庭に花木(サザンカ、ダンコウバイ、沈丁花、カキ、梅など種種雑多です)を植えているため、今の時期肥料をやらなければなりませんが、化成肥料とボカシ肥料
のどちらを与えればよいかわかりません。
私は基本的には今の時期はボカシ肥料を与えていますが、以前園芸農家の方にご相談したところ、2月頃にサザンカに肥料をやる場合は、ボカシ肥料よりも化成肥料の方がよいとお聞きしたことがあるので心配になって質問しました。

A 回答 (3件)

厳寒期(1~2月)に与える肥料を寒肥といいますが、tonton5775さんのボカシ肥料で正解です。

寒肥は春になって庭木がめざめ生育サイクルに入りますが、そのときに有機質を必要とします。厳寒期に施した有機肥料が徐々に分解され、春の生育期には、吸収しやすい栄養素になるわけです。
厳寒期に化成肥料を施すということは、分解が早いため、夜中に脂っこい食事をたくさん食べるようなもので、人間なら消化不良を起こしますね。
樹木は栄養過多で新芽を出そうとします。
しかし厳寒期であるため、新芽を出そうにもそれもできずといった、生育バランスを破壊することになります。
ただし化成肥料にも緩効性のものがありますので一概に化成肥料がだめというわけではありません。
    • good
    • 0

こんにちは、tonton5775さん



ぼかし肥料と化成肥料ですが、
化成肥料は文字どうり化学的に作った肥料です、それに対して、ぼかし肥料は有機物を発酵させて植物にも土にも環境にもやさしい肥料です。
ぼかし肥料が高級で使いやすい、肥料といえます。

私ならば、果樹にはぼかし肥料を使います。(味がよくなります)
その他の木はどちらでも良いと思いますが、ぼかし肥料を使ったほうが、植物は良く育つと思います。

>以前園芸農家の方にご相談したところ、2月頃にサザンカに肥料をやる場合は、ボカシ肥料よりも化成肥料の方がよい
この場合は、「冬の寒い時期はぼかし肥料が効きにくいので、化成肥料で即効的に効かせたら良い」意味だろうと思われます。が、植物の根の活動も寒い時期はほとんどしないので、そんなに大差ないように思われます。心配しなくても大丈夫です。化成肥料より、ぼかし肥料の方がいい肥料なので安心して使ってください。
    • good
    • 0

確かにぼかし肥料は花のつく樹木に効果が高いとは言えませんが、どちらかでなくては駄目ということも有りません。

樹木に与える場合は植物の成長に必要な有機質に加えて、花つきを良くする燐酸やカリウムなどが入っている低高度化成肥料がよく使われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q堆肥・ぼかし

いつもお世話様です。
「堆肥・ぼかし」作りについて、参考になる物を探しています。
近い将来、農業に転進する事を考えています。(決定したわけではないですが)

ただ、病虫害が出るたびに化学薬品を使う農業に疑問を感じています。(農薬で中毒死した方、使っていて短命だった方、体調が何年経っても優れない方が身近に居ます)
畜産業から堆肥を買うと高い(近所で1tで1万円以上)ですし、最近は何故か使うほどに土が悪くなるような気がしますし、あまり効果が無い気もします。

今は実験として杉、松等の皮、貝殻等で数種類配合を変えて僅かな量を作っていますが、本当にこれで良いのか自信がありません。

「堆肥・ぼかし」を作り方で、皆さんがお勧めの著書があればご教授ねがたいです。
ささいな情報でもかまいません。
出来ればゆっくり読める書籍がいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も農業をしていますが堆肥やぼかしについては農文協で出している現代農業によく出ています。質問者の方は堆肥とぼかしを混同しているような気がします堆肥は有機物を腐らせて土壌改良のために入れるのが堆肥です。ぼかしは肥料として発酵させ肥効を高めるのが目的です。堆肥の材料でもっとも優れているのは稲わらです。CN率が70位と低く発酵しやすく取り扱いも楽ですしかしいまほとんどが機械収穫のため入手するのが大変です、私も家では畜産農家に依頼し機械で集草してもらいますが10aあたり1万円がかかりますそのわらと牛糞をまぜ堆肥に積み1年かけて完成します。よい堆肥を作るには手間と労力とコストがかかります。そうしなければ良質の堆肥は出来ません。私は無農薬栽培には疑問を感じています。むしろ有機質肥料を主体に補助的に化学肥料も使用したほうが食味も優れ安定的に生産できると考えます。私達は生活のために生産しています無農薬栽培を否定するわけではありませんが果たして生活できるでしょうか
最近は堆肥も入れすぎれば害が出るという説が有力です。

