ネットが遅くてイライラしてない!?

大学でお盆について研究している者です。以前も同じ質問をさせて頂いたのですが、意見があまり集まらなかったので、再度アンケートを実施します。
「お盆」についていくつか意見をいただきたいので、ぜひご協力お願いします。

1.時期(日にち)
 皆さんのお宅ではお盆はいつやりますか?地域によって日が多少違うということなので、都道府県もご記入ください。

2.内容
 お盆にはどんなことをしますか?墓参り、精霊流し、夏祭りといった簡単な書き方でも結構です。やる時間帯(“朝”、“夕方”など)もご記入いただけるとありがたいです。

3.物
お盆に何か作る物などがあれば、教えて下さい。

以上の3点についてお答え下さい。
締め切りは2005年11月21日午後6時くらい(曖昧)とします。

この結果は私のレポートの参考にさせていただきます。
また、結果はあとで「お礼」にまとめたいと思います。気が向いたら是非結果も見に来て下さい。
それでは、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんな家もあるという参考まで。



(1)宗旨が神式であるため特にお盆という概念はないのですが、まわりが「お盆、お盆」というので先祖供養の気持ちを込めて8月の会社がお盆休みになるころにします。兵庫です。

(2)お墓参りを片道4時間かけて行きます。お墓には洋花と榊をお供えしてきます。毎年8月の12日か13日です。
 家の神棚と御霊の両方に榊の水を代え、お神酒、塩、洗い米を供えろうそくに火を灯し手を合わせます。ただし、これはお盆だからするわけではなく毎日のことです。毎朝一番にします。
 お盆だからと言って特別のお飾りなどはしません。少しお供え物の果物やお菓子が増えるくらいです。

(3)特になにもつくりません。
    • good
    • 0

1 7月13~15日 


  私の実家は熊本ですが、熊本市内は7月盆です。また、比較的新しく熊本市に合併した地域は市内と言えども8月盆のようです。

2 本当はいろいろとあるのかもしれませんが、うちでは15日の夜に精霊流しをします。3日間お供えしたものを近くの川に流します。
 初盆の家は、木製の小さな舟に提灯を灯して流したりもします。

3 これはあくまでも私の家の場合です。
ラクガン(これはお店で買います)、素麺、白玉団子など。
 お茶碗にご飯を中高く盛り、真ん中に箸を突き刺してお供えします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが卒論も無事提出できましたので結果を報告したいと思います。

アンケート実施期間は2005年11月3日~21日の計18日間、総協力者数は10名でした。

参加者の地域は福島県、新潟県中越地方、埼玉県、静岡県東部、三重県(墓は京都府)、兵庫県(※神式)、広島県、鳥取県、佐賀県、熊本県熊本市です。

日にちは7月13~15日、8月13~15日、8月13~16日の3パターンに分けることができました。ここから、月の違いはありますが、いずれも新暦で行っているところは共通しているという結果を得ることができました。新暦8月にお盆を行うものは13~15日と13~16日の2つに分かれていますが、後者は福島県と新潟県という隣接した地域に見られることで、何らかの関連があるということがわかりました。

内容に関しては、迎え火を行う地域は送り火もする(どちらか一方だけではない)ことや、迎え火・送り火、精霊流し・灯籠流しは西日本で多く見られるということがわかりました。

また、団子やおはぎ、赤飯を作るなど、お盆にはもち米を使った料理が各地で作られることがわかりました。餅米は古来より希少な作物で、神仏に供えられてきました。また、お盆には胡瓜や茄子で作った牛馬も飾られます。そのようなことから、お盆の収穫祭的意味というのも見いだされました。

これは簡単にまとめたものですが、皆様の回答を参考にし、以上のような結果を得ることができました。
皆様のご意見は大変参考になりました。ご協力いただいた方々には心より感謝しております。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/26 18:44

