夏目漱石のこころを読みました。
私たちはどうしたらエゴイズムから脱出できるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

エゴイズムとエゴティズムという語を区別しなくてはならないと思います。



エゴティズムというのが今一般に言われる「あいつエゴイストだよ」という時のエゴを指します。自分のことばかり主張して他人のことを顧みない、いわゆるわがまま者ということですね。
それに対して、エゴイストは、自分のことばかりを考えたり、話したりすることです。要するに、他人のことに関心を払えないということです。

漱石の「こころ」の場合、エゴティズムというのはやむを得ない部分もあるのではないでしょうか。
なにしろ、恋愛感情というものは、そう簡単に止めようと理性では思っても止められるものではないからです。
恋愛において、自己主張をしないとどうなるかは大体のことは察しがつくと思います。
しかし、秩序というのがありまして、道徳だとか倫理だとかというものですね。それを守っていればとりあえずは大丈夫かな、と思います。
それに逆らってまで自分の利益(恋愛成就)をはかるというのは、やはりエゴティズムであるということができるでしょう。
自分の利益抜きで恋愛をする、というのは不可能だからです。

エゴイストというものは、自分の主張をするばかりですから、他人に恋することはあっても、恋愛感情がうまくいくケースが非常に少ないです。つまり相手への気配りをしなくなる、ということがいけないのだと思います。
文学でよくあるのは、自分で禁じられた恋をして、自分ひとりで悩んで、自分で死を選ぶというパターン(若きウェルテルの悩み、など)です。これがエゴイスティックなものであるとすれば、これは悲劇でもあるといえるし、喜劇でもあると言えます。
特にウェルテルでは、ウェルテルの宛てた書簡ばかりが並んでいます。まさに自分は自分は、の主張の連続です。それで挙げ句に他人の忠告を聞かずに突き進む。
これがエゴイズムというヤツです。自分にとって利益がなくても、自説を押し進めてしまうということです。

宗教を持ち出すこともなく明らかなのは、自分の考えに固執しないことです。
自分が正しいと思い込む人は、意外に後で空っぽであることに気付かされるものです。
ギリシャのデルフォイの神殿(神託で有名)の入り口には「汝自身を知れ」という言葉があります。これは自分が分に応じた振る舞いをせよ、ということです。自分が絶対だと思うこと、他人は「俗人」であると思うことが、そもそもの誤りであると考えることが必要です。そのために、他人の言葉に耳を傾けるということは大事なことなのです。

こころを読まれたということで、もしかすると、国語の授業でしょうか。中高生さんだとすれば僕の書いていることは少し論がしっかりと立っていないのでわかりにくいかもしれません。ですから、最後にきわめて単純に要約します。
「【自分が絶対】、ではなく、【自分も相対、他人も相対】、として、自分の意見と他人の意見を同等の立場において判断するように心掛けることが、エゴイズムからの脱却の第1歩です」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は他人のことを軽く見がちです。
自分も相対、他人も相対。
いつもそういう風に考えるようにします。
立派な人間になりたいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 18:22

 夏目漱石の「こころ」は名作で多くの評論が書かれています。

印象に残っているのは、江藤淳ですが、彼の解釈を自己流で解説すると、明治という時代は、西洋化=近代化を急いだ時代で、その中で、先生は「自立」するため、恋愛を成就させようと腐心をしました。「恋愛」は言うまでもなく「戦い」で、自由競争、資本主義的な戦いです。従って、この戦いの中で戦略をはりめぐらすことは当然であり、嘘をついても、自分の所有を高めていくのは、時代が要求する、近代的人間の宿命でもあるのです。エゴイズムは賞賛すべき資本主義的人間のモデルです。
 しかし、いざ、大人として、伴侶を得、資本主義社会に認定される「自立」する人間を獲得したとき、先生は「勝利」するものの「喜び」ではなく、「悲哀」を感じ取ります。
 「時代」の要求に応え、従順に時代に従った自分に、全く別の感慨をもったのです。
 そのことが、日露戦争での戦略ミスから死に時をはかっていた「遅れてきた近代人」=乃木希典への傾斜となり、「自死」を選び取ります。
 彼もまた、「失敗をするKのような青春」を歩みたかった、と言いたげに。

 夏目漱石は、「こころ」で作者の意図にかかわらず、「近代人の悲哀」を見事に書き上げた、と言えるように思えます。そして、彼は、「則天去私」なる「エゴイズムからの脱却」が可能となるかのような「思想」を私たちに提示しましたが、「こころ」の先生の生き方が示すように、エゴイストとして「自立」するしかない「近代人」が「則天去私」なる解脱の地に辿り着くはずもないこともしめしたようです。
 私たちは、「時代」を脱却することは出来ません。それは、その後書かれた「道草」で、奥さんに「お父さんは何を訳のわからないことをいってるのでしょう?」と妻に全く相手にされない寂しい中年男によく描かれているように思います。