Qリーフレタスの施肥についてですが、化成肥料をカブ元に与えると、少しは葉

リーフレタスの施肥についてですが、化成肥料をカブ元に与えると、少しは葉に触れてしまうと思うのですがこれでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

株元と言っても、地面から茎が出ている所の意味ではないです。地下部の根の大きさは、地上部と同じ大きさだと良く言われます。そして養分を吸収する機能は、根の先端の毛根の部分です。
ですから、上から見て地上部のレタスの結球の外周の当りに撒けばよいのです。実際にはそこまで厳密に摺る必要はなく、上から見てレタスの外側当りに適当に撒けばよいでしょう。もし気になるなら1~2cm程度の深さで円状に肥料を膜場所を掘り、そこに撒いて土を掛ければよいと思います。

QEMぼかしと土を最初から一緒に使って生ゴミ堆肥

ベランダで生ゴミ堆肥を作りたいと思っています。

ベランダでできる位の少量を土だけに混ぜても発酵が進みにくいそうなのでEMぼかしを使ってみようかと思うのですが、調べてみると、こちらは虫が湧きやすいようですね。
もし湧いたら土に埋めれば良いとよく書いてあるのですが、そうならば、最初から土とEMぼかしと生ゴミを混ぜれば良いかなと思うのですが、意外とそういうケースについて書いてあるホームページも本もありませんでした。
(米ぬかと土と腐葉土はありましたが)

何か最初から混ぜてはいけない理由でもあるのでしょうか?

ちなみに、受け皿をひいた素焼きの植木鉢にその3つを混ぜて素焼きの蓋(受け皿として売っているもの)をしてたまにかき混ぜる感じでやってみようかと思ってるのですが、それでも大丈夫そうですか?

何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無殺菌の土や腐葉土には いろいろな細菌たちが住み着いています
好気性も嫌気性も 菌類も乳酸菌も 腐質 呼ばれるものに含まれます

米ぬかって言うのは 細菌たちの栄養源として混ぜるのです
腐葉土も普通の土も 細菌たちの栄養となる利用可能な有機物は少ないですから 栄養を与えて 増やしてから 生ごみを処理してもらおうというわけです

乳酸菌なんて 野菜の表面 木の葉の上 人の皮膚や小腸 いたるところにいます
漬物に使われるのは 野菜にいる 耐塩性乳酸菌 ほとんどの細菌が増殖できない塩分濃度でも 野菜の中の糖分を栄養として繁殖し 酸を出す
最初に見つかったのが ヨーグルトなどの中からで 乳糖を栄養源とするものだったので 乳酸菌という名前に成っているが 自然界では 乳糖を利用するのは少数派で 果糖やショ糖 ほかの糖類を利用するものなど多様な種類がいます

糖は 貴重なものです ほかの生物をほしがります
生ごみの中にも少ないでしょうし 糖だけというわけでもないから ほかの細菌たちも必要です

母材の表面近くには好気性細菌  中心付近には嫌気性細菌 と住み分けしています

無殺菌の土や腐葉土には いろいろな細菌たちが住み着いています
好気性も嫌気性も 菌類も乳酸菌も 腐質 呼ばれるものに含まれます

米ぬかって言うのは 細菌たちの栄養源として混ぜるのです
腐葉土も普通の土も 細菌たちの栄養となる利用可能な有機物は少ないですから 栄養を与えて 増やしてから 生ごみを処理してもらおうというわけです

乳酸菌なんて 野菜の表面 木の葉の上 人の皮膚や小腸 いたるところにいます
漬物に使われるのは 野菜にいる 耐塩性乳酸菌 ほとんどの細菌が増殖できない塩分...続きを読む

