システムメンテナンスのお知らせ

自治会通常総会の案内の年度表記についてお尋ねします。
総会は27年4月10日にします。
会計は4月1日始り翌年3月31日締です。
役員の改選は総会当日です。
現役員が招集する総会であり、その中で会計報告するので、27年度に入って開催したとしても 
26年度総会と案内に表記する方が正しいと思うのですが、27年度表記が正しいと言う意見があります。例年は前者の通りに案内しておりました。

gooドクター

A 回答 (3件)

>27年度に入って開催したとしても26年度総会と案内に表記する方が正しいと思う…



総務省が示す、自治会・町内会等に対する指針
http://www.soumu.go.jp/main_content/000061371.pdf
では、
「2. 定期総会は、毎年○月に開催する。 」
とあるだけで、年度の終わりでなければいけないという規定はありません。
あなたのところでは 4月になってからするのが通例なら、年度の初めに開催することになっているのでしょう。
つまりご質問の事例では、27年度定期総会です。

例年は 3月中にやっているが、当該年だけ何らかの事由で 4月にずれ込んだというのなら、26年度総会です。

>会計は4月1日始り翌年3月31日締…
>現役員が招集する総会であり、その中で会計報告するので…

会計係が、複式簿記で未収金・未払金、前受金・前払金などの概念を理解できているなら、3月 20日前後に 3月 31日締めの帳簿を作ることも不可能ではありません。

しかし、自治会・町内会レベルで毎年毎年、複式簿記を使いこなせる人が役員に就くことは事実上考えられず、経理には素人の人が単式簿記でやっているのがごく普通の姿です。
この場合、総会が 3/20 ならその 10日前、3/10 ごろには帳簿を締めてしまわないと決算書は作成できず、締め日から年度末までの入出金が宙に浮いてしまいます。

このため、会としての年度は 4/1~翌 3/31 であっても、こと会計に関しては 3/11~翌 3/10 となってしまうのが現実です。

一方、総会を新年度が始まってから早々に行う、会計報告は当年度分でなく前年度分という考え方なら、会としての年度と会計の実態を一致させることができます。

>27年度表記が正しいと言う意見があります…

会員個々がどんな意見を持とうと自由です。
規約・会則でどのように定められているのかをご確認ください。
現状の規約・会則では、そのあたりが必ずしも明確ではないのなら、これを機会に成文化するよう見直しましょう。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/commun …
    • good
    • 12
この回答へのお礼

有難うございます。質問の年を一年古く間違えました。しかし、間違えに沿ったお答えですので参考になります。リンク先も大変参考になりました。

お礼日時:2016/03/21 22:40

26年4月1日〜27年3月31日の26年度の締め括り総会を27年4月10日に開催して、26年度の会計報告をするわけですから、26年度総会です。



「役員は、次の役員が選任されるまではその職務を行う」というような規定があると思いますので、27年4月10日が新年度に入っていても26年度役員ということです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

有難うございます。質問の年を一年古く間違えました。しかし、間違えに沿ったお答えですので参考になります。あなたのお答えに、同感です。

お礼日時:2016/03/21 22:40

年度会計が、よくわかりませんが、今年の4月に表記するのであれば、26年度が当たり前です。


27年度は、終わってませんから。
何てこんなこと言うひとがいるのか?
年度を年と間違っているんではないんでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございます。質問の年を一年古く間違えました。しかし、間違えに沿ったお答えですので参考になります。

お礼日時:2016/03/21 22:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング