最近とても寒いですね。昨日の夜から雪が降り続き今朝は40cm位つもっていました。
私は東北地方に住んでいるのですが、冬季はスタッドレスに交換します。そこで空気圧について質問ですが、通常2.0~2.2位(指定は2.0です)にしているのですが、冬って寒いですよね?空気って寒いと収縮しますよね?そこで聞いた話ですが、冬季は通常の2~3割高く入れておいた方が良いよ。って誰かに聞いたような気がします。そう考えると2.4~2.6位にしたほうがよろしいんでしょうか?これって入れすぎですか?ちなみにインチアップ等何もしていません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

特に冬期間の場合、空気圧を上げればタイヤ1本あたりの接地面積が減少しますので滑りやすくなります。


一方、空気圧を下げると接地面積が大きくなる分グリップは良くなりますが、転がり抵抗が大きくなるため燃費が悪くなります。
また、あまりにも空気圧を下げすぎると高速走行の際にスタンディングウエーブ現象が発生するため危険です。

様々な事を考慮してメーカー側で指定空気圧を定めていますので、特別な事情のない限りそれに従うのが無難だと思います。

私も雪国在住ですが、積雪のあるときに空気圧が高いと、タダでさえ路面が悪いのに余計に乗り心地が悪くなると思います。

ちなみに私の身近では冬期間は若干空気圧低め(高くしない、という方が適切ですね)、が常識となっています。燃費は若干悪くなりますが、安全の方を優先しての行為です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。いくら燃費が良くてもケガをしたりしまってはどうしようもないですね。私も安全を優先します。

お礼日時:2001/12/17 15:25

一応、理論上はそうなりますね



但し、これは冷間(タイヤが完全に冷えている状態)の話です
理想を言えば空気圧は走行状態(温間)で合わせるべきです
理由は、走行によってタイヤの温度が上昇→空気の体積が増える→内圧上昇…と言う事です
この事から、冬場は温度上昇が少なく内圧の上昇も少ない事を見越して予め多めに空気をおきましょうと言う事になるのでしょう
なのでその空気を増減させると言うのは恐らくこの辺りの事情を考慮してではないでしょうか

ただ、普通は空気を入れる時にガソリンスタンド等までそれなりに走行しているでしょうからタイヤもそれなりに温まった状態になっていると思いますのでその時に(温間)適正になるように入れておけば大丈夫だと思いますョ
この時に適正値に合わせておけば自動的に上に書いた冷え切っている時に増減させている事と同じですよ

空気を入れたり出したりする事くらいはタダなのであまりマニュアルに拘らず色々自分なりに探ってみるのも一つだと思いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/12/17 15:23

空気の比容積から計算すれば、


湿り空気の20℃の時の比容積は0.8501m3/kg
    -10℃の時の比容積は0.7476m3/kg
ですから、-10℃の時は約14%空気を増量しないと20℃の時と同等の状態になりません。
静止状態の空気を考えると2.2強の空気圧が必要ということになります。
ただし、あくまでも静止状態の考え方です。
走行中は路面との摩擦でタイヤの温度は上昇します。
また、空気圧は適正範囲内で低めの方がタイヤのパターンが雪になじみやすくなる傾向にあります。
悪路の場合は空気圧を落とすこともあります。
これらのことを総合して考えると、適正空気圧でよいのではないかと思います。
さらに詳しく知りたい場合はタイヤメーカーの消費者窓口に問い合わせてみてください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでした。走行すればタイヤ温度は上昇しますもんね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/17 15:27

タイヤの空気圧は,例え,雪道を走行したとしても,かなりタイヤ温度が上がっています。

手で触ってみるとビックリするくらいですよ。
でね,タイヤの温度が上がっていると言うことは,中の空気圧も上がっていると言うことです。
もし,今の空気圧異常にしてしまうと,タイヤの偏磨耗を誘ってしまう可能性があると思われます。設置面の面積も減ってしまいそうですね。
今の空気圧のままでいいと思いますよ。その方が燃費もいいしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今まで触ったことがありませんでした。今度触ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/17 15:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホンダ・アコードVTEC 2.0VTS と  2.0LEV の違い

タイトルの通りこの二つのエンジンの違いについて教えてください。1997年発売のセダンのエンジンです。
ファクトブックによると燃費は等しく、後者は排気ガスがキレイということはわかりましたが最大トルク、最高出力というものやグラフが素人なのでよくわかりません。
 2.0VTS…150/6,000PS/rpm、19.0/5,000kgm/rpm
 2.0LEV…145/6,000PS/rpm、18.2/5,000kgm/rpm
感覚的に運転時にどう違うか教えていただきたいです。素人には関係ない違いor分からない違いなら結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

感覚的な違いは、ほとんど感じられないと言って良いでしょう。
テストコースで乗り比べて、高回転の伸びやアクセルを踏んだふけ上がりの微妙な違いがある程度と思われます。
ホンダのファクトブックを拝見しましたが、LEVエンジンの性能曲線グラフが無い為、これ以上の事はわかりませんでした。

