おとなとして、
子供に
「サンタクロースはほんとにいるの?」
と聞かれて、
答えるために必要な基礎知識ってなんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

福音館書店発行の「クリスマス・クリスマス」(角野栄子さく)


実際、取材して写真も掲載しています。

今年、4才の娘にサンタさんは、本当にいるのと聞かれて読んであげました。

えんとつのない家は、どうやって入ってくるのか疑問ですが、
去年のサンタクロースの手紙には、
テレビから通り抜けてくると書いてありました。

子供は納得したようですし、いつか一緒にサンタさんの家にも行きたい
と思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

知らなかったこといっぱいで、
すごく勉強になりました。

お礼日時:2001/12/06 20:40

「いない」って答えれないんじゃないですか?


私も見たことはないですけど、見たことないのってイコールいないではないと思います。

子供の言うサンタさんっていうのは夜中プレゼントを持ってきてくれる人の事ですよね。
こういうサンタさんはいないので、親が変わりに夜中プレゼントを置いてくれるのですが・・・。

私は今24ですがかなり大きくなるまでホントにいると思ってました。
毎年クリスマス前になるとお父さんから「今サンタさんと会ってて何が欲しいかきかれてるんだけど・・・」電話がかかってきました。

ある年、弟と2人でサンタさんに手紙を書いたら返事が置いてありました。

このような両親の気遣いで長い事いると思ってたのです。

だいぶ大きくなってから、母の引き出しの中から弟と書いたサンタさんへの手紙をみつけてしまった時も「変だなー」と思っていました。(*^▽^*)

いまでも、クリスマスに目がさめると枕元にアメが置いてあったりします。

こういう母の気持ちがうれしいので、サンタがいないとわかった時もさほどショックではありませんでした。

その子が事実を知るとき、どんな気持ちでいられるか、そんな事を考えて接してあげるとどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

存在その物の是非は個人の心の中で考えていただけるとありがたいです。

ちょっとここの質問について詳しくいいますと、
結局、サンタってのは大人であるってことなんですよね。
で、「サンタ」から子供はプレゼントをもらう。その子供が大人になる。

大人はただ、サンタとして子供にプレゼントをあげると夢を与えられる。と考えているひとがおおいですよね?

なんで?ホントに子供はそれに夢をもつの?

ってのがありますよね?
だから「しゃ~ね~な~」でプレゼントを買っている大人も多いはず。

大人が気持ちよくプレゼントを与えられるようになるのには何を知ってないとダメか?ってのが知りたかった訳です。

この質問の解答を読んでて思ったのは、
サンタってのは結局思いやりの象徴で、プレゼントするのは思いやりの心から。
子供を大事だと思う心です。

ず~と続いて、子供、孫、ひ孫までが新しいサンタになるってのを続けているってことです。
自分で何かいてんのかわかってませんが。

あと、
> かなり大きくなるまでホントにいると思ってました。
> いるかもしれないな

とおもっていらっしゃる方、
違います。それは、いまでもサンタはいると信じているだけです。

でも、いたらおもしろいですよね?

お礼日時:2001/12/06 21:31

 遅い時間に失礼します。


 私もけっこう大きくなるまで,サンタクロースの存在を信じていました。そんなこともあって,子供にもおしつけがましくサンタクロースを信じさせようとしましたが,上の子にはバレてしまいました(なんと夜中まで,眠気に耐えて待っていたそうです。)。下の子は今も信じています(小4)。
 本当にいるのと聞かれて,私は「いるよ。お父さんも小さい頃ずっとサンタクロースに会いたくて待っていたけれど,起きている間はこなかったみたい。だから会った事はないよ。」といっています。私が小さい頃に父には,「サンタクロースが来たら,起こしてね。」と頼みましたが,起こしてくれるはずもありません。翌朝プレゼントが。父は,「お父さんも会いたかったが,起きていられなかった・・・。」
 何も難しいことなんて用意しないほうがいいと思います。子供と一緒にサンタクロースを待つ気持ちを伝えてあげることができたなら・・・。
 私,こんな大人になっても,もしかしたら・・・なんて思っているくらいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

> 何も難しいことなんて用意しないほうがいいと思います。子供と一緒にサンタクロースを待つ気持ちを伝えてあげることができたなら・・・。

なるほど。
そうですよね。
確かに、ドキドキして楽しい感じを伝えるってことが
大事かもしれません。

> 私,こんな大人になっても,もしかしたら・・・なんて思っているくらいですから。

でも、存在を信じるとしても、
自分のところじゃなくとも、
子供のところに来てくれればって感じですよね。
子供のころは、
「サンタさんは来てくれるのかな」
という「サンタはいるの?」で、
大人なったら、
「サンタはいたらいいな(面白いな)。でも、自分のところに来るのではないかもしれないな」
になるっていうことですね?

お礼日時:2001/12/06 21:09

「サンタクロースはほんとにいるの?」・・・私もこの時期になると聞かれます。


いると信じている子供をもつ親として夢は壊さないでおこうと思ってます。
基礎知識はないのですが、私の場合は「いるよ」って答えてるだけです。
「でも、見た事がないのよ」で、それ以上は聞かれませんね。
プレゼント目当てなのかも知れませんが、それで安心してるようです。(笑)
ただ「いる」と信じているのは確かですね(11歳、8歳です。)
回答になってないんですが、難しい事を言っても理解できないと思うのですが?
我が家ではそんな感じですが、ちょっと最近は疑いが・・・(汗)

はっきり「いない」って言うより自然に気がつくまで夢は与えてみたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> プレゼント目当てなのかも知れませんが、それで安心してるようです。(笑)
こんな質問しておいてなんですが、
私は小さいときからクリスマスは親にサンタと偽らずプレゼントをもらってました。
なので、「サンタっているの?」という疑問を持ちませんでした。
いてもいなくてもいいからです。
「いたらおもしろいよね?」
っていってました。
現金な物です。

さてと本題です。
> 回答になってないんですが、難しい事を言っても理解できないと思うのですが?

かもしれません。
でも、11歳のお子さんをおもちなら、聞かれることはないと思いますが、
少し話題になってくると思います。

そんなときに、夢を与えるって理由じゃなく、なんでいるってことになってるのかってのが説明できる親だと、ちょっとかっこいいですよね?

そら、夢つぶすってことなら、
セントニコラスって人が、子供達にプレゼントを配っているのたのがモデルで、
現在の赤い服に白い髭はコカコーラの宣伝のために作られた姿にすぎない。

所詮なまはげと同じく、子供をいい子にするため(おとなしくさせるため)
大人のこじつけだ。
っていってしまえば終わってしまう訳です。

ただ、夢を与えるってだけの理由じゃなく、
プレゼントするって言う
感謝、慈悲を教えるってのが必要になってくるのかな?って思ってます。

お礼日時:2001/12/06 21:00

 初めまして。


こんな質問を見つけました。
この回答者の様に「夢」を与える様な話をしてあげて下さいね。

 ちなみに、この本も参考にしてみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/403421...

では、失礼します。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=127074
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

こういう質問されたときに、根拠なく
「大丈夫!」といっても説得力がないですよね。

そのための知識をください。
(自分の経験に勝る物はないといわれると終わりですが...。)

お礼日時:2001/12/06 20:44

大人として、この質問に答えるためには、定番にして基本、教育的にして究極の文書、「バージニアへの手紙」は必ず一読しておくべきだと思います。



アメリカで、昔、「サンタクロースは、誰も見たことがないと言うけど、本当にいるの?」と、小学生のバージニアちゃんが新聞社に質問文を投稿しました。それに対する新聞社の返答が、素晴らしい名文なのです。

中でも私が気に入っているフレーズは、
・そう、サンタクロースはいます。
・もしもサンタがこの世にいなかったら、世界はどんなにつまらなくなることでしょう。
・この世で愛、友情、信頼といった、最も大切なものが目に見えないように、サンタも、まだ誰も目にしたことがないのです。

誰も目にしたことがないけれども、確かに存在する、この世で最も大切なもの。

…心打たれるフレーズです。

で、今の私ならば、もう一言付け加えます。
「テレビや町の中にいる、作り物のサンタクロースではなくて、本物のサンタクロース」の存在を子どもに話します。そこに、宗教の壁はなくなるのです。

参考URL:http://www.lb.u-tokai.ac.jp/joy/misc/virginia-j. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

今回、この質問したのは、
バージニアへの手紙をよんでのことです。

ちょっと感動しました。

> 「テレビや町の中にいる、作り物のサンタクロースではなくて、本物のサンタクロース」の存在を子どもに話します。そこに、宗教の壁はなくなるのです。

そのとおりだと思います。
日本において、クリスマスはもう教会に行ってすごすってものじゃないです。

だから、サンタについて、宗教の産物として考えないってのが大事だと思います。

バージニアへの手紙
は大人としてよんでおくべきものの1つですね。

お礼日時:2001/12/06 20:35

それは、「居ない!と教えるため?それとも、夢を壊さないようにするため?


それにより、回答は大きく違うよ

でも、サンタが居ない!とは100%断言はできないような・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうです。

なんと答えるのがいいのかじゃないです。
答えるときの指針がほしい訳です。

いないと答えるとしても、
いると答えるとしても、
何も知らなくて答える資格も無いよう状況だと、まずいと思います。
例えば、サンタを聖ニコラス卿だと考えると、
「いた」
と答えるべきですよね。

そういうことです。

お礼日時:2001/12/06 13:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報