ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

カリフォルニアローズのフィエスタを、今春から育てています。

綺麗な花が気に入り、何とか冬を越せないものかと、12月に入ってすぐに、3分の1ほど刈り込んで、屋外の花壇から鉢に上げて屋内に取り入れました。

鉢は、昼間暖房の入るリビングの東側の出窓(すりガラス)に置いていて、今でも残った蕾から花が咲いています。
この花は、冬の間も咲かせ続けて大丈夫でしょうか?
株が疲れないか、心配です。

また、刈り込んだ茎で挿し木できないかと欲張って、水につけていますが、今日見ても、根っこは出てきていません。今の時期だと難しいのでしょうか?

他にも、冬越しの為のコツなどありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

株 コツ」に関するQ&A: 株投資のコツとは?。

A 回答 (3件)

下記が参考になるとおもいます。


http://www.fgarden.com/B-shunnohana/wadai/2003/k …
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/i …
 半日陰が好きで冬季は10度以上の管理という感じですので観葉植物でも熱帯性に近いです。 そのまま管理されて初夏に挿し木してください。 今は温度不足ですので挿し木しても根はでません。(最低20度以上)
 今の環境での栽培で大丈夫冬越しできそうですね。
>他にも、冬越しの為のコツなどありましたら、教えてください。
  冬季の最低越冬温度が高い植物ほど水遣りをずーと少なくします。(一ヶ月無しの植物もあります。) このタイミングが難しいです。 
 来年は挿し木をして増やしてみましょう。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

挿し木は、初夏なんですね。
教えていただいたサイトに、我が家で育てているスパークラーローズの見事な株がありました。

水遣りは、なんとなく湿っている感じがしたので、4,5日に一度くらいしかやってなかったのですが、特に萎れる訳でも無く不思議でした。
水遣りは少なくて良かったんですね。

来年も元気に咲いてくれたらと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/18 09:01

こんにちは。


私も、冬越し挑戦中です。

販売元のHP説明によると、室内で5度以上で越冬、
と書かれていますよ。
花を咲かせながら越冬するには15度必要、ということです。

挿し木は、他の方も書かれているように、今は温度不足で難しいと思います。
逆に、ミニ温室などを作る等して、15度程度の温度が保てるなら、可能だと思います。
私は、秋頃・・・他のインパチェンスですが、鹿沼土100パーセントで挿しましたが、
ほぼ100パーセント発根しました。
おそらく、カリフォルニアローズも、挿し木自体は簡単なのではないかと思います。

なお、ご存知とは思いますが、種苗登録されていますので、
個人で楽しむ範囲内でしか増殖はできません。

参考URL:http://www.simplybeautiful.jp/flowerinfo/01/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
冬越し挑戦中の方からのお返事、嬉しかったです。

知り合いが綺麗なコリウスを育てていて、枝を下さったのを、水挿しにしたら、発根して、あっという間に大きく育ったので、同じようにしたのですが、考えてみれば、あれは夏のことでした・・・いつでも出来るような気がしていたのですが、やはり温度も必要ですよね。

私も、来年挿し木に成功するように頑張ろうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/19 07:26

はじめまして♪


花屋です^^
カリフォルニアローズ素敵ですよね~。
私も来年、買って育てている友人からわけて頂く予定です!
まだ咲いているのは管理が良いからでしょうね!成長期に入ったら肥料をあげれば、このまま咲かせ続ける事は問題はないと思います。
越冬は15℃が目安となっておりますが今、咲いている様なら大丈夫ではないでしょうか^^
NO.1さんもおっしゃっていますが、水やりは控えめに。(水切れはおこさないように注意)
挿し木については・・・
赤玉を敷いた上に挿し芽用の土を入れ、わき芽のある茎を切って、大きな葉、花は摘んで切り口に発根剤をつけて土に挿すようです。(私はした事ないのですが^^;;)
2週間位は日陰においてみてください。
きっと沢山の根が出てくると思います。
来年が楽しみですね~★