ご参考まで、97年デビューのアコードシリーズは全車VTECエンジンです。
SIRグレードがDOHC VTEC、その他はシングルカムのVTECです。

Qキャブレターの空気量及び空気速度について

キャブレターには、ベンチュリーと呼ばれる空気通路を細く絞った部分が設けらており、空気の速度を増加させることで、ここで負圧が発生し、この部分に設けられているノズルから燃料を吸い出させつつ微流化し空気と混合させている。
と物の本に書いてありましたが、この空気の速度は、およびその増加はどのようにして起こるのでしょうか?
エンジンをかけるとき殊更、外部から空気を送っているわけではないような気がしますし、またエンジン活動中にも外部から空気を送っていないようですが…(空気を吸い込んでいるのは分かります)。

Aベストアンサー

もっとカンタンに。

>この空気の速度は、およびその増加はどのようにして起こるのでしょうか?

 エンジン内部でピストンが下がると、注射器を吸い込む方向に動かす(中のピストンをシリンダから引っ張り出す)のと同じ動きになります。つまりピストンが下がる事によって、空気を吸い込んでいるだけです。
 空気の量というのは、単位時間当たりの空気量のことです(単位時間当たり=毎秒とか毎分とか、その間に何ccの空気を吸い込むか?っということです。)
 単位時間当たりの空気の量を増やすには、単にエンジンの回転数が上がればよいだけです。

>エンジンをかけるとき殊更、外部から空気を送っているわけではないような気がしますし、またエンジン活動中にも外部から空気を送っていないようですが…

 外部から空気を送り込む必要は全くありません。エンジン内部でピストンが下がる分だけ空気を吸い込んでいます。
 エンジンを始動する時は、セルモーターでエンジンを『カラ回し』しています。するとピストンが下がって空気を吸い込む、っということです。

>しからば、エンジンの回転数を上げる(ピストンの吸入行程回数を増やす?)にはどのようにするのでしょうか?

 燃焼室での爆発力を増やせば、ピストンは激しく下降し、すると戻り(ピストンの上昇)も早くなり、結果、エンジンの回転数が上がります。
 エンジン回転数を上げる=ピストンの(単位時間当たりの)吸入行程回数を増やす、で正解です。
 で、回転数を上げるには、ピストンの下降に合わせて吸えるだけ混合器(ガソリンと大気の混合ガス)を吸わせればよいだけです。
 吸気管内にはシャッター(普通は円盤型のバタフライバルブというモノ)があり、これがアクセルペダルとつながっていて、
①アクセル全開の時はシャッター全開になり、ピストンが吸えるだけの空気が通ります。
②アクセル半開やアイドリングの時は、アクセルペダルの位置に合わせてシャッターが『少しだけスキマを残して』閉まっています。残ったスキマから吸える分しか混合気が入らないので、エンジンの内部抵抗(走行中のタイヤの転がり抵抗、空気抵抗などや、アイドリング中なら機械がガチャガチャ動く時の抵抗)と少ない混合気の弱い爆発力がつり合い、適当なところで回転数の上昇が止まります。

>すなわち、エンジン回転数を減らしている時、エンジン回転数を上げるにはどうするのでしょうか?

 上述した様に、吸気管内のシャッターを開けて、沢山の空気が入る様にすることです。
 キャブやインジェクションは、空気の流量に対して必要なガソリンを混ぜる様になっているので、空気量が増える=混合気が増える=爆発力が増える=エンジン回転数が上がる、っとなります。

 で、最初の質問です。

>この空気の速度は、およびその増加はどのようにして起こるのでしょうか?

 今までの回答で、
①吸気管内のシャッターを開けると空気の流量が増える
②空気の流量が増えると、爆発のモトである混合気も増え、爆発力が増すので結果的にエンジン回転数が上がる
・・・・っということを述べましたが、ここで最初の回答を振り返ってみてください。
 空気の流量が増えるということは、『単位時間当たりの空気流量が増える』ということだと述べました。とすると、例えば同じ1分間での空気流量を考えた場合、流速が倍にならないと流量も倍にはなりませんよね?
 それが『空気の速度の増加』ということです。これはエンジン回転数の上昇によってもたらされるものであり、エンジン回転数上昇は、吸気管内のシャッターを開いて吸気路の障害物を減らし、ピストンの下降で吸えるだけ混合器をエンジンに吸わせることによって起こります。

もっとカンタンに。

>この空気の速度は、およびその増加はどのようにして起こるのでしょうか?

 エンジン内部でピストンが下がると、注射器を吸い込む方向に動かす(中のピストンをシリンダから引っ張り出す)のと同じ動きになります。つまりピストンが下がる事によって、空気を吸い込んでいるだけです。
 空気の量というのは、単位時間当たりの空気量のことです(単位時間当たり=毎秒とか毎分とか、その間に何ccの空気を吸い込むか?っということです。)
 単位時間当たりの空気の量を増やすには、単にエンジ...続きを読む

Q冬季、エンジンのかかりが悪い

去年までは一発始動だったんですが、
今年になって冬の特に寒いときにエンジンのかかりが悪く、
アクセルを併用しないとかかっても止まってしまう状態です。
本当に寒いときは1,2分アクセルを踏み続けないと止まってしまいます。
一度運転し始めればその後は一発でつきます。
バッテリーは確かに減っていたので交換し、点火プラグも交換しました。
車検は数ヶ月前にすませましたし、原因が分かりません。