 今も、時代は私たちに「エゴイスト」たれ、と求めています。脱却ではなく、合理的思考に基づいて。エゴイストを生きることこそ、「エゴとは何か」の回答です。
 

この回答への補足

初めて聞く解釈で、なるほど、と思いました。
参考になりました。
どうもありがとうございました。

補足日時:2001/11/25 07:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。補足と御礼の欄をまちがえました。

お礼日時:2001/11/25 17:36

こんにちは。

私の考えを書きます。
自分の望んでいるいろいろなことを、よーく考えてみてください。
それは、あなたひとりが幸せになることではないでしょう?
自分の大切な人も幸せでいて欲しいし、まわりの他人ともいい関係でいたい。
それだって、自分の自然な欲望なんです。
どこまでがエゴなのか、私は分けないで考えています。

ただ、「こころ」の場合のように、ふたつにひとつを選ばなければ
いけないことはときどきあります。
だけどこのときだって「自分があるものを手に入れたい」ことと
「友人に幸せになってほしい」ということのどちらを大切にするかを、
自分の気持ちの中でよく考えて、結果を出せばいいのではないでしょうか。

このときに、とにかく正直に思いつくことを全部考えておくことです。
あるものを手に入れることについて、
・そのためにどれくらい苦労しそうか
・ほんとうはしてはいけないことだと自分は思っていないか
 (したら自分を軽蔑することになりそうか)
・それで誰かが傷ついたり怒ったり嫌な態度に出たりしそうか
 (そのことで自分がどれほど傷つくことになるか)
などを、じっくり考えます。考えるだけなら、誰も傷つきませんから。

それで、いろいろな問題を考えてもやっぱり手に入れたい、となったら、
それは本当に欲しいものなのです。手に入れるべきです。
問題点は覚悟して、対策を立てた上で、努力するのがいいと思います。
問題を考えてみて、これはめんどうだ、となったら、
それは本当はあまり欲しくないものなのです。そのままにしておきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何か重大なことを決定する際にどのように考えて行動すればよいのかがわかりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 07:49

 「エゴイズム」は、利己主義という意味で、「エゴ」とも言っています。


 例えば、仏教のどの宗派もそれぞれ自宗の教えこそ正当であり、利益があると主張します。たとえば念仏宗では捨閉閣抛(しゃへいかくほう)といって他経を捨てよ閉じよと教えますし、禅宗では教外別 伝(きょうげべつでん)といって釈尊の正意は文字で表されるものではなく、以心伝心で自宗のみに伝えられてると主張します。
 宗教の歴史を見ても、キリスト教やイスラム教はいまだに異教徒との闘争にあけくれています。これらのすべては自らの優越性を誇示するところに端を発しています。このように見ると宗教の世界は「エゴ」の集まりとも考えられます。だからといって自己の正当性を主張することが悪いということではありませんよね。
 たしかに、周囲を無視し、道理や現証を無視していたずらに自己の優越性のみを主張することは独断であり、悪しきエゴの宗教というべきです。したがって、真実に人間を救う教えであるか否かを合理的に検討し、その上で、“悪しきエゴ”の宗教か、正しい宗教かを決定すればよいわけでしょ。少なくとも表面 のみを見て、“宗教はすべてエゴだ”と速断して宗教全体を否定することは、決して賢明な態度ではありませんし・・・。
 難解な宗教教義を判定するひとつの規準として、原因があって結果が生じるというあたりまえの因果 律に立脚しているかどうかということがあります。たとえばキリスト教では人間の起源は神が土の塵から造り出したものだといいますが、その神は誰によって作られたかという点は説いておりません。神道でも日本の国は神によって作られたと説きますが、天上の神の起源については何の説明もありません。仏教においてはじめて“三世にわたる因果 律”を根本とする人間生命の真実相が説き示されたのです。人間が帰命依止する宗教が不完全なまま民衆に信仰と尊崇を呼びかけることこそ“悪しきエゴ”というべきです。
 仏教のなかにおいても、釈尊が当時の人々に対して、低い教えから高い教え、浅いものから深いものへと、次第に説き示しながら機根(衆生の性格と心)を調養し、最後にもっとも完全で功徳力のある法華経を出世の本懐(目的)として説き顕わしたのです。
 これを釈尊自身も法華経のなかで、
 「私が今まで説いてきた経典は数え切れないほどである。過去に既に説いたもの(已説)、今説いたもの(今説)、将来説くであろうもの(当説)、それらの中でこの法華経がもっとも深い教えである」(法師品第十・開結三二五取意)
と、法華経がもっとも勝れたものであることを主張しています。
 普遍的な宗教批判の原理に照らして、正を正とし、邪を邪なりと主張していることは、「エゴ」でないことがご理解出来るでしょ。
 それに反し、自我に固執し、正当な理由もなく、他を何でも否定し、自らを正当化することが「エゴ」であることがお分かりになると思います。
 これをしないようにするには、自我に、我見に固執しないことでしょ。そして、否定する場合は、証拠をもって論じることでしょう。
 そうすれば、「エゴ」に陥ることは避けられます。
 根本的に、「エゴ」を無くす、脱出するには・・・、自己の信念等をより正しく充実させ、しかも人生のうえでりっぱに堅実にさせるためには、主体者であるあなた自身が大地のごとき正しい仏法に帰依し、信仰に励むことが絶対に必要なのです。それで、自らを律し、そして他をも律することが出来るでしょう。
 如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>自我に、我見に固執しないこと
難しそうですがこれから長い時間をかけてできるようにしたいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q羅生門とエゴイズム

 学校で羅生門を読みました。いろいろ調べていると、羅生門は、「人間のエゴイズムを描いている」と書いてありました。
 でも、人間のエゴイズムって何なんでしょうか?
 辞書では「利己主義」と書いてあったのですが、そのまま、「人間の利己主義を描いている」と書くと、意味不明になりました。
 ちなみに、僕なりの羅生門の解釈をしてみると、「大正(羅生門のかかれた時代)の民衆の文化が発達して、平安末期のような生活は少なくなっている。豊かな生活ができるようになったからこそ、自分を失わないためにも、しっかり自分を持つことが大切である。だからこそ、平安末期に老婆の言葉によって行動を起こした下人を描き、大正の今と対比して、民衆に警告している。羅生門は、現在の人々への芥川からの警鐘である。」
 うーん、かっこいい言葉を並べすぎて、自分で赤面してしまいますが、この考えについてどう思われますか?
 意見、または解釈の誤解があると思うので、皆さんの意見を教えてください。

Aベストアンサー

とてもとても主体的に作品を読んでいらっしゃいますね。
文学作品は読者が自由に解釈して楽しむものですから、
この方はなんてしっかりしているんだろう、と大変頼もしい印象を受けました。
さて「解釈」というのは、見たり聞いたりしたものに対する説明で、自分の心をフル稼働して言葉にしたものを、他人に「どうだ」と聞いてもらうこと。
そしてその相手とのやりとりの中で自分の(そして相手の)解釈を深めていくということ。
・・・という考え方を私は持っておりまして、
早速質問コーナーに入らせてください。(笑

■「平安末期」と「大正の今」の何を対比しているか分からない■
 これは非常におもしろいところに気づかれたな~と思いました。
ただここには「文化」や「生活」と言葉を挙げられたのみで、具体的に何を対比しているのかが分かりません。
「平安末期の民衆の生活=質素で貧しい」「大正時代はそれに比べて物が豊か」という物的な面だけでなく、人間の心・精神面においても対比しておられるのでしょうか?

■「自分を失わない」「自分を持つ」において、「自分」とは何を意味するのか分からない■
 死人の毛を抜く老婆を目撃して、一瞬正義感のようなものを覚えた下人が、
(「悪に対する反感」「何の未練もなく、饑死を選んだ事であろう」「悪を憎む心」など)、
老婆の話を聞いた後、「きっと、そうか」「己もそうしなければ、饑死をする体なのだ」と老婆の着物をはぐという正反対とも見える行動の変化がありますね。
ここまで揺れ動いた行動を通してみて、下人の「自分」というのはいったいどういうものなのか、あなたのお考えを詳しく伺ってみたく思います。
「下人の心」を解くところから「人間のエゴイズム」という問いに対する答えが見えてくるかもしれません。

■芥川が民衆に何を警告しているのかが述べられていない■
警告・警鐘というのは「気をつけろよ、危ないぞ」ということですが、
大正時代の人々にとって、何が危険なのだと芥川は考えていたのでしょうか。

もしよろしければ、上の3つの点について、jm4cvpさんのお考え・解釈をお聞かせくださいな。

とてもとても主体的に作品を読んでいらっしゃいますね。
文学作品は読者が自由に解釈して楽しむものですから、
この方はなんてしっかりしているんだろう、と大変頼もしい印象を受けました。
さて「解釈」というのは、見たり聞いたりしたものに対する説明で、自分の心をフル稼働して言葉にしたものを、他人に「どうだ」と聞いてもらうこと。
そしてその相手とのやりとりの中で自分の(そして相手の)解釈を深めていくということ。
・・・という考え方を私は持っておりまして、
早速質問コーナーに入らせてく...続きを読む

Qなぜ私たち人間は実物実際でない文字を読み続け、数えることのない数を計算するのでしょうか?

漠然としてすいません。
なぜ私たち人間は実物実際でない文字を読み続け、数えることのない数を計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

>実物実際でない文字を読み続け・・
→「文字」は、(人間が話す)「言葉」や「言葉の意味」を、「形」にしたものです。
「言葉」は便利なものですが、発した瞬間に消えてなくなり、その場にいない人間や、不特定多数の人間に、「意味」を伝えるのは不可能です。「文字」にはそれを可能にする役割があります。
太古の昔、人間社会にまだ「文字」が無かった時代、人間(王朝?)の歴史は、代々「言葉」によって、受け継がれたそうです。王朝の歴史を口語で受け継ぎ、全て記憶し、また次の世代に引き継ぐ為の役職があったと、聞いた事があります。それは、やがて「文字」が発明されるまで、連綿と続いたそうです。
では、更に遡って、どうして人間社会に「言葉」ができたか、ですが、高度な知性を持つ人間のコミュニケーションツールとして、他の動物が使う様な「鳴き声」や「ボディランゲージ」では、追いつかなくなってしまったからだと、思います。

