プロが教えるわが家の防犯対策術!

最近、星新一・筒井康隆の両氏の書籍を読むようになったのですが、
気になることが一つあります。
筒井氏の作品に星と呼ばれる人物と、筒井なる人物らが麻雀をしながら話している作品がありました。
コレはパロディであるのでしょうが、
筒井氏が星氏を自分の話にパロディとして出すというのは、二人は一体どういった関係だったのでしょうか?
同期の作家なのでしょうか?もしくはどちらかが先輩なのでしょうか?
その他、逸話なんかがあったら教えていただきたい所存であります。

※検索をかけましたが、説明があまり詳しくなく分かりませんでした。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは、ツツイストです。



筒井康隆氏と星新一氏、それに小松左京氏は同期の作家で、SF御三家として有名ですよ。お互いに交流もありました。私はお恥ずかしい事に未読なのですが、自分の小説に「性描写と暴力描写、そして風刺を決して取り入れない」と言う主義の星氏の小説を、筒井氏がパロディ化して最終的にスラップスティックに仕上げた作品などもありますし、小松氏とは彼の代表作「日本沈没」をパロディ化して「日本以外全部沈没」と言う小説を書いて賞を取っています。また、小松氏の有名なショート作品「牛の首」も、筒井氏が仕掛けたことによって都市伝説と格上げされ認知されたものです。パロディも信頼があればこその崩壊ですので、ちょうど良い感じでお互いが交流しあっていたのでしょうね。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

即急に回答していただきありがとうございます!
ツツイスト様のご回答でとってもよく分かりました。

やっぱり、同期だったんですか。
そういえば、そのマージャンの話に小松さんも出ていました(笑)是非小松左京氏の小説も読んでみたいと思います。
筒井氏が他者の作品をパロディ化することはある意味で、名誉なことですよね。(もしくは単に馬鹿にしているだけなのか、紙一重の所でしょうか。)
なんにしても彼ら両人の違った作品の世界観は、どちらも素晴らしいですね。

とても、参考になりました。ありがとうございました

お礼日時:2005/10/19 16:14

まぁ、同期というべきでしょうか。

二人とも日本SF界初期からの功労者であり、重鎮ですね。という事で、エスエフつながりです。

初期の日本SF界というのは極めて狭い社会でした。正直、SFに初期から関わった人間は誰も彼もが顔見知りと(どころか、かなり深い繋がりを持つケースも少なくない)です。

Wikipedia-サイエンス・フィクション
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4% …
の、日本SFの歴史項目をお読みください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

即急に回答していただきありがとうございます。。

やっぱり、SF作家の同期は沢山おられるんですね。
日本SFの歴史項目、参考になりました!
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/19 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星新一作品「くさび」について

夫に失望している妻が妊娠し、生れてくる子供に異常に愛情をそそぐ。一方、夫は最初に診てもらった病院で想像妊娠と言われたため妊娠が信じられず、生れてきた子の姿も見えない。(ラスト付近で子供の感触がしたようですが...)

この作品を何度読んでも、子供は本当にいたのかどうかがわかりません。いわゆる「言わんとすること」もあまりよくわかりません。
みなさんはどういう解釈でお読みになっていますか?
星新一さんは「言わんとすること」を考えるのは無意味だとおっしゃるかもしれませんが、どうもスッキリしないので、是非教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あえてどっちともとれる読後感にしたのがおもしろさの一つ・・・
では解答になりませんか?。

いた、とも考えられますよね。
誰にも見えなかった、母親だけは信じた、最後夫も感じることができた。

いなかった、とすると・・・その子供は未来の姿だったのかも?
夫が子供を感じ、存在を信じ、夫婦の心が通じ合うことで
将来本当に子供ができ、姿が見えなかった子供と本当に出会う・・・。

そんな解釈(想像?)も出来ると思います。

Q動物の筋肉と人間の筋肉の質は違うんですか?

同じ太さの繊維の筋肉の質でも違うのでしょうか?

動物の筋肉のほうが細くても強く瞬発力もあるように思えるのですが、一体何がどうなって違いが現れるのでしょうか?

Aベストアンサー

違いがあるのは確かかと思います。
鳥類や昆虫の筋肉がサイズの割に哺乳類の筋力よりパワーが高いことは確かです。
ただ、他の回答者様も答えられておりますが、発揮できる運動のパフォーマンスについては速筋と遅筋の割合や運動神経(小脳の発達具合)、心肺機能、骨格と筋肉の付着位置、そして筋肉の量による物理的な要素など筋肉そのものの質以外の影響も大きいので単純に主観的な感覚だけでは判定は難しいような気がします。
同じ人間同士でも黒人はアキレス腱が長いために走る時の瞬発力が高くなるという話があります。
サル類は長時間木に掴まったままでも疲れないように筋力ではなく骨で体重を支えられるような骨格と腱をしており、牛や馬などの四足獣は大きな頭を筋力ではなく腱と脊椎で支えています。
ネコは瞬発力は人間や犬をずっと上回っていますが、筋肉のほとんどが速筋主体であるためにスタミナは少ない。犬は大型犬だと同じ体重の人間を軽々と口で振り回すパワーを発揮しますが、四足の動物は人間より頭を動かす筋肉が多く、全身の筋肉を連動する能力が上です。

他の回答者様がサルとケンカして負けたと仰られておりますが、それは筋肉の質よりも運動神経と筋肉の量と爪と闘争心の強さによるものではないかと思います。サルは日ごろから人間よりもずっとハードな運動を生きていく上でしていますので、見た目から受ける印象よりも筋肉量がものすごく多いし、人間よりも闘争心が強いですから攻撃も容赦がない。反射速度や運動神経も優れていますしね。
もしも重量挙げで勝負をすればサルはそこまですごくないと思われます。


人間は他の動物に比べて運動能力が低いと考えられ気味ですが、実は人間のマラソン選手並みに長時間走り続けられる生き物は意外と少ないですし、物を投げたり蹴り飛ばす能力は恐らく人間が一番です。時速150kmもの剛速球を投げたり、野球のボールを100m以上投げ飛ばしたり、サッカーボールを100m以上蹴り飛ばすことができる生き物は人間以外にいません。
ではなぜ人間だけそんなすごい投擲力を発揮できるかというと、投擲に使う筋肉の質がすごいのではなく、投擲や蹴りに適した骨格があるからです。比較的人間に骨格が近いサルでも、人間のように腕を振りかぶって全体重を込めて物を投げるような投球フォームを行うのは骨格的に不可能です。
そう考えると一般的な哺乳類の枠組みの中であれば人間と動物の筋肉の質自体にはあまり差がないのではないかと思います。
ただ、クジラのような生活環境が人間と全く違う動物は違うかもしれませんね。筋肉に求められる運動能力が陸上哺乳類とは全然違いますので。

最初に少し触れましたが鳥類や昆虫類など、種類が違うと大きな差がある可能性は高いと思います。鳥類は細胞内のミトコンドリアの性能が哺乳類よりずっと高く、心肺機能も極めて優れています。ですので筋肉に供給できる酸素とATPの量がずっと多いのですね。その分出力の高い筋肉を維持できると考えられます。恐らく翼で飛行するのは陸上生活よりも格段に優れた筋肉が必要だったため、そのように進化したのではないかと思います。
昆虫については詳しくないですが、大きさを考えると非常に軽くて出力の高い筋肉を持っているそうです。ただ、脆いらしくて人間大に巨大化させると体重を物理的に支えられなくなるらしいですが。
マグロは筋肉の中のミオグロビンという酸素を貯蓄する物質がとても多く、このおかげで24時間高速で泳ぎ続けられるそうです。これも筋繊維の話とは違いますが筋肉の質の差と言えるかもしれませんね。

違いがあるのは確かかと思います。
鳥類や昆虫の筋肉がサイズの割に哺乳類の筋力よりパワーが高いことは確かです。
ただ、他の回答者様も答えられておりますが、発揮できる運動のパフォーマンスについては速筋と遅筋の割合や運動神経(小脳の発達具合)、心肺機能、骨格と筋肉の付着位置、そして筋肉の量による物理的な要素など筋肉そのものの質以外の影響も大きいので単純に主観的な感覚だけでは判定は難しいような気がします。
同じ人間同士でも黒人はアキレス腱が長いために走る時の瞬発力が高くなるという話が...続きを読む


人気Q&Aランキング