gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

友人にフランスのモン・サン・ミシェルへ行く事を
伝えたら、「ゲランドの塩」を買って来て欲しいと
言われました。
モン・サン・ミシェルでないと手に入らない物なのでしょうか?
パリ市内で手に入ればとても楽だと思ったのですが。
ご存知であればどなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

パリで買えます!


おみやげ屋さんや百貨店の食料品売り場でももちろん買えますが、割高なのでスーパーマーケットで買うことをお勧めします。
パリ市内にはモノプリというスーパーがいろんな所にありますので(シャンゼリゼにもあります)、オススメです。
塩好きならカマルグの塩も一緒にお土産で買われるといいと思います。まろやかでおいしいお塩です。
クジラの絵のブルーのボトルの物はパウダー状で使いやすくなっていて値段が激安なので配り用のお土産にも最適です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
モノプリ調べてみました。
いろいろ他にもお土産用に購入できる商品が
買えそうです。
大変参考になりました。

お礼日時:2005/10/25 16:53

#2のご意見同様、日本でも売っています。



でもせっかくフランスに行かれるのなら
お土産としては軽いし手頃でいいでしょうね。

私はモン・サン・ミシェルの参道?にある
おみやげ屋さんで買いました。
結構高かった気がします。

現地のツアーガイドさんには高いので
話のたねに買うのならいいけども
麓のスーパーで買うのが安くていいよ、と言われ
ましたので、島に渡る手前の
道路沿いのスーパーで買いました。
そのスーパーは
宿泊していたホテルのすぐ向かい側に
ありました。残念ながら名前は思い出せませんが。

参道で買うより、半額近く安かったと
思います。

たぶんパリのスーパーなら置いてあるでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんの情報ありがとうございます。
やはり現地の物が欲しいようで、
困っていたところです。
日本でも購入できるとはなかなか言えず。

お土産屋にあるぐらい有名なものなんですね。

お礼日時:2005/10/25 16:52

日本でも買えますよ。


大手百貨店の食品コーナーに置いてあるでしょうし、無くても、インターネット通販で買えますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、そうですよね。
家族から、ネットで購入すれば良いと言われました。
頼んだ側としては現地の方が安いという意味だとは思うのですが。

お礼日時:2005/10/25 16:50

こんにちは。


パリのデパートの食料品売り場で売っていますよ!
2年前ですが、パリのプランタン(確か)の食料品売り場で購入しました。3種類くらいあったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお返事ありがとうございます。
プランタンで売っているとは。
重たいものを持つのは辛いなーと思っていたので
良かったです。

お礼日時:2005/10/25 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qスーツケースに入れることができる食品

今度、イギリスのロンドンに行きます。食品として
インスタントみそ汁(ペースト状の味噌が有)と
日清のカップ麺を持って行きたいと思います。
それと、水も日本で買ってある程度漏っていきたい
と思っています。もちろん、機内には持ち込み出来ません
ので、スーツケースに入れて預けます。

これらの食品と水ですが、なにか支障がありますで
しょうか? 初めて行くのでよく分かりません。
ご経験がある方がありましたら離日前に教えてください。

Aベストアンサー

NO6のerica1です。
インスタントのお味噌汁を持参するとなると、お椀やお箸も持参するおつもりなのでしょうか?それともお湯を入れるだけ~のカップのお味噌汁のことをおっしゃっているんでしょうか?

私はいつも重量制限ギリギリで日本食をスーツケースいっぱいに敷き詰めてますよ。(出発前に体重計で量ってから行きます)
勿論荷物の中身は食べ物だけではありませんが(笑)衣類ってそんなに重くないんじゃないかなと思うのですがいかがでしょう?
水1.5Lを2本入れてもたった3キロにしかなりませんし、インスタントヌードルは軽いですよね。ただ、軽くてもインスタントヌードルは嵩張るんですけどね。
それから、あまりぎゅうぎゅう詰めにすると関空であけられる可能性もありますね。以前1度だけあけられたことがあります。更に開けた後に今度は閉まらなくなって、後ろから来られた方に「全部食料やんけw」と言われてしまったんですが!その時は2日間の日本滞在だったのでたまたま服が少なく、ほぼ食料になってしまっただけなんですけどね。
私の場合ですが、毎回預けるスーツケースと機内持ち込みトロリーの2つで飛んでいます。もしスーツケースに全部入らなかったら機内持ち込みできない液体類はスーツケースに入れて、衣類などをトロリー(など)の中に入れたらいかがでしょうか?ま、荷物が増えてしまいますが・・・


