今年の3、4月頃に購入した灯油が
残りました。それで、11月に入ってから
ファンヒーターに使っていたのですが、
そのファンヒーターが壊れてしまいました。

多分残った灯油を使ったのが原因だろうと
思われます。(それ以前にもう10年位
使用してるらしいので、限界がきたんだろうとは
思うのですが)なので、新しいファンヒーターを
買うにあたり、残った灯油を処分する事に
しました。

あと6リットル位残ってると思うのですが、
何か処理する方法はないですが?できれば
ファンヒーターに使いたいんですが、また
壊れたりすると嫌ですし。

ちなみに灯油は赤いポリタンクに入れて
日の当たらない所(玄関)に置いておきました。
で、10リットル分位はファンヒーターに
使いました。(最初はなんともなかった)
だからまだ使えると思ったんですけど、
やっぱ夏を越えると使えない物なんですかねー。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 灯油は経年変化することがあります。

普通水と油は混ざらないものなんですが、乳化現象と言って白濁することがあります。(マヨネーズですね。)こういったものは使わない方がよいと思います。もちろん使ってもいい場合もありますが、6リットルの灯油の値段とファンヒーターの値段なり修理代なりを比べれば、あえてリスクを犯す必要はないと思いますが、どうでしょう。新しい燃焼機器ならそれだけで、保証がストップする可能性もあります。

 それから、灯油は暗所に保管されていたようですが、管理の悪いスタンドによってははじめから水が入っていることもあります。滅多にはないでしょうが、一度計量器の中に水が入ってしまうと、徹底的に分解掃除しないとすこし(20リットルでおちょこ1杯くらい)づつ出てきます。油を購入されるときは、値段が多少高くてもマンホールや検知管に泥がたまっていず、通気管にしっかりした地下タンク検査会社のステッカーがはってあるところにしましょう。(全部がそうだと思いたいですが)

 そんなときの油の処理ですが、ガソリンスタンドにお願いしてみてはどうでしょう。スタンドには廃油設備があり2Kリットルほどの大きさの地下タンクを入れているところがほとんどです。ガソリンは投入できませんが、灯油ならOKです。

 これは定期的に廃油業者が回収に来て、再生重油としてリサイクルさせるための材料となっているところがほとんどですので、いつも使われているスタンドがあれば相談されてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

廃油設備があったなんて、全然知らなかった!
目からウロコ状態です。そんな簡単に処理できる
なんて・・・。おかげで解決しました。
ほんと、ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/25 12:16

 少量の危険物の処理に関しては、有料で産業廃棄物処理業者へご依頼されるのが本来の方法です。

スタンドに関しましては、昨今の不景気の影響を一番受けている業種でして、オイル交換などの油外収益でなんとか食いつないでいるところがほとんどです。廃油タンクは、そのオイル交換の際に必要な、大事な設備ですので、2,3リットルの処理でも断られるところも多いかと思います。

 もし、ごく少量の危険物の処理に関して受けてもらえるところはスタンド側の格別の好意によるものです。そのようなスタンドは、他にもこちらが困ったときにお客の立場に立って相談にのってくれるところだと推測できますので、わずかばかりの商品の値段の差にこだわらず、これか
らも末永くご贔屓下さいますようお願いします。

 私はスタンドの関係者ではないのですが、公的性格の強いこのような場で、仲間内の会話のつもりで書いてしまいました。反省です。前の私の回答と合わせてお読み下さい。ほんとにすいません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

何度もご丁寧にありがとうございました。
ちょっと急いでいたもので、前回の回答を見て
すぐにスタンドに持っていってしまいました。
その後この回答を見たもので・・・。すみませんでした。

結論は、スタンドで処理してもらい、新しい物を
購入しました。そのスタンドは昔兄が働いていた
ところなので、兄に確認したら「処理して
もらえるよ」との事だったので、頼んだのです。

その時兄に何も言われなかったので、poor
Quarkさんがおっしゃってたスタンドの事情が
あるなんて知らなかったのです。ごめんなさい。

でも今回の事で勉強になりました。今後は気をつけます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/27 17:48

>日の当たらない所(玄関)に置いておきました


通常ならこの保管方法でそれほど劣化しません。
ご心配ならば、少量ずつ新しい灯油に混ぜて使いましょう。
混ぜる割合の目安は根拠が無いのですが、一割程度ではいかがでしょうか。
ファンヒーターが壊れた理由がわからないので、灯油との因果関係の疑いが払拭できませんが、少量混ぜるくらいで影響が出ることは無いと思います。
不安ならば、灯油の販売店に持っていって臭いをかいでもらいましょう。
専門家の判断が一番確実なのは言うまでもありません。
処理方法も良い意見が聞けるかもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ファンヒーターが壊れた理由はその他にも
たくさんあるので(笑)一概に灯油のせいとも
言い切れないとは思うのですが。
確かに専門家に見てもらうのが1番確実ですよね。

お礼日時:2001/11/25 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燃料の引火点について

 ガソリン・灯油・重油などが混ざってしまった廃油があります。引火点は5℃程度です。
 引火点を高く出来れば灯油代替燃料(引火点21℃以上)、重油代替燃料(引火点70℃以上)として利用できるのですが、薬品の添加などによって引火点を高くすることは可能でしょうか?
 蒸留設備など大掛かりなものを使用せずにリサイクルできれば、方法は薬品の添加にはこだわりません。

Aベストアンサー

 油の引火点は、最も揮発性の高い成分で決まります。
 具体的には蒸留試験の初溜点に連動します。
 重い成分で薄めても、引火点はそれほど上がりません。
 揮発性の高い一部成分を除く事が早道だと思います。

Q90Lの灯油タンクから直接灯油ファンヒーターのタンクに給油して大丈夫なのか?

今年の3月に今の賃貸マンションに引っ越してきました。ついてるストーブがガスだったのでこれを使わないで、灯油ファンヒーターを使うことになりました。
それで、主人がいちいち灯油を買いに行くのがめんどうなので、知り合いから90Lの灯油タンクをもらってきて、配達をしてもらおうとゆうことになりました。もともと室内で使ってたのを外に置いています。このタンクからストーブのタンクに給油するんですが、もともとついてる黒いホースから給油してるので4Lのタンク満タンにするのにたぶん10分くらいかかります。(ちょろちょろしか出てこないので)どなたかこのような使い方してる人いますか?もし使ってるのであれば、灯油が出てくるスピートを早くする方法はないのでしょうか?この調子じゃ真冬に給油するのに、20分以上外に出てなければならないので・・・。

Aベストアンサー

  こんにちは。

 電動ポンプを使用してみたらどうでしょうか。
探してみましたが、最大で一分間に50リットル排出する能力のポンプがありました。

 これでしたらすぐに給油できると思います。

 サイトを貼っておきます。
参考までにどうぞ↓

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/ponpu/524849/527533/

Q燃料の引火点について。

引火点とは、燃焼が始まるのに十分な燃料が気体中にある温度のことをいうことまでは理解できました!
しかしながら、燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。
また、
ガソリンの引火点は     >-45℃
軽油の引火点は       >62℃
バイオディーゼルの引火点は >100℃
とかなり幅があるのですが、これはなぜでしょうか?
お返事よろしくお願いします。

Aベストアンサー

引火点(いんかてん、flash point)とは、可燃性の液体物質が空気と可燃性の混合物を作ることの出来る最低温度である。


燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。

 使いかによります

 ガソリンは火花によって点火するガソリンエンジン向けに作られている。 この場合、ガソリンは点火される前に、燃焼できる範囲の中で空気と混合され、引火点より高い温度まで加熱され、それから、点火プラグで着火される。
 ガソリン燃料は、エンジンの熱によって点火の前に火がついてはいけない。したがって、ガソリンには低い引火点と高い発火点を持つことが要求される。
 
ディーゼル燃料は、圧縮比の高いディーゼルエンジン向けに作られている。 ディーゼルエンジンでは、空気は、ディーゼル燃料の発火点を上回るまで圧縮される。その後、燃料は高圧で吹き付けられ、再び燃料と空気が燃焼し始めない範囲のうちに保たれる。

 ディーゼルエンジンには、点火源がない。したがって、ディーゼル燃料には高い引火点と低い発火点を持つ事が要求される。


 とかなり幅があるのですが、これはなぜでしょうか?