Qプランター イチゴ 化成肥料の量

幅45センチ長さ75センチ深さ45センチのプランターにイチゴの苗を5個植えています

防寒の為に藁を引いていましたが最近、クラウン部分から新芽が出始めたので

化成肥料を株間に巻きましたが多すぎるのかと思い質問させて頂きました。

株間は五か所あり、その五か所に男性の手一握りの三分の一づつ藁の上に置いてある状態です

何グラムなのかは不明ですが多すぎて今後の生育に支障が出るなら取り除きたいです。

大雑把で申し訳ございませんが上記の内容で回答できる方がいましたら教えて下さい

よろしくお願いします

Aベストアンサー

正直、問題なしです。


イチゴの育て方は、とても簡単です。イチゴが強健な植物ですから。野菜とはだいぶことなります。ハーブの仲間みたいなものです。

というのはいいすぎで、なんでも肥料のやり過ぎは良くないといいます。

なにがいけないかというと、化成肥料による根やけです。

文字通り、化成肥料が水にとけだして根に高濃度でかかると根が傷んで枯れてしまうというものです。

イチゴ栽培において追肥はとても大事です。

http://strawberry2.gldplants.com/planter/contents.html

追肥をやり忘れて、大きく出来ない人が多い中、いいと思います。


特に今回のやり方が成功です。

地面の上に置いたなら、根と触れません。水やりをしたときだけごくごく微量の化成肥料が融けだしてイチゴの根に当たります。


化成肥料といえども1種間くらいかからないと、なかなか溶け出しません。

ただ、常時湿っているような場所などでは、この化成肥料がすぐに全部溶解してしまうので、高濃度の化学物質がかかり寝焼けすることも有ります。

ピーマンなどは意外と弱くて、そういう風に与えても、葉先が枯れたりしおれたりしてしまいます。

元気がなくなったようだったら、失敗ですが、全入れ替えすれば大丈夫かもしれません。しかし、イチゴは根が強いので大丈夫だと思います。

ほとんどのイチゴが水耕栽培で栽培されているように、化成肥料に対してもかなり強い部類だと思います。

正直、問題なしです。


イチゴの育て方は、とても簡単です。イチゴが強健な植物ですから。野菜とはだいぶことなります。ハーブの仲間みたいなものです。

というのはいいすぎで、なんでも肥料のやり過ぎは良くないといいます。

なにがいけないかというと、化成肥料による根やけです。

文字通り、化成肥料が水にとけだして根に高濃度でかかると根が傷んで枯れてしまうというものです。

イチゴ栽培において追肥はとても大事です。

http://strawberry2.gldplants.com/planter/contents.html

追肥をやり忘れて、...続きを読む

Qボカシ堆肥を作りました。この堆肥を増やしたいのですが・・・。

米ぬか、山の土、糸引き納豆、池の水を使ってボカシ堆肥を作りました。
毎日攪拌して一ヶ月弱経過したところで、ようやく発酵時の熱もおさまりかけてもう半月ほどで完成かと思っています。
大きめの衣裳ケース3箱も作ったので、約1箱分余りそうです。
これを保管して又、晩夏(秋口)くらいに、この倍くらいの堆肥を作りたいのですが、このほぼ完成したボカシ堆肥の残りを使って新しい肥料を増やすことは出来ないでしょうか?
もう発酵が終わり完熟しているので、たぶんダメでしょうね。
落ち葉や刈った草、生ゴミも出ますのでそう思った次第です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になるか分かりませんが、EMについてのFAQです。
#43にボカシの保存に関する質問があります。
ご存知でしたらゴメンなさい。

私もボカシ作り考えてるのですが、初心者なものでどのくらい作ればいいのか…
追肥はボカシでできればと思うので、今日明日にでも手がけようと思っているところです。
できれば譲っていただきたいくらいです(^^;)

参考URL:http://www.emro.co.jp/faq/faq.shtml

Q10-10-10の化成肥料

 ランの肥料としていろいろ使っていますが、理想的には6-6-6を使いたいなあと思っています。
 それは別にいいのですが、10-10-10の肥料は規程の半分の量で5-5-5と同じ扱いになるのでしょうか。
 量や効き具合、効く時間について、一般的なことを教えてください。

Aベストアンサー

10-10-10という表示は100g中に含まれるN(チッソ)-P(リン酸)-K(カリウム)のグラム数ですので、10-10-10の肥料でも倍に希釈すれば5-5-5と同じ意味になりますね。
実際、液肥は規定よりも薄い濃度で使用しても良く効きます。例えば1000倍希釈したものを月4回が目安という肥料を2000倍で月に6~8回という与え方でも良いわけです。さらに薄い4000倍に薄めた肥料を葉にスプレーするのも効果的です。