参考URL:http://www.simplybeautiful.jp/flowerinfo/01/howt …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして。
管理が良いと言っていただいて、なんだか嬉しいです。
わかりやすいサイトを教えていただいて、ありがとうございます。
私が育てているスパークラーローズの他にも、気になっていたアップルブロッサムの写真もあって、ますますカリフォルニアローズのファンになりそうです。

お礼日時:2005/12/19 07:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカリフォルニアローズの挿し芽で増やして冬越ししたい。

今春、カリフォルニアローズフェイエスタを購入したガーデニング1年生です。

このバラのような、お花が可愛くてしかたありません♪
もっと増やしたい。冬も越したい。愛着が沸いてきました!
毎日、眺めております。

色々ネット調べているうちに、冬越しできること、挿し芽で増やせることがわかりました。

そこで、水挿ししていたところ、根っこが出てきたので、ポットに土を入れて、植えました。早かったのでしょうか??この子達は、今年中に花を咲かせる?

こんな感じで、ちょいちょい水挿しで根っこが出たら、植えていけばいいですか?

親株も冬越しを挑戦してみようと思いますが、バックアップの子孫たち(挿し芽)をいつくらいにするのが適当でしょうか?

なにせ、初心者なので、質問の説明も下手でわからないことだらけでなので、詳しく教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

越冬温度5℃はさすがに無理でしょう。
拙宅のインパチェンス類が寒さで枯れてくるのは、12月半ばぐらいですが、この時分の最低気温は当方が暖地のせいもありますが、8、9℃ぐらいです。10℃ぐらいはでもう元気はないですね。
従って越冬はやはり最低15℃ぐらいはないと安全とは言えないでしょう。
もっとも観葉植物並みに鉢土を乾かし気味にして耐寒温度を下げるというテが使えるのかどうかはわかりませんが、ただの想像ではなく実際の経験者がいれば聞きたいところです。

冬越しの前に夏越しです。ここ最近の真夏は暑い、暑すぎる!。33℃以上はザラです。真夏は花咲かんですよ、ハッキリ言って。こういう時は標高のある涼しい所が羨ましいですね、平地じゃチョットね。
要は30℃も超える日々が続くと休眠してしまうのです。フィエスタならぬシェスタ(昼寝)です。
休眠中に水をジャンジャン遣ったり、肥料をバンバン遣ったりして、「やれ働け、花咲かせ!。」とせっついてもムズカるばかりです、それで枯らす場合も多いです。
基本的に怠け者なのですよ、彼らか彼女らかは知らぬが。
こういう場合はあきらめて、水遣り控えめ、施肥中止して安眠妨害しない方が結果としてはよろしいようです。
秋になったら、またせっせと水遣りや施肥してやりましょう。

>この子達は、今年中に花を咲かせる?
購入時の苗ぐらいの大きさになったら、すぐ蕾を付け花が咲きます。

>こんな感じで、ちょいちょい水挿しで根っこが出たら、植えていけばいいですか?
根の長さは2.5cmぐらいは欲しいところです。

>親株も冬越しを挑戦してみようと思いますが、バックアップの子孫たち(挿し芽)をいつくらいにするのが適当でしょうか?
適当に。上手く越冬すれば全部無事です。越冬温度については前述した通りだと、私は思います。

補足。
品種によっても夏越しの丈夫さは違いがあるようです。
アップルブロッサムとスパークラーローズはなんとか去年夏越しできましたが、去年の新種のサーモンピンク色のものはさっぱりダメでした。
また用土にバーク堆肥の多い市販培養土をお使いの場合は、ボラ土や軽石の小粒を1/4ぐらい土に混ぜて排水性を上げた方が良いです。
真夏の平地では休眠するので案外水を吸わず、土が過湿状態に陥りそれで枯らす場合も多いからです。

越冬温度5℃はさすがに無理でしょう。
拙宅のインパチェンス類が寒さで枯れてくるのは、12月半ばぐらいですが、この時分の最低気温は当方が暖地のせいもありますが、8、9℃ぐらいです。10℃ぐらいはでもう元気はないですね。
従って越冬はやはり最低15℃ぐらいはないと安全とは言えないでしょう。
もっとも観葉植物並みに鉢土を乾かし気味にして耐寒温度を下げるというテが使えるのかどうかはわかりませんが、ただの想像ではなく実際の経験者がいれば聞きたいところです。