 成分が違うから引火点が違います
 使用する目的に合わせて、成分を替えているからです

引火点(いんかてん、flash point)とは、可燃性の液体物質が空気と可燃性の混合物を作ることの出来る最低温度である。


燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。

 使いかによります

 ガソリンは火花によって点火するガソリンエンジン向けに作られている。 この場合、ガソリンは点火される前に、燃焼できる範囲の中で空気と混合され、引火点より高い温度まで加熱され、それから、点火プラグで着火される。
 ガソリン燃料は、エンジンの熱によっ...続きを読む

Q石油ファンヒーターの古灯油

今年の3月まで使っていたのですが残りを燃やしても良いでしょうか。
1 ストーブのタンク内にいっぱいに詰まっている灯油
 
2 ストーブのタンク内に若干残っている灯油

3 玄関先にある15リットルほどもある金属製灯油缶にいっぱいに詰まっている灯油

安全な順位性とか、
不具合が起きる場合はどういう不具合か(臭い、中毒、ストーブの芯などを傷めるなど)
などを教えてください。

Aベストアンサー

安全な順位は3>1>2です。

夏場に容器ごと直射日光にさらしたとか高温化で保管したとかがなければいずれも大丈夫ですが、一番不安定な2については少量ですから屋外で完全燃焼させてしまった方が安心ですね。

Q水溶性の引火性液体を水に溶かした場合の引火点など

水溶性の引火性液体を水に溶かした場合の引火点や発火点などは、おそらく低くなると思うのですが、どれだけ低くなるか、ということを計算で求めることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>おそらく低くなると思うのですが

逆だと思います。

「引火点が低くなる」ということは「低い温度で引火する」ということですから「引火しやすくなる」と言っていることになります。アルコールに水を混ぜれば燃えにくくなると考えるのが素直ですね。

引火という現象が起こる条件はその温度での蒸気圧が燃焼限界の下限を超えているということです。
加熱すれば蒸発は盛んになりますから蒸気圧は大きくなります。低い温度で蒸気圧が燃焼限界に達していなくても加熱すると蒸気圧が燃焼限界に達するようになります。そうなると火源を近づければ火がつくということです。
エタノールに水を混ぜればエタノールの蒸気圧は小さくなります。その分加熱によって蒸気圧を稼ぐ必要がありますので引火点は高くなるでしょう。

混合溶液の蒸気圧について調べてもらうと参考になるでしょう。
第一近似としては蒸気圧は濃度に比例して変化すると考えればいいです。
その分加熱が必要になりますが蒸気圧の温度変化の式が必要になります。

計算が面倒であれば蒸気圧表を利用すればいいでしょう。

80%のエタノールだとします。
蒸気圧は100%の時の値の0.8倍になります。
引火点は100%を前提にした値です。その値を t℃ とします。
蒸気圧表でt℃の蒸気圧がいくらになるかを調べます。その圧力をPとします。
蒸気圧がP’=P/0.8 になるような温度 t'℃ を表から求めます。
t'℃ が 80%溶液の引火点 だとしていいでしょう。

>おそらく低くなると思うのですが

逆だと思います。

「引火点が低くなる」ということは「低い温度で引火する」ということですから「引火しやすくなる」と言っていることになります。アルコールに水を混ぜれば燃えにくくなると考えるのが素直ですね。

引火という現象が起こる条件はその温度での蒸気圧が燃焼限界の下限を超えているということです。
加熱すれば蒸発は盛んになりますから蒸気圧は大きくなります。低い温度で蒸気圧が燃焼限界に達していなくても加熱すると蒸気圧が燃焼限界に達するようになります...続きを読む

Q灯油の販売はなぜ18リットル?

ふと疑問に思ったのですが18ってずいぶん中途半端じゃないでしょうか?

Aベストアンサー

一斗缶(18リットル入りの四角い缶)での扱いのためでしょうね。

サイズ・価格・汎用性から多くの業界で一斗缶は使われていますし
日本では伝統的に液体モノは升や合を単位としていて、リットル単位が普及したのは割りと最近の話です。
その辺の事情からおなじみの赤いポリタンクの容量も18リットル=1斗(10升)となったようです
(もっとも最近では少し大目の20リットルポリタンクもあるようです)

ただし、他の方の回答にもあるとおり、1リットルだけでも売ってくれます。
また適切に整備されたボイラー設備などの燃料タンクになら、200~300リットルでも売ってくれます
(移動販売用のタンク車でやってきて、ホースをつないでドドド~と入れていってくれます。)

Q引火点について

マニキュアとか除光液の引火点を知りたいんですが。

Aベストアンサー

まずは除光液などの成分が何か?ですが、化粧品成分辞典
http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm
によると、アセトン、エタノール、酢酸エチル、などが使われているようですね。

これらは皆かなり引火点が低いですが、最も低いのはアセトンでしょう。測定方法により値が違いますがマイナス20℃という値もあります。
酢酸エチルがマイナス3℃、エタノールは13℃です。
引火点以上では近くに火気があると引火する、という意味です。

除光液などの場合、何種類かの成分が混合されていると思いますので一概に引火点が何℃くらい、とは言いにくいですが、かなり低いことは間違いないでしょう。

ところで、これはご質問者さんとは関係ありませんが、先日飛行機で隣の席に乗り合わせた若い女性が、機内でマニキュアを塗り始めたんです。
もう、臭くて臭くて気分が悪くなりました。飛行機では逃げられませんし、まいりました。よっぽど注意しようかと思ったのですが、「言ってわかるような人なら始めからここでは塗らんだろう」と思い、結局何も言えずじまいでした。

臭いし、引火しやすくて危険なので、これを読んだ方は人が密集している場所や換気の悪い場所でマニキュアを塗るのはどうかご勘弁していただきたい。
国内線は機内が禁煙になって快適になりましたが、禁マニキュアにもしてもらわないと・・

参考URL:http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm

まずは除光液などの成分が何か?ですが、化粧品成分辞典
http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm
によると、アセトン、エタノール、酢酸エチル、などが使われているようですね。

これらは皆かなり引火点が低いですが、最も低いのはアセトンでしょう。測定方法により値が違いますがマイナス20℃という値もあります。
酢酸エチルがマイナス3℃、エタノールは13℃です。
引火点以上では近くに火気があると引火する、という意味です。

除光液などの場合、何種類かの成分が混合されていると思いますので...続きを読む

Q灯油・ガソリンを2リットルくらい買いたい。

 灯油・ガソリンを2リットルくらい買いたいんですが、買えますか?。

Aベストアンサー

もちろん買えますよ。
 灯油であれば専用のポリ容器、ガソリンであれば専用の赤い缶がホームセンターで売ってます。
 それをもってガソリンスタンドで灯油2リットルって言えば入れて売ってくれます。
 私は雪国に住んでますので、灯油はファンヒーター、ガソリンは除雪機のエンジン用に買ってます。
 ちなみに雪国ではホームセンターで灯油も売ってます。

Q1%エタノールの引火点

1%エタノール水溶液の引火点をご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

重量比で水99、エタノール1であっても、体積比であっても、常温常圧、酸素濃度20%では、発火しないと思います。

これを100%酸素にしたり、高圧にして酸素濃度をアップすると燃焼可能になりますが、結構厳しい条件になります。

他に溶剤として、引火し易い溶媒に1%エタノールなら、その溶剤の発火点の条件程度で引火しますが、実験しないと希釈されたものは特別なもの以外、記載がないと思います。70%の消毒用なら日本薬局方に記載がありますので、調べてみてください。

Qストーブって1リットルの灯油で何時間くらいつけてられるでしょうか

家にある石油ストーブのことですが、灯油1リットルで何時間つけられるでしょうか?

サイズは普通くらいでしょうか。灯油タンクは3.6リットル入るようになってます。

だいたいでいいので、どれくらいの燃費かわかるかたお願いします。

Aベストアンサー

満タンで10~12時間ぐらいだと思います。
3~4時間じゃないでしょうかね。


人気Q&Aランキング