どんなホテルにお泊りになるのか分かりませんが、ホテルでもちゃんとお水もらえると思いますよ。こだわりがあるなら仕方がありませんけどね。
ちなみにギャレーから、機内サービスで使っている1.5Lのお水をペットボトルごと持っていく乗客もたまにいるんですよ。「これもらってっていいかな?」「いいですよー」という感じで。
ですので、もしもらえるような状況でしたらそこでもらってみたらいかがでしょうかw
満席だとその分ミールもカートも増えますし、ギャレーは狭いので、お水を収納するスペースを確保するにも乗務員は頭を使うのです。なので、減ってくれたほうが助かる場合もあるんですよ(会社と便による)

NO6のerica1です。
インスタントのお味噌汁を持参するとなると、お椀やお箸も持参するおつもりなのでしょうか?それともお湯を入れるだけ~のカップのお味噌汁のことをおっしゃっているんでしょうか?

私はいつも重量制限ギリギリで日本食をスーツケースいっぱいに敷き詰めてますよ。(出発前に体重計で量ってから行きます)
勿論荷物の中身は食べ物だけではありませんが(笑)衣類ってそんなに重くないんじゃないかなと思うのですがいかがでしょう?
水1.5Lを2本入れてもたった3キロにしかなりませんし、インス...続きを読む

Qヴェルサイユ宮殿の効率のいいまわり方

3月のあたまに女友達二人でパリへ旅行に行きます。
ツアーの自由時間にヴェルサイユ宮殿に行こうと考えているのですが、
個人でいくべきか、現地ツアーを申し込むべきかで悩んでいます。

ヴェルサイユ宮殿、ノートルダム大聖堂、サントシャペルを一日で回りたいと思っているため、
個人で回る場合、必然的にヴェルサイユ宮殿が朝一、もしくは夕方近くにまわることになり、
RERの治安も心配です。
またSNCFの駅で一日パスを買うにしても、入口などでかなりの時間がとられると聞きました。

ツアーの場合は、宮殿見学が2時間ないくらいなのであまり楽しめないのではないかとも思います。

パリに詳しい方や、ヴェルサイユ宮殿に行かれた方、所要時間やプランへのアドバイスをしていただけるとありがたいです!

Aベストアンサー

3月のあたまなら どちらかというとオフシーズンですので そんなに混まないと思うのですが こればかりは行ってみないと分かりません・・・。いずれにせよツアーバスが10時ころから続々と到着しますので 朝一番か 逆に午後をお勧めします。
宮殿では チケット売り場と セキュリティチェックで2度行列に並ばなくてはいけません。他の方の回答のように事前購入する手はありますし、一人がチケット売り場に並びもう一人がセキュリティチェックに並んでいてチケットを購入したあとに合流すれば時間は節約できます。また、割高になりますが 他にもルーブル等を回る予定があるならミゼアムパスを購入しておけば チケット購入が省けます。
宮殿内の見学は 2時間あれば一回りできます、3月だと庭園も無料開放(ただし花は咲いておらず 噴水も休止)されていると思いますが 下まで行ったら往復30分以上はかかります。プチトレアノン等ですが これはミニトラム(別料金)を利用しても一通り見ると一時間半以上の時間がかかります。
ヴェルサイユ行きのRERは比較的安全ですが 閑散とした車両は避け 女性観光客が乗っているような車両に乗りましょう。ヴェルサイユ駅の出口は最前方一か所ですから 前の方の車両は比較的乗客が多いと思います。
チャペルですが ここは司法省と一緒のためセキュリティが相当厳しく この前はクレジットカードの金属チップに反応してしまい、身に着けていたので取り出して見せるのに大変でしたwwww。ここはセキュリティで必ず30分以上待ちますが 前記のパスを持っていると横入りが出来て 5分くらいで通過出来ます。なお、ここは休憩時間がありますので、朝一番とか再開直後ではなく 午前・午後それぞれの真ん中の時間帯がおススメです。 

3月のあたまなら どちらかというとオフシーズンですので そんなに混まないと思うのですが こればかりは行ってみないと分かりません・・・。いずれにせよツアーバスが10時ころから続々と到着しますので 朝一番か 逆に午後をお勧めします。
宮殿では チケット売り場と セキュリティチェックで2度行列に並ばなくてはいけません。他の方の回答のように事前購入する手はありますし、一人がチケット売り場に並びもう一人がセキュリティチェックに並んでいてチケットを購入したあとに合流すれば時間は節約でき...続きを読む

Qパリで購入して、お得なブランドは??

パリに旅行に行きます。

バックや洋服、アクセサリーのブランドで、
「日本にまだ入ってきていないけど素敵」とか
「日本で購入するのに比べると金額的にかなりお得」とか
教えていただけると助かります!
ルイヴィトンとかアニエスベーとかって
日本とどのくらい金額違うのでしょうか?

また、お土産として買ってきて、
喜ばれたものなどあれば、教えてください!

Aベストアンサー

パリではないのですが、フランスでロンシャンのバッグを購入しました。パリでも、ラファイエットやプランタンに店舗が入っているので容易に見つけることが出来ます。

私が行ったときは、たまたまセール期間でとてもお買い得でしたので
折りたたみのできるオーソドックスな「プリアージュ」という商品の、日本で1万以上する一番大きいサイズが5000円程度で購入出来ました。
セールじゃなくても、日本よりは安く手に入りますし軽いし小さくなるし、とても便利です。
旅行に行くときに、手持ちのバックに入れていけば荷物が増えてしまっても安心です。
帰国する際にお土産で荷物が増えてしまって困りがちですが、ロンシャンなら軽いのでそんな心配も必要ないです。

お土産ですが、スーパーで売っているマヨネーズが可愛いビンに入っているので喜ばれました。使用後にグラスとして使えるものです。
空港にあった変わったマスタードや、チーズも喜ばれましたよ。
気をつけて、楽しんで来てください!

参考URL:http://www.longchamp.com/

Q1週間の海外旅行で必要な現金

フランス、ドイツに1週間ほどツアーでいくのですが
現金をいくら持っていくか迷っています。
海外旅行がはじめてなのでさっぱりです。
クレジットカードは持っていきますが、
信頼できるところでしか使いたくないので
ブランド正規店など以外では現金で払おうと考えています。
個人差はありますが、日本円でいくらくらい
もっていけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッパでは物価が高いので割とかかります。
500円(=約3ユーロ)では安めのサンドイッチしか買えませんし、観光地ならさらに値段は跳ね上がります。ファーストフードのセット(menu:ハンバーガーとポテトと飲み物)で6~7ユーロ、カフェで昼食なら飲み物付けて10ユーロ程度かかります。
昼食・移動込みなら、レストランでの追加飲み物(ノンアルコール)が3ユーロ程度、トイレが0.50ユーロ、500ml入りの水が観光地価格で1.50ユーロ程度です(スーパーなら0.20ユーロ程度です)。夕食の飲み物代を別として15ユーロ程度あれば十分でしょう。

クレジットカードでもIC付きのものでしたら複製は難しいですし、暗証番号さえ盗まれなければ万が一紛失・盗難しても止めることもできます。
10ユーロ以上かかるような店や食堂ではカード払いが普通で、マクドナルドでも使えますので、
現金は全日程通して100ユーロ程度に留め、IC付きのクレジットカードで買い物されることをおすすめします。
(ICの付いていないものだと、高額店を除いて使えないことが多いです。)
現金だといやな顔されることもありますし…。

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッ...続きを読む

Q夏のフランス旅行で持ち歩くバッグについて

こちらではいつも親身にアドバイスをいただき、今回も、つい、お伺いしてしまいます。よろしくお願いいたします。
7月に、パリ、モンサンミッシェル、ランス、プロヴァンス、ニースと9才子供含む家族3人で駆け足個人旅行をします。
多くは現地OPに参加しますが もちろん、家族だけでいる時間も多いスケジュールです。
そこで質問なのですが・・。
普段持ち歩くバッグは、スリなどに会わないよう、ブランドものは持たないように、とよく書いてあります。特に夏のフランスや南仏はスリが多発するから、なんにおいても気をつけて!と。
さすがに、エルメスを持とうとは思いませんが(・・実はキャンパス地のエールライン http://www.celeb-brand.com/goods_he-ba-0642.html (←参考)は 小柄な私には斜めがけすると丁度よく 革製フタは付いているし・大きさが手軽・素材も丈夫で 機能を考えるとこれが使えると助かるのですが、やっぱりやめておいた方が無難ですよね・・?)、
ロンシャンのハンディさ、軽さ・機能性から、斜めがけショルダーや、おみやげが増えたときの袋(普段は小さく折り畳んでおける)や、小ボストンタイプを使いたいな、と思っています。パリでも、ロンシャンはリーズナブルだし パリジャンなら普通に持っていると聴いたことがあり それほど特別感のあるブランドではないと思うのですが、ここにきて、やっぱり、スリに狙われてしまう確率を上げてしまうかしら?ロンシャンでも持たない方がいいのかしら?と思い始めていますが、どんなかんじでしょうか?
(ロンシャンは、まだ日本で今よりマイナーだったころ、イギリス在住の友人に、”フランスでは結構人気があるんだよ”、といって勧められて持つようになって以来、その機能性にファンになりました。数年前ヒースロー空港の待合いロビーで、トローリーからショルダーまでロンシャンを持っていたら 年配で品のいい感じのイギリス人夫婦からにこやかに声を掛けられ、どうもそのご夫妻はロンシャン好きだったらしく、「これは新作ね、どこで買ったの」「私は○○のタイプが使いよくて好きよ」等々、何故か話しに花が咲いてしまった経緯がありました。自分のバッグについて外国で声をかけられたなんて後にも先にもそのときしかないのですが、ふとそれを思いだし・・こういういい場合は楽しい旅の思い出でいいんだけれど、スリに会ったらいやだなあ・・と)。
用途にあうような他の手頃なバッグを持っていないので、ロンシャンでも街を歩いていて別になんてことなければ万歳なのですが、このためだけに普段は使わないようなものを買うのもつまらないし・・・。
もちろん、持っているものだけで判断されるわけもなく、総合的に気をつけていようとおもってはいますが、せっかくおしゃれな街に行くのだから 普段とかけ離れて無理に変な格好をしていくのも辛いですし、荷造りする段階になって 首をかしげているところです。
くらだないような質問ですみません・・・
アドバイスよろしくお願いいたします。

こちらではいつも親身にアドバイスをいただき、今回も、つい、お伺いしてしまいます。よろしくお願いいたします。
7月に、パリ、モンサンミッシェル、ランス、プロヴァンス、ニースと9才子供含む家族3人で駆け足個人旅行をします。
多くは現地OPに参加しますが もちろん、家族だけでいる時間も多いスケジュールです。
そこで質問なのですが・・。
普段持ち歩くバッグは、スリなどに会わないよう、ブランドものは持たないように、とよく書いてあります。特に夏のフランスや南仏はスリが多発するから、なんに...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは~♪
私も今フランスからのメールのやりとりをし終わったところです。
いいな、夏に行くのね?

>エルメスを持とうとは思いませんが(・・実はキャンパス地のエールライン

フランスでしょ?
私はいつでもどこでもKellyを持ち歩きます♪ もう慣れちゃった。
雨の日であろうがなんであろうが関係ね~!です(笑)

Niceのboutiqueはオーナーの気まぐれで「reserved」の札が人気の品に置くことが多々ありますが(笑)、あれは「交渉次第」ということなの。 
念のため(笑)

ただ蚤の市や朝市の類にはKellyは持ち歩かないかな。
スリはどこにでもいるので日本を出国したら「常に厳戒モード」にしましょ。
ブランド以上に目立つ色のバッグは避けたほうがいいかもしれません。
それに「普段持ち歩く」「惜しげもないバッグ」のほうが落ち着けるかもね。

フランスで手に入れるより今は日本のほうがセールで安いだろうから、
籐の洒落た籠バッグで内布に紐でくくれるものを一つ持参してはいかが?
夏はエスパドリーユとパンツの組み合わせでもワンピでもinだと思うけどね?

>パリでも、ロンシャンはリーズナブルだし パリジャンなら普通に持っていると聴いたことがあり

うんうん。
「ロンシャン」だけでなく「ランセル」あたりも人気あります。
ロンシャンも持ちやすいのならいいんじゃないかしら?
一番軽いのはイタリアの「ゲラルディーニ」だと思う。
柄が地味で耐年数がそれほど長くはないのが欠点ですが、とにかく軽くて楽なのです♪

ちなみにエルメスのパリ本店へ行くならスカーフ売り場にイケメン君がいると思いますので是非ご対面を(笑)
夏休みはとるのかな、彼? 居なかったらごめんなさいね~♪

bon voyage!

こんばんは~♪
私も今フランスからのメールのやりとりをし終わったところです。
いいな、夏に行くのね?

>エルメスを持とうとは思いませんが(・・実はキャンパス地のエールライン

フランスでしょ?
私はいつでもどこでもKellyを持ち歩きます♪ もう慣れちゃった。
雨の日であろうがなんであろうが関係ね~!です(笑)

Niceのboutiqueはオーナーの気まぐれで「reserved」の札が人気の品に置くことが多々ありますが(笑)、あれは「交渉次第」ということなの。 
念のため(笑)

ただ蚤の市や朝...続きを読む

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Qお土産の生ハムは日本の税関で没収されるのですか?

