私は現在大学四年生の仏文科で、
「星の王子さまを通してサンテックスが伝えたかった事」
というのをテーマに卒論を製作しております。

星の王子さまを書くまでのサンテックスの過去を通して
本の内容の解釈を探したり、
星の王子さまの本の解釈を専門とした人の文献等を用いつつ
進めていきたいと考えているので、文献を集めています。

そこでお願いがあります。
もし少しでも何か参考になりそうな文献等を
知っている方がございましたら是非教えてください。
あと、アドバイス等があればよろしくお願いします。

卒論を星の王子さまで書いた方はいらっしゃいますか?
どのような視点やテーマで書いたのか教えてください。
他の方はどのようなテーマで書いたのかに興味があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、参考になりそうな文献を探すのも卒論のうちだと思うので、具体的な書名はあげません。


私は国文学科卒なので門外漢でもありますし。

参考URLにあげたのは国立情報学研究所の「学術雑誌総合目録データベースWWW検索サービス」のページです。
「Webcatとは」でどんなことができるのか理解したら、フリーワードに「星の王子さま」などを入れてみましょう。

あと、ご自身の大学の図書館あるいは仏文科図書室などに過去の卒業生の卒論題目の載った冊子があると思います。最近は学内ネットで検索できるところも多いですので一度確認されたらどうでしょうか?
もちろん、今までに何人の方が「星の王子さま」に挑戦したのか定かではありませんが。

もう知っていらっしゃるかもしれませんが一応

↓ 日本フランス語フランス文学会のHP
http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjllf/

↓ 学術サイトのリンク集・アリアドネ
http://ariadne.jp/

あまりたくさん情報がありすぎても混乱してしまうと思いますが、健闘を祈ります。

参考URL:http://webcat.nii.ac.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信どうもありがとうございました!!頑張ります(><)

お礼日時:2005/10/20 22:14

経験者ではないですが、大学の履修したある講義で「星の王子さま」についてやった事があるので回答させて頂きます。



特に印象に残ったことは、人間の気持ち(心)の複雑さですね。
この本とは関係しませんが、「自分の気持ちなのに答えは既に自分の中にあるけど自分がその事を一番分からない」感じでしょうか。(ある漫画の引用ですが)

難しい卒論内容になるでしょうが遣り甲斐は非常にあると思います。
少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

わたくしとしては、最近のバオバブの繁殖が気になります。

どう引っこ抜けばいいですかねぇ。
    • good
    • 1

私は全くの門外漢ですが,


petiteprincesseさんが関東近郊にお住まいでしたら,
中央線の飯田橋と市ヶ谷の間に欧明社というフラ語書籍専門の本屋さんがあります(すでに御存知かもしれませんが)。
http://www.h6.dion.ne.jp/~omeisha/

また御参考までにいくつかURLを列挙しておきます。

Site officiel Saint Exupery
http://www.saint-exupery.org/

Centeanaire Saint-Exupery
http://www.radiofrance.fr/reportage/dossiers/ste …

Le Petit Prince d'Antoine de Saint-Exupery
http://www.gallimard.fr/catalog/Html/event/saint …

参考URL:http://www.h6.dion.ne.jp/~omeisha/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは(^^)どうもご親切にありがとうございました!!ぜひ参考にさせていてだきます☆☆

お礼日時:2005/10/21 16:17

 「星の王子さま」の解釈についてはもうすでにあなたのほうがお詳しいことと思いますから、あえて書きませんが、彼のほかの作品をお読みになりましたか。



 「星の王子さま」以外の作品はいずれも直接パイロットという職業での体験をもとに書かれたものですが、それだけに生々しい彼自身の本質がよく見えてくるように思います。

 わたしには、「星の王子さま」に書かれたあの深いひと言ひと言は、つまるところは、当時のまだまだ不完全な乗り物でしかなかった航空機のパイロットとして得た彼独特の「ものの考え方」や「世界観」、なかでも、いろいろな不安と同居しながら孤独な状態で長時間フライトする間にあれこれと考えてはその答えを得ようとしていたと思われる「自問自答」と、そこから生まれた彼ならではの「人生観」、そうしたものがあの作品の根本になっていると思うのです。

 そして、そうした環境から生まれた「体験談」でなく、そうした環境から生まれた「象徴性」こそが「星の王子さま」だと思うのですが。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

janvierさん、返信ありがとうございました!!そういう解釈の仕方もあるんですね(^^)星の王子さまは十人十色の解釈があると思うんで、他のかたと星の王子さまについて語るのはとても面白いと感じています。janvierさんのような解釈は初めてだったので興味深いです♪

お礼日時:2005/10/21 01:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q面白い近代文学作品・作家を教えてください

来年度、卒論でひとり作家を選び、その作家の作品について様々な研究をします。
しかし…日本文学を専攻しているのに、近代文学ってつまらないような気がして今までほとんど読んだことがありません!なので、どの作家を選んでいいのか困っています。
おもしろい作品に出逢えたらいいな、と思うので、おすすめがあればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 どの辺りから、近代文学に分類されるのかが分からない程度のものです、はじめまして。
私も日本文学が苦手です。内輪のことをぐだぐだ言っていて、スピード感がないのがまずいやですね。でも、梶井基次郎の「檸檬」はいいです。ものすごく短い作品ですがキレが違います。「闇の絵巻」なども気に入ってます。対象から距離をとっていたくせに、一瞬間合いが縮まる感じが巧いと思います。
 それから、坂口安吾もひねくれた感じで、バサバサ斬ってて気分爽快です。「堕落論」。

Q「星の王子さま」はどうして蛇に咬まれなければならなかったのか?

サン・テクジュベリの「星の王子さま」のエンディングで、
王子さまは、毒蛇に咬まれて倒れます。
この儀式により、自分の星に帰ることができたようですが、
どうして毒蛇に咬まれなければいけなかったのでしょうか?
イニシエーション(通過儀礼)の一つとして必要だったのでしょうか。
とすれば何の通過儀礼でしょう。
毒蛇は何の象徴でしょうか?
大人になるということでしょうか。
王子さまは地球にやってきたときと同じ方法で帰ることができなかったのでしょうか?

ファンタジーっぽく、笑える話といい話が続いたあとの最後だけ恐ろしい場面が出てきて違和感をおぼえます。
浅学のため作者のエンディングに託した意図を汲み取ることができません。
文学に詳しい方、ご教授願います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
たしかに謎めいていますね。浅学であろうと篤学であろうと、永久に解き明かせないような気もします。

私からも、先の回答者のかた同様、『星の王子さまの世界』(塚崎幹夫、中公新書)をおすすめします。
とてもよい本で、あなたの疑問をすこしは解消してくれるでしょう。

たとえば、54ページをご覧下さい。
「王子の死を子供時代の終わりを表したものとする解釈がある。(…)子供はいつまでも子供でいることはできない。子供はいつか死ななければならない。(…)いちおう筋道はとおっている。しかし(…)あのにじみ出る悲壮感、緊迫感は、そのような死ではとうてい説明できない。」
それから、82ページをご覧下さい。
「このさくばくとした地球上に、このいたいけな王子を住まわせるには忍びなくて、早々に地球から救い出してやったのだというような解釈もある。(…)賛成しない。」
「王子が星に残してきた花は(…)王子を必要としている。王子は『責任』を果たすために星へ帰るのである。」
そして塚崎氏は、「花」=危機下のフランスと解しています。
どうでしょう?
これで、ある程度、納得出来るのでは?

ただし、毒ヘビ自体が、単体で何を象徴するか、また、ヘビの黄色い色は何を暗示しているのか、といった質問の立て方には、答を出しにくく感じますね。

クレオパトラは、敗色濃厚となったときに、毒ヘビに自分の胸を噛ませて自害したそうですが、それに似ていなくもない。
作者のなかに、意識はあったのではないでしょうか。悲劇的なイメージを描くためにです。

でもまだ、「星の王子さま」の黄色い毒ヘビについて、なぜ「ヘビ」でなければならず、なぜ「黄色」くなければならないのか、とても難しいですね。
当時(約2年前)、ナチがドイツで、強制的にユダヤ人に「黄色い」「星」を付けさせました。これも何らかの関係があるかもしれない。
うがった考えですが、「星」の王子さまは、自ら進んで「黄色」のしるしを身に刻みつけ、ユダヤ人と同じく、確実な死の危険に飛びこんでいったのだ、というような……

こんばんは。
たしかに謎めいていますね。浅学であろうと篤学であろうと、永久に解き明かせないような気もします。

私からも、先の回答者のかた同様、『星の王子さまの世界』(塚崎幹夫、中公新書)をおすすめします。
とてもよい本で、あなたの疑問をすこしは解消してくれるでしょう。

たとえば、54ページをご覧下さい。
「王子の死を子供時代の終わりを表したものとする解釈がある。(…)子供はいつまでも子供でいることはできない。子供はいつか死ななければならない。(…)いちおう筋道はとおってい...続きを読む

Q三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそな銀行の違いは何でしょうか?

現在就職活動中で、金融業界の総合職を志望しています。
特に志望動機に困っているのですが、メガバンク+りそなの違いが見えてきません。サービス面で手数料無料や生体認証などが騒がれていますが、実際の商品自体は似たり寄ったりといいます。チョコのお菓子がいくらでもあるように…。どこも社員の方も大変立派な方が多く、それにも関わらず自分の中で明確な違いや決定打が見えて来ないのです。

そうなると一番気になるのがイメージで、個人的には

三菱東京UFJ=『プロ意識(お堅い所もあると思りますが、仕事をされている方の意識が常に上を向いていて格好良いです)』『グローバル(海外支店の展開)』

みずほ=『柔軟性(財閥系でない分)』『ユビキタス(マイレージカードなど)』『大企業に強い(?…三菱東京UFJや三井住友に比べてどうなのか曖昧ですが)』

三井住友=『収益性』『営業力』(バリバリこなす。元気な雰囲気)

りそな=『研修制度(かなり面倒見が良い)』『地域活性』

……以上のように考えています。

1)都市銀行4行に持つイメージ
2)幾つか分けて利用している方がいらっしゃれば、比較した良さや悪さ(利用していての効率面やサービスなど。利用しているみずほの支店は窓口対応が早い気がします)

2点のどちらかでも良いので、教えてください。また、行員の方で「此処は絶対に負けない!」という所があれば、是非、コメントお願い致します。

現在就職活動中で、金融業界の総合職を志望しています。
特に志望動機に困っているのですが、メガバンク+りそなの違いが見えてきません。サービス面で手数料無料や生体認証などが騒がれていますが、実際の商品自体は似たり寄ったりといいます。チョコのお菓子がいくらでもあるように…。どこも社員の方も大変立派な方が多く、それにも関わらず自分の中で明確な違いや決定打が見えて来ないのです。

そうなると一番気になるのがイメージで、個人的には

三菱東京UFJ=『プロ意識(お堅い所もあると思りますが、...続きを読む

Aベストアンサー

あなた様に会って話をしてないので、何とも言えない部分はありますが、私感として、
>金融業界の総合職を志望しています。
>特に志望動機に困っているのですが
だったら、確固たる志望動機はないようなので、ズバリ、銀行には行くべきではないと思うのですが・・・まわりに銀行志望の人がいたら、私はかならず、止めろと言ってます。確固たる志望動機なしに、銀行の総合職を志望なさってるのでしたら、おそらく、
・経済的収入の大きさ
・社会的信用の大きさ
・表面上のイメージの良さ
などで、漠然と志望なさってるのでしょうが、銀行、特に総合職は、そんなに甘いところじゃないですよ。
ちなみに、私は以前そっち方面で働いてた者です。

まあ、本題から行きましょうか。

三菱・東京・東海+三和銀行(あえてこう書く) 
・旧三菱東京は、バブル期にも堅実かつ手堅い経営していたが、旧三和は、関西系のノリよろしく、バブル期の行け行けドンドン・法令遵守無視の経営をしてたので、そのツケが巨額の不良債権となってます。
大阪の飛鳥会の不正融資の事件くらい分かってるでしょうね??
旧東海は、トヨタ自動車および関連企業の繋がりが大きいから、経営は安定してたはずです。
・行風は、三菱+東京は、東京系・財閥系らしく、穏やか、機械的・石橋をたたいても渡らない、プロ的かな?東海もそれに近い。UFJは、関西系の体育会的ノリ。行風が相容れるはずもない。(三井住友にも言えるが)
・最近でしたら、手数料軽減措置(ATMとか)に積極的な印象はあり。住宅ローンなど貸出金利も、比較的低めだったと思う(が、審査は厳しめという、もっぱらの中小企業経営者の声 今までUFJ審査だったら貸してくれたところ、三菱審査だったら貸してくれなくなった所も多いようです。裏を返したら、企業の財務状況が多少悪くても、付き合いで貸していた所があるのですが。)

住友+三井+太陽・神戸・わかしお(w銀行
・実は、ここは、わかしお銀行 逆合併による有価証券含み損を消すため、第二地銀を存続して三井住友銀行を吸収するという大技をした銀行ですね。
・なんだかんだ言って、住友を背景とした関西での信用度は非常に強力でしょう。
・未だに太陽派 神戸派 三井派 住友派とあって、なかなか人事面とか考え方の違いなので、しっくり行ってないらしい
・住友クレジットサービス→三井住友VISAがあるだけに、昔からクレジット商品系には力を入れてきた印象・・・・ここに入ったら、もれなく、それなりのVISA勧誘ノルマが待っているでしょう。(他の銀行にもつきものだが)

第一勧業+富士(安田財閥系)
・宝くじの販売ノルマがある??(未確認)
・マイレージクラブに代表される、ポイント制度の充実は強いと思う。
・安田系って、住友に対抗意識をとっても燃やしているらしい・・・が、ことごとく勝てないようである。

大和・協和+埼玉
・顧客満足度を挙げる事に腐心していて、花王から何人か招聘したんだったっけ?今までの銀行にはない斬新な取り組み
・店舗は、待ち時間軽減を大目標にしている。
・立っての窓口業務もしている・・・が、行員はギックリ腰になってるらしい・・・・
・旧大和銀行が、ニューヨークでメチャクチャしたので、海外業務においては、その影響を引きずっている
・実は、ポイントに関しては、みずほ銀行よりりそな銀行の方がが遙かに充実している(りそなクラブの事を調べてください。提携先は段違いに多いです。)
・リテール 小口に特に注力(一見響きが良いが、ニューヨーク事件でアメリカから退場させられたのを契機に、メガバンクとの違いを打ち出した戦略なので、何ともねえ・・・・)

などなど、とりとめなく書きましたが・・・・まだあるが、面倒なのでこのくらいで。メガバンク・りそな間のスタンスの違いって、一番如実に分かることだと思うのですが・・・

あと、銀行と言えば、預金して、お金を貸して・・・の印象があると思いますが、今の銀行は、信託は売るわ、保険はもうすぐ窓販解禁だわ、クレジットは売るわ、総合金融業みたいになってるので注意してください。
特に、保険販売に関しては注意を。私は今、保険屋さんなのですが、銀行が、年金保険販売で、どれだけ消費者センターに苦情が舞い込んでいることやら・・・・(詳細は略。知りたければ書きますが。)もうすぐ、医療保険窓販開始ですが・・・これ以上はやめておきます。

(一部、横から失礼)
>行員の知識が追いついていないのか、銀行の方針としてオブラートに包んでいたいのか。
法人営業してたら、オブラートに包まないとダメな場面多いですよ。
たとえば、企業の財務内容悪化に伴う応分リスク対応の為、貸し出し金利上げ交渉するときとか、あなたの会社の財務内容が悪くなったから金利上げますなんて言えませんから。こういう時は、オブラートに包んで言うのですが、そこで、担当者は、いかにしたら相手取引先を立腹させずに丸め込めるか考え込んでストレスが猛烈に貯まるので(良く言えば交渉)、胃潰瘍になったり、頭に円形ハゲができたりするのです。
まあ、どういう質問であったか分からないので、何とも言えませんが。

>銀行全体として、ノルマは厳しいのでしょうか?
ズバリ言います。ノルマが厳しいでしょうかとか聞いている人には、銀行は不向きです。 
”いかなるノルマが来ても、絶対やり遂げて見せます!!”と、声高らかに言える人が、銀行の親方たちは大好きなのです。だから、記録、勝利に向かって邁進してきた体育会が好まれるのです。本当にいかなるノルマかあ?と、思わず突っ込みたくなりますが・・・・
ノルマとしては、部署・銀行によって違うのですが、
・ボーナス時期の定期預金獲得活動(最近の低金利下では下火)
・新規顧客先の増強
・クレジットカード契約集め(私は、ファイナンシャル・プランナーかつポイント、クレジット方面の知識は銀行の連中より遙かにあるので、これは得意ですが、まず、普通の銀行員なら、これは嫌になるでしょうね。)
・おそらく、医療保険窓販始まったら、医療保険口数集め
・信託の増強もあるかな?
・支店の融資先数、融資額増強(銀行の基本的収益源なので、これ重要 )
その他、資格面での勉強とか、とにかく、やるべき数字は、わんさかあります。高収入、安定の引き替えと思って諦めてください。

あなた様に会って話をしてないので、何とも言えない部分はありますが、私感として、
>金融業界の総合職を志望しています。
>特に志望動機に困っているのですが
だったら、確固たる志望動機はないようなので、ズバリ、銀行には行くべきではないと思うのですが・・・まわりに銀行志望の人がいたら、私はかならず、止めろと言ってます。確固たる志望動機なしに、銀行の総合職を志望なさってるのでしたら、おそらく、
・経済的収入の大きさ
・社会的信用の大きさ
・表面上のイメージの良さ
などで、漠然と志...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報