室町時代成立の源氏物語の注釈書である『河海抄』についての質問です。
「夕顔巻」にある一文「汗もしとどになりて、われかのけしきなり。」の「われかのけしき」に対して『河海抄』は、

  夢たにも何ともみえす見ゆれともわれかもまどふことのしけきに万葉
 
として、『万葉集』にこの歌があるかのように書いてあります。
 また、その後に、

  案之此哥詞不叶古今我か人かと身をたとる世に此哥の心歟

とあります。江戸時代の注釈書『湖月抄』でも同じようなことが書かれてあるんですが・・・。
 質問はふたつあります。
 (1)『万葉集』にこの歌はある、という感じで書いてありますが、載っていませんでした。私の探し方が悪いのでしょうか? もし、この歌を知ってらっしゃる方がおられましたら、出所等教えていただけると嬉しいです。
 (2)小学生みたいで恥ずかしいのですが・・・。 歌ではなく、その後の一文の意味が今ひとつ判らないので(汗)。教えて下さい・・・。そもそも読み下し文が甚だ怪しくて。
 一応は考えてるんですけども。
「これ考ふるにこの歌のことばに叶はざるか。古今”我か人かと身をたとる世に”この歌の心か(よ)。《この歌を考えてみると”われかも”という歌の言葉の意味では『源氏』での意味とは違うのではないか。『古今』にある”我か人かと身をたとる世に”の歌の意味の方が相応しいか。》」
 「歟」を疑問ととるか詠嘆と取るかでまた違うんですが。私の訳が思いっきり違っている可能性の方が高く(泣)。ご教授お願いいたします!!

A 回答 (3件)

#1の方と重複しますが。



(1)
万葉集2595「夢(いめ)にだに何かも見えぬ見ゆれども我れかも惑ふ恋の繁きに」です。
万葉集の訓読の仕方は、現在でも諸説あるように、中世と現在では異なります。万葉集をどのように読んでいたか自体が研究の対象になっているくらいです。
ex.滝本典子「河海抄所引の万葉歌」『源氏物語の探求』1

(2)
ご推察の通りだと思います。
思うに、これは先行注釈書を意識した自説の展開でしょう。実際「紫明抄」には「夢にだに・・・」が引用されています。
つまり、「『夢にだに・・・』が通説だが、思うに、この歌詞は適合しない。古今集963『我か人か・・・』、この歌における意味であろう。」ということです。
ただ、やはり万葉集の歌の方がここでの意味としては適合するように思えます。それゆえ、この説が「湖月抄」などでも採られたのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうも有難うございます。
 
 『万葉集』2595番。見てみましたら、載っていました!嬉しかった!!
 何か、私が使っていたとある索引は「万葉集十一 2995」となってたんですね。いくら探しても見つからないハズです(笑)。2995番は、巻11じゃなくて、既に巻12に突入していて、その時点で変なんですよね。お陰で訳が分からなかったのが、スッキリしました。

 この通りなんですか!? そう言って頂けると、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。
 自信を持って、学校に提出しようと思います。
 本当に、どちらの歌が相応しいのでしょうね。どちらでもいけそうな気がしないでもないですが。でも、歌の内容などから考えれば、私も万葉集の方があってるかなと思います。

 今回は本当に有難うございました!!

お礼日時:2001/11/30 18:43

(訂正)



#2の回答の最後の一文「それゆえ」以下は削除です。勘違い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解いたしました。
 わざわざ、有難うございます。

お礼日時:2001/11/30 18:44

1について


中世の物語や和歌の注釈では、和歌のあと「万葉」と書いてあるのに、万葉集に見られないものが多くのっています。この河海抄のうたも同様なのではないかと思われます。
『新編国歌大観』の一巻~七巻まで(手もとにはここまでしかなかったので)見てみましたが有りませんでした。

2について
書き下しは
之を案ずるに此の歌の詞叶ず、古今に我か人かとみをたどる世に、此の歌の心か
となるでしょうか?
内容は「このことを考えるに、此の歌の詞は相応しくない。古今に「我か人かと身をたどる世に」(とある)、この歌の心だろうか」
という感じになるのではないかと思います(お書きになっているのと変わらないですね)。
「歟」については、疑問と取るべきではないかと思います。
お答えになっているかどうか分かりませんが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答、どうも有難うございます。
 『新編国歌大観』については、私も見てみました。そして、載っていなかった(泣)。
 わざわざ、そこまで調べて下さったとは、ホントにもう、感謝いたします。
 >中世の物語や和歌の注釈では、和歌のあと「万葉」と書いてあるのに、万葉集に見られないものが多くのっています。
 ・・・そうなんですか!?知りませんでした!何でも鵜呑みにせず、初めは疑ってみろ、ということなのでしょうか・・・。以後、心に留めておきます。

書き下しは、前半が少し私の文とは違いますね。でもあまり変わらない。それだけで、少し心強いです。
「歟」については、「疑問じゃないかなあ~。」と思いつつも、こんな字初めて見ましたし、自信がなかったんです。辞書を引いても「疑問もしくは詠嘆」みたいにしか載っていないし。けれど、「疑問と取るべき」と仰って頂けたので、そのように取ろうと思います。

 今回は本当に有難うございました! 