走行距離は7万キロほど、買って7年の1500CCの国産車です。

信頼できる業者も知らないし、量販店ではあること無いこといわれて
いらない物まで交換されそうなので、この辺のことに詳しい方、
考えられる原因を教えてください。

Aベストアンサー

寒い(冷えている)時はアイドリングは安定しないので、それに対応すべくエンジンが制御されます。 その何れかが不良なのでしょう。

・温度(水温)センサーの不良(エンジンが冷えていると認識しない)
・冷間時用インジェクター(車種により、有れば)の不良。 冷間時に増量すべきガソリンが来ない
・EGRバルブ(有れば)の不良(以前の車では多かった)
・吸気切り替え(有れば)の不良
・アイドルスピードコントロールバルブの不良(7年くらいでゴミ詰まりで不良となるケースが多い)
・ECU(エンジンを制御するコンピューター)の不良/配線の接触不良
上記等々・・・ 他にもいろいろ考えられます。 その車の冷間時の制御方法を知った上で、それに関連するセンサーや作動すべきモノをチェックする事になります。

何れにせよ、量販店でなく、ディーラーか整備工場(コンピューター診断くらいは出来るところ)で相談し見積もりを依頼しましょう。 
修理金額が気になる場合、複数の整備工場でも見積もりを依頼すると良いでしょう。 ディーラーは不良部品の「新換え」が基本ですが、民間工場の場合、不良品の修理や中古部品での対応で安くなる場合もあります。
まぁ。アイドリング不良の修理ですと、温度センサー等の部品は消耗品のようなモノで何処で交換しても同じような料金でしょうし、ディーラーで修理する事を薦めます。

寒い(冷えている)時はアイドリングは安定しないので、それに対応すべくエンジンが制御されます。 その何れかが不良なのでしょう。

・温度(水温)センサーの不良(エンジンが冷えていると認識しない)
・冷間時用インジェクター(車種により、有れば)の不良。 冷間時に増量すべきガソリンが来ない
・EGRバルブ(有れば)の不良(以前の車では多かった)
・吸気切り替え(有れば)の不良
・アイドルスピードコントロールバルブの不良(7年くらいでゴミ詰まりで不良となるケースが多い)
・ECU...続きを読む

Q~近畿圏内でのオススメダイビングポイント~

私は兵庫県の神戸に住んでいるのですが、近場でダイビングできる場所を探しています。日帰り、もしくは一泊二日~二泊三日程度で楽しめるポイントを教えてください。ちなみにCカードを持っています。

Aベストアンサー

近畿からですとNo.1のgoepiさんが指摘されたように
紀伊半島がメインだと思います。
神戸からですと、和歌山が近いでしょうが
三重県の伊勢の方まで、沢山ダイビングポイントが有りますよ。

他には、日本海側の越前から山陰にかけて(敦賀・若狭・竹野・香住)や
フェリーで行く四国などですね。(高知から、室戸や足摺、柏島等)
フェリーは週末仕事を終えてから夜乗船すると、朝に到着です。
でも帰りが夜発なので、土日2日ではキツイかもしれません。

参考として、ダイビングポイントの載っているURLを貼りますが
各地共、ここに載った以外にもっと沢山のポイントが有ります。
雑誌マリンダイビングの6月号に、関西方面のポイントを網羅した
別冊付録が付いてますので、書店でバックナンバーを取り寄せてみては?
http://www.marine-web.com/free/magazine/m-diving/200206_j.html

参考URL:http://www.diver-web.com/contents/spot/

Q寒い日の洗車。

東京都内に住んでます。

最近新車を購入しまして、今日初めて洗車をしました。

ポリマーコーティングがしてある為掃除は楽だったのですが、仕上げの乾拭きの時に天井の水滴が凍り付いて取れなくなっていました。

ホースで水を掛けたりお湯をか掛けて溶かしても、拭いているうちに凍ってきてしまい、2時間頑張りましたがきりがないので天井の氷粒は諦めました。でも、汚い感じがして不満が残っています。

他の車を見ても天井に霜など付いていないのに首を傾げています。

皆さんは寒い日の洗車はどうされていますか?

Aベストアンサー

僕は雪国に住んでいます。
冬はかなりの極寒ですが、洗車はします。

雪国の場合、汚れもさることながら、道路が凍結した時に塩カリ(ようは塩)を撒きます。
僕は、サビ防止を目的に洗車します。

冬はほとんど氷点下ですので、お湯(水)をかけているそばから、凍っていきます。これはしょうがないのであきらめてます。

拭き上げのときに、二枚のウェス(拭く布)を用意し、一枚はお湯を含ませて、とかしながら、しっかり絞ったもう一枚で水気をとります。

時間との戦いですので、すばやく。

あと、ドアのパッキン部分はしっかり水気をとらないと、くっついて、はがれてしまうこともありますので、ご注意ください。

季節がどうあれ、ピカピカのクルマって努力が必要です。風邪には気をつけて頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報