11月06日の朝日新聞の書評で高橋源一郎氏が、大江健三郎著「さようなら、私の本よ!」について次のように書いてます。
「 大江健三郎は、現存する、最大の顰蹙(ひんしゅく)作家である、とぼくは考える。
例えば、戦後民主主義へのナイーヴな信頼や、政治的アクションへの止(や)むことのない参加は、高度資本主義下の日本人の多数にとって、顰蹙ものである。
さらに顰蹙をかうのは、その作品だ。」と、続きます。
http://book.asahi.com/review/TKY200511080298.html

なんか、私には、大江氏のことをすごいけなしてるようにみえるけど、そうゆう風にとらえていいんでしょうか。
だって、朝日新聞と大江氏は仲いいんじゃなかったでしたっけ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

…もっと何度も熟読される事をおすすめします。


「顰蹙を買うことを恐れずに書き続けている」というニュアンスかと思われますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうか、やっぱりそうなんですか。
褒めているということなんですね。

お礼日時:2005/11/09 22:16

この文章の意味は前の方がおっしゃっているように、顰蹙を買うことを恐れず書いているというようなことで、決して非難しているわけではないと思います。


しかし、大江健三郎の作品は、また、違う意味で読書にも値しない全くの駄作だと私は考えます。(ごく初期のものを除いて)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/11/14 03:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大江健三郎…?

大江健三郎は何故日本という国が嫌いなのですか。
大江健三郎は何故日本国籍のままでいるのですか。
大江健三郎は何故好きな国に帰化しないのですか。

Aベストアンサー

 なぜ嫌いかというと、戦後ながく、反政府・反日的な言動をとることが文化人としてのステイタスであった時代が続いたから。鳥越俊太郎とか、小田実とか。その当時の考えに固着しているんじゃないかな。
 なぜ日本国籍のままでいるのか、なぜ好きな国に帰化しないのかって点は、多分よその国では相手にされないからじゃないかな。彼の著作が海外で売れているって話は聞かないし。(なんでノーベル文学賞がとれたんだろう)

Q大江健三郎「青年の汚名」の学生運動家のモデルは?

昔、大江健三郎「青年の汚名」を読んだ時、登場する学生運動家のモデルは小田実と高坂正堯のような気がしたのですが、これについて何か書かれたものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

たぶん勘違いのような気がします。
『青年の汚名』以外の作品と取り違えていらっしゃるのではないでしょうか。『青年の汚名』の初出は雑誌「文學界」1959年8月~60年3月号だそうです。一方、小田実はフルブライト留学生として58年からハーバード大学大学院に留学(世界放浪も)し、帰朝は60年4月らしいです。そもそも、小田は渡米前も学生運動はあまりしてなかったんじゃないでしょうか。
小田は学生運動ではなく、ベ平連(65年頃から)などの市民運動で有名です。61年に『何でも見てやろう』を出してベストセラーになり、同書の記述から豪傑のように見なされがちでしたが、60年代前半ぐらいまでは案外おとなしい性格だったようです。

Q朝日新聞と大江健三郎について

11月06日の朝日新聞の書評で高橋源一郎氏が、大江健三郎著「さようなら、私の本よ!」について次のように書いてます。
「 大江健三郎は、現存する、最大の顰蹙(ひんしゅく)作家である、とぼくは考える。
例えば、戦後民主主義へのナイーヴな信頼や、政治的アクションへの止(や)むことのない参加は、高度資本主義下の日本人の多数にとって、顰蹙ものである。
さらに顰蹙をかうのは、その作品だ。」と、続きます。
http://book.asahi.com/review/TKY200511080298.html

なんか、私には、大江氏のことをすごいけなしてるようにみえるけど、そうゆう風にとらえていいんでしょうか。
だって、朝日新聞と大江氏は仲いいんじゃなかったでしたっけ。

Aベストアンサー

…もっと何度も熟読される事をおすすめします。
「顰蹙を買うことを恐れずに書き続けている」というニュアンスかと思われますが。

Q大江健三郎「人間の羊」のあらすじと主題

大江健三郎「人間の羊」のあらすじと主題そおしえてください!

Aベストアンサー

あらすじ
http://homepage1.nifty.com/HIYOSHI_YUKARI/hon_arasuji_na.htm
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/3608/sisyano.html

主題は、わかりません。

Qノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは

ノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは
先日の韓国併合100年韓日知識人共同声明にて大江健三郎氏が反国家という考えの持ち主であることを知りました。
テレビなどでインタビューを聞いていても常識的な考えの人だと思っていたので正直驚きました。
そして大江氏の反国家の考えはどういうものなのか疑問に感じました。
天皇 民主主義 朝鮮 というキーワードを軸に教えてください。

Aベストアンサー

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません。

欧米では、有色人種は下等で白人には叶わない。世界は白人が支配すべきだ。・・・と考える者が多く、その幻想をぶち破った日本に反感を持つ者が多数おります。また中国・韓国は自分たちの方が儒教秩序では上位なのに下位の日本が評価が高いのはけしからん。・・・と嫉妬もあり考える者が多数おります。

従って「反日」に対し喝采を送る人が多いので、彼らが溜飲を下げる様な材料を提供すると彼らの評価を得ることができます。また「反国家」だと普通の国だと迫害されますので国家の迫害を恐れぬ勇者扱いしてくれます。

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません...続きを読む

Q【大江健三郎】小説のタイトルの意味

大江健三郎の小説に『臈たしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ』とありますが、これはどんな意味でしょうか。
またこの言葉は大江さんのオリジナルでしょうか。それともどこからかの引用? またはアレンジ?