お礼日時:2001/11/30 18:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古今和歌集の注釈書

古今和歌集の注釈書の名前、成立年、著者などを知りたいです。

詳しくわかればそれに越したことはないのですが、重要視されているもの(可能でしたら、なぜそれが重要視されているのかも含め)だけでもお教えくださると光栄です。

よろしくお願いいたします。
(大系、全集、集成、新大系、新編全集以外をお願いします)

Aベストアンサー

古今集について余り詳しくないのですが、参考として
「古今集の部屋」HPを主催されている方が、本居宣長の遠鏡(寛政五年(1793)頃成立)も併せて紹介されておりますのでご覧になってはいかがかと思います。
また質問コーナーもありますので、そちらにお問い合わせするというのも手かと思います。
本居宣長は、歴史の教科書にも(今はどうか知りませんが)載っているくらいの江戸時代の学者で、これはウィキ検索すれば良いかと思います。
この方のミーロル倶楽部TOPをご紹介します。

参考URL:http://www.milord-club.com/index.htm

Q古今和歌集序聞書三流抄について・・・

いきなり難しい質問で申し訳ないのですが、古今和歌集序聞書三流抄の現代語訳は
出版されていないのでしょうか?もし出版されていたとすれば、どの本が参考に
なるのか教えて頂けないでしょうか?学校の図書館でも調べたのですがそれらしき
図書を見つけ出すことができませんでした。こんな便利な機能があるとは
知らなかったので、大分遅くなってしまいましたが、なるべく早くお返事を頂ける
とありがたいです。どうか知っていらっしゃる方がいましたら、ご一報願います。

Aベストアンサー

現代語訳ではありませんが、活字になったものには赤尾照文堂から発行された中世古今集注釈書解題(昭和48年)、大阪女子大学から出た雑誌の女子大文学22巻(昭和46年)に収録されています。解説などは書かれているかと思いますが、現代語訳も載っているかは知りません。
なおこのデータは日本古典文学会貴重本刊行会が発行した国文学複製翻刻書目総覧によるものです。昭和57年に発行されているので昭和55年までのデータしか載っていません。その後に発行された本のデータを集めた続編が出版されているはずですが、私は持っていませんので、図書館で探して参考にしてください。

Q古今和歌集か万葉集?

古今和歌集か万葉集?(もしくは他の和歌集)の中に
「亡くなったあの人の手紙の文字を見るとその人が偲ばれて悲しい」と言った意味の和歌があったと思うのですが思い出せません。何処かの本で読んだのですが....
御存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

情報が少なすぎますね。意味だけなら当てはまるものがいくつもあって、しかも「うろ覚え」という可能性まで考えるともう、絞りようのない質問です。

……ざっと見ました(T_T)。
万葉集→挽歌部分のみ。それらしきものはなし。
古今集→哀傷歌部分のみ。同上。
新古今→哀傷歌(巻第八)
手すさびのはかなき跡と見しかども長き形見にになりにけるかな(805)
尋ねても跡はかくてもみづぐきのゆくへも知らぬ昔なりけり(806)
いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ(807)
誰か世にながらへて見む書きとめし跡は消えせぬ形見なれども(817)
書きとむる言の葉のみぞみづぐきの流れてとまる形見なりける(826)
※ただ、ざっと見なので、見落としの可能性は多分にあります。

次に死んだ人を偲ぶ歌を歌った、ということを考えました。思いつくのは三人でした。もちろんそういうシチュエーションの人はもっといます。

和泉式部→恋人が亡くなったあと、情熱的な偲ぶ歌を多く作っています。しかし手元に資料がありません。「和泉式部日記」などご確認下さい。
紫の上が亡くなった後の源氏→古手紙を処分しながら亡き人を偲ぶというシチュエーション。

死出の山越えにし人を慕うとて跡を見つつもなほまどうかな(御法)

建礼門院右京大夫→平家の公達であった恋人を亡くしています。
「建礼門院右京大夫集」より。
めぐりきてみるにたもとをぬらすかな 絵島にとめしみづぐきのあと(78)※父への哀傷歌
かなしさのいとどもよほす水ぐきのあとはなかなか消えねとぞ思ふ
         (田辺聖子「文車日記」より孫引き)

……本で読んだ、というのが和歌専門の解説書などではないとしたら、上記の新古今の歌は該当しないような気がします。というのは、付属する物語としてインパクトが弱い。
後者の系統の方が、物語性がありますのでエッセイなどになりやすく、該当するものがあるのではと思います。
こういう類の質問をするなら、出来ればもうちょっと情報がないと……。むきになって調べたので一応書きますが、当っているという予感がありません。こういうのってカナシイものです(T_T)。

ちなみに建礼門院右京大夫は、

水のあわときえにし人の名ばかりを さすがにとめてきくもかなしき(327)

という歌が一番?有名かと思いますが、これは恋人の公達の署名が昔の書類にあるのを見てor聞いて詠んだ歌だそうですので、シチュエーションには合っているかと思います。

情報が少なすぎますね。意味だけなら当てはまるものがいくつもあって、しかも「うろ覚え」という可能性まで考えるともう、絞りようのない質問です。

……ざっと見ました(T_T)。
万葉集→挽歌部分のみ。それらしきものはなし。
古今集→哀傷歌部分のみ。同上。
新古今→哀傷歌(巻第八)
手すさびのはかなき跡と見しかども長き形見にになりにけるかな(805)
尋ねても跡はかくてもみづぐきのゆくへも知らぬ昔なりけり(806)
いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ(807)
誰か世にながら...続きを読む

Q人妻ゆゑに われ恋ひめやも (万葉集・巻一)

むらさきの にほえる妹(いも)を 憎くあらば
 人妻ゆゑに われ恋ひめやも (万葉集・巻一)
ここで人妻について質問です。ここでの妹と人妻は同一人物をさしているのでしょうか?また、「ゆゑに」とは、「人妻」だからゆえに、という意味でしょうか?(別の言葉でいえば、「現代語の<ゆえ>と同じ意味?)

Aベストアンサー

↓ここに歌の解釈、またその背景が書かれております。ご参考のほど。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kamiya1/mypage-m.htm
http://yorodunokotonoha.seesaa.net/article/6268039.html


 つまりは、天智天皇→額田王←大海人皇子(のちの天武天皇)の三角関係の間でうたわれた、とても有名な歌です。
 額田王は、大海人皇子に愛され、十市皇女を産み、その後、
大海人の兄である天智天皇(中大兄皇子)に召され、妻になったとされる女性。
 天智天皇は「大化の改新」を実行したり、また自分の意に沿わなかった孝徳天皇を、難波の京に置き去りにして遷都したりするような人ですから……このお召しには、大海人も逆らえなったでしょう。
 もし逆らっていたとしたら、「謀反を画策している」とでも、
何とでも理由をつけて、消されていたかもしれません…そういう時代です。

 「妹」は、男性が愛する女性に対して使っていた言葉。「愛しいおまえ」くらいの感覚でしょうか?
 対して「背の君」は、女性が愛する男性に対して使っていた言葉です。
 ですので現在のように「親(片方だけでも)を同じくする血縁の年下の女性」の意味ではないと言うことですね。

 更に、この「蒲生野」の時期、既に額田王は天智天皇の妃になっていたと思われるので、「人妻」であるわけですね。

 この3人の関係を知りたいならば、マンガなどでも読むことが出来ます。
「天の果て 地の限り」
   /大和和紀(講談社KCデラックス大和和紀自選集(2)1996年)
「天上の虹」/里中満智子(講談社コミックスキス)
   こちらは、持統天皇が主人公の話ですが。
   天智天皇は持統天皇の実父、更に、天武天皇は持統天皇の夫なので、
ちらっとここらへんが出てきます。

↓ここに歌の解釈、またその背景が書かれております。ご参考のほど。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kamiya1/mypage-m.htm
http://yorodunokotonoha.seesaa.net/article/6268039.html


 つまりは、天智天皇→額田王←大海人皇子(のちの天武天皇)の三角関係の間でうたわれた、とても有名な歌です。
 額田王は、大海人皇子に愛され、十市皇女を産み、その後、
大海人の兄である天智天皇(中大兄皇子)に召され、妻になったとされる女性。
 天智天皇は「大化の改新」を実行したり、また自分の意に沿わなか...続きを読む

Q古今集恋の歌 最終歌。

古今集恋の歌 最終歌。

ながれては妹背の山のなかに落つる吉野の川のよしや世の中

中の句での字余りのじれったさと言い、
恋の歌の最後にやたらと現実味がある感じと言い、
編者の何らかの意図や揶揄があるようにも思えますし、
歌自体、どこか奥歯に何か挟まっているような、そんな印象もあります。

何か、この歌の背景等ご存知の方がいらっしゃいましたら、このじりじりと痒いところに手が届かないじれったさを解消するご助力を頂戴したく思います。

そんなに、谷間をゆく川のように、夫婦間に「隔て」等生まれて来るものでしょうか。
この詠み手は結局、幸せな夫婦関係を築けなかった力不足を「世の中に良くある事さ」と思う事で、慰めているのではないかしら、と思ってしまうのですが。

それとはまた別に、「恋」でなく「妹背(夫婦)関係」を歌った数少ない恋歌、とも思われます。
それゆえ、か、妙な生々しさを感じさせる歌だなあ、と。。。

この歌に関する情報を頂きたく、質問を立てさせて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

参考資料が手許不如意のままで回答させていただきますこと、ご諒解願い上げます。

>ながれては妹背の山のなかに落つる吉野の川のよしや世の中

宣長の「古今和歌集遠鏡」(簡単な通釈)には、「紀ノ国ノ妹山トセ山トノ間ダサヘ 吉野川ガ流レテ来テ 中ノヘダテガアルカラハ ソウタイ人間ノ男女ノ中モ イツマデモ始メノヤウニムツマシウハナイハズノコトデ 久シウナレバオノヅカラカレコレガ出来テクルノモ ソノハズノコトヂヤ ハテゼヒガナイ山デサヘサウヂヤモノ」とあります。
http://www.milord-club.com/Kokin/nori/kan15.htm

>恋の歌の最後にやたらと現実味がある感じと言い、編者の何らかの意図や揶揄があるようにも思えますし、歌自体、どこか奥歯に何か挟まっているような、そんな印象もあります。

はい、確かに男女の仲(=世の中)について、たとえば、異口同音の夫側レスの質問に対する誰かさんの異口同音の回答のごとく、「イツマデモ始メノヤウニムツマシウハナイ、ヤガテマンネリニイタルハズ」と言いたげですよね。

でも、この前の歌が「浮きながらけぬる泡ともなりななむ流れてとだにたのまれぬ身は」(友則)とあることを考え合わせますと、これを承けた「ながれては」の歌は、やはり「いやいや、失恋したぐらいで死のうなんて思うものではない、あの妹背山でさえ吉野川によってその仲を隔てられているのだもの」と言うことで、恋の無常、はかなさ、当てのなさ、頼りなさ、不確実性等々を説いていると解されるのではないでしょうか。
そして、編者は、恋の部の末尾に、この理屈っぽく、とても名歌とは評しえない歌を配置することで、編者なりのやや厭世主義を装った?《恋愛観》を披瀝したかったのかもしれませんね。

さらに臆測をたくましうすると、巻頭の「郭公鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな」には、「恋のあやめ(道理、筋道)」もわきまえない思春期の少年少女の、危なっかしくも純粋な恋が歌われているとすれば、末尾の「ながれては」には、私のように恋をするたびに憂き目に遭い続けてきた中年男が、その代償として得た諦観的な恋愛観が詠まれているような気がしてなりません。
その意味では、確かに巻頭と末尾の歌同士がそれなりにちゃんと呼応していると言えるのではないでしょうか。

>それとはまた別に、「恋」でなく「妹背(夫婦)関係」を歌った数少ない恋歌、とも思われます。
>それゆえ、か、妙な生々しさを感じさせる歌だなあ、と。。。

はい、私のようにエロカテに常住していると、「大台ヶ原に発する生命のエネルギーは、かき集められて、やがて吉野川の流れを形成し、妹山と背山とが作る秘かな谷間に向かって瀑流のごとくなだれ込む云々」とかと、ややもすると卑猥なイメージを結びがちですが、貫之をはじめとする編者たちは、色に関する本音はともかく、いずれ劣らぬお体裁屋揃いだっただけに、やはりこういう解釈にはちょっと無理があるかもしれません。

こんばんは。

参考資料が手許不如意のままで回答させていただきますこと、ご諒解願い上げます。

>ながれては妹背の山のなかに落つる吉野の川のよしや世の中

宣長の「古今和歌集遠鏡」(簡単な通釈)には、「紀ノ国ノ妹山トセ山トノ間ダサヘ 吉野川ガ流レテ来テ 中ノヘダテガアルカラハ ソウタイ人間ノ男女ノ中モ イツマデモ始メノヤウニムツマシウハナイハズノコトデ 久シウナレバオノヅカラカレコレガ出来テクルノモ ソノハズノコトヂヤ ハテゼヒガナイ山デサヘサウヂヤモノ」とあります。
http://www...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報