とっても、困っています。わかる方早急にお返事いただけると幸いです。

東京証券取引所1部上場企業の時価(株価)総額はバブルのピーク時は
約600兆円であったが、最近では300兆円前後で推移している。
この金融資産の減少分300兆円はどこに消えたのか?
また、その意味することについて検討し、株価下落の影響について教えてください。

お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちょっと正解なのかどうか自信はありませんが、私が証券会社にいた頃、このように理解していました。



つまり消えた金額分必ず誰かが儲かっているのです。その儲けは過去の商いで起きたものに基づくものが大半と考えていました。

 例えば、Aさんが2月に¥100で買った株が10月に¥200になっていました。そこでAさんはBさんにその時の時価¥200で売りました。Aさんは¥100儲けたわけです。
 しかし一方のBさんは高値をつかんでしまったようで翌年の2月には¥100になっていました。Bさんはそこで売り、結局¥100損してしまったわけです。
 つまりBさんの消えた¥100分は実はAさんの懐に入っているわけです。

すごく単純な例ですが、これが基本だと思います。

今の時代に当てはめれば、バブルやITバブル時代に儲かったつけが今の不況なわけです。個人の方ではバブルに儲かった時より今抱えている損の方が大きい人が多いと思いますが、それはただ単に世の中儲ける時は大きく儲け、損する時はそれを最小限にくいとめられる人がいるということが原因です。つまりそういったプロの人たちが負っていたはずの損を個人の方が負っていることになります。

株価下落の影響についてはいろいろあります。
ひとつあげれば企業の信用力低下でしょう。

例えば、株価はその企業の健康値ですから、当然それが下がれば信用は低下します。信用の低下した企業(仮にA社としときます)つまり金を貸しても返ってこなそうな企業には当然誰もお金は貸さないわけです。
 またA社の場合信用が低下していますので株を新たに発行してお金を集めようとしても誰も買ってくれません。つぶれてしまえば紙屑になってしまいますから。それを知っている証券会社はそんなA社の株式新規発行の要求を突き返してしまいます。結局A社はつぶれてしまいました。
 本来A社は金があれば事業を拡大でき儲けることができたかもしれません。しかし肝心の銀行も以前他の人に貸した金が返ってこなくて、体力がなくなってきている上に、こんなんじゃ誰にも貸したくないとかなり神経質になっています。普通の預金者に払う利息は微々たるものなのでなんとかなるだろうと、結局その銀行は手持ちの資金で国債を買うことにしました。

先程のつぶれたA社に勤めていた人はどうなるのか。当然、職がなくなるわけですから、収入がなくなります。そうなるとお金をガンガン使っているとまずいわけですから、物を買うのを控えます。そうなるとその物を売っているいる人の収入が今度は減るわけです。

このように景気にもマイナスの作用が働きます。

以上あくまで一面的な見方でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
大変助かりました。
説明の仕方も大変わかりやすかったです。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/11/14 23:54

この手の話には、中々「これぞ正解」ってなものは無いと思うんですが、私の考える所を書きます。



まず、時価総額600兆円といっても、それは「買い手が600兆円払った結果、株を持っていて、売り手がそれに相当する600兆円を持っていた」って訳では、勿論ありません。発行されている株式の一部が売買されて、売買されなかった株も含めたすべてを、その売買された一部の株の値段で評価したら600兆円だった、というだけの事です。

御存知かと思いますが、日本では、企業間の株式持合(生保の場合は、年金契約等の見返りとしての、一方的な株式保有)があります。ここ数年は、急速にほどけてきていますが、それでもまだまだ持合は残っていますから、以前から持ち続けている株式保有者にとっては、持っているだけでいつのまにか膨大な含み益ができたのに、それが数年後にパーになった、という事です。No.1の方のテレカの例と同じですね。(私では到底思いつかない、すごい良い例ですね。)パーになった影響は後で考えるとして、ここでは、「元々売れないし売る気もない株の値段が、概ね元に戻ってしまっただけで、理屈上はそれだけではどーって事無いはずだ」という事を確認しておきたいと思います。(株を担保に金を借りたとしても、その金を使った実物投資がそれなりのキャッシュフローをあげていれば、今ほどの不良債権問題にはならない。)

一方、実際に売買された株についてどうかというと、売買とは、株券と現金を交換する事ですから、株価がいくら下がっても世間全体の現金は減りません。つまり、ゼロサムゲームであれば、全体としては±0だから、景気への影響も理屈上はゼロだ、って事です。
だから、「バブル崩壊で○○○兆円の国民の財産が失われた」といった言われ方が時々されますが、誤解を生みやすい言い方だと思うので、私は好きではありません。

で「○○○兆円はどこへいった」という議論は良いとして、株価の下落の影響を、理屈上ではなく実際に考えて見ます。
経済学で言うところの「資産効果」、「逆資産効果」って言葉を御存知でしょうか?一般的には、アメリカの株価上昇で「金持ち気分(あくまで気分であって国全体としては実現していない利益)になった個人が、消費を増やす」(=資産効果)といったときに使われます。私は、同じ様な事が日本の企業にも起きていた、と思うんです。(っていうか、80年代前半からサラリーマンやってたので、実感として強く感じます。)具体的には、「株の含み益があるから、多少リスクのある設備投資・新規事業でもどんどんやってしまえ」という行動の仕方です。銀行も、その含み益を頼りにして、どんどん融資してくれました。それで、今から思えば無駄な設備投資がどんどん行われて、景気がよかったのではないでしょうか?(金融面から見れば、銀行の過剰な信用創造の結果マネーサプライが増加する事になる。)

うまく回転している間は、例えば工場機械設備への投資が、日本で調達されれば、銀行が融資した金は、日本国内に留まりますから、それがまた新たな設備投資や消費に回ったりして、好景気は維持されますが、それが一旦逆回転しだすと、機械を売りつけた側はもらった金を使わなくなる(ただ使わないだけで、国全体として減るわけではない)、全体として需要が減り、それが作ってしまった設備投資からのリターンも減らし、だからますます怖くて新規の設備投資ができない、といったスパイラルにもつながります。(マネーサプライも延びない。)

「○○○兆円はどこにいった?」と考えるよりも、「資産効果」のように考えた方が、実際に起きた事により近いと思っています。具体的なマクロの数字に基づかない議論ですが、私はこんな風に考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
資産効果についても知りたかったのでホントたすかりました。
なぜ「どこへいったのか?」という言葉を使ったのかというと
私は大学で経済を学んでいる者なのですが、先生が
そういう質問の仕方をしたのです。
それで、そのように書かせていただきました。
今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/11/15 00:58

ちょっと前なら数万円で売買されていたという広末さんのテレカは、


今では数千円で買えるそうです。では、その差額はどこへ消えた
のでしょう? 
これは消えたのはなく、広末さんのテレカに対するマニアの評価が下がり、
今のマニア市場で売れる数千円という値段に下がっただけです。
当時、数万円する広末さんのレテカを100枚もっている人がいたら、
この人は数百万円の資産をもっていたことになりますが、
その時にもっと値上がりすると見込んで、マニア市場に売らずに、
今でも持っているとしたら、その人はせいぜい数万円の価値のものを
もっているに過きません。これから、又値上がりするかもしれませんが、
もっと下がるかもしれません。極論すると600兆と300兆の株価も
同じ株券の値段なのです。

ある企業が、ある時期の株価を元に株券を担保にして
金融機関からお金を借りたとします。その担保にした株券の
価格が下がったら、金融機関は追加担保を要求します。
これに対処できない企業からは、融資が引き上げられたり、
定期預金が引き出せない事態となり、倒産に追い込まれたり
します。また、これまでは株を買った時の株価より売る時の
株価が高くなる「含み資産」で凌いできた企業が多かったのですが、
今後は買った値段より株価が下落するため、損失を計上する
損保関係の会社が増えます。その結果は破綻や倒産です。

現在の株価の下落は、企業収益を蝕んでおりじわじわと
ボディーブローのように効いてきています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイス大変ありがとうございました。
例も書いていただいてわかりやすかったです。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/11/14 23:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。 バブル時代はバブルの恩恵を受け

【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。


バブル時代はバブルの恩恵を受けなかったバブルって何だったんだろう無縁だったなあって言う人もいたわけですよね?

ITバブル時代にITバブルの恩恵を一切受けずにというか気づかなかったという人もいますよね。

どのくらいの割合の人が恩恵を受けたのでしょう?

Aベストアンサー

売上が毎月前年度130%越えを達成し、毎月報奨金と言う名の臨時ボーナスが社員全員に10万づつ配られてました。お給料もボーナスもよかった。結果経済が回るので更に消費が進んで毎日楽しかった時代!
ジュリアナ世代です。扇子振ってました。

Q「バブルの様相」 今、株価がバブルって本当ですか?

