ビリヤードのジャンプショットがうまくできません。手玉の下のほうをつくミスジャンプならできるんですが、上から撞き下ろす正当なジャンプショットにチャレンジしてもとばないんです。そのため的球が隠れたときはひたすら空クッションで狙っています。
何かうまくジャンプするコツがあれば教えてください。ちなみにハウスキューを使用しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まだジャンプキューが無かったころ、キュー先ジャンプというのがはやっていました。

(正確にはあったかもしれませんが)これはキューの先だけでコンと突いて飛ばすものです。(ここでは説明しにくいので近くの玉突き屋で店員さんか、常連さんに見せてもらってください。)このとき必要なのは、憧点とスピードとラシャとかみ合うイメージです。思った以上に手玉が高く上がるのでびっくりすると思いますよ!(今は多分試合では禁止されています)でもまずジャンプを覚える前に皆さんが言われるとおりクッションを覚えた方が上手くなるとおもいますよ。
    • good
    • 0

手玉の突き方ですが・・


マッセやハーフマッセに凝ったことはありませんか?

手玉が飛ばない原因として手玉を押さえつけてショットしているのでは?
素早いキュースピードではじく感じでショットすればやる気が無くてもジャンプしますよ!

キュー尻を30℃位に傾けて手玉の重心を理解すれば出来ると思います。
ハウスキューでチャレンジしているようですが、プレーキューでのジャンプは腕にもよりますが玉一個と半分くらいが限界だと思います。(もっと飛ぶのかな・・)
どうしても距離に制限が出ますので、近い玉ならジャンプキューを使った方が良いと思います。

みなさんの言うように上手い人は特殊なことはしませんが、出来るに越したことはありませんので、やる価値はあると思います。

クッションも狙えず、ひねっても無理どうしようもない時には『武器』になりますから。
特殊な突き方ではありますが、カーブショットより環境に左右されず正確に突けますし・・

ただ、自分的にはクッションの上達の方が一番メリットがあると思います。
セーフティーにも使いやすいですし、何よりイメージし易いですからね。
    • good
    • 0

 私はプロの方がいるビリヤード屋で、バイトしていたことがあり、小技について色々教わりましたのでその方法を紹介します。


 要は、キュースピードと角度です。強く撞けばいいと言うわけではなく、当たる瞬間のスピードが重要です。「強く」と「速く」は一緒のようで少し違います。強く撞いても遅いキュースピードの玉と、弱く撞いても速いキュースピードの玉があります。見た目の玉の速さや動きではなく、玉の性質に色々とあるらしいのです(私も理解できないところがあります)。私の持つイメージとしては「ドカーン」と撞くのではなく、「カンッ」とコンパクトに撞くといった感じです。あと、角度は飛ばす高さに関係しますが、普通の人が思うよりきつい角度で撞きます。
 要はキュースピードと角度です。
 ですが、ですが、Nakaさんが言われるように、上手な人ほどジャンプ、カーブ、マッセなどはしません。1から9までをすべて簡単に入れれるように次の次の次の・・・玉の位置を考えてやってます。できるだけそういった小技は使わなくていいようにした方が、ビリヤードを知っている人には「この人できるな」と思わせれます。
 でも、いざというときに友達に彼女に見せたいといったときは、キュースピードと角度です。
 キュースピードとはキューが玉に当たる瞬間のスピードです。
    • good
    • 1

もう10年以上昔に夢中になった時、私もミーハーで、ジャンプショットを夢中になって練習したものでした。

お店の人の同意を受けた上でですけど。当然練習中は玉が台の外へ飛ぶ事もありますし、最悪ラシャを傷める事になりますから。
で、コツですが、私の心がけた事は「ラシャの摩擦をイメージする」でした。お店の人の受け売りですけど。力で飛ばすのでなく、摩擦抵抗により玉が浮き上がるイメージにしてから、面白いくらいに飛ぶようになりました。その後、コントロールを付けるまでが大変でしたが(笑)
最終的には6割以上の確率まで持って行けたのですが、ここで問題が。Nakaさんへのお礼でおっしゃってみえる通り、次のボールコントロールが難しいと言うか、出来ないのです。やはりクッションをマスターしなきゃと、基本に戻った私です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
練習は店の人に断ってからやったほうがよさそうですね。
「ラシャの摩擦」ですか、参考になりそうです。
今度ちょっと試してみようと思います。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