東京や横浜あたりは、7月ですが、地方は8月にお盆の行事をやりますね。


静岡県東部の一般的なお盆の内容を紹介します。

お盆の前の日にお墓のお掃除などをします。
仏壇に、竹で棚を作り栗(いがのついたもの)柿、ほうずきをつるします。
仏壇にきゅうりとなすにおがらで足をつけて、馬と牛にみたてた物を供えます。
ご先祖様が来るときには早くきたいので、馬にのり、帰りはゆっくり帰りたいので、牛にのって帰るということのようです。

仏壇には、果物、さつまいも、かぼちゃ、乾そうめんなどを供えます。
おがらを箸にしてそれも仏壇に置きます。
後は、はすの葉にナスをきざんだものと洗米を混ぜていれます。
みそはぎもかざります。
お盆の当日は、朝、団子を作って供えます。またその時、無縁仏用に小さい団子、少しの果物も仏壇の隅に供えます。
夕方、20センチぐらいの長さの細いまきを、燃やしてご先祖様をお迎えします。
朝昼晩お盆が終わるまで、煮物や汁物、五目寿司などいろいろお供えします。
3日目には、ご先祖様が神田の町に買い物に行くということらしいのですが、(東京の実家ではなかったのですが)
お赤飯のおにぎりをつくりおがらの箸をおにぎりに立てます。
昔は普通のごはんに小豆をいれて炊いたようですが、
だんだん簡単になってお赤飯になったようです。
その日は、また、夕方まきを燃やして、ご先祖様が帰ってくるのを
お迎えします。その日はそうめんをゆでて供えます。
後は、お寺で、お経をあげてもらった卒塔婆をあげて、墓参りをします。
お盆の終わりの日に、送り火を焚いて終わります。
まきを燃やすところもありますが、実家ではおがらを燃やしました。

また、燃やしている火をまたぐといけないところもあれば、逆に
またぐと病にかからないといって3回またぐところもあります。
土地土地によって、かなり違いがあるでしょうね。
最近では簡単になってきているようです。
細かく書くときりがないのでこの辺で。
少し参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

私でよければ、協力させてください。



1、時期
8月の「盆入り」から「盆明け」までです(カレンダーに書いてあります)。地域は埼玉です。

2、内容
家では盆入り(今年は8月13日でした)の日にお墓の掃除をします。
掃除をした後、花とお線香を供えます。これは大体午前中ですね。
15日は夜、家族で夕飯を食べたあと、近くの土手までちょうちんを持ってご先祖様を送りに行きます。

3、物
あときゅうり・なす・さつまいもに割り箸をさしたもの(名前がわかりません)を作ります。それと、
「サトイモの葉っぱになすの角切りをのせて、そこに水をつけたミソハギの花の束をなすの上に振って水をつける」ということをします。
サトイモとなす、ミソハギの花は家で取れたものを使用します。
・・・うまく説明できませんが、こんな感じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお盆の迎え方について(日蓮宗)

お盆に仏様にお膳を用意すると思うのですが
お盆の3日間くらいの全ての日に用意するのでしょうか?
私は菩提寺のご住職様が拝みに来られる日だけ用意していたのですが、周りの人に聞いてみるとお盆の3日間くらいの朝、昼、夜に用意すると聞きました。
精霊棚は用意していますが、キュウリやナスに足を刺して馬や牛を作るものはしていません。
住宅事情により迎え火や送り火もしていません。
お膳のこと以外でも迎え方がかわかる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.2です。すみません、肝心のことを書き忘れました。

13日
夕:団子

14日
朝:ご飯
昼:そうめん
夜:おむすび

15日
朝:なし
昼:ご飯+おかず(てんぷら)
夜:団子

ご飯はすべてその都度炊きます。

Q法事になぜ赤飯を食べるの

四十九日などの法事のときに、赤飯を食べますがどういういわれがあるのでしょうか。
 「死んでめでたくもないのに」と言う人もいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
こう言う記述がありました。

葬式にも言えます。今度はひたすら別れ別れ、悲しみ悲しみとなってしまう。だけど、我々僧侶方が何で七条袈裟と普通いっております袈裟、金襴緞子を着けるのでしょうか。慶祝行事だからでしょう。晴れ着です。そういう晴れ着で、なぜ導師をして差し上げておるか。今でも真宗地帯、北陸辺りでは、通夜の席で赤飯を炊く家は決して少なくありません。それは確かに悲しい別れだけれども、仏(ほとけ)の道へ入っていかれる、成仏道へ入っていかれる晴れの門出でもある。この死というところで、先ほど何度か生き直すということを申しましたが、生き直しの最終段階で命は完成すると考えているわけです。その命の完成に向けて晴れの祈りで飾って差し上げている。これが仏教という以前に我々の父祖たちが込めた祈りです。

 確かに悲しいけれども、同時にお浄土へと晴れの旅立ちをなさるんだ。それを喜んで差し上げたい。我々の御和讃で、娑婆永劫の苦を捨ててと。この娑婆には悲しいことがいっぱいあった、苦しいことがいっぱいあった、ようやくそれから解放されていかれる。そして、悲しみのないお浄土へいかれる。

色々と見ますと、北陸、九州、北海道、東北など結構赤飯が法事に出される、お葬式にもってところが、日本には多いみたいですね。
私も、初めて知りましたけど、赤飯、法事、理由で検索するといろんな、説明が結構見られました。
お時間があれば、各サイトの訪問は一度いかがでしょうか?

#4です。
こう言う記述がありました。

葬式にも言えます。今度はひたすら別れ別れ、悲しみ悲しみとなってしまう。だけど、我々僧侶方が何で七条袈裟と普通いっております袈裟、金襴緞子を着けるのでしょうか。慶祝行事だからでしょう。晴れ着です。そういう晴れ着で、なぜ導師をして差し上げておるか。今でも真宗地帯、北陸辺りでは、通夜の席で赤飯を炊く家は決して少なくありません。それは確かに悲しい別れだけれども、仏(ほとけ)の道へ入っていかれる、成仏道へ入っていかれる晴れの門出でもある。こ...続きを読む

Q仏壇のお供えはどうしたらいいですか?

今までは親がやってましたが親が亡くなり私が仏壇を祭る仏壇も新たに購入しました。
高さ60センチ横50センチ奥行き30センチコンパクトな家具調仏壇です。

お供えについて質問です。
何をお供えしたら良いのでしょうか?

(1)思いつくのは小袋に入ったお菓子かお饅頭かな。
(2)くだものは何がいいでしょうか?
(3)お供えは何日間するの?
(4)タバコとかお酒はお供えしていいんですか?
(5)缶に入ったものは開けておくのですか?

お供えについて色々教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。自信はないのですが、寺の子供ということで回答させて頂きます。
何をお供えしたら良いのかと言うことですが何でも良いと思います。何でも良いというのは言葉が適切でないかもしれませんが、特にこだわる必要はないと言う意味です。故人が好きだった物などが良いかもしれません。
果物も同様に何でも良いと思います。ただ日持ちがしないものが多いので1日くらい(何時間かだけでも)お供えした後はお下がりとして召し上がってくだい。お菓子やお饅頭の場合も同じです。腐るまでお供えしておくのではなく食べられるうちに下げて召し上がるのが良いと思います。
何日間とかではなく毎日お供えして下さい。お菓子や果物は毎日お供え物を交換する必要はないと思いますが(果物は供えられていない日があっても良いと思います)ご飯とお茶だけは毎日新しいものに交換した方が良いと思います。
タバコやお酒も故人が好きだったのならお供えしてあげてください。(好きだった銘柄がいいですね)
缶に入ったものは開けておいても開けなくてもいいように思います。
最後になりましたが大切なのは気持ちだと思います。いくら良いもの、高いものをお供えしていても「してあげている」という気持ちならばしない方がいいです。安いもの、賞味期限が切れかけのものをお供えしていても「させていただく」という気持ちであれば故人も喜ばれると思います。また、お供えしているからといって放っておいては意味がありません。仏壇の前に座って手を合わせることは大切なことだと思います。
自信がないにもかかわらず長々と生意気なこといってすいませんでした。

こんにちは。自信はないのですが、寺の子供ということで回答させて頂きます。
何をお供えしたら良いのかと言うことですが何でも良いと思います。何でも良いというのは言葉が適切でないかもしれませんが、特にこだわる必要はないと言う意味です。故人が好きだった物などが良いかもしれません。
果物も同様に何でも良いと思います。ただ日持ちがしないものが多いので1日くらい(何時間かだけでも)お供えした後はお下がりとして召し上がってくだい。お菓子やお饅頭の場合も同じです。腐るまでお供えしておくので...続きを読む

Qお盆のお墓参り

ずっと気になってたんですが お盆にお墓参りってするところ多いじゃないですか
でも お盆の時って 魂が家に来てるじゃないですか
空の墓にお供え物をして お参りするのって変じゃないですか??
お墓参りするなら お盆前とか お盆後にしたほうが正しいように思うんですが・・・
何故お盆にお墓参りをするのか その理由を知りたいのです よろしくお願いします

Aベストアンサー

 以下は同じような趣旨のご質問に答えたわたし自身の回答です。そっくりコピーしてご回答に替えます。

 わたしもそんなことを何度も考えたことがあります。もちろん仏教の真髄などといったものは理解しておりませんが、それでも、たしかに今は亡き父はじめ仏様はわが家に帰って来ているのかもしれませんから、もちろんお仏壇にはいつもより美味しそうな珍しいものなどをお供えしますが、それだけではこの世に残った者たちにしてみれば物足りません。

 とにかくお墓といえば、あの、今は懐かしい父たちを葬ったところ。いわばこの世とあの世をつなぐ唯一の場所。まして暑いさなかともなれば、ぜひ行って、きれいに清めてあげて、冷たいお水、好きだったお酒といったものをお供えしたい.......これ、ごく自然な感情と思っています。

 ただ、お墓が遠く離れた土地ともなると、気持ははやるものの、なかなか実現できないことも多く、仏壇に手を合わせてそのことを詫びてはいますが、たぶん分かってくれて、さぞ、どこか見えないところで苦笑しているのだと思っています。

Qお盆でミソハギの使い方

お盆の季節ですが、お花屋さんでお盆用と思われるミソハギという名の
お花が売られています。 このミソハギはどのように使われるのでしょうか?
ご存知の方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

おぼろげな記憶なのですが、蓮の葉の上の露と一緒に仏壇に供えていたように思います。

束にしたミソハギに水をつけて蓮の葉の上で叩くような感じだったと思います。
理由は良く分かりませんでしたが、念のため検索したら、
「仏様は水を欲しがるので」ということが、下記に載っていました。
http://www.fitweb.or.jp/~hana-k/hana/misoha/misoha.htm

もちろん、仏壇の花瓶にも挿していたと思いますが、こちらの理由でやっていたのではないかと思います。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む

Qお盆の墓参りについて

私はずっとお盆に墓参り(親の田舎:現在親戚関係は一人もいません)をしていました。が、妻はお盆は家で仏様を迎えるのに仏様のいない墓にどうして参るのか?といいます。私と妻の出身地が違うので単なる習慣の違いと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

nakanok2002さん、こんにちは。

過去に似たような質問がありましたので、書いておきます。
私も回答致しておりますので・・・・。
どうぞご参考に・・・。

基本的にはお参りする人のお気持ち(心)の問題だと思います。
私も両親を見送りましたが、親が写っている写真や、父母が生前使っていた物を見たり、手にしたりすればいつでも「親がそこにいる」という気になるのと同じだと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=242437

Q仏壇にお供えする時の向きはどうしたらいいですか?

何て説明した良いんでしょうか?

ご本尊様とか、お位牌さんに見せる様に置くのか

こちら(私)が見える様に置くのか

うまく説明が出来ません。
意味を分かってもらえますか?

Aベストアンサー

 花でも食べ物でも自分に対して正面を向けます。なぜかというと、あなたは自分が仏様にお供えものをしたと思っているでしょう。しかし、その供物が自分の手に届くまでに、どれだけの人の苦労がかけられているか考えたことありますか? それを忘れて「私がお供えしました、受け取ってください」という気持ちでお供えしていませんか?
 修行僧は食事の前に、天皇陛下の弥栄と食事を与えてくださったすべての人々の幸福を祈り、さらに“この食事がどれだけの手間暇がかかって今目の前にあるか考えよ”、そして“それを受け取るにふさわしいだけの行いをしてきたかどうかを考えよ”などの意味のある一文をお唱えします。
 であれば、自分がお供えしているものをなぜ自分に向けるのか。それは神仏の加護によって、また目には見えないさまざまな人や自然や宇宙の働きによって、私たちに授けられているのだということを知るためです。お供え物は言葉こそ発していませんが、それによって仏が教えを説かれている「無言の説法」なのです。だから、お供え物は仏の方に向けるのでなく、私たちの方に向けられるのです。そして神仏から授けられた物ですから、粗略にするのでなく感謝して頂戴したり、独占せずに皆に分け与えるのです。

 花でも食べ物でも自分に対して正面を向けます。なぜかというと、あなたは自分が仏様にお供えものをしたと思っているでしょう。しかし、その供物が自分の手に届くまでに、どれだけの人の苦労がかけられているか考えたことありますか? それを忘れて「私がお供えしました、受け取ってください」という気持ちでお供えしていませんか?
 修行僧は食事の前に、天皇陛下の弥栄と食事を与えてくださったすべての人々の幸福を祈り、さらに“この食事がどれだけの手間暇がかかって今目の前にあるか考えよ”、そして“それ...続きを読む

Qお線香の本数には決まりがあるのですか。

仏前やお墓にあげるお線香の本数には、何本が好ましいというような決まりがあるのですか?

49日までは、(49日まで用の)祭壇に毎日お線香を1本だけ(起きている時間)絶やさず着けていましたが、春の彼岸ということでお寺さんが来てお経を上げてもらった時は、お坊さんがお線香を2本同時に着けていました。

お墓参りの時は、10数本~1束まとめてお線香を着けていような記憶があります。

そこで質問なのですが、49日までは1本で、それ以降は2本(又は2本以上)といった決まりがあるのですか?

また、仏前とお墓の前とでは、お線香をあげる本数に違いがあるのですか?

ご存知の方、詳しい方、少しでも知っている方、
教えてくださいますようお願いします。

Aベストアンサー

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご本尊もそこには奉られていないはずです。
ですからこの場合、仏への1本。ということになります。さて、では49日を過ぎると、仏様はあの世へ到着し、本当に仏様となって、再びこの世に生を受けるための修行をなされます。
そうなると飾り棚ではなく仏壇を使用されますが、
そこからは、仏、法、僧の3本を焚いてください。また、僧を抜かして2本でも構いません。

コレはお焼香(抹香)でも同じです。
よく、通夜式(御通夜)なんかでは3回しますが、
翌日の葬儀式(告別式)では、ホールの方に、お焼香は一回で構いません。
といわれるケースが最近ありますが、通夜では、仏・法・僧の意味で、告別式では故人との別れとのことで
仏だけの1回ということになります。


また、お墓ですが、これまた49日までは一人1本ずつ。その後は特に決まりはありませんが、こういう基準を持つといいでしょう。
まず最低ラインである仏・法・僧の3本に、
そのお墓に入っていらっしゃる仏様の人数×1本ずつ
を一人一人が焚けば宜しいと思います。

ですからお墓に3人入っていらっしゃるのならば6本。5人なら8本ですね。

また、法事などでは一人3本ずつで構いません。が、法事をする対象の故人の人数が2人ならば+1本ずつ。としていけばいいでしょう。
法事のときに一人1本ずつは恥ずかしいですよ。

また、点けてしまってあまったお線香は施主か家族が全部線香受けに入れてあげてください。


ついでに言っておきますが、法事などのお墓参りには
事前に3ヶ月ほど前にお寺さんに出向き、1週間前に確認のため出向いたほうがいいです。その時、お寺ごとは2人で行くのが常識です。また、確認後はお墓へ行き、線香はいいので、お墓の掃除やお花を供えて、当日にやることがないようにしましょう。


ながながとすみません。

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご...続きを読む


人気Q&Aランキング