スジエビは肉食で小魚を襲うなどとホームページ書かれていているのを見たんですけど実際どうですか?あの小さいはさみに騙されてはいけないのでしょうか?今45cm水槽でビーシュリンプ、ミナミヌマエビとオトシンクルスを飼育してるのですが新しいメンバーにスジエビを加えようと思ってるんですが、水槽の平和が崩れるのであればやめようと思います。スジエビを飼育された経験のある方意見を聞かせてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

面子を見る限り、いわゆるプランツアクアリウムなのでしょうか?



エビは餌となるコケがなくなれば水草を食べますので、45cm水槽ならば現状で定員ぎりぎりかオーバーではないでしょうか?
またスジエビはコケよりも肉食系なので餌を要します。すると水質悪化の遠因になります。
私が飼育している時はタブレットの餌を与えていましたので魚に被害はありませんでしたが水は結構汚れたと…記憶しています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビーシュリンプ+混泳の60センチ水槽の水質

水槽の水質管理で詳しい方に質問します。現在60cm水槽で水草とビーシュリンプ×12、ミナミヌマエビ×多数、アルジーライムシュリンプ×多数、ネオンテトラ×6、オトシンクルス×1、オトシンネグロ×5、クーリーローチ×1を

飼っています。
ろ過は外部ろ過器エーハイムエコ コンフォート2236にエーハイムサブフィルターです。
水温はZCー100クーラーにて25度をキープしています。
CO2はAQUA CO2SYSTEMフルセットに電磁弁を接続してタイマーとテトラLEDを接続していました。

その後、pHコントロールを考え、アクアギークFUKUROWコントローラーとCO2SYSTEMを接続しpHを6.7~6.9を維持することにしました。
pHの次に硬度KHが気になりだしたので、アクアの試薬にて測定したらKH値は13でした。個人的にはもう少し軟水の方がいいと判断し、マジックリーフを1枚投入しています。

上記の生き物に対しての水槽の管理方法で悩んでいるのは、CO2の管理を電磁弁にてLED点灯と連動していたところを、pHコントローラーにチェンジした事です。よく考えると、植物は光によって光合成する訳で、現在はLEDが点灯していなくてもCO2が出ている状態です。しかしながら、pH値が理想のpH6.9以上になる事がしばしばなので現在のシステムに変えました。

果たして、これでいいのか?、、、分からなくなりましたのでベストな管理方法を教えて下さい。

長文にて大変失礼いたしました。よろしくお願いします。


補足
マジックリーフ投入後二日経ちましたので総硬度の変化を見ると共に、炭酸塩硬度とpHの現在の数値を添付します。
総硬度(GH)=12°dH
炭酸塩硬度(KH)=3°dH
pH=6.92

以上です。よろしくお願いします。

水槽の水質管理で詳しい方に質問します。現在60cm水槽で水草とビーシュリンプ×12、ミナミヌマエビ×多数、アルジーライムシュリンプ×多数、ネオンテトラ×6、オトシンクルス×1、オトシンネグロ×5、クーリーローチ×1を

飼っています。
ろ過は外部ろ過器エーハイムエコ コンフォート2236にエーハイムサブフィルターです。
水温はZCー100クーラーにて25度をキープしています。
CO2はAQUA CO2SYSTEMフルセットに電磁弁を接続してタイマーとテトラLEDを接続していました。

その後、pHコントロールを考え、アクアギー...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

ソイルは何をお使いですか?

60センチ水槽は規格水槽ですか?

水草といっても種類は豊富ですが何を入れていらっしゃいますか?

とは書きましたが、生体が多いですね。

あえてCO2を導入しなくてもよい感じもしますが・・・・

あまり数値を気にするあまりにストレスになられませんように。。。。

自分はビーだけでモスを入れていますが、ほとんど放置状態で元気に居てくれています。

Qシュリンプを少ない数で飼育・・・エサについて & 水槽ライト &ソイル掃除について

まとめて3つ質問させて下さい。

20cmキューブ(6リットル)にビーシュリンプ4匹、ラムズ4匹いるのですが
えさを入れると一番大きいビーがエサにしがみつき
他3匹がくると、追い払う始末です。
5時間ほど様子を見ましたが、ずっとこうなので
エサから引き離し、水槽内のエサを少し分割したところ
全員にいきわたったようでした。

しかし、毎日タブレットを小さく四等分となると
面倒です。

そこで、「1匹1粒」と銘打ってるエサないでしょうか?


あと、水槽用小型ライトですが
水槽用は2000円強しますが、同じようにふちに挟める普通のライトは
1000円程度で手に入るのですが、
やはり水槽用は何か違うのでしょうか?

蛍光管も、水槽用は高いですが
20w型18wなら100均でも売ってるんですが、
やはり光量の違い以外に、何か差があるんでしょうか?
魚にどくな物質とか。。。

あと、ソイルの掃除はしてはいけないとよく見かけますが
底床掃除せず、ソイル上面の気になるごみだけ取り、
半年でリセット。
日常の換水は、上の方の水を1/3程度と思ってます。
こんなんで良いんでしょうか?

宜しくお願いします。

まとめて3つ質問させて下さい。

20cmキューブ(6リットル)にビーシュリンプ4匹、ラムズ4匹いるのですが
えさを入れると一番大きいビーがエサにしがみつき
他3匹がくると、追い払う始末です。
5時間ほど様子を見ましたが、ずっとこうなので
エサから引き離し、水槽内のエサを少し分割したところ
全員にいきわたったようでした。

しかし、毎日タブレットを小さく四等分となると
面倒です。

そこで、「1匹1粒」と銘打ってるエサないでしょうか?


あと、水槽用小型ライトですが
水槽用は2000円強...続きを読む

Aベストアンサー

エビ君は、餌の独り占めするんですよ。
私もponpokori様とまったく同様に、タブレットを小さく割って、水槽の角に置いています。
その他に、最近生まれたチビエビにも餌が回るように、100円ショップで擂り鉢と擂り棒を購入し、魚の餌、クリルやフレークを擂り潰して、水槽水で溶かして、スポイトでウィローモスなど色々なところに撒いています。
> しかし、毎日タブレットを小さく四等分となると面倒です。
> そこで、「1匹1粒」と銘打ってるエサないでしょうか?
私も欲しい。(笑)
餌割は拙宅の休みの日の内職になりました。

水槽照明は、水槽内の水草が「エビたちに食べられても良いや」位の気持ちで、あまり、水草育成に力を入れていないのならば、100円ショップの品物でOKです。
注意点は、小水量に対し、20W蛍光灯は充分な熱源になります。
これからの時期からならば来年の初夏までは問題ないと思いますが、夏場は高水温に注意が必要です。
水草育成を目指す場合は、普通の室内照明用蛍光管ではなく「高演色蛍光管」をオススメします。
人間が明るいと感じる光成分と、水草たちが成長のために必要としている光成分は違います。
100円ショップの蛍光管の仕様(演色性や分光分布)が分からないと、水草育成用には使えません。
詳しくは、こちらのNo.2をご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3367117.html

小水量の水槽は、標準サイズに比べて、ソイルの有無に係わらず崩壊時期は早めになる傾向があります。
ですが、ソイル自体は、半年で粉化するものでは無いので、半年でリセットは短いと思います。
水槽が崩壊していないのならば、せめて1年は持たせましょう。
私は、普段、スポイトによるゴミの吸出しと、あまりに汚い時は、9ミリ径ホースを使って表面を薄く剥ぎ取るように吸い出しています。
吸い込み水量調整は、ホースを折って行ないます。
その後注意深く新しいソイルなどを追加しています。
ちなみに、同じ水量の水槽でエビと魚を比べると、ビーシュリンプなどの小エビの飼育数は小魚の3倍程度飼育できますよ。

エビ君は、餌の独り占めするんですよ。
私もponpokori様とまったく同様に、タブレットを小さく割って、水槽の角に置いています。
その他に、最近生まれたチビエビにも餌が回るように、100円ショップで擂り鉢と擂り棒を購入し、魚の餌、クリルやフレークを擂り潰して、水槽水で溶かして、スポイトでウィローモスなど色々なところに撒いています。
> しかし、毎日タブレットを小さく四等分となると面倒です。
> そこで、「1匹1粒」と銘打ってるエサないでしょうか?
私も欲しい。(笑)
餌割は拙宅の休みの...続きを読む

Qレッドビーシュリンプ ソイル選びについて

今現在、多くの種類があるソイルについて質問なのですが。
レッドビーシュリンプを育成・繁殖させるには、どのソイルが適していると思いますか?

また、みなさんがどのようなソイルを使用して、成功した・失敗した
などお聞かせいただきたいです。

Aベストアンサー

ビーシュリンプ水槽の場合、ADA社のアマゾニアの使用者が多いようです。
http://www.adana.co.jp/jp/products/na_substrate/aqua_soil/

ソイルを使用する場合の注意点というか、失敗やトラブルは、亜硝酸の発生によりエビが中毒死すること。
ソイルは、主に黒土を粒状態に焼き固めて肥料成分を添加した水草育成用の低床材。
そして、ソイルは水槽に投入した直後に、肥料成分が有毒な亜硝酸を発生させます。
水槽内に発生する亜硝酸を硝化し無毒化するニトロバクター属の濾過バクテリアが水槽内に繁殖していないと、エビが中毒死する危険性があります。

以上より、新規でエビ水槽を立ち上げる場合。
はじめに約一ヶ月ほどパイロットフィッシュを数匹飼育し、水槽内にアンモニアや亜硝酸を硝化する濾過バクテリアを自然発生定着させた方がエビにとって安全です。

その後、エビと混泳させる予定ならば、パイロットフィッシュは体長3cm以下の小形魚が良いでしょう。
例えば、レッドテトラやボララス類ならば安心して混泳出来ます。

エビの繁殖を狙う場合は、魚との混泳は出来ませんから、パイロットフィッシュはメダカでも何でも構いません。
そして、パイロットフィッシュはエビと入れ替えで、別の水槽へ引っ越して貰うことになります。

