てをばらして、全部キレイにして組み直して動きをスムースにし、その上で、車止めを必ず使用するように改善しました。

さて、ここで、ここをお読みの皆様にご理解頂いておきたい重要な点は、


私は、この事件以前からも、このスカイラインのハンドブレーキが弱いことは知っていまして、ドラムインディスクではないディスクのみを使ったハンドブレーキである点や、また、実感としても「この車のハンドブレーキは気を付けないと」と気付いていました。よって、普段から、かなりしっかりハンドブレーキを引いて駐車していました。(引き過ぎてワイヤーを伸ばしたりはしていません。)
この事件の日も、しっかりハンドブレーキをかけ、ギアーを1速に入れておきました。そしてその後、ものの数十分後に、ずり落ちて行ったのです。
2リッターエンジンですが、直6というのが回転しやすかったのかもしれません。
しかし、最大の原因は、
「ドラムインディスク」と言われるタイプではない、単にディスクブレーキでハンドブレーキも兼ねるタイプのものであったことが大きいです。
このタイプは、走行中のフットブレーキ使用時にディスクとブレーキパットそれぞれが熱膨張して熱く(厚く)なり、その状態でハンドブレーキをかける訳ですので、厚くなった3枚を束ねた状態でワイヤーロックさせるのですね。その後ブレーキが冷めますと、両側のブレーキパッドと真ん中のディスクがそれぞれ冷めて薄くなりますので、自然とハンドブレーキは甘くなってしまうのです。


ということです。
車の前方を上にしての坂道駐車でしたので、ギアーを1速に入れることがセオリー通りですが、実はこれも、あまり意味がない、というか、エンジンなんて逆回転だって簡単に回ってしまうのです。

それと、例えば、直4の2リッターよりも、直6の2リッターのほうが、回りやすいでしょうね。きっと。



マニュアル車は、坂道では、ハンドブレーキもあてになりませんし、ギアーなんて入れておいてもおまじないにしかなりませんので、やはり、なるべく坂には止めない。坂に止める場合は、車止めを一応付けておく。といったことが安心というか、さらに安全ですね。特に、ドラムインディスクではないディスクブレーキ車で、ブレーキが熱くなるような、強いフットブレーキを使用した運転の直後の駐車には、要注意です。



では、なぜ、ドラムブレーキは比べて多少安心かといいますと、

ドラムブレーキも同じく熱膨張はあるのですが、熱膨張するとドラム自体が大きく広がる訳です。これが走行時の時はドラムが広がってシュー(ブレーキパッド)から離れる方向になりますので、フットブレーキが抜けるような感覚になりこれがウィークポイントになるのですが、
これがかえってハンドブレーキをかける場合には、ハンドブレーキをかけたあとにドラムが冷めて縮んでシュー(ブレーキパッド)に寄ってきて締め上げますので、シュー自体が冷めて薄くなる分を差し引いても、ハンドブレーキの効きは弱まることなく済む場合が多いのです。


ただし、ドラムブレーキのハンドブレーキも、完全なものではないですね。

私の経験では、(別のもう一つの例)、E12AのエテルナΣ マニュアル車の1800ccを持っていましたが、ドライブウェイに駐車することができずに、その家に引っ越すことをあきらめたことがあります。

上記スカイラインの時よりも以前の話(スカイラインよりも数年前)になりますが、家を探していまして、real estate(不動産業者)に行きまして、そこで紹介された条件の良さそうな家に、不動産業者から「鍵渡すから見てきなよ~。」って言われて、自分のE12AのエテルナΣ で見に行ったのです。
その家は、ドライブウェイが結構キツイ坂になっていて、見るからに「キツイ坂だな~」とも思いましたが、車を止めてみて案の定、いくらハンドブレーキを引いても歯が立ちません。全く止めることができませんでした。
エンジンかけた状態で、しっかりフットブレーキを踏んでからハンドブレーキを引いても、フットブレーキを離してみようとすると、ギギギギといってさがる始末です。
こういった状態で、エンジンを止めてギアーを1速に入れてみても、何の意味もありません。やはり、ギギギギといってさがる始末です。
つまり、車を止めることができないのです。
仕方ないので、連れ合いに、「ちょっと降りてビルトインガレージのガレージドアを開けて」と頼んで、車をガレージの中に止めました。
家の中を見てまわり、条件としては良い家でしたが、そのドライブウェイの坂のキツさのためにそこをあきらめました。

キツイ坂といっても、オートマチック車なら[P]で難なく止められる程度の坂でしたね。その家は、オートマチック車でしたら何の問題もないことでしょう。



何が言いたいかといいますと、

マニュアル車の場合、もしハンドブレーキが効かない坂道の場合、ギアーを1速やバックに入れようが、何の意味もなさないという訳です。

なぜなら、マニュアル車の1速やバックギアーは、そもそもハンドブレーキよりも効きは弱いのです。はるかに弱いのです。オートマチック車の[P]のように、車輪を完全ロックしたりなど、決してできません。


よって、マニュアル車のギアー入れ駐車は、まったく過信できませんし、おまじないと考えたほうが良い程度の代物です。


(E12AのエテルナΣ の名誉のために記載しておきますが、家を見に行ったこの日は雨でした。)といっても、車の整備状態は完全にまともで、良く整備された状態のものです。

さてさて、私はマニュアル車の方が好きですので、マニュアル車の悪口を書いている訳ではありません。オートマチック車の[P]は非常に強力で優れているということを記したまでです。坂ばかりの街では、オートマチック車のほうがはるかに安全に使えるというわけです。
に対してマニュアル車は、“普通の程度” という訳ですね。
マニュアル車をお使いの場合、坂道駐車能力は従来の普通程度の能力しかありませんので、きちんとした知識で、なるべく平らなところに止めるようにして、
坂しかない、いたしかたない場合には、車止めを使うということをしませんと、私のスカイラインの事のように、大変な事態になる可能性が充分にあるということです。



はっきり言って、今の日本車でしたら、私の1987年式E12AエテルナΣ や1983年式R30スカイラインよりも良く効くハンドブレーキが付いていることでしょう。

しかし、エンジンやギアーの、坂道で止まれる能力は全く変わらないでしょうね。

よって、ギアーを入れておくということは、おまじない程度にしかなっていない点は今でも変わりありません。

(駐車時にギアーを入れることは意味が無いとは、決して言っていません。坂では、ルール&責任ですし、必ず行なわなければなりません。しかし、過信はできない、「とても弱い停止能力だ」ということを知識として知っていませんと、非常に危険なことになります。)




>MT車を中古で購入しました。先日、坂道にて、お尻を下にして駐車する際に、1速に入れて駐車すると「カツカツカツ...」という音とともに下がってしまいました。

中古車ということも考え、場合によっては整備が必要なお車であることも考えられます。(ハンドブレーキのほうです)

エンジンやトランスミッションは、正常でしょうね。

カツカツカツ...の音は気になりますが(そのような音するかな?みたいな)、鋭い音ではないのでしたら、まあ普通でしょう。

ただし、せっかくの非常に価値のあるお車ですし、これから大切に乗っていくための事前の整備のためにも、一通りディーラーで見てもらったほうが気持ちが良いのではないでしょうか?



>1速だけではなく2速3速でも同様です。

お尻を下にして駐車する際は、1速に入れることが正しいセオリーです。

逆に、2速3速では意味がないです。4速5速と、ギアーが上がるほど車は簡単に動きやすくなります。

これは、ギアー比の問題なのですが、2速3速と上になるほど、エンジンがタイヤを回し難くなる反面、タイヤはエンジンを回しやすくなっていくのです。



>今まで別のMT車を運転してきましたが、こんな事はありませんでした。

たまたまラッキーだったのですよね。

1速のギアー比の問題もあるでしょう。スーパーロー的なギアー比の車でしたら、それなりに車を止めておく能力も多少は高くなりますし、エンジンの大きさ(排気量に対する気筒数など)や相対的な車重なども影響してくることでしょう。



>最近のMT車はこういう物なのでしょうか?

今とか昔とかは、あまり関係ないかと思います。

ところで、気になっているのですが、ハンドブレーキは引いているのですよね?

マニュアル車は、ハンドブレーキのほうを確実にかけておきませんと、車は動いてしまいます。



最後に、車止めについてですが、これは、もし車がさがって車止めにて止まりますと、その車止めは手で外すことはできません。車止めを外す場合は、一旦車をエンジンの力で少し元に戻しませんと、車止めは取れません。
よって、例えば、壁などにギリギリに車を止めてしまい、車止めをかけておいた場合などは、車止めを外すために車をさらに壁に向かって走らせる必要が出てきます。
坂が緩ければそのまま数センチ走らせば良い訳ですが、
坂が急で、ブレーキを外したらタイヤが車止めを乗り越えてさがってしまいそうなほどに強い坂の場合ですと、ハンドブレーキを使って上手に発進させようとしても勢いあまって壁にぶつかるかもしれません。
このような時のために、車止めは余分に持っていたほうが良いでしょうね。
つまり取れなくなった車止めの反対向きに車止めを1~2cm空けて置き、そこに向かって走らせれば、壁にぶつかるリスクも減らせることでしょう。
 
 

