学校教育法による学年の編成は、4月2日生まれから4月1日生まれの子どもが同学年になるようですが、なぜ、年度始めの4月1日から3月31日生まれの区切りとなっていないのでしょうか? その根拠を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

この質問はいろいろな答え方ができると思いますが,法的には既に回答が出ていますので,「なぜそのような決め方をしたのか」という考え方について少し書きます。



(まず要点)
一言で言えば,学年の初日(すなわち4月1日)現在の年齢を基準にして学年を決めているからです。
例えば,小学校に入学する子どもは,4月1日現在で6歳になっている子どもです。従って,4月1日生まれは,ぎりぎりで6歳になっています。
4月2日生まれは,学年の初日現在はまだ5歳です。
この結果,4月1日現在の年齢は,小学1年生なら全員が6歳,中1なら全員12歳…で揃うことになります。

(以下,細かい説明です)
さて,No.2とNo.3の回答を読まれた方は,「4月1日生まれの子供はいつ6歳になるのか? 3月31日なのか,4月1日なのか」と疑問に思われたかもしれませんので,そのへんを少し詳しくみてみましょう。

年齢の数え方には,いわゆる数え年と満年齢とがあります。数え年は,生まれた時から1歳で,以後正月が来るたびに1つ年をとります。
満年齢は,生まれた時0歳で,誕生日が来るごとに1つ年をとります。
両者を区別するため,「数えで何歳」「満で何歳」という言い方をすることもあります。
No.1の回答にある「年齢のとなえ方に関する法律」とは,わかりやすく言えば,数え年をやめて満年齢を使いなさいよ,という法律です。

ところで,満年齢の「満」とは何でしょうか。
これは「期間が満了した」の「満」です。生まれてから,6年間の期間を満了した人は「満6歳である」という言い方をするわけです。
そこで,その期間の数え方ですが,年齢計算ニ関スル法律(明治35年法律第50号)の規定では「年齢ハ出生ノ日ヨリ之(これ)ヲ起算ス」とあり,生まれた当日もカウントされることになっています。
つまり,朝生まれても,夜生まれても,ともかく生まれた当日を1日めと数えます。
翌日を2日目,……と進んでいって,365日目(うるう年なら366日目)が満了した時,いいかえれば1年のカレンダーの全ての日付を経過し終わった時,「1年間が満了」と言えることになりますね。
従って,4月1日に生まれた子は,翌年の3月31日が終わった瞬間に「満1歳」となります。
(細かい話ですが,「終わった瞬間」とした法的な根拠は民法143条で,「期間ノ末日ノ終了ヲ以テ期間ノ満了トス」とあります。常識的にも,1年間の最後の日が終わらないことには,1年経過したとはいえませんよね。)

となると,学校教育法第22条でいう「満六才に達した日」は3月31日というべきか,4月1日というべきか,という問題になりますが,これは民法上の「6年間の期間の末日」と解釈され,期間の初日が誕生日=4月1日ですので,末日=3月31日となります。
ただ,3月31日が終わるまでは満6歳とはいえないので,自分の年齢を満6歳ですと言えるようになるのは4月1日です。そういう意味では,誕生日を4月1日に祝うのは理にかなっており,別に民法の規定と矛盾しているわけではありません。また,No.2とNo.3のどちらも正しいといえましょう。

なお,チョンボかどうかの問題ですが,学校教育法の条文に「満六才に達した日の翌日以降における最初の学年の初め」という表現をして,わざわざ「の翌日」という語句を入れているところを見ると,これは意図して行なった措置だろうと思われます。
それでもそういう措置をとったこと自体チョンボだと主張されるのであれば,それは個人の美観の問題といえましょう。
(つまり,「ある学年に属する子供は,4月1日現在の年齢が全員揃っている」のと,「ある学年に属する子供は,同一の学年内に誕生日を祝うことができる」のと,どっちがきれいか,自然か,ということです。)
(例えば,オリンピックの選手名簿に載っている年齢は開会式当日現在ですし,選挙の立候補者一覧の年齢は投票日現在です。名簿を作る側の立場からいうと,学年初日の年齢で考えるのはわりと自然だと思うのですが,子供の立場からいうと,同じ学年の区切りの中でお誕生会が開けるほうが自然かもしれませんね。)

