10%の食塩水350gに
3%の食塩水を何グラム加えると
5%の食塩水になるか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

塩の量/(食塩水)*100=%



まず、350gの10%の食塩水の食塩の量は?
 350*0.1=35 食塩:35g

3%の食塩水と食塩の割合は?
食塩水 Xg に対し 食塩0.03Xg

10%の食塩水350gに3%の食塩水 Xg を混ぜると?
その塩分量は (35+0.03X)g
その食塩水量は(350+X)g

(35+0.03X)/(350+X)*100=5
(35+0.03X)*100=5*(350+X)
3500+3X=1750+5X
3500-1750=5X-3X
1750=2X
X=875

答えは875g
    • good
    • 0

 何かの問題のようですのでヒントだけ。



 10%の食塩水 350g中の食塩の量 A gは,350gの 10%ですから分かりますね。

 3%の食塩水をXg加えるとすると,その中の食塩の量 B gも分かりますね。

 最後に,上の2つを混ぜてできる5%の食塩水の全量 D gと,その中の食塩の量 C g(D gの5%)も分かりますよね。

 以上の食塩の量 A, B の合計が C になりますから,方程式ができますね。これを解いてXを求めればお終いです。さあ,頑張って!
    • good
    • 0

加える食塩水の重さをxとし、


まず、それぞれの溶質の重さを計算します。
溶質の重さ=水溶液の重さ×濃度÷100なので
(1)10%の食塩水350gのばあい
350*10/100 = 35
となり、
(2)3%の食塩水は
x*3/100 = 0.03x
となります。
この二つの合計((1)+(2))が
(3)5%の食塩水の溶質の重さとなります
(350+x)*5/100 = 17.5+0.05x
(3)-(1)=(2)ですので
17.5+0.05x - 35 = 0.03x
0.02x = 17.5
x = 875

答え 875グラム
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「食塩水にアルミニウム」と「食塩水に亜鉛」

「食塩水にアルミニウム」と「食塩水に亜鉛」
化学電池ではなくて、ビーカーに食塩水を入れてアルミニウムだけを入れるとアルミニウムは溶けますか?また食塩水に亜鉛だけ入れた場合も亜鉛は溶けますか?そのとき気体は発生するのでしょうか。水素が発生するのでしょうか。化学反応式も示してもらえるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です
何度もすいません。勘違いしていました
正しくは「水素は若干発生します。」
酸と反応したときほど激しくはありませんがボルタ電池の自己放電という形で説明されています。

本当に失礼しました。

Q3%の食塩水xkgと7%の食塩水ykgを混ぜたら6%の食塩水が10kg

3%の食塩水xkgと7%の食塩水ykgを混ぜたら6%の食塩水が10kgできた。
このとき次の問いに答えなさい。
(1) xおよびyを求めなさい。
(2) 3%の食塩水xkgに含まれていた食塩は何gか求めなさい。

上記の解き方がまったくわかりません。
わかる方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

食塩と水を混ぜたものが食塩水です。これは当たり前ですね。

では、
「食塩の重さ」+「水の重さ」=「食塩水の重さ」
この数式は理解できますよね?

そして、食塩水の濃度は、
「食塩の重さ」÷「食塩水の重さ」
という計算をして求めます。

また、
1%=0.01=1÷100=1/100
というのは解りますよね?

濃度の違う食塩水を混ぜる場合は、食塩の総量、水の総量、食塩水の総量は変わらない、だけど濃度は変わる、というところに注意しましょう。

食塩水Aと食塩水Bを混ぜて食塩水Cを作った場合、

「食塩水Aの重さ」+「食塩水Bの重さ」=「食塩水Cの重さ」
「食塩水Aの食塩だけの重さ」+「食塩水Bの食塩だけの重さ」=「食塩水Cの食塩だけの重さ」
「食塩水Aの水だけの重さ」+「食塩水Bの水だけの重さ」=「食塩水Cの水だけの重さ」

となります。
たいていの場合、水の重さに注目することは無いのですが、意味は解りますよね?