◆Naka◆


手玉の下をついてジャンプさせ、得意気の人は多いですよね。
davematさんのおっしゃるように、もちろんミスショットです。
本当のジャンプショットは、突きおろす力の反動でジャンプさせてやります。
という理論的なことはおわかりのようですね。
コツは、恐れないことと力を入れすぎないことです。
最初は5cmも浮かないかもしれませんが、何度もやっているうちに、だんだん高くジャンプするようになってきます。
またジャンプショットにはジャンプ専用のキューがあって、こちらの方が扱いやすいです。

ただ、実際のプロの試合でジャンプショットが出ることはまずありません。ポケットの場合、マッセすらほとんど見ません。
つまり上手い人ほど、プレーは地味なんです。
大切なことは、次の手玉の位置であって、目の前の的球をポケットすることではないからです。
ジャンプやマッセは曲球等パフォーマンスとしては素晴らしいものですが、実践的なものではないということでしょう。
やはりクッションをしっかり使えるようになってから、オマケの技術としてマスターするのがよろしいと思います。
とりあえずボウラードゲームで180以上、または9ボールならば2~3回で突き切れるようになってから挑戦するといいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「9ボールは3回で、8ボールは2回で突ききったことがある。」
ぐらいのレベルです。
最近月一程度しか撞きに行ってなくて、
全然上達しないんですよ。
クッション使うのは好きなんです。
ただ、ひねりとか入れてることにだれも
気づいてくれなかったりして、ちょっと
むなしいような(笑)ってことが多いので。
たしかにプロの試合でジャンプショットは
めったに見ないし、プロでもジャンプショット後の
手玉のコントロールは難しいようですね。
やはり、ひとまず普通のプレーが普通にできる
ようになるまで練習あるのみですね。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

ここに写真入の解説が有ります。


http://www.din.or.jp/~johanna/butsuri.html#070219
済みません僕自身で回答出来ませんで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
実は教えていただいたページにはすでにお世話になってまして…。理論的にはわかるんですけど、それをイメージしながら実際やってみてもできないんです。あんまり強く撞きすぎて台をいためるのも怖いし。僕の技術が足りないってことでしょうか?(笑)


お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビリヤード、厚みを見極める方法ありませんか?

以前少しやってました
またビリヤードを始めたいと思い、数年ぶりにプレイしてみると
見事に下手くそになってました
とりあえず現状ですが
センターショットは10本中9~10は入りますので
一応撞点は狙えてそうです(キュー切れはいまいちですが・・・)
しかし、ゲーム形式になるとまったく入りません
厚みがぜんぜん解らなくなっているようです
何か良い練習方法ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

その気持ちよく分かります。
以前は週7日でプレーしてましたが、3年位前から平均月1回強・・・。下手すると3ヶ月ぶりにプレーする時もありますと、あなたが感じる様な感覚に私もなります。

で、そんな私の経験から、少し問題を斜めから見ると意外に解決できるかも知れないと思い、返答をさせて頂きます。

センターショットが90%以上で入るのであれば、芯とその上下の撞点は問題なさそうです。
となると、厚みの見え方に問題があるのでは・・・。と、いう話になるのですが・・・。

昔、ビリヤードにのめり込んでいた頃にプロとA級とC級の厚みの見え方の調査をしたことがありまして、その時の調査結果ですが、厚みの正答率がプロ99.9%、A級99.3%、C級98.9%だったんですよ・・・。
という事は、イメージボールとか色々な厚みの見方はあるのですが、プロとC級の厚みの見え方には大差がないんですよね。
でも、プロはサクサク入れる、C級はサクサク外す・・・。
こうなってくると、球をトバす原因は手球が厚みに正確に運べているか、そうでないかの違いでしかない。と、言う事になります。

で、質問者さんはセンターショットであれば、ほぼ正確にポケットできる技術はある事を考慮に入れると、ゲーム中の撞き方がセンターショットの時と違っている。という事がトバす原因ではないのでしょうか?
思い当たる原因は色々あります・・・。
例えば、ゲーム中になると力んでしまいキューを握り込んでコジる事によって手球の芯から撞点が左右にずれてしまい、その結果、手球に若干カーブがかかっている?かも知れませんし、同じく力んでしまって、キューの振る速度が減速している状態で手球とタップが接触してるかもしれません。そうなると、手球のコントロールが数倍難しくなってしまいます。
もう一つ、可能性大なのが、センターショットの時のキューと頭(目線)の位置が正確に厚みが見えるあなただけのヒットポイントだとすると、ゲーム中になるとそのキューと頭(目線)の位置関係が違っているケースも考えられます。ヒットポイントが違えば厚みも違って見えてしまいますから、せっかく、芯をしっかり撞いて狙った所に手球を運んでも、その厚みを見る時のキューと頭(目線)の位置がヒットポイントがずれていると手球はトビます。
間違った厚みに正確に手球を運んでいる状態になるんですよねぇ・・・。

という事を踏まえ、私の場合、球屋に行ったら、まず10球連続してセンターショットが入るまで撞きます。つまり、確実にポケットできるキューと頭の位置関係を思い出した状態にします。それから、ボーラードをキューと頭の位置を一撞づつ確認しながら1マスやって、それから人とプレーします。
ポケットしない事には楽しくないので、ポケットできる状態にしてから手球のコントロールとか台のコンディションを微調整して、仲間とワイワイ楽しんでやっています。

参考になりましたでしょうか?
長い文章ですいません。
末永くビリヤードを楽しんで下さい。

その気持ちよく分かります。
以前は週7日でプレーしてましたが、3年位前から平均月1回強・・・。下手すると3ヶ月ぶりにプレーする時もありますと、あなたが感じる様な感覚に私もなります。

で、そんな私の経験から、少し問題を斜めから見ると意外に解決できるかも知れないと思い、返答をさせて頂きます。

センターショットが90%以上で入るのであれば、芯とその上下の撞点は問題なさそうです。
となると、厚みの見え方に問題があるのでは・・・。と、いう話になるのですが・・・。

昔、ビリヤー...続きを読む

Qビリヤードのキューが震えてしまう。

ビリヤード初心者の女性です。これからうまくなりたいと思っていますが、
背が低く手も小さくもともと何か握るときは手が震えがちです。
そのためかキューが左右に震えてしまいまともにうてた子とがほとんどありません。
利き手でキューを握って、左手を台に置いてキューを支えています。
コツ・練習時に気をつけることなど教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

右半身は、肩から肘までが固定している感じで軽く身構える。
肘から下は手提げカバンを持つ感覚で、手首に力を入れない。
キューが振れる人は、手首に力が入り、内側に巻いていたりします。極論すれば、右手はキューを落とさないように握り、キューの重さで衝くと思えばいいんです。おそらく、キューの握るところが、姿勢や体格に合っていないように思います。肘の角度は直角です。

 左手のレストは暇があれば、手にクセがつくように電車の椅子や部屋の机に手を押さえつけて慣らせていく。中指と薬指がよく開くようになると、余裕ができて窮屈さがなくなります。右手のフォームがしっかりしていれば示指と拇指のワッカも要らなくなる。私は拇指を反らせて、その上にキューを沿わせていますから。

 本当にパワーが要るのはクラッシュくらいです。
偶然に球が落ちて喜ぶことを卒業して、手玉を思い通りにコントロールできるようになれば、もっと面白くなります。綺麗で無駄のないフォームで丁寧に衝く気持ちを大切に。きっちりと手玉に当てられるようになると、クッションも上手く行きます。こんなところかなぁ。
最初の頃は、誰かに実地で教えてもらうのが一番ですよ。

右半身は、肩から肘までが固定している感じで軽く身構える。
肘から下は手提げカバンを持つ感覚で、手首に力を入れない。
キューが振れる人は、手首に力が入り、内側に巻いていたりします。極論すれば、右手はキューを落とさないように握り、キューの重さで衝くと思えばいいんです。おそらく、キューの握るところが、姿勢や体格に合っていないように思います。肘の角度は直角です。

 左手のレストは暇があれば、手にクセがつくように電車の椅子や部屋の机に手を押さえつけて慣らせていく。中指と薬指がよく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報