みずほ証券の巨額損失の一報を受けて、みずほの株価や、その他いろいろな会社の株価を見てみたところ、確かにここ数ヶ月で非常に株価が上がっているところが多いと思いました。ずばり今、バブルなんでしょうか? タイトルの言葉ですが、ニュースで聞いた気がしております。いくつかのチャートはかなり右肩上がりだったのですが、最近の株価の値上がりには大きな理由があるのでしょうか? 
素人じみた質問ですみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経済全体はまだ全然バブルではありません。

しかし株価の上昇ピッチと、過熱感はバブル期にかなり近い状態と言えます。ネット個人の大量参加により、今までよりも株価が行き過ぎるようになっています。(上がる時も下がる時も極端に・・・)また、日経平均ではオプション取引に絡む裁定売買によって、先物へのヘッジ買いが更に上昇に弾みをつけています。

最近の値上がりは、日本が行なっている異常な金融政策(量的緩和策、ゼロ金利政策)が解除されそうな見込みが立ったことが要因とされています。すなわち、本格的なデフレ脱却が実現できることへの期待感から、外国人が大量の買いを入れているのです。

もちろん全世界的な規模で「過剰流動性」によるカネ余りの状態もあり、かつ原油高で潤った産油国からも日本だけでなく、世界中に膨大な金額の投資がなされています。

現状の株価は「バブル」並みの過熱ですが、実体経済はバブルの入口をまだくぐってもいない状態とも言えます。これから余程のことがなければ、景気は順調に回復し、株価も過熱感による暴落も経つつ、長期では上がっていくものと思っています。

経済全体はまだ全然バブルではありません。

しかし株価の上昇ピッチと、過熱感はバブル期にかなり近い状態と言えます。ネット個人の大量参加により、今までよりも株価が行き過ぎるようになっています。(上がる時も下がる時も極端に・・・)また、日経平均ではオプション取引に絡む裁定売買によって、先物へのヘッジ買いが更に上昇に弾みをつけています。

最近の値上がりは、日本が行なっている異常な金融政策(量的緩和策、ゼロ金利政策)が解除されそうな見込みが立ったことが要因とされています。すなわ...続きを読む

Q【日本人の個人資産は総額いくらですか?】 中国人の個人資産の総額は1800兆円と言われています。

【日本人の個人資産は総額いくらですか?】


中国人の個人資産の総額は1800兆円と言われています。

Aベストアンサー

以前上念がいってたけど
マイナス金利になったら国の借金が金を生む資産になるってさ

Q時価総額経営とはどんな経営ですか?

ヤフーなどのIT企業の経営でよく言われる事に「時価総額経営」がありますが良く意味が分かりません。
株価さえ高ければ赤字でも構わないと言う事らしいですが、どう言った経営でしょうか?赤字なら支払いに困ると思うのですが・・・お金の流れはどうなっているのでしょうか?
教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q137646438

下記サイトを参考にして下さい。

Q時価総額って

 最近の日経新聞にて「日産自動車の時価総額の低下が他自動車メーカーと比べて低下している」との記載がありました。
内容の読んでみると
原因は(1)業績悪化 (2)配当が低い とありました。
 業績悪化は他自動車メーカー共に同じ状況ですから、大きな要因では
ないような気がします。そうなると「配当が低い」為に時価総額が低下
したのではと素人的には考えるのですが、配当が低いと時価総額が低下
する因果関係がよく分かりません。
お詳しい方、いらっしゃいましたらご教授願います。

Aベストアンサー

>業績悪化は他自動車メーカー共に同じ状況ですから

そんなことはありません。自動車メーカーの業績は悪化していても、各社共にその影響度合いは違います。そして、株価は今の業績も大事ですが、それ以上に将来性が重要です。

トヨタのプリウスに代表されるハイブリッドカー、ホンダの新ハイブリッドカーに対して、日産は????
ディーゼルに向かっていたホンダもハイブリッドに舵を切ったように次世代はハイブリッドが優勢と評価されている状況です。



配当が低いというのは、「会社のお金は誰のもの」と考えたときに株主志向ではなく企業内で資金を留保しようとする考え方の表れですので、投資家には嫌われます。または配当を出せないくらいに経営が厳しいということですので、いずれにしても株主からは敬遠されがちです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報