冬越しの前に夏越しです。ここ最近の真...続きを読む

Q写真の八重咲きインパチェンスの手入れ方法について

 本日、ホームセンターにいったところ、展示品のインパチェンスが500円で販売されていました。
 鉢は、底面給水タイプのものです。
 鉢だけでも500円近くするものだと考え、購入しました。これが、写真中央の八重咲きインパチェンスです。
 よく見ると、葉が黄色くなっているものがあります。株全体的に乱れて元気がありません。
 どのような手入れをすれば、株全体が元気になるよでしょうか。
 私としては、とりあえず、直射日光を避けて、日陰の風通しのよい場所において、1週間に1度、液体肥料を与えようと考えています。
 よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

元々底面給水タイプの鉢に入っていたということは、水切れ防止のためです。
インパチェンスは乾燥を嫌います。
湿った状態が好きな植物なので、葉が黄色くなったのは乾燥しすぎたためかもしれません。
ただし、乾燥が嫌いと言っても、水のやり過ぎもよくありませんから、水やりは鉢の表面が乾いたらやってください。

>葉が黄色くなっているものがあります。株全体的に乱れて元気がありません。

まずは黄色くなった葉を取り除き、全体に切戻しをしてください。
直射日光を避けて、日陰の風通しのよい場所に置かれることは正解です。
元気がない状態のときは、無理させずに、しばらく養生させてください。
インパチェンスにとっては、日向の乾燥よりは日陰の方がいいです。
これからの西日は特に乾燥するので、この花にとっては好ましい環境ではありません。
できれば、木漏れ日があるような場所、半日蔭と言われる環境が望ましいです。

それから、インパチェンスに限らず八重咲きのものは、花を咲かせるのによりパワーを必要とします。
液体の即効性のある肥料もいいですが、もしも花付きが悪いようだったら、緩やかに効き目が持続する固形肥料、特に花付きをよくする成分が入った肥料をお勧めします。
(お店に置いてありますから店員さんにお尋ねになってください。)
※ただし、株が弱っているときの肥料は逆効果になる場合もありますから、様子を見ながら管理してください。また、肥料の与えすぎもよくありませんから、その点もご注意ください。
ご参考まで。

元々底面給水タイプの鉢に入っていたということは、水切れ防止のためです。
インパチェンスは乾燥を嫌います。
湿った状態が好きな植物なので、葉が黄色くなったのは乾燥しすぎたためかもしれません。
ただし、乾燥が嫌いと言っても、水のやり過ぎもよくありませんから、水やりは鉢の表面が乾いたらやってください。

>葉が黄色くなっているものがあります。株全体的に乱れて元気がありません。

まずは黄色くなった葉を取り除き、全体に切戻しをしてください。
直射日光を避けて、日陰の風通しのよい場所に置か...続きを読む

Qカリフォルニアローズの病気

6月にカリフォルニアローズフェイスタの苗を購入してからきれいな花がたくさん咲いて大きくなったのですが、8月に入ってから何か様子がおかしいです。

葉がどんどん黄色になってしまいますが病気でしょうか?最初は黄色くなった葉を採っていたのですが、ひどくなってしまい、坊主になりそうです。
これから咲きそうなつぼみもまだたくさんあります。

そのうち葉が垂れてきてしまい、水をあげても、午前中の日にあてても、元気になりません。

もうだめでしょうか?
また元気な花を咲かせ葉の生い茂っている姿にしたいのですが
どうしたら良いのでしょうか?
詳しい方アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家も花付きが悪くなり葉は黄色くなって間延びしています。
原因は長雨の為に高湿となり根腐れを起こしていると思われます。温度不足も有ると思います。今することは半分ぐらい切り戻しして下さい。
落ちた葉の元から新芽が出てきます。今きり戻しするので肥料はあげず一週間から10日ぐらいしたらマグアンプk、エードボール
などの肥料を追肥して下さい。
一週間に一度はハイポネックスなどの500倍の液肥を潅水の変わりに上げてください叉この花は日当たりがあまり良くない場所が良いのですがあまり日当たりが悪いと草丈ば伸びますので朝日や南の日が当る所がいいですよ。