Qボカシ堆肥作り(米ぬかと納豆から)で幼虫がいっぱい現れました。対処法を教えて下さい。

5回目のボカシ堆肥作りに挑戦中です。
衣装ケースを使って堆肥作成混ぜ込み約二週間弱です。
今日攪拌(毎日行っています)してみると1~1.5センチくらいの幼虫がいっぱいわいていました。

混ぜたのは米ぬか、納豆、市販の腐葉土少々、池の水です。混ぜ込んで数日で、甘酸っぱいボカシ堆肥特有の香りがしてきましたが、その
頃に真っ黒な蜂(2センチ強の大きさ)のような虫が、容器の中にまで数匹飛んでいました。
この虫が産み付けたのかな?とも思われますが・・・・・・。

発酵熱は順調で今日も手を入れたらちょっと我慢できないほど高熱になっていますので、発行堆肥化は進んでいるものと思われますが・・・・。

そこでこの幼虫はこのままほおっておいてもいいのでしょうか?あるいは今回は堆肥作り失敗で処分したほうがいいのでしょうか?この幼虫も発酵熱でやがて死んでしまうのではないか?とも考えていますが・・・。

よい対処法がありましたら何卒ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ボカシ堆肥の中に虫がわいてしまったということですが、ボカシ堆肥自体は問題ないかと思います。
かなり高温まで発酵しているようですので、雑菌は死滅していると思いますので、よいボカシ肥料になりますよ。

実際、虫が何なのかが分からないと、それが作物に対して害を与えるものかどうかはなんともいえません。

通常(これは一般の農家の場合ですが)は、目に見えた虫は手で取ってしまいますが、あとは気にしないようです。
また、高温(60-70度)になれば、虫が死滅したり逃げ出したりする場合もあります。(ただ、虫の種類にもよりますのではっきりとはいえませんが…)

出来たボカシ堆肥を何に利用するかにもよりますが、畑等で使用する場合は大丈夫だと思いますよ。気になるようでしたら、目に見えた分だけでも取り除いてあげてください。
畑で使用する際に、ニーム顆粒などでしっかりと予防しておけばまず間違いはないと思います。

作り直す場合は、池の水ではないほうがいいかもしれません。(虫の卵がある可能性もありますので)

(参考)
堆肥の作り方のページ

参考URL:http://www.say-labo.com/navi/rep002.html

ボカシ堆肥の中に虫がわいてしまったということですが、ボカシ堆肥自体は問題ないかと思います。
かなり高温まで発酵しているようですので、雑菌は死滅していると思いますので、よいボカシ肥料になりますよ。

実際、虫が何なのかが分からないと、それが作物に対して害を与えるものかどうかはなんともいえません。

通常(これは一般の農家の場合ですが)は、目に見えた虫は手で取ってしまいますが、あとは気にしないようです。
また、高温(60-70度)になれば、虫が死滅したり逃げ出したりする場合もありま...続きを読む

Q化成肥料による野菜作り

1年前から家庭菜園をやっている初心者です。
去年はかなり適当に、量販店から「おいしい野菜の土」等を買ってきて
本等を参考にせず栽培しました。そこそこ収穫がありました。
今年は、もう少しちゃんとやろうと思い、本を購入したところ、
追肥の際に、「化成肥料(チッソ8、リン酸8、カリ8)」を用いて
行うという事が記述されていました。
「化成肥料」という言葉から、何となく有機じゃない感じはしていて、
二の足を踏んでいたのですが、最近はじまったNHKの
やさいの番組で、やはりこれをさかんに使用しています。
これが購入のきっかけになり、現在、使用中です。

先日、子供にこれを使っても「有機栽培」といえるの?とつっこまれ、
有機栽培じゃないかもしれないけど、農薬とか一切使用していないから、
安心な野菜だよと多少冷や汗もんで答えました。

そこで、
「当方家族全員、特に有機にこだわりがあり、必要以上に
健康に気を使う人間はおりません。が、やはり家庭で小規模でやる以上、
安全、安心、なるべく自然の野菜を口にしたい。」
という前提の質問です。
化成肥料はこれこれこういう理由でやめた方がいいですよ。
とか、逆に全然問題なしで、どんどん使うべきとか。
有機とそうじゃない事の境界等、意見を頂ければと思います。
因みにあるwebでは、
オーガニックには以下のような基準が定められています。
・3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
・化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
・遺伝子組み換え原材料は使用しない
・放射線照射はしない
・合成添加物の使用制限
というものも発見しました。