フランスのお土産で生ハムやサラミを日本に持って帰ろうと思うのですが、これって税関で没収されるんですか?

Aベストアンサー

日本には残念ながら旅行で肉製品は持ち込めません。したがって税関で見つかれば没収されてしまいます。見つかれなければ・・・ですが、そもそも持ち込むなと言っているのですから持ち込まない方が良いと思います。

フランスのお土産ならチーズはいかがですか?こちらは堂々と持って帰れますよ。種類もとても豊富ですし

Q友人にウェルカムボードを作ってもらいましたがお礼はいくらがよかったのでしょうか

グラフィックデザインの仕事をしている友人に、ウェルカムボードを作ってもらいました。B4(25.7cm×36.4cm)サイズで私と彼の写真を使った女性誌の表紙のような凝ったデザインのものです。材料費のみだけど…という前提で作ってもらいましたが、詳しい費用は聞かず大体の予想でお礼に3000円を包んで渡しました。ボードを頼む前に友人は「地方の小さい印刷会社のデザイナーだしプロといってもたいしたことないから気を遣わなくていいよ」といっていましたが、今になるとやっぱり趣味でデザインやってる子じゃないし少なかったかな?と思うようになりました。質問が遅いと思うのですが本当はいくら包むのがよかったのでしょうか。少なかったのならまた他にちょっとした物でも贈ろうかと思っています。

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。

だいたいの予想→3000円の根拠はなんでしょうか?

私だったらちょっと少ないかな~と正直思いますが、あげるほうはお礼を期待していないんでもう渡してるなら仕方ないですね。

私なら、業者にボード頼んだら15000円~するでしょうから五千か一万は包みますね。
ちなみにご参考までに、うちは3000円って2次会まで荷物を運んでくれた人へのお礼。余興の演奏、受付係は5000円でした。
だから3000円って…。

私が友人に手作りのウェカムボード作ったのは2回、と自分のを作りました。グラフィックデザインではないですけど。
いつも枠だけで3000円、その他材料2000~5000円です。材料費7000円かかった友人に3000円もお礼もらったことありますよ。少ないとか不満なんて思わないですけど…まあほんと「キモチ」程度ですね…。

今からでも遅くはないですよ。
なんかモヤモヤしてるなら食事奢ったり贈り物してはいかがですか?

Qモンサンミッシェル土産プラールおばさんのクッキーについて質問です!

四月末にフランスへ新婚旅行に行くのですが、お土産は何がよいかかなり悩んでおります。

モンサンミッシェル土産で有名なプラールおばさんのクッキーについて教えて下さい!
(1)日本でも売っているみたいなのですが、値段は現地と日本で買うのではどちらが安いですか?
(2)現地では、モンサンミッシェルでなくても、スーパーなどでも売られているようですが、どこで買うのが安いですか?
(3)プレーン味以外にチョコチップやガレットなどの種類があるようなのですが、日本でもプレーン以外の種類は売られているのですか?
(4)現地のスーパーなどでもプレーン以外の種類は売られていますか?

日本でも購入できるものはお土産に選びたくないのですが、味の評判がよいので、とりあえずお土産候補にいれています。
日本で買えるとわかっているものをあえてお土産にチョイスしてせっかく現地で買ったのに、「日本で買った方が安かった!」なんて馬鹿な話はないので、わかる範囲で良いので回答宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。ご旅行楽しみですネっ!
おばさんクッキーは、とても有名だし悩むところですよねぇー!(笑)

他の方も回答されている様に日本でも売ってますよね!
ただ値段的に一番安いのは、パリ市内各所にあるスーパー(モノプリとか)が
安いですよ。 小さい紙箱クッキーは1ユーロちょっとです。
現地で買って、大失敗した記憶があります。(笑)

でも日本で売っているのは主に紙箱製のクッキーです。
パリ市内のスーパーでも紙箱製が大半です。
現地だと缶製のクッキーも置いてあるので、もしおばさんのクッキーを
お土産にしたいのであれば缶製のがお勧めです!

MSM現地に行く前にパリ市内のスーパーで一度ご覧になってから
現地で色々見て比較なさるのが一番良い方法だと思います!

ぜひ楽しんで来て下さいネっ☆


人気Q&Aランキング