この今年は残暑が厳しいとの事ですがもう一回綺麗に復活しますよ。

Qペチュニアの挿し芽

ペチュニアとかサフィニア(一般的なタイプ)を挿し芽する時の、コツを教えて下さい。

赤玉土の中粒で、花芽を取った4~5センチの先を、ポットにさして、部屋に置き、時々霧をふきかけてるのですが、どれも根づきません。
2週間ほどもって、大丈夫かなと思ってたら、やっぱり、葉が黄色くなってきて、挿したところが、くさってきてました。

一度、使用した後のポットを使うのがいけないんでしょうか?
同じ方法で、ゼラニウムだったら、たいてい、根付くのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
花芽が付いてる枝ではなく花芽の付いていない枝の先端で葉は上の方の葉を1~2枚だけ残し他は鋏などでカットして挿します。
挿し木は前もって水を含ませた土に1時間ほど水揚げをした枝を割箸等で穴を空け全体の2分の1から3分の2を土に差しぐらつかないようにして半日陰で1~2か月すると発芽発根しますので定植しますが、その際込み合って植えている場合は細根を切らないように一寸水遣りを控えて乾かし気味にして隣の根と絡まないようにしますが、そうでなく離れている場合は湿った状態で多少広め深めに根を切らずにシャベルで取り出して植付けます。
ペチュニアは春と秋に挿し木ができますので再度チャレンジしてみた下さい。
下記参考URLにペチュニアの育て方のHPを添付しましたのでご参照下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/he_00001g.htm

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
花芽が...続きを読む

Qバーベナの葉が枯れてしまいます・・・

バーベナ(花手鞠という名前でした)のポット苗を1ヶ月くらい前に購入し、
鉢に植え替えて育てています。
花は咲くのですが、根に近い葉が枯れてしまっています。
先の方の葉は元気なのですが全体の下半分の葉がほとんどダメなため、
なんか頭でっかちで見栄えが悪いです。
何が悪いのかさっぱりわかりませんのでアドバイスいただけたらと思います。
花はきれいに咲くのでできれば全体的にもっと見栄えよくしたいんですが・・・

Aベストアンサー

花手鞠などの栄養系は、摘芯(ピンチ)をして仕立てていかないと脇芽が出ません。
放っておくと、あるだけの枝が伸びるだけでやがては中央部分がハゲてくるのが普通です。
園芸書に載ってるような、こんもりとした満開にしたかったら、まだ若い苗のうちから
せっせとピンチをくり返して、枝数を増やしてから開花させます。

脇芽が出やすいのは、成長期で、若い苗(入荷期間は3月下旬~5月ごろ)の株の状態からピンチを開始。
サントリーでは約一ヶ月くらいで満開になる、と言っていますが...。天候などによっても変わるので
1~2ヶ月ぐらいは花を我慢して摘み続けると、こんもり咲きます。
よく、切ってもいいの? と不安になる方もいらっしゃいますが、逆に切らないと
まるッパゲになっちゃって、ダメになっちゃいますヨ。

かわいそう...などと思わずに切ってください。切った部分は挿せばいいですし。
(営利増植はイケませんが^^;; 個人で楽しむ範囲なら問題ないでしょう)

もう株元が枯れてきた...ということなのでアドバイスを。

葉っぱがないところから強くピンチしてしまうと枯れこむことがあります。
(光合成ができないとうまく育たないので、葉っぱは4~5枚残しましょう)
切った直後は、葉の数が一時的に減るので、水やりは控えめにしましょう。
花手鞠は、水のやりすぎでも、チャリチャリになることがあるようです。
(根に対して、葉の蒸散が減るので、過湿になることがあります)
あまり暑い時期は、植物が弱るので、切っても出にくくなるようです。
(真夏は強く切らない方がよいみたい)
サフィニアや花手鞠などの栄養系は、丈夫で成長が早く、ピンチをして枝を増やすとどんどん増えるので
チッソ分の多い肥料を施した方がいいようです。