>数えることのない数を計算する・・(1)
「数えることのない数」といった言葉がどういう意味を指すのか、(自分の読解力不測の為)明確に測りかねますが、例えば、1万円のものを買う時に、代価として1万円札を払う、でも、私達が実際に、「1.2.3.・・」と、1から10000までの数を数える事はないのに、といった意味でしょうか。
→人間社会が処理しなければならない事象が、それだけ複雑だから、だと、思います。
例えば、もしも、数字(お金)の概念として、1(1円)から100(100円)までしか数がなかったら(※「100」というのは、「人間が実際に数える事のできる数字」としての、仮の数字です)、1番安い買い物で1円(キャンディー1粒で1円)、1番高い買い物で100円(東京の高級住宅街に建てる1個建てでも100円)となりますが、そう考えると、「実際に数える事のできる数字」のみで、人間社会を管理するのは、不可能です。
鯨が大きな口を開けて、大量の魚群を口に頬張る時、鯨は、「今自分の口に入ったのは、鮪が○匹、鮭が○匹、鯛が○匹・・合計○匹、そうなると、今日の合計摂取カロリーは○カロリーになるが、自分の1日分の栄養所要量は○カロリーだから・・」等と考えませんが、人間はそれを計算しますから・・。

>数えることのない数を計算する・・(2)
無限に続く円周率(3.14159265358979323846・・)や、宇宙にある星の歴史や数を数える、といった、人間の生活に殆ど関係のないものまで計算するのはなぜか、という意味でもあるのでしょうか。
→宇宙全体から見れば、「人間」なんて、「無」にも等しい、本当に小さなものです。(そもそも、「宇宙」という概念でさえ、人間が作り出したものです)
人間は、自分達では、「人間は地球上で他の動植物より遥かに優れ、私達は地球や宇宙を掌握している」と考えてしまいがちですが、それは、弱いものの、「驕り、昂ぶり」であると、自分は思います。
「宇宙の始まりである」と、人間が勝手に考えている、「ビックバン」を、未来永劫変わる事のない絶対的な定説だと言い切れる人はいませんし、この先もずっと地球上で人間が他の生物や環境に滅ぼされる事なく生き残る事ができる、という保障は、どこにもありません。
それをどこかで分かっているので、人間は、自分達に可能な限り、「この世界」を理解しようとしており、その一端として、「数える事のない数を計算する」事があるのだと、思います。

>実物実際でない文字を読み続け・・
→「文字」は、(人間が話す)「言葉」や「言葉の意味」を、「形」にしたものです。
「言葉」は便利なものですが、発した瞬間に消えてなくなり、その場にいない人間や、不特定多数の人間に、「意味」を伝えるのは不可能です。「文字」にはそれを可能にする役割があります。
太古の昔、人間社会にまだ「文字」が無かった時代、人間(王朝?)の歴史は、代々「言葉」によって、受け継がれたそうです。王朝の歴史を口語で受け継ぎ、全て記憶し、また次の世代に引き継ぐ為の役職...続きを読む

Q自己中とエゴイズムの違い

自己中心とエゴイズムの意味の違いっていうのがまったくわかりません。

Aベストアンサー

先ほど「大辞林 第二版」で調べたところ
自己中心とエゴイズムは厳密には異なるようです。
(引用は著作権にひっかかるので、gooの辞書で調べてみてください)
http://www.goo.ne.jp/

素人意見ですが、日常で使う分には
そんなに厳密に使い分けていません。

ただ、自己中心という言葉は、タバコのポイ捨てとか、マナーなど、集団で何かをするときになど、周囲のことを考えないで自分の好き勝手にやるという印象が強いです。

エゴイズムはどちらかというと、心理学・哲学的な用語という印象が強いです。「それはあなたのエゴでしょ?
」など、心の中にある部分の身勝手さやワガママさの部分を意識してつかわれている感じがします。

専門用語としてみた場合は、使い分けているかもしれませんね。
どこでつかうかによって、意味は似たようでもあり、大きく異なるものともなるのでは?と思いました。

Qエゴイズムという言葉

「自分のエゴイズムを感じるとき」
というのを書かなければいけないのですが、
なんだかうまく掴めません。
例がインターネットでさがしても少なくてよくわからなくて
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

僕はタバコを吸いますが、新幹線の喫煙可能な車両にはのりません。
人のタバコの煙が狭い空間に集まった感じがイヤだから。
これって、僕のエゴイズムを感じるって感じですかね。
どーでしょ。

Q夏目漱石『こころ』はエゴイズムを描いたのか

似た質問がありますが、少し違う視点から質問しますので皆様、盆休みの間によろしくお願いします。

よく『こころ』はエゴイズムを描いた小説とされますが、何度読んでみてもどうもしっくり来ないのです。
先生のせいでKが自殺することになったのは確かです。けれど、先生はエゴをふりまくタイプではないし、もちろん自覚的なエゴイストではありません。
うまく表現できませんが、先生は何だか流されてそうなってしまった人といった印象を受けるので、普通イメージするような「エゴ」「エゴイズム」ということではくくれないような気がするのですが。
作者がエゴイズムを描いたとすると、どう解釈すればいいのでしょうか。また、他の解釈があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