>車種はアレックス RS180(ZZE123) です。

とても良いお車をお持ちですね。市販のままで6速ミッション付き、190ps、ハイオクガソリンのみ使用可の、夢のような車ですよね。

ボディーは、ラリー車そのもの。
(http://www.cartorque.co.za/0209.htm)
(http://www.trd.com.au/TRD/#main/motorsport/rally)

私もこの車、欲しかったのですよね。



坂道駐車の件ですが、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1991419.html)の ANo.9 [3]をお読み下さい。

言葉のあやで、「“1速に入れておく” ...続きを読む

Qもうすぐ鮎の解禁ですが・・・鮎の友釣りエリアで許可証なしに別の魚を狙うのはOK?NG?

もうすぐ鮎の解禁です
私の住んでいる地域の川でも鮎が放流され、大勢の釣りファンが鮎釣りを毎年楽しんでいます。

ところで鮎のシーズンに同じ川で、同じ領域で別の魚を釣ることは禁止なのでしょうか?
たとえばオイカワをオランダ仕掛けで釣るのはだめなんでしょうか?
鮎の友釣りの許可証を買っておきながら禁止されているコロガシ漁をするなら違反なのでしょうが、オランダ仕掛けなら仕掛けも釣竿もまったく違うわけなのですが・・・
組合によって違うかもしれませんが、一般例を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

基本オイカワを釣る場合は、雑魚券が必要になると思います。
これは、鮎シーズンに限らず1年中通して同じです。
でも、漁業組合では鮎シーズンオフの場合はそれ程煩くは言わないですけどね。

でも仕掛けがオランダとなると、もしかして鮎釣りとみなされるかもしれませんよ。
お子様連れで遊んでいる場合で、監視員が来た時に、大人が釣りをしていなければ、そのまま見てみぬ振りはしてくれますがね。

これはあくまでも自分の地域での話ですので、他の地域では分りませんよ。
因みに、栃木県の、那珂川、箒川での事です。

QMT車の坂道発進、踏切通過のコツ教えてください!

MT車の坂道発進、踏切通過のコツ教えてください!
仮免試験が来週にまで迫ってきました。高校のテストで時間が空いてしまい、一週間位振りに乗りました。そのせいか、S字やクランクなどは問題なかったのですが、坂道発進と踏切の通過がうまくいかず、教官にも「このままだと試験中止になるよ」とまでいわれてしまいました・・・。原因としては発進時にアクセル、クラッチが上がってるからと言われました。クラッチに関してはすこしづつ改善できたのですが、やはりアクセルを一定にしておくのがなかなか出来ません・・・。なにかコツ・ポイントみたいなものがありましたら教えてください!ちなみにサイドブレーキを使った方法です。

Aベストアンサー

サイドブレーキを引いておく(指でボタンを押しながら引きっぱなし)
アクセルをちょっと開けてエンジン回転数を2500rpmにしてから、3秒ぐらい同じ回転数をキープしておく。
そのままアクセルを同じだけ踏みながらクラッチをゆっくり離す。
エンジン回転数が2000rpmまで落ちたらorクラッチが繋がってトルクがかかった感じが判ったら、足はそのまま固定したまま、一呼吸置いてからサイドブレーキをすこしづつ離す。

車が下がり始めるようなら、ボタンを押したままサイドブレーキを又引いて、クラッチをちょっと離しながら、アクセルをちょっと開ける、ほんのちょっとで。
それから又サイドブレーキを少しづつ離して・・・

前に走り始めたら、クラッチとアクセルは、そのままにしておいて、
ある程度、速度が上がったら(10キロぐらい)クラッチペダルから足を外せばよろしいかと。

ディーゼル車なら、ちょっと回転数高い(あと500rpm下げても良いかと)けど、楽に発進できるだろうし、ガソリン車なら、回転数はこんなもんで丁度良いかと。

で、どーでしょ?
クラッチ離す速度とアクセル開ける速度が釣り合えば同時に操作してもいいんですけど、最初からそんなに上手く釣り合わないので、片方づつやるということで。

サイドブレーキを引いておく(指でボタンを押しながら引きっぱなし)
アクセルをちょっと開けてエンジン回転数を2500rpmにしてから、3秒ぐらい同じ回転数をキープしておく。
そのままアクセルを同じだけ踏みながらクラッチをゆっくり離す。
エンジン回転数が2000rpmまで落ちたらorクラッチが繋がってトルクがかかった感じが判ったら、足はそのまま固定したまま、一呼吸置いてからサイドブレーキをすこしづつ離す。

車が下がり始めるようなら、ボタンを押したままサイドブレーキを又引いて、クラッチをちょっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報