1年前から家庭菜園をやっている初心者です。
去年はかなり適当に、量販店から「おいしい野菜の土」等を買ってきて
本等を参考にせず栽培しました。そこそこ収穫がありました。
今年は、もう少しちゃんとやろうと思い、本を購入したところ、
追肥の際に、「化成肥料(チッソ8、リン酸8、カリ8)」を用いて
行うという事が記述されていました。
「化成肥料」という言葉から、何となく有機じゃない感じはしていて、
二の足を踏んでいたのですが、最近はじまったNHKの
やさいの番組で、やはりこれをさか...続きを読む

Aベストアンサー

水耕栽培をご存知でしょうか?
土を使わず、水の中に肥料を溶かし込んで栽培します。
促成レタス、あるいはトマト、工場のような場所で水槽に循環させた水だけで栽培しています。
ここには当然、有機質肥料は使いません。
すべて化学肥料(三種類の窒素、燐酸、カリを配合した化成肥料)です。

要は、過ぎたるは及ばざるが如し です。

土栽培の時に化学肥料だけを使う場合は、当然有機質がなくなるわけですから土が硬く締まってきます が、作物は作れます。

土壌栽培の時の有機質を加える必要性の意味はお分かりかと思います。

参考URL:http://www.greentac.co.jp/faq/faq.html

Qボカシ堆肥の完熟の見極めは?発酵熱が無くなればOKですか?

米ぬか、納豆、池の水を使ってボカシ堆肥作り3回目です。
お陰様で過去2回とも大成功でした。
さて今回ですが、4月中旬ごろに仕込み毎日攪拌して順調に発酵熱もあり、白カビも出来てました。
しかしながら5日ほど前、早くも熱がおさまり始めました。
前二回よりも半月以上早いのですが、もう完熟(完成)しているのでしょうか。
去年の12月に仕込んだのは40日以上かかったのですが、今回はまだ20日も経っていません。
ただ、違いは過去二回は普通に取ってきた山土(落ち葉のたまった腐葉土?)を混ぜ、今回はホームセンターで買って来た完熟腐葉土を混ぜた事くらいでしょうか?
もちろん時期の違いで今回は気温が高いというのもあるでしょうが・・・。
これで完成と見ていいのでしょうか?なんか早いような気がしますが・・・。
ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

完成だと思います。

ボカシ肥は、完熟堆肥を作るのとはことなり、あんまり発酵させてはいけません。発酵させすぎると、中の肥料成分がなくなってしまい、ボカシ肥の価値がなくなってしまいますから。

前回までは山土で今回は完熟腐葉土を利用したということですが、実は正解です。
山土だと、どうしても発酵してしまいますが、完熟の堆肥や腐葉土を混ぜると発酵を抑えられます。
また、山土にくらべ病原菌も少なく安心して使えると思います。

ボカシ肥料を作るときのポイントを付け加えると、
(1)高く積み上げる
(2)遮光し、雨に当てない
(3)水分量は55%(手で固く握り、指でほぐして簡単に崩れる程度)
(4)切り替えし(攪拌)は通常1週間に一度(合計4-5回)程度で充分(最高温度まで到達しそこから温度が下がり始めたら攪拌する)
といったところでしょうか。

白カビも出ているということですし、良いボカシ肥だと思いますよ。

Q化成肥料の値段

化成肥料の値段
野菜用にホームセンターに見に行ってみたのですが
5キロで798円で高いなぁという感じでした。
去年は10キロで300円くらいで見た気がするのですが・・・
どこでもこんなものでしょうか?

Aベストアンサー

化成肥料は同じだと考えていませんか。同じなんだから安い方が経済的だ
と思っていませんか。用途によって使用する化成肥料は違います。栽培を
している作物によって適応する化成肥料を選ぶ事です。

肥料の三要素は窒素、燐酸、カリです。肥料の成分比率は水平型、山型、
谷型、上がり型、下がり型の5種類があります。
野菜が根菜類であれば上がり型の化成肥料を使用し、葉類なら下がり型の
化成肥料を使用します。燐酸5:窒素5:カリ5と言うのが水平型です。
上がり型は燐酸がカリよりも多く、下がり型はカリよりも燐酸が少なくな
ります。袋には必ず比率が明記されていますから、これを見て購入する物
を決められて下さい。

小袋より中袋、中袋より大袋の方が安くなるのは当然です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング