新田たつおの「静かなるドン」の愛読者です。ヤクザの大親分の家の大きさというのは、「静かなるドン」に書いてあるのは大きすぎだとしても、相当大きいのですか。

A 回答 (1件)

私はやくざではありませんが、多少の勉強をしている者です。

最近のやくざについては、会社組織になったりして、はっきりとは分からないのですが、一般的に言う「やくざの大親分」の場合、舎弟、つまり子分が何人、あるいは何十人も寝泊まりしているそうです。また、各地を渡り歩く「客人」が来たときは、素性が正しい者ならば、泊めてもてなさなければならないので、そのための部屋も要りますね。それと、やくざは「一家」というように、大家族制度の家長のようなものなので、よく人が集まりますから、広い部屋が必要になります。組の中での相談、小さな組と組との話し合いなどに提供する、大広間などが必要になり、そのための飲食を供応するために、広い台所も必要となります。そのため、相当大きくなければ、大親分の家としては機能しません。また、家の大きさを誇示する目的もあるようです。ということで、相当大きいと考えていいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
ただ、大親分の家を実際に見た人あるいは、写真を見た人からこれ位大きかったよと教えて頂きたいです。

お礼日時:2005/09/25 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の解体費用

家が火事になってしまい、全焼ではありませんがかなりひどい状態で解体しようと思っています。延べ床面積58坪で軽量鉄骨の建物です。解体費用と工事日数を教えてください。それと解体をする場合、焼けたり不要な荷物やごみはそのままにしておいてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

寒さ厳しき折大変な状況かとお察し致します。我が家も今から5年前に同じ状況でした。私が1週間入院していたのですが、ほぼ全焼でしたので、知り合いの建築屋さんにお願いして退院してから1週間のちに解体しました。もし、火災保険に加入してれば解体費用も出るはずです。全額まではいかないですが業者の見積書を出せばある程度は通ります。また、解体の仕方・方法また道路に面してるなら道路を一時止めたりする許可などの手続きも必要になります。そのあたりは業者の方とよく相談して近隣の方々も迷惑なども考慮しないといけませんね。とにかく頑張ってください。

Qヤクザの親分や幹部に世襲は、なぜ無いのですか?

ヤクザ、暴力団というものを、ネットで調べると・・・どこの暴力団でも、親分や幹部に実の息子が、世襲されたという記述がみつかりません。

私も大雑把に調べただけなので、もしかしたら、そう言った、事例はあるかも?しれませんが、一般的で無い気がします。

質問は2点。

親分、幹部に世襲が無いのは何故ですか?組織内では親分や兄弟など、疑似的な家族なのに、実の・・が無いのは・・。

また、暴力団の構成員の実の家族達の多くは、暴力団とどのような関わりを持った生活、あるいは、仕事をしているる事が多いのでしょうか?、

私自身、もちろん、今まで、暴力団、ヤクザと、面識は一度もありませんし、一度も、どんな形でも、関わった事はありませんが、ニュースや映画、ドラマなので、以前から興味がある世界なので、興味本位で調べて、疑問に思いましたので、質問してみました。

Aベストアンサー

基本は、やっぱり法律の内・外の話しじゃないでしょうか?

他の回答者さんが仰る「能力主義」は、まさにその通りで、その部分では、オーナー会社よりはサラリーマン会社の出世競争と同じく、弱肉強食的な原理と言えます。

一方、なぜサラリーマン的なのか?と言えば、大会社の株などと同じで、全ての権利を掌握することが難しいからでしょう。
とは言え一般的な会社は、株券などの権利と、人事や給与を決定する権力構造で支配されていますが、それらは法律で決められています。
即ち、資金力さえあれば、株券や経営権を獲得し、その組織を世襲することが法律で担保されているからと言えます。

しかしアチラの世界は、組織そのものが非合法ですからね。

ルールは「仁義」みたいな曖昧なモノであって、おまけに「仁義なんか知るかい!要は勝ったらエエんじゃい!」もルールで、極論すりゃ「毎日がルール変更がルール」みたいな世界です。

あるいは、組織として結束しているのも、法的な拘束力・強制力があるワケでもありません。
本家の組長が、「自分より軟弱」などと感じたら、傘下の組長は盃を返せば終わりと言う世界であって、企業で言えば、いつ事業部が勝手に独立するか判らないと言う様な世界です。

世襲されるべき権利は、「ルール無用の奪い合い」で、またその利権は確定的とか永続的に存在するものではないです。
おまけに問題解決するにしても、一般社会の様に、裁判するワケにも行きません。
結局、世襲することは、困難かつ余り意味は無いのでは?と思います。

ただ、本家の組長の家族などは、組長が死んだ後などは尊重し、組織全体で庇護するなど、仁義的な慣習と言うか、最低限の保障機構的なものは存在していますね。
恐怖政治で世襲は可能でも、もしクーデータでもが起きたら家族皆殺しに遭う様な、独裁国家の元首よりは、はるかにマシなルールじゃないでしょうか?

基本は、やっぱり法律の内・外の話しじゃないでしょうか?

他の回答者さんが仰る「能力主義」は、まさにその通りで、その部分では、オーナー会社よりはサラリーマン会社の出世競争と同じく、弱肉強食的な原理と言えます。

一方、なぜサラリーマン的なのか?と言えば、大会社の株などと同じで、全ての権利を掌握することが難しいからでしょう。
とは言え一般的な会社は、株券などの権利と、人事や給与を決定する権力構造で支配されていますが、それらは法律で決められています。
即ち、資金力さえあれば、株券や...続きを読む

Q解体に伴う隣の家の壁の補修費用

今回土地の売買に伴い自宅を解体することにしました。
今回解体する自宅と隣の家は数センチしか離れていません。
解体途中で隣接する隣の家の壁が土壁であることが分かりました。
隣の家より自宅の方が建築が早かったので、隣の家もまさか
自宅が取り壊すことになることまで考えておらず、土壁のまま
にしてあるのだと思います。
そこで分からないのが土壁のままではまずいのでトタンでも貼って
補修しないといけないと思うのですが、この場合
費用負担は一般的にどのようになるのでしょうか。
ちなみに民法で50cmは離すというのがありますが、隣とは関係は良く
今後も近所に住むため関係は壊したくはありません。
本来話し合いなのかもしれませんが一般的にどうなるか知りたいと思っております。

Aベストアンサー

元業者営業です

私はなんの利害関係もありませんので、あくまで「同様の相談を受けた業者目線」で回答します。

結論から申し上げますと#1さんと#3さんの回答が妥当かとおもいます。

つまり
1.お隣が土壁であろうとなかろうと、解体作業中の事故は業者責任。
  まともな業者ならそんなことは百も承知。かれらはそれでご飯を食べている「プロ」ですから。
2.「民法でうんたらかんたら」という話もありますが、本来民法とは「もめごとが起きてどうにもこうにも収集がつかない」場合により適用される法律です。つまり、「もめごとが起きない限り」何の手助けにもなりません。そして、その民法を適用できるかそうでないかの最終判断は裁判所(訴訟)で「白黒つける」事になります。それでもいいですか?

そもそも「境界線から50cm離して」と主張するなら、なんでお隣が建てた時(もしくは建てようとした時)に言わなかったのでしょうか?
勿論「知らなかった」という主張は通りません。
むしろ、お隣にとっては「何で今更?」となるでしょう。

故に今回のケースでお隣に「金銭的負担」を要求するのはどうかとおもいますよ。
勿論、言うのは自由ですが、今後の関係を考えると得策とは言えないのでは?

ご熟考を。

元業者営業です

私はなんの利害関係もありませんので、あくまで「同様の相談を受けた業者目線」で回答します。

結論から申し上げますと#1さんと#3さんの回答が妥当かとおもいます。

つまり
1.お隣が土壁であろうとなかろうと、解体作業中の事故は業者責任。
  まともな業者ならそんなことは百も承知。かれらはそれでご飯を食べている「プロ」ですから。
2.「民法でうんたらかんたら」という話もありますが、本来民法とは「もめごとが起きてどうにもこうにも収集がつかない」場合により適用...続きを読む

Qヤクザの人ってどうやってヤクザになったんですか?

ヤクザの人ってどうやってヤクザになったんですか?
ヤクザには何々家とかあるようですが、
ヤクザニなる人はどういう経路でヤクザになったんですか?
面接とかですか?それとも紹介やスカウトですか?

またチンピラと呼ばれる方々がいらっしゃいますが、
彼らはヤクザとは別物なんですか?
またヤクザ稼業って大変なんですか?

無知なので色々と教えてほしいです!

Aベストアンサー

その道に入りたいんでっしゃろか?
人生いろいろあるんですわ。
無知なままにしときなはれや。
世間一般的に流れてる情報なんて、綺麗事ばっかりでっせ。
氷山の下には見えない闇の部分が、たくさんありますわ。
そこがヤクザたる由縁ですから。
そんなモンにあこがれたらあきまへんで。

Q家の解体費用と準防火建築物について

親戚が家を建て直すことになりました。
旧家の解体費用は坪単価で出すのでしょうか?
そうだとしたら、相場はどれくらいなのでしょうか?

そして、ここは準防火地域になるので、窓や外壁等をその仕様にしなければならないそうです。
その追加料金が業者によってまちまちなのですが(数十万~百万)
実際はどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えー廃棄物の処理費用は年々増加傾向にあります
坪2~4万とか聞きますが・・
ただ、工務店経由で安くなる場合と高くなる場合もありますので
独自に解体の見積もりをとって損は無いと思います

ただ古い木造家屋ですと古材など多少売れるかもしれません
お調べされては如何でしょう?
またアスベスト等が発見される別に費用が発生します。。

準防火地域での追加料金の妥当性云々

ハウスメーカーさんの標準仕様で、
ある程度防火性能がある外壁・屋根などを使っていると
開口部などの差額で済むのかも知れません。
それですと数十万の増
標準仕様でそういう物が見込んでない場合・・
数百万の増
という事だと推察できます。
なので一概には言えません
総工費で比較されるのが妥当かと思います。

Q科学者の方って相当プレッシャーが大きいのですか?

科学界は未知の世界なので私には理解しがたいのですが

小保方さんのスタップ細胞の件ですが

遠い知人の研究者の方に言わせると、「写真の流用はあって当たり前で(説明しやすいように使ったと申告すれば良い)論文が失敗なら訂正して再提出は普通のことで、若い目を潰してはいけない。世間は騒ぎすぎで私たちには関係ないのに、小保方さんがかわいそう」と言われます。
これは3か月前の話ですが、私はそれを聞いて小保方さんにとても同情していました。

そしてスタップ細胞はあると思ってました。
でも最近になって、本当は無いんだろうと思い始めました。
本当に200回成功していたら、今の時点で出来ているはずですよね。
先の科学者の方を批判するわけではないですが
私たちには関係ないという話も、税金を使ってるわけだし、論文を発表された以上、世界中の人が期待するじゃないですか。作れないとなったら大騒ぎになるのは当たり前だと思うんです。

私の1意見に過ぎないのですが、結果を残さないといけないというプレッシャーから捏造、虚偽申告をしてしまうのではないのでしょうか?
もしくは脚光を浴びたい、歴史に名を残したい、等々。

そうだとしたら前回とは別の意味で小保方さんに同情します。
笹井さんの自殺も残念で仕方ありません。

私にとって今年一番考えさせられた事件なのですが、皆さんはどうお考えですか?

科学界は未知の世界なので私には理解しがたいのですが

小保方さんのスタップ細胞の件ですが

遠い知人の研究者の方に言わせると、「写真の流用はあって当たり前で(説明しやすいように使ったと申告すれば良い)論文が失敗なら訂正して再提出は普通のことで、若い目を潰してはいけない。世間は騒ぎすぎで私たちには関係ないのに、小保方さんがかわいそう」と言われます。
これは3か月前の話ですが、私はそれを聞いて小保方さんにとても同情していました。

そしてスタップ細胞はあると思ってました。
でも最近にな...続きを読む

Aベストアンサー

まず質問が「結果を残さないといけないというプレッシャーから捏造、虚偽申告をしてしまうのではないのでしょうか?」ということであれば、その通りですが結果を出さなくてはならないのは研究分野だけではありません。スポーツであれ、営業であれ、経営であれ、作家であれ、プロとしてやっていくということは結果を出し続けることです。プレッシャーに負けるのならどんな分野でもプロにはなれません。

ただ研究分野の結果は、一般人はもとより、同じ分野の研究者であっても具体的研究内容がかなり近くないと検証や評価は難しいのです。そのため、直属の上司や同僚であっても、簡単に結果にいちゃもんをつけるようなことはできません。

さてSTAP細胞疑惑ですが、通常、学会誌に投稿された論文は査読(論文が掲載される前に行われる評価や検証のこと)されます。小保方論文を載せたNature誌は、最も権威ある学術誌の一つであり、当然査読はあったはずですが、共著者に理研の笹井芳樹氏と米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授の名があったためかと通ってしまいました。このとき査読した人たちの責任をだれも追及しませんが、私はここが最大の間違いだったと思います。

STAP細胞疑惑は「出来ていないものをさも出来たかのように報告した」点が問題になっています。ここのところは大変重要です。科学とは、所定の設備や試料を用い手続きさえ踏めば同じ結果が得られることが根底にあります。つまり再現性が絶対なのです。

研究をしていると、時折、大発見か大発明かというような現象に遭遇するときがあります。しかし、再現性を確認するための実験をすると、ほとんどの場合、手違いや計測装置の不具合やらで平凡な結果に至ります。それでも、何らかの成果を求めて研究を続け「これは絶対に間違いない」という成果を得られてはじめて「研究成果」と呼べるものになるのです。

小保方論文はたまたま出くわしたまぐれ当りのような現象をちゃんと調べずに論文に仕立ててしまったようです。研究の各ステップをきっちりやっていないために、写真がなかったり、証明たり得る測定結果がなかったりしていたのを、適当に補って体裁を整えていたようです。

私は小保方氏が名誉欲に眩んで意図的に不正をしたという見方にはあまり同意できません。意図的不正をするならもっと周到に準備をし、少なくても写真の使いまわしなどはしないはずだからです。私は能力不足だったと思います。

小保方氏に博士号を与えた早稲田大が遅まきながら彼女の学位論文を調査し「博士学位を授与されるべき人物に値しない」と断定しながらも学位の取り消し規定には該当しないとの調査結果をまとめました。小保方氏の学位論文には、今回の論文同様にいい加減な取り繕いがあったということです。つまり小保方氏は少なくとも学位論文が書けるだけの研究者としての緻密さや正確性、厳格さが欠けていたのです。訓練不足です。私は今回の問題の濫觴は早稲田のいい加減な学位授与だと思います。

その博士としての能力に欠ける研究者の資質を見抜けず、論文をきちんと検証せずに共著者に名を連ねた笹井芳樹氏とチャールズ・バカンティ教授もたいへん罪深いです。

まず質問が「結果を残さないといけないというプレッシャーから捏造、虚偽申告をしてしまうのではないのでしょうか?」ということであれば、その通りですが結果を出さなくてはならないのは研究分野だけではありません。スポーツであれ、営業であれ、経営であれ、作家であれ、プロとしてやっていくということは結果を出し続けることです。プレッシャーに負けるのならどんな分野でもプロにはなれません。

ただ研究分野の結果は、一般人はもとより、同じ分野の研究者であっても具体的研究内容がかなり近くないと検証...続きを読む

Q家の解体についてです。 費用を押さえる為に、自分で出来る事はしたいと思っています。 道路に面した位置

家の解体についてです。

費用を押さえる為に、自分で出来る事はしたいと思っています。

道路に面した位置に、幅3m、高さ1.
5m、厚さ0.15mの御影石の垪があります。
これを壊せば、重機が入る事ができ、見積りを安くできるでしょうか?

土地12坪、建坪14坪、木造2階建ての小さい家です。
隣とは、一面だけ、近い所があります。

Aベストアンサー

塀を壊し、
建物の室内に不要な物は一切おかない。

室内のドア、壁、分別、窓サッシ、ガラスを外しバラしておく。

建物の金物は全て分別し、庭に綺麗に分別綺麗においておく、

キッチン、トイレ、蛇口、配管、電線、など全て綺麗に撤去し分別 

ここまで出いるなら間違いなく

見積は安くなる可能があります。

Q地震発生が2時間遅かったら、阪神淡路大震災の被害はもっと大きくなっていた?

1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災は、神戸や淡路島を中心に約6300人の死者を出し、あちこちで建物の全半壊がおきるという、戦後最悪級の大災害となりました。また、被災生活も長期にわたりました。
これについてこのサイトで気になる情報を得ました。地震は午前6時少し前に起きましたが、もしこれが2時間遅かったら(午前8時前)、被害はさらに増大し、死者も倍ぐらいに増えていただろうということです。
もし阪神大震災が実際より2時間後に起きていたら、もっと被害は大きくなっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

私は敢えて阪神の震災と言います。大震災とは言いません。なぜなら関東大震災と比べて死傷者がけた違いに少ないからです。なぜそうなったかというと火災旋風の有無の差です。確かに火災は多くの個所で起こりましたが、これらが一体化することは阪神ではありませんでした。したがって建物の下敷きになって死んだ人は多かったものの、避難場所で焼け死んだ人はいなかったのです。火元が多い時間帯なら、火災旋風によって数百倍の人がなくなったでしょう。

火災旋風は震災だけではありません。空襲でも発生しています。このときも川の中で熱と酸欠で多くの人が焼け死にました。実は米軍のカーチスルメイ将軍は、関東の震災を研究していたのです。そして東京に焼夷弾を投下しました。これによって東京を壊滅させることに成功したのです。

Q解体に伴う両隣の家の壁の補修費用

住み替えの予定があり家を解体しようと思います。お隣りの家とは完全に壁がくっついている状態で、雨トイも一部共有するような形になっています。また、反対側には会社があり、その会社の倉庫の壁とも完全にくっついています。(こちらの方はお隣りが後から断りなしに建てたのだと聞いています。もう40年以上も前の事なので当事者も亡くなっていて、実際はよく分かりませんが…)
このような場合、解体に伴う壁等の補修費はどちらがもつものなのでしょうか。
ちなみにどちらのお隣りさんとも挨拶程度するくらいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなたの一方的な理由で解体を行うのであれば、
解体によって隣に発生する損失はすべて補償しなければなりません。

解体によって隣が自立しなくなるのなら、補強も必要です。
戸境壁が外壁になるのなら、外壁材を貼らなければなりません。
屋根を切り取るのなら、切り取ったあと始末を、雨漏りの無いように
仕上げなければなりません。

ただし、見栄えが悪いなど実生活に直接被害が及ばないことは
何もする必要はありません。

悪意の隣人なら、ぼったくられるかも知れません。
建築業者とよく相談してからかかってください。

Q【愛煙家限定】昨今の禁煙運動について思うこと大募集

このサイトでは嫌煙家の方々の一方的な意見ばかり目立つようなので、愛煙家の方々は昨今の禁煙運動についてどうお感じになっているか教えてください。自由意見で構いません。

では私から・・・
喫煙コーナーは愛煙家にとって「聖域」です。
しかしながら首都圏私鉄駅での全面禁煙が決まったそうです。曰く、健康増進法に基づいて喫煙コーナーを撤去するとのこと。
この健康増進法には「分煙も撤廃してしまえ」と定めてあるとでも言うのでしょうか。
責任を法律に転嫁しようとするこの物言いも気に食いませんが、そもそも、分煙さえもやめてしまう事の意味がさっぱり分かりません。地下鉄駅のような屋内ならまだ話は分かりますが、屋外での分煙のどこが悪いと言うのでしょうか。
煙いからといって、ホームの端に一箇所しかない喫煙コーナーの喫煙者を責めるのは筋違いでしょう。ルールをきっちり守っているのだから。煙いと言う前に喫煙コーナーから離れていただきたい。

駅のような不特定多数の人々が集まる施設のサービスのあり方を考えた場合、趣味や嗜好を元に一部の利用者を排除してしまうという考えはいかがな物でしょうか。
私鉄各社としてはよりよい共存の道を探るべきであったにもかかわらず、声高に叫ぶ一方の意見のみを採用するなどとは、私鉄各社のサービスに対する考え方に問題があると思われます。

千代田区にしても気が狂っているとしか思えません。

声高に叫べばどんな内容の意見でも通っていくというこの現状は、第2次大戦前のファッショに通じる物があって非常に恐ろしく感じています。

このサイトでは嫌煙家の方々の一方的な意見ばかり目立つようなので、愛煙家の方々は昨今の禁煙運動についてどうお感じになっているか教えてください。自由意見で構いません。

では私から・・・
喫煙コーナーは愛煙家にとって「聖域」です。
しかしながら首都圏私鉄駅での全面禁煙が決まったそうです。曰く、健康増進法に基づいて喫煙コーナーを撤去するとのこと。
この健康増進法には「分煙も撤廃してしまえ」と定めてあるとでも言うのでしょうか。
責任を法律に転嫁しようとするこの物言いも気に食いませ...続きを読む

Aベストアンサー

長年の愛煙家です。
と,同時に予防医学や公衆衛生学なども教えているという微妙な立場にいるものです。

喫煙の弊害についての論文のほとんどは,余りにもレベルが低い内容のものです。
数十年前に流行った「使った・治った・効いた」という「ミタ論文」のようなものが溢れています。
私が,これらの論文に関するレフェリーであったなら,審査段階で「科学的根拠を再検討すべし」とコメントし,つき返しているであろうというものが大半です。

さて,分煙を積極的に勧めればいいのですよネ。
バンコク空港のように数十メートルおきに喫煙小屋を設置してもよいのではないかと思います。
上海空港のように,広州白雲空港のように喫煙室を別に設置することも可能です。
全面禁煙とするのは,ヒステリックな手段だと思います。

喫煙の次は?
飲酒については大いに取り締まって欲しいと思っています。酔っ払いが我が物顔で大声を出して,また,直接の暴力などの危害を与えてもとがめられないのは異常ですから。
勿論,飲酒運転などは自動車没収,全財産没収にしましょう。
殺人可能な危険な乗り物に乗る資格がないですから。
喫煙者のマナーについて非難される方々も,これには大賛成してくれることでしょう。

ガムは勿論,シンガポールのように禁止しましょう。
何分の一かの人はホームや町に捨てるのですから,全面禁止にしてもらうのは当然のことです。
販売も所持も噛むことも罰金つきの禁止にすべきです。
これも嫌煙者達も大賛成してくれるでしょう。

一定以上の密度で人が集まる場所での携帯電話の禁止。
勿論,これも嫌煙者の方々も大賛成してくれることでしょう。

一部のマナーの悪い喫煙者のために多くの「愛煙家」は迷惑を被っています。
先に挙げたガムや携帯電話も同じことだと思うのです。
以上kawakawaでした

長年の愛煙家です。
と,同時に予防医学や公衆衛生学なども教えているという微妙な立場にいるものです。

喫煙の弊害についての論文のほとんどは,余りにもレベルが低い内容のものです。
数十年前に流行った「使った・治った・効いた」という「ミタ論文」のようなものが溢れています。
私が,これらの論文に関するレフェリーであったなら,審査段階で「科学的根拠を再検討すべし」とコメントし,つき返しているであろうというものが大半です。

さて,分煙を積極的に勧めればいいのですよネ。
バンコク空...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報