さて、問題を考えてみましょう。

まずは、「食塩水の重さ」だけに注目して、式を作りましょう。

x+y=10 …(1)

さすがに、これは理解できますよね?
これが理解できないようだと、この先を読んでもさっぱり理解できないと思います。
その場合は、学校の先生なり、この問題が解かる同級生なりに、解かるまで教えてもらいましょう。

次に、「食塩の重さ」だけに注目して、式を作りましょう。

「食塩水の濃度」=「食塩の重さ」÷「食塩水の重さ」
なので、
「食塩の重さ」=「食塩水の重さ」×「食塩水の濃度」
となります。

3%の食塩水の食塩の重さは、x×0.03=0.03x
7%の食塩水の食塩の重さは、y×0.07=0.07y
混ぜた結果の6%の食塩水の食塩の重さは、10×0.06=0.6
これらから、

0.03x+0.07y=0.6 …(2)

あとは、この2式を解いてxとyを求めれば良いだけです。

0.03x+0.07y=0.6
3x+7y=60 …(2)’

x+y=10
3x+3y=30 …(1)’

(2)’-(1)’より
4y=30
y=7.5

x+y=10
x=10-y
x=2.5

3%の食塩水は2.5kgなので、食塩の量は
2.5×0.03=0.075

食塩と水を混ぜたものが食塩水です。これは当たり前ですね。

では、
「食塩の重さ」+「水の重さ」=「食塩水の重さ」
この数式は理解できますよね?

そして、食塩水の濃度は、
「食塩の重さ」÷「食塩水の重さ」
という計算をして求めます。

また、
1%=0.01=1÷100=1/100
というのは解りますよね?

濃度の違う食塩水を混ぜる場合は、食塩の総量、水の総量、食塩水の総量は変わらない、だけど濃度は変わる、というところに注意しましょう。

食塩水Aと食塩水Bを混ぜて食塩水Cを作った場合...続きを読む

Q連立方程式の利用~食塩水の濃度~

勉強をしていて、わからない問題が3つありました(汗)
教えていただけませんか!?

問1
食塩水Aを400gと食塩水Bを300g混ぜると9%の食塩水になり、食塩水Aを300gと食塩水Bを400g混ぜると8%の食塩水になるという。
食塩水Aと食塩水Bの濃度はそれぞれ何%か。

問2
6%の食塩水と12%の食塩水を混ぜて、10%の食塩水を600gつくりたい。
それぞれ何gずつ混ぜればよいか。

問3
4%と7%の食塩水を混ぜ合わせて、6%の食塩水を300gつくりたお。
2種類の食塩水を何gずつ混ぜればよいか。

Aベストアンサー

>食塩水Aを400gと食塩水Bを300g混ぜると9%の食塩水になり、食塩水Aを300gと食塩水Bを4>00g混ぜると8%の食塩水になるという。
>食塩水Aと食塩水Bの濃度はそれぞれ何%か。

Aの濃度をx%、Bの濃度をy%とする。
食塩の量で等式を作ります。
(Aに含まれる食塩の量)+(Bに含まれる食塩の量)=(混合後の食塩水に含まれる食塩の量)
400*x/100+300*y/100=700*9/100

300*x/100+400*y/100=700*8/100

それぞれの式の両辺を100倍して整理すると、
4x+3y=63
3x+4y=56

連立方程式を解くと
x=12,y=5
よってAは12%、Bは5%・・・答え

>問2
>6%の食塩水と12%の食塩水を混ぜて、10%の食塩水を600gつくりたい。
>それぞれ何gずつ混ぜればよいか。

これも上と同じです。食塩の量で等式を作ります。
6%の食塩水をx(g)、12%の食塩水をy(g)とする。
x*6/100+y*12/100=600*10/100
そしてxとyには量的関係x+y=600が成り立つことはすぐにわかる。

整理すると
6x+12y=6000
x+y=600

解くとx=200,y=400
よって6%200g、12%400g・・・答え

>問3
>4%と7%の食塩水を混ぜ合わせて、6%の食塩水を300gつくりたお。
>2種類の食塩水を何gずつ混ぜればよいか

上と数字が違うだけです。
略解だけ書いておきます。
x*4/100+y*7/100=300*6/100
x+y=300

x=100,y=200
4%100g,7%200g・・・答え

計算はあっているか自分で確認してください。

P.S.もう一つの質問の問題もこれと全く同じです。自分でやってみてください。

>食塩水Aを400gと食塩水Bを300g混ぜると9%の食塩水になり、食塩水Aを300gと食塩水Bを4>00g混ぜると8%の食塩水になるという。
>食塩水Aと食塩水Bの濃度はそれぞれ何%か。

Aの濃度をx%、Bの濃度をy%とする。
食塩の量で等式を作ります。
(Aに含まれる食塩の量)+(Bに含まれる食塩の量)=(混合後の食塩水に含まれる食塩の量)
400*x/100+300*y/100=700*9/100

300*x/100+400*y/100=700*8/100

それぞれの式の両辺を100倍して整理すると、
4x+3y=63
3x+4y=56

連立方程式を解くと
x=12,...続きを読む

Q濃度6%に食塩50gに、濃度12%の食塩を何g混ぜると、濃度8%の食塩水ができますか。 という、問

濃度6%に食塩50gに、濃度12%の食塩を何g混ぜると、濃度8%の食塩水ができますか。

という、問題なのですが分かりません。
式も一緒にわかりやすく教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
今、とりあえず式を作り解いてみました・・・

50(g)×6/100+A(足す食塩水の質量)(g)+12/100=(50+A)×8/100
と式を立てます
これを解くと
300+12A=400+8A
(両辺に100を掛けて分数を消します)
4A=100
(移項します)
A=25(Aは12%食塩水の質量と定めましたので単位はグラムです)
よって、解は25gです
ちなみに、AはXでもYでも
とりあえず文字に置き換えていれば解けます

Q食塩水の問題について

次の食塩水の問題がわかりません。
お願いです!
やり方を教えてください!

1 砂糖50gを350gの水に溶かすと、何%の砂糖水ができるか。

2 9%の食塩水と15%の食塩水がある。これらを混ぜて10%の食塩水を1260g作りたい。それぞれ何gずつ混ぜればよいか。

3 Aの食塩水200gとBの食塩水100gを混ぜると、19%の食塩水ができる。また、Aの食塩水とBの食塩水200gを混ぜると、14%の食塩水ができる。
AとBの食塩水の濃度はそれぞれ何%か。

以上の問題です。

Aベストアンサー

小学校ですか?それとも中学校? 解き方が違う。
レベル的には小学校なので、小学校(中学入試)として

1 砂糖50gを350gの水に溶かすと、何%の砂糖水ができるか。
  このくらいは自分で。単なる足し算ですね。

2 9%の食塩水と15%の食塩水がある。これらを混ぜて10%の食塩水を1260g作りたい。それぞれ何gずつ混ぜればよいか。
 1260gがすべて9%なら、1260gは9%にしかならない。15%がすべてだと15%になる。
 10%-9%=1% 濃度が大きくなるのだから、(15-9)=6%より、1/6だけ15%、1260/6 = 210gが15%

3 Aの食塩水200gとBの食塩水100gを混ぜると、19%の食塩水ができる。また、Aの食塩水とBの食塩水200gを混ぜると、14%の食塩水ができる。AとBの食塩水の濃度はそれぞれ何%か。
 二番目のAの量がわからないので解けないが、この場合、Aの食塩水は変わらない・・・と読むのが通例なので、
 二番目の混合液から、一番目の混合液を引くと、
 [二番目の混合液] - [一番目の混合液] = 差
 200×A + 200×B - 200×A - 100×B = 14×400 - 9×300 = 5700-5600
  100×B = 100
     B = 1 (%)
  Aの食塩水200gとBの食塩水100gを混ぜると、19%なので、300g中に19gの食塩5700g、そのうち(1%×100)はB由来なので、200g中には56gの食塩
  56/2 = 28%

★二番目の混合でAが100gも同様に・
 

小学校ですか?それとも中学校? 解き方が違う。
レベル的には小学校なので、小学校(中学入試)として

1 砂糖50gを350gの水に溶かすと、何%の砂糖水ができるか。
  このくらいは自分で。単なる足し算ですね。

2 9%の食塩水と15%の食塩水がある。これらを混ぜて10%の食塩水を1260g作りたい。それぞれ何gずつ混ぜればよいか。
 1260gがすべて9%なら、1260gは9%にしかならない。15%がすべてだと15%になる。
 10%-9%=1% 濃度が大きくなるのだから、(15-9)=6%より、1/6だけ15%、1260/6 = 210gが15%

3...続きを読む

Q濃度3%と7%の食塩水を混合して、4%の食塩水を100g得ました

小学校5年生の問題です。
濃度3%と7%の食塩水を混合して、4%の食塩水を100g得ました。
それぞれ何gづつ混合しましたか? という問題です。
方程式を使えば、両辺を食塩の質量として
(3/100) *x + (7/100) *(100-x) =(4/100) *100 で
x=75 が導けるのですが、
方程式を未習得の小学生のため、この手法が使えません。

小学生の子供に、どのように解法を説明したら良いのでしょうか?

ひとつだけ考え出したのが、
3%と7%の食塩水を等量混合して、5%混合液を得ます。
この5%混合液と3%液を等量混合すると4%液を得ます。
このとき4%液は100gですから、5%液は50gで3%液も50g。
そして5%液50gは3%液25g+5%液25gであるから。
解は3%液75g+7g液25g。

でも、これは”キメ撃ち”だから解法になっていませんよね。

Aベストアンサー

まず、食塩水の問題は塩の重さに注目すると考えやすいことが多いです。

次に、これを解く王道は鶴亀算でしょう。他の方も書かれていますが
再度、、、

4%の食塩水が100gできたなら食塩の量は4g
全て3%だったら3g、1g足りない。
1g、3%を7%に置き換えたら0.07-0.03=0.04g増える。

1÷0.04=25g

7%が25g、3%が75g


鶴亀算で解く方法は表を使うと簡単になることが多いです。

3% 100g 99g 98g・・・
7%  0g  1g  2g・・・
塩  3g 3.04g 3.08g・・・

0.04ずつ増えているので4になるのは25個目つまり3% 75g、7% 25g

0.03×75+0.07×25=4

で4%の食塩水が100gできる。小学生ならこれでもいいと思います。

Q食塩水の質問です。 3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パ

食塩水の質問です。


3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パーセントの食塩水になりますか


4%の食塩水と5%の食塩水を 何対何で4.6%の食塩水になりますか



答え合わせをしたいのでわかる方ご回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.046←溶質の質量/溶液の質量になります。
0.046=(4+5x)/(100+100x) ← 仮に100gの4%溶液を想定して、それに対して5%がx倍必要と考えて式を立てます
分母は溶液の質量、分子は食塩(溶質)の質量になります
↑の式を解くと
0.046(100+100x)=(4+5x)
4.6+4.6x=4+5x
0.6=0.4x
x=1.5
0.4%食塩水1に対して1.5倍の0.5%食塩水を混合すると4.6%食塩水になります
答え 1:1.5 → 2:3の比で混ぜるとよい

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.04...続きを読む

Q中1の食塩水の問題です。 agの水にbgの食塩を混ぜたときにできる食塩水の濃度は何%か。 100

中1の食塩水の問題です。

agの水にbgの食塩を混ぜたときにできる食塩水の濃度は何%か。

100b/a+b %が答えです。

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

食塩水の濃度の定義だから。
食塩水の濃度:(水+食塩)の中に含まれる食塩の割合
水+食塩=a+b
食塩=b

だからb/(a+b)、%にするには100をかけるから
100b/(a+b) %

Q食塩水の問題です! わかる方やり方も含めて教えてください! 濃度x%の食塩水200gと濃度y%の食塩

食塩水の問題です!
わかる方やり方も含めて教えてください!


濃度x%の食塩水200gと濃度y%の食塩水100gを混ぜたところ、8%の食塩水ができた。また、濃度y%の食塩水300gに20gの食塩を混ぜたところ、x%の食塩水となった。xとyを求めよ。

Aベストアンサー

食塩水の問題は、食塩の量=重さだけに集中して考えると解きやすいと思いますよ。

x%の食塩水200グラムには、200×x/100=2xグラムの食塩が含まれています。
y%の食塩水100グラムだと、100×y/100=yグラムになります。
これを合わせると、200-100=300グラムの食塩水に2x+yグラムの食塩が入っている事になります。
そして、これは8%の食塩水であるので、含まれている食塩は300×8/100=24グラムとなります。
これを式で表すと、
2x+y=24となります。 ①

また、y%の食塩水300グラムに含まれる食塩は、300×y/100=3yグラムです。
これに20グラム加えると、3y+20グラムの食塩になります。
食塩水の重さは300+20=320グラムなので、
この食塩水の濃度は、(3y+20)/320×100%となります。
これがx%の食塩水であるので、式で表すと、
x=(3y+20)/320×100となります。
整理すると、
x=(300y+2000)/320=(15/16)y+25/4 となり、これを①に代入します。
(15/8)y+25/2+y=24 これを整理して
23y=92
y=4
これを、また①に代入すると
2x+4=24
2x=20
x=10 となります。

答 x=10,y=4
(x%=10%ですが、x=10%ではありません。単位は正確に使いましょう)

食塩水の問題は、食塩の量=重さだけに集中して考えると解きやすいと思いますよ。

x%の食塩水200グラムには、200×x/100=2xグラムの食塩が含まれています。
y%の食塩水100グラムだと、100×y/100=yグラムになります。
これを合わせると、200-100=300グラムの食塩水に2x+yグラムの食塩が入っている事になります。
そして、これは8%の食塩水であるので、含まれている食塩は300×8/100=24グラムとなります。
これを式で表すと、
2x+y=24となります。 ①

また、y%の食塩水300グラムに含まれる食塩は、300×y/100=3yグラム...続きを読む

Q濃度7%の食塩水500gに濃度のわからない食塩水3

濃度7%の食塩水500gに濃度のわからない食塩水300gを混ぜる。混ぜた後の食塩水の濃度が11.5%になった場合、混ぜた食塩水の濃度は何%か?

500×0.07=35
300+35=335 までは合ってますか?

Aベストアンサー

500×0.07=35
までは合っています

300+35=335 はおかしい。
35は 食塩の重さと思って良いが、
35+300 だと、食塩に300gを足したことになる。


実際は、300+500
この中の 食塩の量を求める。

これでBAget373乙


人気Q&Aランキング