そのへんも含めて教えてください。

Aベストアンサー

Chilling and killing my Annabel Leeの意訳ではないかと思いますが…。
他の行にbeautiful Annabel Leeがあるので「臈たしアナベル・リイ」としたのでしょう。Chilling and killingを「総毛立ちつ身まかりつ」とはとても誌的ですね。詩では凍えて死んだことになっていますが作中のアナベル・リィ女優は「記憶のない無垢な少女期に総毛立ち・・・」ここからはネタバレになりますのでここまで。
手元に本がないのではっきりしないのですが、大江は誰かの訳を使用していたと思います。

Q大江健三郎の文学史における位置づけは?

日本の近現代文学史に関して質問します。
ある文学史に関する選択肢回答方式の問題を解いていますが、大江健三郎について悩んでいます。外国で発行されたと言われるある資料によれば、大江健三郎は「第三の新人」の代表的な作家だとされていますが、いろいろ検索していると「第三の新人」の後続グループであるとする記述しか見当たりません。かと言って、どのグループ(例えば社会派)に属すると明記されている記述も見当たらず、大いに混乱しています。その資料が間違いであるとすれば比較的簡単に解決できますが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

大江健三郎の小説自体を社会派と言うのは極論のような気がしますが、現代の状況を元にして発想された小説世界は社会派と言っても良いでしょう。
作家個人の行動としては、社会活動家としての側面も多いわけですから、そう考えると社会派と言っても良いかもしれません。

Q大江健三郎の「政治少年死す」を閲覧できるところ。

大江健三郎の「政治少年死す」を閲覧できるところを教えてください・・・

Aベストアンサー

雑誌自体は、都立などの図書館にあるようですね。

また「スキャンダル大戦争2」という本にものってるようです。
http://www.rokusaisha.com/akuseku.html

参考URL:http://ore.to/~outdex/diary/d9801.html

Q大江健三郎の文章ってただヘタクソなだけじゃないですか?難解な語句を使い

大江健三郎の文章ってただヘタクソなだけじゃないですか?難解な語句を使いまわしたりまどろっこしい言い方をしてますが、本当に文章力があるならもっと簡潔に分かりやすく表現できるはずだし、物語も全く読者として評価できるものでもないし、印象に残るものでもありません。
 ノーベル賞受賞作家だそうですが、受賞理由も受賞ありきでむりやり考え出されたような、審査員自身もよくわかっていないような抽象的で曖昧な評価でした。

ここまで言っておいて、大江健三郎ファンの方には申し訳ないのですが、彼の小説をどんなふうに評価しているのか、彼が文学界に貢献したことってどんなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大江健三郎は多くの大作家の例もれず、時間とともに変貌の著しい作家です。東大の学生時代に描いた出世作、「芽むしり」、「仔撃」等は確かに感受性がきらきらしていて、ああ、素晴らしい、いい作家が出てきたろ思ったものでした。
 しかしノーベル賞をもらったころ書いていた「万延元年のフットボール」に代表される四国の山奥を舞台にした一連の作品は「大江ワールド」と呼ばれるように、彼の代表作でありますが、これは考えさせられる作品でありました。
 一つは「これは何の価値があるのか、日本に世界に何を言いうるのか」という疑問です。もとより実存主義的発想に立てばそのような問題設定は噴飯ものなのかもしれませんが、世界は小説家だけで構成されているのではない、私は技術屋ですが、技術屋は、つまり小説家以外は、何を読み取れば良いのかと素朴な疑問の解が見つかりません。小説の要件を満たしているのでしょうか。
 もう一つは、たとえばカフカは「人生は悪夢にほかならない」と言っているように思いますが、カフカの作品には引き込まれます。大江健三郎は「世界はすべて四国の山奥で起こったことで説明がつくのだ」と言っているとしたら、余りに整理不足で、美しくない、透明感がない、古新聞の三面記事と同じレベルだと感じざるを得ません。つまり、小説はそんなものなのだと言っているのでしょうか。それは一つの見識であって、否定するつもりはありません。小説という文化の一つの形態の限界、終焉を提示しているとしたらそれは卓見でありましょう。
 その後、障害児の洸さんを取り上げたいくつかの作品を書き、最近はまた奇怪な試みを行っていると聞いています。

 というような見方をしながら彼の作品を読み解こうと、折に触れて考察を深めています。毒なのか薬なのか解らないけど何かあるという感じはするのです。

大江健三郎は多くの大作家の例もれず、時間とともに変貌の著しい作家です。東大の学生時代に描いた出世作、「芽むしり」、「仔撃」等は確かに感受性がきらきらしていて、ああ、素晴らしい、いい作家が出てきたろ思ったものでした。
 しかしノーベル賞をもらったころ書いていた「万延元年のフットボール」に代表される四国の山奥を舞台にした一連の作品は「大江ワールド」と呼ばれるように、彼の代表作でありますが、これは考えさせられる作品でありました。
 一つは「これは何の価値があるのか、日本に世界に何...続きを読む

Q三島由紀夫や大江健三郎のフェチは本当にありますか?

三島由紀夫は切腹のフェチを書いています。(憂国、仮面の告白)
大江健三郎は天皇へのフェチを書いています。(政治少年死す)
フェチがから何でも有りと言われればそれまでですが本当に「仲間の為に切腹する」、「天皇を思って首をくくる」というときに性的興奮を感じるということがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「フェチ」は言葉通りの意味のフェティシズムのことですか? それとも、いわゆる性的倒錯一般のことを「フェチ」といっているのでしょうか。

質問のものはフェティシズムではなく、ナルシシズムとマゾヒズムですね。本当にあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報