なお、ビーシュリンプの飼育に、低床材は砂や小砂利でも問題ありません。
砂や小砂利は、肥料成分が無いため亜硝酸が発生する危険性も低くなります。
基本的に飼育水の水質(pHや高度)に変化を与えない低床材ならば何でも使用可能です。
極端にpHを酸性やアルカリ性に引っ張る低床材は不向きです。

ビーシュリンプ水槽の場合、ADA社のアマゾニアの使用者が多いようです。
http://www.adana.co.jp/jp/products/na_substrate/aqua_soil/

ソイルを使用する場合の注意点というか、失敗やトラブルは、亜硝酸の発生によりエビが中毒死すること。
ソイルは、主に黒土を粒状態に焼き固めて肥料成分を添加した水草育成用の低床材。
そして、ソイルは水槽に投入した直後に、肥料成分が有毒な亜硝酸を発生させます。
水槽内に発生する亜硝酸を硝化し無毒化するニトロバクター属の濾過バクテリアが水槽内に繁殖していな...続きを読む

Qアロワナ飼育のため水槽のサイズアップに伴う水槽台の変更について

現在1200*450*450のガラス水槽を専用の水槽台に設置し、アロワナ(紅尾金龍20cm)を飼っています。このままで生涯飼育するつもりだったのですが、1200*600*450のアクリル水槽にサイズアップを検討中です。その際、現在の水槽台に天板(底板?)をおき、そのまま利用することは可能でしょうか?そもそも変更なしでも生涯飼育は可能なんでしょうか?実際に同条件で飼っていらっしゃる方の意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

アロワナを育てたいのであれば、最終的に180×60×60が理想だと思います。
(今は大丈夫でも)無理に小さな水槽で飼うと鰓がめくれてきたり
発育不良で死んでしまうケースも多いようです。
現在20センチであれば、当分は大丈夫でしょうが、水槽のサイズアップ
をこまめにするより、次の買い換えである程度の大きさにすることを勧めます。

>小さな水槽台に板を利用して大きな水槽を置けるか?
今使っている台がどの程度の強度があるか分かりませんが、
<1200*600*450>の総重量は300kgを超えますよね?
歪みが出ると、ガラスであれば底が割れ、アクリルであれば
つなぎの部分がはがれて、水槽が崩壊します。

300リットル近くの水をぶちまけたくなければ、
水槽より小さな水槽台は止めるべきです。
(最初からその設計で作られているものであれば大丈夫でしょうが・・・)

Qビーシュリンプとの混泳

前にここで質問をして、ビーシュリンプを飼い始めて、約1ヶ月が経ちました。
1リットルのボトルアクアのはずが、結局8リットルの円形ガラス容器(要はおしゃれな金魚鉢?)にピタッと●温の1Wで、室内とはいえ、なんと最低水温は20度を切らない状態が保たれ、購入した11匹のビーくん達は、1匹も落ちずに頑張っています。ろ過は自作底面フィルターのエアリフトでエアを多少抑えめにしています。
が、ここでまた問題が発生しました。
飼い始めた直後からミジンコの様なものがたくさん発生して、治まる気配がありません。よく見ないとわからないのですが、家人が気持ち悪がって、「外に出せ」と言います。よく見なきゃいいのにとも思いますが、熱帯魚関係では、日々迷惑をかけているので、あまり強くも出れません。
そこで、ビーくん達には大変申し訳ないのですが、何か、魚を入れてミジンコ退治をしようかと考えています。
水温が低いことと捕食の可能性を限りなく低くすることを考え、アカヒレを買ってきて2匹くらい入れてみようかと思うのですが、いかがなものでしょうか?
メダカはウチにいるのですが、鑑賞も目的とした水槽のため、少しでも派手めの魚と思いアカヒレと思ったのですが、他に何かいい候補やアイデア等ありましたらアドバイス頂ければと思います。

前にここで質問をして、ビーシュリンプを飼い始めて、約1ヶ月が経ちました。
1リットルのボトルアクアのはずが、結局8リットルの円形ガラス容器(要はおしゃれな金魚鉢?)にピタッと●温の1Wで、室内とはいえ、なんと最低水温は20度を切らない状態が保たれ、購入した11匹のビーくん達は、1匹も落ちずに頑張っています。ろ過は自作底面フィルターのエアリフトでエアを多少抑えめにしています。
が、ここでまた問題が発生しました。
飼い始めた直後からミジンコの様なものがたくさん発生して、治まる気...続きを読む

Aベストアンサー

アカヒレは決して温和な魚ではありませんよ。

今の環境でしたらエビは底面にいるケースが多いので、水面を泳ぐランプアイやクラウンキリーなどが鑑賞面でも最適かと思います。
特にクラウンキリー(P.アニュレータス・カセウイ)は模様もビーシュリンプに似ている所があり、大きくならず水温20度有れば問題ないでしょう。ペアで入れれば繁殖も可能ですし、生まれた稚魚には水槽内で発生する微生物は最高のえさになりますね。

既にNO1の回答者様が書いてあるように、水槽内で微生物が発生することは水が良い証拠で、普通は駆除しないものです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報