『こころ』は人間の心に潜むエゴイズムを描いた小説である、と、自分の持っている文学事典にも載っていました。

この場合の“エゴイズム”は、
辞書にある“自己の利益を最優先させる態度”と取ればよいと思います。

先生は、Kの恋愛感情を知りながら、Kに自分の気持ちを告げることなく、先回りして、お嬢さんとの仲をまとめてしまった。
この行為が“エゴイズム”なんです。

いまの見方からすると、こういうことってあるよね、という感じではあるのですが。

この恋愛パターンは、中期三部作と言われる『それから』『門』にも出てきます。
『それから』では主人公代助は友人の妻である三千代に恋愛感情を持つ。
『門』での宗助は、友人の妻であった御米を妻にしている。

『こころ』でKが自殺しなかったらどうなっただろう、という仮定を、『門』の中に見ることもできます。
漱石は、宗助と御米の姦通に対して、宗助夫婦から富を奪い、健康を奪い、三人の子を奪うという、という残酷な刑罰を課しています。
漱石にとって、こうしたエゴイズムの発露は、許せないものだったんです。

当時でさえ、こうした漱石の倫理観には、反発する人もあったようで、谷崎潤一郎などは、若い頃“世の中というのは、もっとふしだらな、ルーズなものではなかったか”みたいなことを言っていたようです。

漱石は人間の心の奥深くに巣くうエゴイズムを暴こうとしました。それを白日の下に晒していけば、人々は反省し、自然で自由な世界へいくことができる。それが、後期の“則天去私”の心境とされています。
晩年の『明暗』を読むと、もっとその漱石流のエゴイズムがわかるかもしれません。

『こころ』は人間の心に潜むエゴイズムを描いた小説である、と、自分の持っている文学事典にも載っていました。

この場合の“エゴイズム”は、
辞書にある“自己の利益を最優先させる態度”と取ればよいと思います。

先生は、Kの恋愛感情を知りながら、Kに自分の気持ちを告げることなく、先回りして、お嬢さんとの仲をまとめてしまった。
この行為が“エゴイズム”なんです。

いまの見方からすると、こういうことってあるよね、という感じではあるのですが。

この恋愛パターンは、中期三部作と言われる『...続きを読む

Q新聞を読む事、また読む人について。 新聞をしっかり読むのは大事な事で、良い事ですが。 しかし、学

新聞を読む事、また読む人について。

新聞をしっかり読むのは大事な事で、良い事ですが。

しかし、学生、未婚者が新聞をよく読んでいると「偉いね。」、「優秀だね。」とか褒められている感じですが、
結婚後は、よく新聞を読んでいる人となると、
「新聞ばかり読んで家事を手伝ってくれない。」とか「社交性や話術に欠ける。」
とか謗られている、何かそんな感じですよね?

結局、読書家や勉強家や文武両道マンは、
社交性や協調性には欠けると言うジレンマがある事は、やはり人間のジレンマとして受け入れるべきですか?

Aベストアンサー

情報入手先としては手軽なので、目を通しますが、そのまま鵜呑みにして受け入れることはありません。
そういうことが新聞に書いてあるという読み方をしますね。

でも、新聞に書いてあることで盛り上がることもあるし、あまりに一般的なことを知らないのも話題についていけないので、社交性や協調性というならレジンマというよりバランスじゃないでしょうか。

Qエゴイズムからの脱出

夏目漱石のこころを読みました。
私たちはどうしたらエゴイズムから脱出できるのでしょうか。

Aベストアンサー

エゴイズムとエゴティズムという語を区別しなくてはならないと思います。

エゴティズムというのが今一般に言われる「あいつエゴイストだよ」という時のエゴを指します。自分のことばかり主張して他人のことを顧みない、いわゆるわがまま者ということですね。
それに対して、エゴイストは、自分のことばかりを考えたり、話したりすることです。要するに、他人のことに関心を払えないということです。

漱石の「こころ」の場合、エゴティズムというのはやむを得ない部分もあるのではないでしょうか。
なにしろ、恋愛感情というものは、そう簡単に止めようと理性では思っても止められるものではないからです。
恋愛において、自己主張をしないとどうなるかは大体のことは察しがつくと思います。
しかし、秩序というのがありまして、道徳だとか倫理だとかというものですね。それを守っていればとりあえずは大丈夫かな、と思います。
それに逆らってまで自分の利益(恋愛成就)をはかるというのは、やはりエゴティズムであるということができるでしょう。
自分の利益抜きで恋愛をする、というのは不可能だからです。

エゴイストというものは、自分の主張をするばかりですから、他人に恋することはあっても、恋愛感情がうまくいくケースが非常に少ないです。つまり相手への気配りをしなくなる、ということがいけないのだと思います。
文学でよくあるのは、自分で禁じられた恋をして、自分ひとりで悩んで、自分で死を選ぶというパターン(若きウェルテルの悩み、など)です。これがエゴイスティックなものであるとすれば、これは悲劇でもあるといえるし、喜劇でもあると言えます。
特にウェルテルでは、ウェルテルの宛てた書簡ばかりが並んでいます。まさに自分は自分は、の主張の連続です。それで挙げ句に他人の忠告を聞かずに突き進む。
これがエゴイズムというヤツです。自分にとって利益がなくても、自説を押し進めてしまうということです。

宗教を持ち出すこともなく明らかなのは、自分の考えに固執しないことです。
自分が正しいと思い込む人は、意外に後で空っぽであることに気付かされるものです。
ギリシャのデルフォイの神殿(神託で有名)の入り口には「汝自身を知れ」という言葉があります。これは自分が分に応じた振る舞いをせよ、ということです。自分が絶対だと思うこと、他人は「俗人」であると思うことが、そもそもの誤りであると考えることが必要です。そのために、他人の言葉に耳を傾けるということは大事なことなのです。

こころを読まれたということで、もしかすると、国語の授業でしょうか。中高生さんだとすれば僕の書いていることは少し論がしっかりと立っていないのでわかりにくいかもしれません。ですから、最後にきわめて単純に要約します。
「【自分が絶対】、ではなく、【自分も相対、他人も相対】、として、自分の意見と他人の意見を同等の立場において判断するように心掛けることが、エゴイズムからの脱却の第1歩です」

エゴイズムとエゴティズムという語を区別しなくてはならないと思います。

エゴティズムというのが今一般に言われる「あいつエゴイストだよ」という時のエゴを指します。自分のことばかり主張して他人のことを顧みない、いわゆるわがまま者ということですね。
それに対して、エゴイストは、自分のことばかりを考えたり、話したりすることです。要するに、他人のことに関心を払えないということです。

漱石の「こころ」の場合、エゴティズムというのはやむを得ない部分もあるのではないでしょうか。
なにし...続きを読む

Qヘレンケラーと私たちはどうして感動を共有できるのか

ヘレンケラーは自伝の中で、自然の美しさについて、たいへんに映像的な表現を使って熱く語っています。又イヴィリン・グレニーという打楽器奏者は、殆ど耳が聞こえないのに、美しい音を感じ、表現し、それを私たちに伝える事ができます。彼女たちと私たちは、どうして芸術や感動を共有することができるのでしょうか?

Aベストアンサー

しろうと考えで答えになるかどうか自信がありませんが、参考までに。

私たち(健常者)でさえ、感動を共有できるかどうか、あらためて考えると少々不安になります。それを「証明せよ」といわれれば不可能かもしれません。

感動的なPという事象について(ひとまず事象Pの存在を疑わないことにして)、A君とB君が体験する感動の内容はまったく違うのは当然ですが、たとえば美しい薔薇とか夕焼けを見る場合、「視覚」という点、「いまそこに、そのときを共有している」という点は共通していますから、「感動を共有する」というとき、ある意味で「その他の点はどうでもいい」というふうに、共有が成立しているのではないでしょうか。

ケラーと感動が共有される場合では、ケラーは薔薇の「手触り」「におい」から「感動を構成する」でしょう(視覚という通路は断たれている)。ケラーはさらに「記憶から色を再構成する」でしょうが、そのとき、むしろ健常者より強烈に「色」を感受しているかもしれんません。
ここで感動に優劣はなく、ただ「違い」があるだけで、それは「感動の共有」にとってどうでもよいことです。

「夕焼け」では「青から赤へ」の色の変化を「気温の変化」から再構成していると思われます。

ただ薔薇の花びらの数を視認することはできません。夕空のはるか遠くをゆっくり流れていく飛ぶ飛行機を視認することはできません。「数」や「金属光沢」そのものにその場で感動することはたぶんできないでしょうが、
健常者ですら、その種の「抽象的」なもJんもへの「感動」をどう構成してきたかといえば、やはり長い生活過程から構成しているにすぎないので、
その意味では、ケラーも、「数」「金属」への感動を構成できるのは当然です。

だんだん曖昧になってきてすみません。
「感動」というのは「人間」であることの証しのひとつですから、ケラーこそ、感動の質は私たちよりきっと強く高く、そして細部にわたって鮮明であるののかもしれませせん。

しろうと考えで答えになるかどうか自信がありませんが、参考までに。

私たち(健常者)でさえ、感動を共有できるかどうか、あらためて考えると少々不安になります。それを「証明せよ」といわれれば不可能かもしれません。

感動的なPという事象について(ひとまず事象Pの存在を疑わないことにして)、A君とB君が体験する感動の内容はまったく違うのは当然ですが、たとえば美しい薔薇とか夕焼けを見る場合、「視覚」という点、「いまそこに、そのときを共有している」という点は共通していますから、「感動を...続きを読む

Q「自責の念」はエゴイズムの産物だと思いますか?

皆さんは「自責の念」はエゴイズムの産物だと思いますか?

私は先日、他の利用者による以下の質問に回答しました。

・自分のことより相手のことを考えるなんてできる?
 http://okwave.jp/qa4851130.html (回答12:fuss_min)

私はこの回答の中で、
「自責の念」はエゴイズムの産物だと書きました。
痴漢でっち上げ事件で、犯人の女が自首したのは、
「でっち上げがバレて、責任を追及されたらどうしよう。」
という恐怖心から来るストレスから
自分を守るという女自身のエゴイズムが、
この女を自首に駆り立てたのだという自説を述べました。

歴史を振り返ると、
権力者達は自分に都合の悪い言動を行う人を弾圧するため、
架空の罪をでっち上げることにより、
無実の市民を逮捕して処刑したりしてきました。
権力者達がこのような残虐な行動をなし得たのは、
権力者達に「自責の念」が無かったからではないでしょうか。
上で述べた痴漢でっち上げ女の場合とは違い、
彼らは最高権力者の地位にあるがゆえに、
どんな悪事でも責任を追及されることが無かったため、
「自責の念」を持つことが無かったと考えます。

ここから私は、「自責の念」というのは
自己保身の欲求という一種のエゴイズムが
生み出す感情であると考えています。

これについて皆さんはどう思いますか?
「自責の念」とは一体どこから来るものだと思いますか?

皆さんは「自責の念」はエゴイズムの産物だと思いますか?

私は先日、他の利用者による以下の質問に回答しました。

・自分のことより相手のことを考えるなんてできる?
 http://okwave.jp/qa4851130.html (回答12:fuss_min)

私はこの回答の中で、
「自責の念」はエゴイズムの産物だと書きました。
痴漢でっち上げ事件で、犯人の女が自首したのは、
「でっち上げがバレて、責任を追及されたらどうしよう。」
という恐怖心から来るストレスから
自分を守るという女自身のエゴイズムが、
この女...続きを読む

Aベストアンサー

自責感というのは、自分で自分を責めさいなむことを言いますが、「自責の念」で思い出すのが、福知山線の事故です。
奇跡的に生き残った乗客の何人かが、あの惨事で大勢の人が亡くなったのに自分だけ生きていていいのだろうか?という念にかられて、精神的に苦悩したことがあります。
周りがあまりにも悲惨な状況で、自分だけポツンとこれからも生きていられること、これは本来「生きていて運がよかった」と喜ぶべきでしょうが、それ以上に「お前だけ生き残って、これからもヌクヌクと生活していける」と思われること、そして、「自分が生きていることで、他の人が一人亡くなったんだ」と思ってしまうことに対する「恐れ」が先行することで、ある種の「申し訳なさ」の意識が生まれて、自責の念に結びついていくのだと思います。
その意識が段々エスカレートしてしまうと、自分に罰を与える自損・自傷行為に至ってしまいます。

前置きが長くなりましたが、そこで、おっしゃっている
>「自責の念」というのは自己保身の欲求という一種のエゴイズムが生み出す感情
ですが、先ほどの福知山線の例を挙げれば、自責の念というのは、確かに見方を変えれば、“自分で自分を責めさいなむ姿を見てもらいたい”“本来生き残って喜んでいいはずなのに、意気消沈している自分を慰めて(誉めて)”みたいなことも言えるかも知れませんが、実際に悲惨な状況に出くわした精神的状況を考えると、(おっしゃっているニュアンスは非常によく分かりますが)必ずしもエゴイズムとは言えないような気がします。
多分、自責の念が自分の中で完結する場合、要するに他人に(自分の感情・心中を)披露する必要がない(その機会がない)場合はエゴは出てこないと思います。
エゴイズムの感情が出るかどうかは、周りの見方、見られ方にかかっているのではないでしょうか。

自責感というのは、自分で自分を責めさいなむことを言いますが、「自責の念」で思い出すのが、福知山線の事故です。
奇跡的に生き残った乗客の何人かが、あの惨事で大勢の人が亡くなったのに自分だけ生きていていいのだろうか?という念にかられて、精神的に苦悩したことがあります。
周りがあまりにも悲惨な状況で、自分だけポツンとこれからも生きていられること、これは本来「生きていて運がよかった」と喜ぶべきでしょうが、それ以上に「お前だけ生き残って、これからもヌクヌクと生活していける」と思われ...続きを読む

Q何ができて、何ができて、何ができたら、何ができるのか。という簡潔な説明が少ない理由について

抽象的な質問で申し訳ありません。

答えがでないところかもしれませんが、
それでもご意見としてお伺いできればと思い質問させてください。

「何ができて、何ができて、何ができたら、何ができるのか。という簡潔な説明が少ない理由について」 教えていただきたいです。

よく挙がる質問でもあるのですが
例えばPC関係の ほにゃららの設定をするには 

「○○を設定してくだださい。 次に ○○を設定してください」 といった風な、何だか「イメージがわかない指示だけのようなもの」が多いのは一体何故でしょうか?

「まず、何ができて、何ができて、何ができたら、何ができるのか。」という「専門知識が無い人でも流れをイメージできる説明」が無い(少ない)のですが、これは何故ゆえに起こるものなのでしょうか?

(そういうことがあるから「噛み砕いた教科書やサイトの類が必要になってくる」)のだと予想されますし・・・

個人的ではあるのですが
「何ができて、何ができて、何ができたら、何ができるのか。」的な前提の話があるだけで、相手の理解度も変わってくると想うのですが。

ふと想ったのですが、私も含め、人って「簡潔に説明するのが苦手」なのではないでしょうか?(苦手なところがある?)

国会会議なんかでも
「第三者が聞いても、ちょっと何いってるのかわけのわからない言葉」が多いですし「説明しているような感じはするものの、言っていることがさっぱりだったりと・・・」

またそうしてしまうべくあるのは
「人の精神の性質上」なのでしょうか? 
それとも「単に土地の風習によるもの」なのでしょうか?

「普段の生活から、別に特別、誰かに分かってもらわなくてもいい」的なメンタルが反映された結果、そういう状態が起こっているのかな?ということをふと思った訳です。

もとより「相手に分かってもらおうとすることを前提としていないからこそ、相手もまた分らないものができてしまう(相手がわからない説明ができてしまう)」のではないのだろうかと。

抽象的な質問で申し訳ありません。

答えがでないところかもしれませんが、
それでもご意見としてお伺いできればと思い質問させてください。

「何ができて、何ができて、何ができたら、何ができるのか。という簡潔な説明が少ない理由について」 教えていただきたいです。

よく挙がる質問でもあるのですが
例えばPC関係の ほにゃららの設定をするには 

「○○を設定してくだださい。 次に ○○を設定してください」 といった風な、何だか「イメージがわかない指示だけのようなもの」が多いのは一...続きを読む

Aベストアンサー

>何ができて、何ができて、何ができたら、何ができるのか。という簡潔な説明
>「○○を設定してくだださい。 次に ○○を設定してください
両方の対立させておられる文章を何度も読み比べて、質問者様の仰る論点を推理しているのですが、お手上げです。それで論点らしい一般的にわかりにくいといわれるコンピューターソフトのマニュアルの問題について私見を述べてみようと思います。

確かに、私もワードとかいくつかのキャドなどの市販のぶあつい説明書を何冊も買って利用しようとし、結局投げてしまった経験があります。
今では、そういったマニュアルは買わないことにしています。
多くの回答者様が述べておられるように、それらはかなり基本のわかった人間向けの特殊な専門書として考えればいいのだろうと今は思っています。コンピュータの基礎がわかった一握りの人間向けということなのでしょう。もちろん作成者がそう意識していたかどうかわかりませんが、初歩のひとに理解させるようなマニュアルを書く力量が彼らにはないのだろうと思えるふしがあります。

われわれがパソコンをなんとか操作できるようになったのは、文書を読んで習得したのではなく、わかった人間について、具体的に最初の操作から教わった結果だと認識しています。言葉を介してではなく、具体的なものの動きを視覚で理解したのだと思います。

言葉の効力は話したり書いたりする立場の人が文章を作り、読んで理解する立場の人がその文章を読んでそれを自分なりに理解することで成り立ちます。そういったお互いのコミュニケーションが成り立つためにはある程度の共通の言葉の知識と文章構成力と文章理解力が必要ですが、現状ではこのお互いの力量が弱ってきているということが仰る問題点の原因のひとつになっているのだろうと思います。そのために街のパソコン塾が繁盛するのでしょう。
根本的な原因のひとつとして、日本人特有の言葉の軽視、腹芸の重視ということがあげられます。もともと日本人はきちっとことばでものごとをしっかり説明し、受け止める習慣がなかったのではないかと思えるふしがあります。

国会での無意味な言葉のやりとりは上の原因もあるでしょうが、また別の問題かもしれません。ここでは論じません。

>ふと想ったのですが、私も含め、人って「簡潔に説明するのが苦手」なのではないでしょうか?(苦手なところがある?)
簡潔でなくとも、わかりやすく説明できればいいのです。これはあたっていると思います。
>人の精神の性質上」なのでしょうか? 
そういうことはないと思います。
>「単に土地の風習によるもの」なのでしょうか?
日本ではある程度そういうことが言えると思います。
>普段の生活から、別に特別、誰かに分かってもらわなくてもいい」的なメンタルが反映された結果、そういう状態が起こっているのかな?
そんあことはないでしょう。
最近私はどこもの携帯電話を買いましたが、これについてきた大部の取り扱い説明書は、結構わかりやすいですよ。例外のないものはないという例の一つだと思います。
ご参考まで。

>何ができて、何ができて、何ができたら、何ができるのか。という簡潔な説明
>「○○を設定してくだださい。 次に ○○を設定してください
両方の対立させておられる文章を何度も読み比べて、質問者様の仰る論点を推理しているのですが、お手上げです。それで論点らしい一般的にわかりにくいといわれるコンピューターソフトのマニュアルの問題について私見を述べてみようと思います。

確かに、私もワードとかいくつかのキャドなどの市販のぶあつい説明書を何冊も買って利用しようとし、結局投げてしまった経験...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報