自分のHPで恐縮ですが^^;;、今栄養系ピンチの比較日記をつけていますので
よろしかったら見てみてください。
自分の場合、わりと強くピンチしちゃってたりしてますが。(実験)

参考URL:http://www6.big.or.jp/~abiru/bluegarden/index.html

花手鞠などの栄養系は、摘芯(ピンチ)をして仕立てていかないと脇芽が出ません。
放っておくと、あるだけの枝が伸びるだけでやがては中央部分がハゲてくるのが普通です。
園芸書に載ってるような、こんもりとした満開にしたかったら、まだ若い苗のうちから
せっせとピンチをくり返して、枝数を増やしてから開花させます。

脇芽が出やすいのは、成長期で、若い苗(入荷期間は3月下旬~5月ごろ)の株の状態からピンチを開始。
サントリーでは約一ヶ月くらいで満開になる、と言っていますが...。天候などによ...続きを読む

Qツルニチニチソウの増やし方

花壇にツルニチニチソウを植えているのですが、結構丈夫でほっといても長く伸びています。それで伸びすぎなので
他にあいてるスペースにもちょっと増やしたいんですが、これは挿し木で根が生えてくるのでしょうか?いちおう上の方だけ切って水栽培しようとしたんですが、根は全く生えませんでした。挿し木できたらその方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

さし木をするなら、盛夏の時期ではなく、5~6月か、9~10月あたりが、活着しやすいです。
伸びたつるの先を、10cmくらい切り、下半分の葉を落します。
それを、湿らせた小粒の赤玉土(なければ、ツルニチニチソウは、強いので市販の培養土でもOK)にさします。
土を、からからに乾燥させないように注意しながら、発根まで、明るい風の当たらない日陰で管理します。

また、下の方が書いておられるように、根伏せの方が、管理は簡単かもしれません。
花壇に地植えされているなら、湿らせた土を入れた鉢やプランターを、伸びたつるの下に置いて、つるを埋めるようにして、土をかぶせるといいですね。埋めたつるが、風でぐらぐらするようだと、発根がしにくいので、しっかり埋めてあげましょう。U字型にまげたワイヤーで、つるを固定すると完璧です。

Q6月に植える花(苗)でよいものを教えてください

いまから花の苗を植えようと思います。
パンジーのころまで咲く花で、今植えるのに適している花を教えてください。

少し前(4月ごろ)に調べたのでは、
ニチニチソウ、なでしこ、ほうせんか、百日草、八重咲きまつばぼたん、千日紅、早咲きコスモス、ミニひまわり、ベゴニア、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、スイートアリッサム、インパチェンス、ポーラチュカ
があったんですけど、この中で、最も適しているのを教えていただいてもありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。その他に秋まで楽しめるのは
★色がブルーでさわやかな
アメリカンブルー、イソトマ、ブルーサルビア(サルビアの種類ですがラベンダーに似ています)
http://www.botanic.jp/plants-ha/blusal.htm  http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch3/isotoma.htm
★ポイントに色が鮮やかな
カザニア、ペチュニア、ミニバラ
http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html
★ハンギングに
サフィニア、バーベナ、花手毬

参考URL:http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチ...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qバラと一緒に植える植物(バラとの相性)

バラを植える為に庭にスペースをとりました。
思ったより大きくスペースが出来たので、バラの
手前に丈の低い花を植えようと思います。

今考えているのはアネモネやスノードロップなんですが、
バラと一緒に植えても大丈夫でしょうか。

その他、バラと相性の悪い植物などありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

バラにはアブラムシがつきやすいのですが、フィーバーフュー(別名:ナツシロギク、マトリカリヤ)をそばに植えておくと、アブラムシを防いでくれます。
我が家では毎年、バラのそばに植えています。
フィーバーフューは、ハーブの仲間で、カモミールに似た白い花が春~夏にかけて咲きます。
バラ同様、切り花やドライフラワー(私はまだ試した事はありませんが)としても楽しめるそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング