僕はアイバーソンのファンでとても尊敬しています。
また、彼同様に背が低くて(アイバーソンは低いといっても183センチですが・・・)大概の相手といつもミスマッチになります。

そこで、同じような環境でも得点王に輝いているアイバーソンのプレイは身長の低い私にとって参考になるのではないかと思い、DVDなどで勉強しているのですが・・・はっきり言ってすごすぎてよくわかりません(泣)

彼は20センチ近く身長の違う相手でも簡単に(そう見えるだけでしょうが・・・)シュートを決めていますよね?

なんとなくわかったのは
・驚異的なスピードで相手のディフェンスを振り切ってフリーになっている

・ディフェンスに体をぶつけて自分の体の幅を生かしてディフェンスの逆側にスペースを作ってシュートしている

ぐらいです(素人目なので合っているのかどうかもわかりませんが)。

ただ、少々無理な体勢からシュート打っているような気もしますが。。

アイバーソンは技術面ではどのようにしてシュートを打っているんでしょうか?

ぜひとも知りたいのでご存知の方教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは 私もアイバーソンの大ファンです


彼のシュートは、ピュアシューター(レイ・アレンなど)がゆったりとした力の抜けた美しいフォームで打っているのと比べ、リズムとタイミングで打っているところが特徴ですね。「エイ!」って感じです。
体が小さいので、とにかくディフェンスが対応する前に打つという、異常なまでのクイックモーションです。タイミングで打つので、細かい技術はあまりないと思うのですが、入り出したら止まらない類のシューターですね。質問者様がおっしゃるように、体勢がくずれていても、タイミングがあえば入っちゃうんですね。
しかし、正直いって、彼のプレーは自分のプレーにはあまり参考になりません。彼は身長に比べ手足が非常に長く、平面の動き(一歩の幅)や高さ面でも、長身プレーヤーに引けを取っておりません。それに加え、あのクイックネスと跳躍力ですから、NBAでも1対1で彼を完全に押えるプレーヤーはいないでしょう。
真似をできるとすれば、心の部分でしょうか。勝ちにたいする執念という意味では、非常に尊敬できるプレーヤーですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

リズムとタイミングですかー。

確かに独特のタイミングな感じがしますよね。

手足の長さは私も思ったんですけどかなり長いですよね。

技術的な面であまり参考になるタイプの選手じゃないんでしょうかね?

回答ありがとうござしました。

お礼日時:2005/10/12 10:55

古い試合の記事ですが、


「トニー・パーカーのシュートがスパーズを勢い付かせた」というものです。
http://www.nba.com/games/20030320/SASDAL/recap.h …


その他にも役立ちそうな用語が解説されています。
http://www.nba.com/canada/Basketball_U_on_Hoops_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉ!確かにティアドロップの文字が!!

下のほうも参考になります。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/18 15:54

再度回答します。



>話はそれますけど、ということはアイバーソンはクリス・ウェバーという相棒を上手く使えばもっとFG%も上がるんでしょうか?

AIがウェバーを使うというより、ウェバーをはじめとしたチームメイト達がいかにAIをフリーもしくは1on1のやり易い状況を作るかだと思います。相手ディフェンスを分散させるためには得点能力の高いチームメイトの存在が必要なので、ウェバーやシュートの上手いコーバー、身体能力の高いイグダーラ、新加入のネイロンなどが得点面でもっと存在感を発揮したり、パスワークを向上させれば、それだけAIも楽に得点できるようになるので、FG%も上がると思います。
ただその場合、AIの得点自体は下がると思います。AIがシュートを打つ本数が減りますからね。


>ループシュートってあのトニーパーカーが使ってるやつですか?(たしかティアドロップとかいわれていたような・・・)難しそうですね。

ティアドロップってのは聞いたことないですが、まぁ要は軌道を高く打つレイアップです。
一見するとただのレイアップのように見えますが、AIもこれを結構使ってます。


>これは漫画(DEAR BOYS)で見たことあるんですけど、実際にやってる選手って多いんですか?
あとジャンプする足は逆足になるんですかね?