それと,回答No.2で引用されている条文は原文のままではなく要約されたものです(No.3は原文)。「早生まれ」という語も条文中に使われているわけではありません。
また,民法第143条は一般的に期間の決め方を定めたもので,「満年齢」や「年齢」などの語は出てきません。
以上気になる読者もおられると思いますので,念のため言い添えておきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
法律って難しい言葉で書いてあるので、わたしにはさっぱり?・・・だったんです。
わかりやすい回答で、やっと納得しました。
ちなみに、数え年がお正月ごとにっていうのは初耳でした。お恥ずかしい・・(^^ゞ

お礼日時:2001/12/03 02:02

俗にいう「早生まれ」に関するご質問ですね。



「早生まれ」とは、1月1日から4月1日までの期間に誕生日がある者のことです。この期間に生まれた者は、前年の4月2日以降に生まれた者と同じ学年になるため、こう呼ばれるわけです。

4月1日生まれの者も「早生まれ」に含めることは一般によく知られていますが、その理由として言われる「6歳になるのは3月31日だから」というのは、実は間違った解釈なのです。これは、加齢と誕生日を混同したことによる誤解なんですよね。

つまり、4月1日生まれが「早生まれ」であることの法的根拠は、「民法」も「年齢計算ニ関スル法律」も全く無関係なのです。

確かに加齢は誕生日の前日午後12時なので、日を単位とすれば6歳に達する日は3月31日ですが、加齢を基準とするならば、逆に1月1日生まれの者を「早生まれ」に含めるのはおかしいですよね。

正しい理由は、「学校教育法」第17条の「満6歳の誕生日以後の最初の4月1日に小学校等へ就学」という旨の規定によるわけです。「以後」ですから誕生日を含むため、4月1日生まれの者は6歳の誕生日の当日に入学することになり、同学年で最後の誕生日になるから「早生まれ」なのです。(2007年改正の前は第22条)

(参考)学校教育法第17条第1項(抜粋)
保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、(中略)これを小学校(中略)に就学させる義務を負う。(後略)

先述の、一般における「間違い」は、この条文を「満6歳に達した日」でいったん区切って解釈しているわけです。正しくは「満6歳に達した日の翌日」で区切るのが適切です。

一般の人にとって「加齢は誕生日の前日午後12時」という法規定は余り知られていないため、この説明の段階で多くの人は納得してしまうのです。

「満6歳に達した日の翌日」とは要するに「6歳の誕生日」のことであり、こうした回りくどい規定になっているのは、平年にあっては誕生日の存在しない2月29日生まれの者を想定していることによります。

その上で、学校教育法では、これ「以後」と規定していることから「6歳の誕生日」を含むため、4月1日生まれの者は「早生まれ」となるのです。

仮に「(誕生日)以後」ではなく「(誕生日)後」という規定であれば、4月1日生まれは「早生まれ」とはなりません。

すなわち、「満6歳に達した日」が3月31日だから早生まれなのではなく、学校教育法の規定が「(誕生日)以後」になっているから早生まれなのです。
    • good
    • 1

法律上の根拠は他の方々が回答されている通りですが、


私は学校教育法を作った人たちのチョンボだと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なんのかんのっていっても、本当はきりよく区切った方がいいですよね。

お礼日時:2001/12/03 02:06

学校教育法 第二十二条  保護者(子女に対して親権を行う者、親権を行う者のないときは、未成年後見人をいう。

以下同じ。)は、子女の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、・・・・
となっております。
ですから、この法律の解釈では4月1日生まれの方は4月1日に6歳になるため、それ以降の学年となると次年度になってしまう訳であります。

お解りになりましたでしょうか?
法律って難しいですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
皆さんの回答でやっと納得しました。
ほんと法律ってややこしい!

お礼日時:2001/12/03 02:08

学校教育法の22条によって、4月1日生まれまで早生まれといいます。


内容は、学齢の数え方も民法の年齢の数え方に準じます。
民法第143条によると「・・・満年齢は、起算日に応当する前日をもって満了する・・・」とあります。
これによると、誕生日の前日で、満年齢になるのです。
4月1日生まれの児童は、民法上、その前日の3月31日で、満6歳とみなされます。
学校教育法第22条によれば「満6歳に達した日の翌日以降における最初の学年の新学期(4月1日)をもって小学校の就学が始まる」とありますので、4月1日生まれの児童は早生まれ扱いとなって、小学1年生になります。
4月2日生まれの児童は、4月1日で満6歳になるので、翌年の4月1日に入学となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
誕生日の前日で満6歳とみなすんですね。
初めて知りました。
知ってる人って少ないのでは?・・・
みんなに教えてあげようと思います。

お礼日時:2001/12/03 02:11

以下の法律をみると わかりますよ。


(小六法にも載ってます)
・民法第140条、第143条
・年齢計算に関する法律
・年齢のとなえ方に関する法律
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
法律の本のどこを開けばよいのかわからなかったんです。
参考になりました。

お礼日時:2001/12/03 02:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星座早見表の東西について

子供の宿題で星座早見表を見ています。

普通、方位というと

南を正面手前にした場合

奥が北、右が東、左が西に来ると思うのですが

星座早見表では東西が逆になっています。

どうしてなのでしょうか。

Aベストアンサー

星座早見表は見たい方角の見える星座がわかるものです。
南の空を見ているのに北の空の星座を見ることはできますか?
当然無理です。
ということは後ろに北の空があるわけです。
ようするにあなたの
「南を正面手前にした場合」
という表現が間違っています。
南を正面手前などという操作は星座早見表ではできないんです。
多分あなたがやっている操作は南の空を見ている操作だと思います。
南の空を見ているということはは右が西で左が東になります。

Q4月生まれの人と3月生まれの人が同じ学年にいる件について。11ヶ月も違うんだから運動神経違うのも当然

4月生まれの人と3月生まれの人が同じ学年にいる件について。11ヶ月も違うんだから運動神経違うのも当然だと思いませんか?それとも11ヶ月という時間は大したこと無いのでしょうか...

Aベストアンサー

このようなご質問、うれしく思います。
私も早生まれですが、先日「早生まれの者の成人式を、同学年の遅生まれの者と一緒に行うのはおかしいのでは」という質問を立ち上げましたが、このような問題には関心が低かったのか、満足の行く回答が得られませんでした。
 幼稚園から高校生までは、学年という枠に左右されることは否めません。
 今の制度では、4月生まれが一番得で、1月~4月1日生まれの、いわゆる早生まれが何かと損をしているのです。
 体力面の問題もですが、それよりも、4月生まれは高校3年になれば、すぐに運転免許が取れる。更に今年からは、選挙権年齢も満18歳に引き下げられます。
早生まれの者は、留年したいとすら思うものです。
 とにかく早生まれは何のメリットもありません。
 これから母親になられる方は、絶対に4月か5月に出産してほしい。1月から4月1日までの出産は避けて欲しい。
 早生まれだと、親は一生、子供から恨まれることになります。

Q六星占術の早見表のサイト知りませんか

こんにちは。
タイトルどおりなんですが、2004年産まれまでの早見表(何星人か)は探せましたが、2005年以降産まれの早見表のサイトが探せません。ご存知の方いれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

2010年まであるようです

参考URL:http://generator.squares.net/

Q4月1日生まれの学年

 4月1日生まれの子の学年は、どうして前年度の子と一緒なんでしょう?
 法で決まっていた気がしますが、その法の根拠・理由はあるのでしょうか?
 学年は年度と統一し4月1日生まれの子~3月31日生まれの子迄までが一緒とするほうが自然な気がします。
 ふと疑問に思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

過去に何回かこの問題は取り上げられておりますが、あえて書きます。

簡単に説明しますと、まず、生年月日には時間の概念がありません(これは大事です)。
そして4月1日生まれの子どもは3月31日の終了する瞬間をもって1年が満ちて1歳年齢を重ねることとなります。そこで、1年間が満ちて1歳になる時期はいつかと考えますと3月31日の24時となります。
ですが、生年月日には時間の概念がありませんので、3月31日24時が属する3月31日全体を年齢が1歳上がる日、と定義しているわけです。

従って、4月1日生まれの子どもは3月31日に年を取っているので翌年度の入学が出来るのです。

しかし、ここで注意すべきは下記URLより導き出される年齢の算出方法は全法律家の共通見解ではないということです。
判決や実務においては前日に年齢が上がるという見解が有利ですが、学説においては誕生日に年齢が上がる説の方が圧倒的有利です。
(私の職場においてもその取り扱いに関する議論は何度も行われました(^^ゞ)

また、実務においても、各種の法律によりその扱いが異なっています。

誕生日の前日に年齢が上がる法律
・公職選挙法
・学校教育法

誕生日をもって年齢が上がる法律
・戸籍法(私の専門です)
・刑事訴訟法

また、定年になった日、を定める裁判では誕生日の前日をもって年齢を増やす方を支持しておりました。

年齢に関する問題は身近なようでありながら、統一見解が取れていないという法律の中でも面白い分野です。機会がありましたら、今後注目しておいてください。

過去に何回かこの問題は取り上げられておりますが、あえて書きます。

簡単に説明しますと、まず、生年月日には時間の概念がありません(これは大事です)。
そして4月1日生まれの子どもは3月31日の終了する瞬間をもって1年が満ちて1歳年齢を重ねることとなります。そこで、1年間が満ちて1歳になる時期はいつかと考えますと3月31日の24時となります。
ですが、生年月日には時間の概念がありませんので、3月31日24時が属する3月31日全体を年齢が1歳上がる日、と定義しているわけです。
...続きを読む

Q医療事務の薬価&点数早見表について

最近医療事務の講座を譲ってもらったのですが、付属の
「薬価早見表」に平成12年4月版薬価基準と、「点数早見表」は平成12年4月改正とかいてありました。これから資格をとるのにこの早見表を使っていくのは問題ないでしょうか?もちろん日々薬の種類も増えていってるので収載しきれていないものもあるのは分かりますが、特に点数のほうが大丈夫であれば問題はないのかな?全然分からないので
回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医療事務の講座のテキストで、基本を覚えるためには、
薬剤名 一般名 力量 単位 などが記載されます。 
2年に一度法改正があります。

来年の平成14年4月には、大改正がある予定です。

内服薬、外用薬 注射 の3種が記載されています。
平成14年3月末日迄は、平成12年版で、対応できます。
ただ、貴方の言われるとおり、追加されたり、削除されたりする
お薬があります。

計算方法を学ぶには、何ら問題ありません。

不明な点がありましたら追加質問してください。

Q4月2日生まれ

4月1日生まれの質問がありましたので
思い出したのですが、

日本人の誕生日で一番多いのは、4月2日であると
いうデータを何かで見たことがあります。
  *4月1日生まれだと教育上不利になるので
   1日遅らせて届けを出すのでしょうか?

また2位以下は、9月の下旬生まれの人が
多かったように記憶しています。
  *クリスマスから正月にかけての
   子供ということでしょう

この二点についてご存知の方、
また意見のある方、回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
戸籍の専門家ではありませんが、私自身が4月1日生まれの人間ですので、その辺のところには興味がありまして。
私も前に、何かのデータで一番多い誕生日は4月2日だと見ました。
そして、一番少ない誕生日は4月1日らしいです。
その理由は、やはり4月1日生まれの人は誕生日を4月2日にするケースがあるからだと聞きました。
実際、私の友人も本当は4月1日生まれなのに4月2日生まれにしたということを聞きました。
教育上のことが理由だと思います。
結構あるケースなのだと思いますけど。

その他にも、うるう年の2月29日生まれの場合も2月28日生まれにするケースもあるようです。実際そういう同級生がいました。

Q「平方根早見表」について教えてください

仕事の上で平方根の計算が必要なのです
早見表のようなものはないのでしょうか?
ご存知の方教えてください!

Aベストアンサー

どのくらいの数値範囲で平方根の計算が必要になるかにもよりますが、なかなか既存の早見表のようなものはあまりないと思います。有効桁数をどれほど必要としているかということもあります。
どういったシチュエーションで使用されるかにもよりますが、PCでしたら、電卓も標準装備されています(スタート→すべてのプログラム→アクセサリー→電卓)ので、10の平方根を計算したければ、10と入力してsqrtを押せばOKです。現場などPC環境のない状況では、携帯電話に電卓機能がついていればそれも使えますし、それが無理なら1000円以下でも平方根計算のできる電卓は入手できるはずです。それではだめですか?
なければ自分で作るという手もありますが、補間が必要な値の計算とかあると思いますのであまりお勧めできませんが。エクセルなどが使えるのであればSQRT関数で簡単に計算できますので、自分の使い勝手にあった早見表を簡単に作れるとは思います。

Q4月1日生まれでも遅生まれにする事は・・・

承知の通り4月1日生まれはいわゆる早生まれで、その年の4月1日に小学校入学となります。しかし、昔の親はそれを避けるべく医者に頼み込んで2日を誕生日にしてもらっっていたとかいないとか・・・。ところで私の知人は昭和22年4月1日生まれですが、同学年で誕生日が最後では可愛そうと言う事で親が入学を本来の翌年にしてもらったそうです。学校教育法では違反になりますが50年以上前なのでできたのでしょう。現在ではこのような事がが可能でしょうか。もしできるとしたらその方法は?法律に詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

年齢計算ニ関スル法律という法律があって、その第1項には「年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス」と規定されています。つまり、生まれた時刻が何時かを問わず、その生まれた日を第1日目として年齢を計算することになっているのです。そうすると、たとえば平成3年4月1日生まれの子どもは、平成9年3月31日限りをもって満6歳になり、翌日の4月1日から小学校に入学するため、「早生まれ」ということになります。

学校教育法に次の条文があります。代表して小学校の場合で説明します。第22条  保護者(子女に対して親権を行う者、親権を行う者のないときは、未成年後見人をいう。以下同じ)は、子女の満6才に達した日の翌日以降における最初の学年の初めから、満12才に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は盲学校、聾学校若しくは養護学校の小学部に就学させる義務を負う。ただし、子女が、満12歳に達した日の属する学年の終わりまでに小学校又は盲学校、聾学校若しくは養護学校の小学部の課程を修了しないときは、満15歳に達した日の属する学年の終わり(それまでの間において当該教育を修了したときは、その修了した日の属する学年の終わり)までとする。

よって法律で定められていますのでおそ生まれにすることは出来ません。
それから昭和22年の4月1日は4月生まれと言うことで翌年の入学です、学校教育法で4月1日を早生まれとしたのは昭和22年制定23年施行
ですから違反をされたわけではありません。

年齢計算ニ関スル法律という法律があって、その第1項には「年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス」と規定されています。つまり、生まれた時刻が何時かを問わず、その生まれた日を第1日目として年齢を計算することになっているのです。そうすると、たとえば平成3年4月1日生まれの子どもは、平成9年3月31日限りをもって満6歳になり、翌日の4月1日から小学校に入学するため、「早生まれ」ということになります。

学校教育法に次の条文があります。代表して小学校の場合で説明します。第22条  保護者(子女に...続きを読む

Q夏休みの宿題で、時差早見表を作れというものがあるのですが、どのように作るのか教えてください。 ちなみ

夏休みの宿題で、時差早見表を作れというものがあるのですが、どのように作るのか教えてください。
ちなみに、画用紙1枚と画びょう1つで作れということです。

Aベストアンサー

私は、KDDから、小さな早見表を何年か一度に貰っていました。

http://studyenglish.at.webry.info/201410/article_22.html

今も、google で簡易早見表を配布しているようですね。

これは、地図を手に入れないといけませんね。
http://mkoliu.tea-nifty.com/tomorrow/2009/06/post-30bc.html

これは、正確にはちょっと違っているはずです。日付変更線を見ていると、まっすぐではありませんからね。どこまでこだわるかは、その人の気質にもよるでしょうけれども。

google 検索-画像: 世界時差早見時計

Q英語にお願いします>_< 私の休みは12月31日から3日までよ。 本当に短いわ。すぐに終わってしまう

英語にお願いします>_<

私の休みは12月31日から3日までよ。
本当に短いわ。すぐに終わってしまう。
31日からレンヌのお家に帰るの?

そんな大きな会社で働いているあなたを尊敬するわ!
嫌いな人や苦手な人とかいる?

Aベストアンサー

My days off are from Dec. 31 until Jan. 3.
How short ! They will be over soon.
Are you going home at Renue ?
I'm really proud of you work in such a big company.
Is there People you dislike or hate?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報