これからの季節に親子でハイキング! >>

今度「忘年会兼送別会(一人が違う支店に異動)」を行うことになりました。

このような場合どのような進め方がよいのでしょうか。アドバイスいただければ幸いです。

忘年会だけなら以下のように考えていました。

1.挨拶
2.乾杯
3.景品をかけたゲーム
4.締め

ただし、送別会が加わると次のようなことを織り交ぜる必要があるかと思います。
・送別者の挨拶
・送別者の経歴紹介
・送別者への花束、記念品の贈呈

どのように進めていけば、楽しい忘年会にしつつ、上手く送別会としても成り立つか悩んでおります。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんばんは。



 一番無難なのは、

1.挨拶
2.乾杯
3.景品をかけたゲーム
4.送別者への花束、記念品の贈呈
5.送別者のお礼の挨拶
6.中締めの挨拶(送別のはなむけの言葉を兼ねて)
でお開きというところでしょうか。
 なお、送別者の経歴紹介は、送別者のお礼の挨拶を司会から振る時に、簡単に司会から紹介すればいいと思います。

 何度も幹事やらされてるんですが、とにかく酒を切らさないように目を配っておけば、すべてOKです(笑)。気楽に頑張って下さいネ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答大変有難うございます。ぜひ参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/12/14 15:23

送別者の経歴紹介は特別な理由があれば別ですが、特に理由がなければ必要ではないと思います。

(歓迎会の場合は必要かも知れませんが・・・)

参加者が比較的上品?なメンバーの場合は、NO.1さんの答えで良いと思いますが、酒が入ると場が大いに乱れる?メンバーの場合は、乾杯の後に花束贈呈と送別者の挨拶を済ませておくほうが無難かも知れません。
また、送別者があまり挨拶慣れしていない人の場合は、最初に挨拶を済ませて肩の荷を降ろしてあげる方が気楽にくつろげると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答大変有難うございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/12/14 15:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q送別会兼新年会、忘年会、は失礼だと思いますか?

送別会と新年会、または忘年会や他の飲み会を兼ねて行ったら失礼だと思いますか?

個人的には送別会を開いてもらえるだけでありがたいと思うし、
もともと送別会でも他のことでも、最低限のマナーを守って楽しければ良い、
と思う方なので、全く問題ないと思うのですが。
みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

失礼派の人が多いようですが、みなさんお金に余裕がある方が多いのですね。

忘年会→12月末 新年会→1月初め その人の送別会→12月または1月 ということであれば、約1か月の間に3回の飲み会が必要ということですね。参加者が全員独身正社員ということならいいですが、ローンを抱える小遣い制の男性や、子育て兼業主婦・週2日勤務手取り給料3万円(しかもそれは小遣いではなく家計の一部)のパート労働者といった方々にとってみれば「おいおい勘弁してくれよ…」というのが正直な感想でしょう。

「歓送迎会」として、直近2か月程度の新規雇用者と退職者の慰労・歓迎を一緒に行うのは珍しくないと思いますが、これも失礼なのでしょうか。



自分が送られる立場だったら、全く失礼とは思いませんね。

Q定年退職者の送別会について

定年退職者の送別会の幹事をこのたび、若手に任せようと決まり、幹事に任命されました。何かイベントをと考えているところですが、なかなか話が進んでおりません。退職時にこんな送別会をしてほしいやこんな余興、イベントをしてもらいたいなどありましたら、教えてください。
もしくは、こんなイベントをして喜ばれたなどでも結構です。
よろしくお願いいたします。
規模は100人程度内退職者5名。
規模から考えるとホテルのホールを貸しきって3月最後の週あたりの実施を考えております。
退職者の経歴等についてのしおりと記念品は考えていますが、何か他にイベントをと思っております。
昨年はこのほか、退職者からスピーチ等をいただいております。

Aベストアンサー

ウチでも「定年退職者の送別パーティー」を行います。
その時、良くやるのが「経歴(職歴)」の紹介です。
1.入社から定年までの、出来事を面白おかしく紹介する。
  (もちろん、失礼の無いように、でも笑えるように・・・)
2.一緒に勤めた同僚、後輩(可能なら退職された先輩も)から面白いエピソードを織り込む。
3.当時の時事社会ニュースも入れる。
4.結婚や子供さんが生まれたときのこと、また、そのご家族からのお話も盛り込むといいですね。
5.全体的に、映像を中心として紹介し、可能ならご本人の写真などをお借りして写すと良いでしょう。
6.送別会には、奥様をご招待してはいかがでしょう。
7.サプライズゲストもいいですね。

こんな、感じでウチの職場はやっています。
ただ、複数の退職者を同時に実施するとなると、いろいろと気を使う面が出てきます。
同時入社なのに、昇進の早い遅いがあったり、離婚歴があったり・・・。
仲間同士で良く確認し合って、「失礼のない」送別の宴を計画して下さい。


人気Q&Aランキング