ジャンプする足は別に決まってませんが、右手で打つ場合はやっぱり左足で跳んだ方がやり易いでしょうね。技自体は私も使いますが、相手にブロックに跳ぶ暇を与えないので結構効果的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます<(_ _)>

ループシュートは難しいですね。上手くコントロールできないんで全然入りません。。

現実的なのは一歩目でシュートするレイアップでしょうか?ちょっと練習してみます。

お礼日時:2005/10/18 15:53

「驚異的なスピードで相手のディフェンスを振り切ってフリーになっている」とありますがどんな脚力がすごい人でもそれは無理です。

必ずヘルプされてつぶされてしまいます。逆にアイバーソンは引き付けてフックシュートかクラッチで切り抜けています。
あとアイバーソンが得点王になれるのは3Pが入るからでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フリーになるって言うよりはシュートチャンスを作ってるって言ったほうが正しい表現かもしれないですね。すいません。。

「クラッチ」ってダブルクラッチのクラッチですか?

アイバーソンてフックシュートとか3Pもうまいんですか?

知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます!

お礼日時:2005/10/15 15:24

垂直跳び1.1mですから、


フェイダウェイも相当使っているはずです。
でないと、ブロックされます。
また、C-Webとのハイポストのpick&rollは、
多用していたと思います。

参考URL:http://www.alleniversonlive.com/biography/index. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フェイダウェイもよく使ってるんですか?

下にも書きましたけど恥ずかしながら試合そのものは見たことが無いもので・・・(汗)

垂直飛びの数字はほとんど倍ですね(笑)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/15 15:21

2番の方はバスケ未経験者みたいなので誤解が多いですが



アイバーソンはFG%は低いですが、決してシュートは下手ではないですよ。
そもそも本当にシュートが下手なら180cm前後の身長じゃ得点王にはなれないですからね。
ジョーダンやコービーはそれぞれピッペンやシャックといったトップレベルの相棒や、周りを固めるロールプレイヤーが揃っていたうえに、トライアングルオフェンスという効率良く攻められるオフェンスシステムが確立してました。
それに引き換えアイバーソンは、チームとしてオフェンスシステムが確立していなく、また、ディフェンスを引き付けてくれるチームメイトにも恵まれていないので、厳しい体制でのシュートを余儀なくされているわけですし、打っているシュートの質も異なります。

あとレジー・ミラーにも誤解があるようですが、
彼がフリーになっているのは、そのほとんど場合が味方がスクリーンをかけています。
ミラー自身、カットの技術は上手いですが、それだけでシュートチャンスがもらえるほどNBAは甘くなく、ミラーのマークマンに対し、場合によっては2人がかりでスクリーンをかけて、ミラーをフリーにしていました。
ミラーが1人でマークマンを振り切ってシュートを打つ機会などほとんどなかったですね。

で、話は変わりますが、アイバーソンのようなプレイスタイルは黒人独特のスピードやクイックネスが無いとできないですし、自分より体の大きい相手に体をぶつけながらシュートを決めるのは、ボディバランスが優れていないとできないです。
AIの場合は、相手選手との身長差以上に身体能力で相手を凌駕しているから可能なのであって、あまりお手本にはならないと思います。
それよりも基本に忠実なプレイを心掛ける方が実戦で一番効果的だと思いますが、あえてAIのシュートテクニックを紹介するとすれば、NBAのPGの選手がよく使うシュートでループシュート(ハイループ、ヘリコプターとも言いますが)があります。
普通のレイアップと異なり、シュートを山なりに放るようなシュートなんですが、これを使えば、ボール下でブロックに遭わずシュートが打てます。
サッカーのループシュートと同じです。ただ難しいシュートで、成功率はかなり悪いです。
あとはステップの使い方で、ボールを持ったら2歩目でジャンプするのではなく、1歩目で飛ぶなどすると相手のタイミングをズラせるので、ブロックをくらわないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり多くの方が参考にはならないという意見が多いみたいですね・・・身体能力は一番厳しい条件です(ーー;)。

話はそれますけど、ということはアイバーソンはクリス・ウェバーという相棒を上手く使えばもっとFG%も上がるんでしょうか?

ループシュートってあのトニーパーカーが使ってるやつですか?(たしかティアドロップとかいわれていたような・・・)難しそうですね。

>あとはステップの使い方で、ボールを持ったら2歩目でジャンプするのではなく、1歩目で飛ぶなどすると相手のタイミングをズラせるので、ブロックをくらわないです。

これは漫画(DEAR BOYS)で見たことあるんですけど、実際にやってる選手って多いんですか?
あとジャンプする足は逆足になるんですかね?

聴いてばかりですみません。

お礼日時:2005/10/13 10:26

No.2のleggiemillerです。



重ねて回答させていただきます。

私なりにアイバーソンのシュートチャンスの多さについて述べさせていただくと、第一にNBA屈指の速さの持ち主であることが挙げられると思います。
私はもう15年ほどNBAを見ていますがそのなかでも一番速いです。バスケをしてる方なら分かると思いますが、ドリブルのうまい選手には抜かれないようにディフェンスは後ろにさがって守りますよね?そうなるとジャンプシュートは当然打ちやすくなるという訳です。(入るかどうかしりませんが・・)

また、NBAに限らずある程度のレベルのバスケはスクリーンを多用します。そうすれば、おのずとフリーになり、シュートチャンスが生まれます。確かに彼のスピードは驚異的ではありますが、自分ひとりでマークを振り切って、パスをもらい、シュートとまではいきません。ボールをもらうことはできますが、シュートをフリーで打つほどの時間はありませんよ。

私の知る限り、それができたのレジーミラーだけですね。(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

leggiemiller様重ねて回答ありがとうございます<(_ _)>

アイバーソンのスピードは確かに驚異的ですよね・・・あそこは真似したくてもまねできるもんじゃありませんよね(>_<)

彼の場合クロスオーバーとかで1on1でも驚異的な強さがあると思うんですが・・・正直私はNBAの試合を見れる環境には無いのでDVDで見たことしかないんです。

しかもダイジェストだけ(>_<)
(あまりに感動して何十回も繰り返し見てます)

ですから、試合の中でアイバーソンがスクリーンを使ってるところは見たことがないんですよ。

やはり、あのシュートチャンスの作り方の一環にはスクリーンも少なからず関与しているということなんでしょうか?

重ねてのご回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/13 10:16

彼のフィールドゴール(FG)のパーセンテージを知っていますか?


平均で.418%ですよ。スタープレイヤーとしての一番の実力が試されるplayoffでは.402%です。

同じようなスコアラーであるマイケルジョーダンは.497%、コービーブライアントは.452%です。
これは、明らかにアイバーソンのシュートが下手であるかを物語っていると思います。

なので、私は彼のシュート技術は参考にならないのではないかと思いますよ・・・。

しかし彼の怪我まみれの体で、巨人たちにぶつかっていく様はとても勇敢だなと思いますね(^_^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うぅーん、そういわれてしまうと何も言えなくなるんですけど・・・

詳しい数字は知りませんが確か彼はかなりシュートの本数も多いんですよね?

よくコーチからも無理な体勢からシュートを打つなとも言われてるみたいだし(^^;)

でも、あの身長で何故あれだけシュートが打てるのか(入るか入らないかはべつとしてブロックされないという意味で)?

そこには何か技術は無いんですかねぇ?
NBA屈指のスコアラーなんですし。。

けしてシュートは上手く無いということなのでしょうか・・・  (>_<)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/12 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3ポイントシュートをジャンピングシュートではなくジャンプシュートで打て

3ポイントシュートをジャンピングシュートではなくジャンプシュートで打てますか?

皆さんは、3ポイントシュートをジャンピングシュート(ジャンプしながらシュート)ではなく、
ジャンプシュート(ジャンプして最高点に到達した後シュート)で打てますか!?

レベルが高くなるにつれてジャンプシュートが多い気がしますが、
筋力がないと、届かないと思います。
無理するならやはりジャンピングシュートでOKでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結果から言うとあなたが望むほうを練習していけばいいと思います

もし3Pのジャンプをやりたいなら参考までに
3Pのジャンプシュートは筋肉がないと届かないと思ってらっしゃるようですが、まだ練習が足りないように感じます(3Pが届く程度の筋力があれば大丈夫です)

ジャンプシュートは縦に飛んだ力を横に飛ばす力に変えるものです。ですから一番重要なのはリリースポイントとシュート角度のバランスです(もちろんその他にもありますが)

セットの3P練習をしていた頃を思い出してみてください。何本も撃ってるうちに、たまに全く力が入っていなかったのに余裕でリングまで届くときがありませんでしたか?
それがそのときのあなたの体の状態(筋力)で一番バランスがとれたシュートだと思います

ジャンプの3Pはあくまでもミドルの延長でしかありません。3Pの線があるから遠く感じるだけです(笑)
徐々に距離をのばして撃つ練習をすればいいと思います。あと、最初届かなくても無理に届かせようとシュートの軌道を低くせずに高く撃つことを意識して練習すればいいと思います。

がんばってください!

Qシュートしようとしている選手にディフェンスが触れた場合

バスケットボールの審判について勉強しています。
シュートしようとしている選手の体にディフェンスが触った場合
触れる程度の接触でも
ファールを取ってしまってかまわないのでしょうか?

またシュートをしようとしている選手の腕を
ディフェンスが叩いた場合の審判のジェスチャーとしては
審判の腰の位置辺りで手首をクロスさせるような
ジェスチャーで合っていますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公認審判の立場で回答させていただきます。
ファウルが成立するためには3つの条件があります。
1 接触の事実があること
2 その接触がどちらか(オフェンス、ディフェンス)の責任により起こったこと
3 その接触により、接触を受けた側のプレイに影響があったこと

1については当然ですよね。触れ合いがあった「らしい」といってファウルを取り上げてはいけない、ということです。
2は、例えば二人のちょうど真ん中にリバウンドボールが落ちてくるような場合、その二人がともにボールに飛びつけば当然接触が起こると思われます。またはポストプレイでは二人のプレイヤーがよい場所を確保するために、よく「押し合い」のような現象が起こります。このような場合、片方のプレイヤーが相手に対して一方的に接触を起こしているわけではありませんので、どちらがその接触に責任が大きいかを判断しなくてはいけません。ちょうど交通事故が発生した際の責任割合を考えるのに似ていますよね。
3は、いくら接触があっても、接触を受けたプレイヤーがまったく影響を受けずにプレイを続けられるなら、それをいちいち取り上げて試合を中断させない方がよい、ということです。

この原則に従って我々はファウルを判断しますので、軽い接触でも取り上げることもあれば、かなり激しい接触でも笛を鳴らさないこともあるわけです(それを知らないコーチやプレイヤーにはかなり文句を言われることもありますが)。
nagi13579さんの質問されているような場合でも、シューターに対してディフェンスが触れ(1と2が成立)て、それがシューターに「影響を与えた」のならば(3が成立)ファウルとして取り上げるべきです。

シグナルに関しては、ご質問の場合「イリーガル・ユース・オブ・ハンズ」となります(ハッキングという用語は現在は使われていません)。ルールブックでは「手首をたたく」となっていて、合図をどこで出すかまでは言葉では書いてないのですが、図では胸か顔の前くらいで合図を出しています。腰の位置よりは自然なような気がしますが、合図の目的は「どのような判定(処置)をしたか、周囲にはっきりわかるようにする」ことですので、どちらでも構わないと思います。

公認審判の立場で回答させていただきます。
ファウルが成立するためには3つの条件があります。
1 接触の事実があること
2 その接触がどちらか(オフェンス、ディフェンス)の責任により起こったこと
3 その接触により、接触を受けた側のプレイに影響があったこと

1については当然ですよね。触れ合いがあった「らしい」といってファウルを取り上げてはいけない、ということです。
2は、例えば二人のちょうど真ん中にリバウンドボールが落ちてくるような場合、その二人がともにボールに飛びつけば当...続きを読む

Qゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンス(バスケットボール)

今、日本ではどちらのディフェンスが主流ですか?また、どちらが優勢ですか?
ゾーンディフェンスの形は何が一番多いですか?また、どんな形をしているチームが強いですか(2-1-2など)?

どんな理屈でもかまいません。そう思われる理由をつけてお願いします。

Aベストアンサー

個々のディフェンスレベルが非常に高ければマンツーマンにこしたことはないでしょう。

ゾーンは効率性を追究したディフェンスです。
その名の通り、各自自分のゾーンを守ります。

ただしゾーンにもオールコートのプレスゾーン、
そしてハーフコートの一般的なゾーンとその種類は多くなります。

ただし、ゾーンといえども個々のディフェンス力が重要なのは言うまでもありません。
能代工業がいい例でしょう。あのチームは個々のディフェンス能力の高さがあってこそ、オールコートプレスのゾーンが活きています。

要はマンツーマンでろくに守ることもできないチームがゾーンで守ってみようとしたところで、たいしたゾーンディフェンスにはならないということです。

一般的によく使われるのは、ハーフで2-3もしくは、2-1-2,3-2です。ですが、3-2も含めて、これらは変則的に上から見れば、状況状況で2-3に見えたり、2-1-2に見えたりするものです。

基本的にインサイドに強いチーム相手にはゾーンが有効です。中を固めるという意味で。
ですがしつこいようですが、基本は1対1で守れる技術があってこそのゾーンです。

個々のディフェンスレベルが非常に高ければマンツーマンにこしたことはないでしょう。

ゾーンは効率性を追究したディフェンスです。
その名の通り、各自自分のゾーンを守ります。

ただしゾーンにもオールコートのプレスゾーン、
そしてハーフコートの一般的なゾーンとその種類は多くなります。

ただし、ゾーンといえども個々のディフェンス力が重要なのは言うまでもありません。
能代工業がいい例でしょう。あのチームは個々のディフェンス能力の高さがあってこそ、オールコートプレスのゾーンが活き...続きを読む

Qシュートを打つ回数

現在21歳です。

以前(中学)部活内で練習試合をした際、3本か4本シュートを打ちました。

残念ながら全部外れてしまいましたが、全てディフェンスがいるのに打ちたいから無理やり打ったのではなく、ちゃんと打てるチャンスを自分で作って、打てると思ったから打ちました。

練習後、礼儀を知らない調子乗りで小学校からバスケをしている後輩が寄ってきて、タメ口で

「○○(私の名前、呼び捨て)、シュート打ちすぎ」

と言ってきました。

自分としてはその時の状況を考え、結果外れようがそうでなかろうが打てる又は打つべきだと思ったから打っただけです。

そして当時はバスケを初めてまだ1年半程。
そんなに成功率があるわけでもなく、練習試合を通して試合で使えるシュートを磨いていた時でした。

もちろん、7本8本もむやみやたらに打っていたら誰でも怒ってきたでしょう。
でも私はそのような事はしなかったですし、4本目ぐらいを打った後からは、

「もう4本も外してしまったから、今日はディフェンス、またはパス等でチームに貢献して、また後日練習して精度を上げてから試合で打とう」

と思い、もう打ちませんでした。
ですがその後輩はそのような言動を試合後してきました。

その後輩は見るからに、「自分がシュートを打ちたかった」「自分が打って決めて周りの自分への評価を上げたかった」かの様な口ぶりでした。

その時私はその後輩にまずはそんな口調で話してきた所から注意したかったのですが、当時一つ上にそいつの物凄く暴力的な兄が同じ部活にいて、同年代のやつらはその発言をしてきた後輩をその弟という事でかなり甘く扱い、どんな態度を取っても怒るという様な事は無かったため、私は結局周りから何か言われることを恐れその後輩には何も言い返さないままその場をやり過ごすしかありませんでした。

そこで皆様に質問です。

皆様がシュートをする際、その状況から判断して打てると思ったら打っていますか? それとも周りへの場数の事も考え、自分は打てるチャンスだったとしても周りにパスして周りの人達にもシュートチャンスを作ってあげますか?

私はスポーツなので前者が普通だと思うのですが、皆様はどうお考えですか?

その後輩の言動を意識して、「あ・・・今のは打ちすぎなんだ・・・俺は周りの場数の事も考えて、妬みをかい悪口等を裏で言われないように控えめにシュートすべきなんだ・・・うん・・・そうしよう・・・」

みたいに考えないといけないのでしょうか?

経験者の方、回答よろしくお願いいたします。
(以前に少し似たような質問をしましたが、今回はそれには触れずこの質問の内容に対してだけの回答をお願いいたします)

現在21歳です。

以前(中学)部活内で練習試合をした際、3本か4本シュートを打ちました。

残念ながら全部外れてしまいましたが、全てディフェンスがいるのに打ちたいから無理やり打ったのではなく、ちゃんと打てるチャンスを自分で作って、打てると思ったから打ちました。

練習後、礼儀を知らない調子乗りで小学校からバスケをしている後輩が寄ってきて、タメ口で

「○○(私の名前、呼び捨て)、シュート打ちすぎ」

と言ってきました。

自分としてはその時の状況を考え、結果外れようがそうでなかろうが打て...続きを読む

Aベストアンサー

バスケはチームです。チームで戦うべきなので、個人の感情をプレーに入れてはいけないです。
ですが、このようなことは現実少なくないと思います。

理想だけを言えば、シュートチャンスだったらシュートです。シュートが入らなければ勝つことができませんし、そのためにはシュートを打たなければ点に繋がりません。宝くじは買わなきゃ当たらないのと同じです。笑
よって、オフェンスは必ずシュートで終わることを目指さなくてはいけなく、だれであろうと打つべき場面では打つことです。そのために、他の4人はリバウンドやセーフティなど、個々でやらなくてはいけないプレーを判断し、その仕事を献身的に全うすべきです。
チームに良いシューターがいて、そのシューターにスクリーンプレーなどを使って打たせるシステムが決まっている場合は特定の選手がシュートをすることもあります。
でも、基本はそれぞれの選手がシュートチャンスを逃すことなく、アグレッシブに攻めることが良いと思います。

NO.1回答者さんにもあった通り、練習試合やチーム内ゲーム等で、経験の浅い選手にシュートを打たせることはあります。
その場合もチームとしてはあからさまにその選手にパスを供給するのではなく、理にかなったやり方でやることがチームプレーであり、対戦相手をリスペクトする方法です。

上記が理想です。
ただ、中学・高校では現実問題個人の感情でプレーが左右されてしまうことが実際あります。
それは誰が抑制するのかというのは、もちろん指導者であり、キャプテンであり、「チームを良くしよう!」「勝つチームを目指そう!」と、一人一人の心を一つにすることが必要です。
指導者がしっかり選手全員に目を向け、チームの理想を追求していればこのようなことはすぐに判明できるのですがね…。
指導怠慢が選手を傷つけてしまいます…。
また、シュートをしただけで文句を言う程度の選手は、バスケをする資格はありませんね。
しかも、目立ちたいだけならバスケではなく、個人で活躍できるものをすべきですね。
それに、考え方が乏しいです。
kschoo1さんがシュートをして外したのを、リバウンド取ってシュート決めれば自分が決めたことになるわけですから。どちらが良いプレーをしたかと言えば、当然リバウンドです。それこそ、ナイスプレーのチャンスを逃していることになります。

バスケはチームです。チームで戦うべきなので、個人の感情をプレーに入れてはいけないです。
ですが、このようなことは現実少なくないと思います。

理想だけを言えば、シュートチャンスだったらシュートです。シュートが入らなければ勝つことができませんし、そのためにはシュートを打たなければ点に繋がりません。宝くじは買わなきゃ当たらないのと同じです。笑
よって、オフェンスは必ずシュートで終わることを目指さなくてはいけなく、だれであろうと打つべき場面では打つことです。そのために、他の4人はリ...続きを読む

Q中2バスケ部でセンターをしています。 身長は168cm です。身長の低いセンターが高いセンターに勝つ

中2バスケ部でセンターをしています。
身長は168cm です。身長の低いセンターが高いセンターに勝つにはどうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

高さでの勝負を避けること。
例えば相手を台形内に入れないようなディフェンスをする、オフェンスならガードやフォワードのように外からドライブする、外からシュートする、などなど。それらに自信が無ければ、スクリーンなど黒子役に徹する。

高さで利点が無ければ他に利点を作る、ソレ中心でゲームを進めればイイだけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報