こんにちは。Visual C++ システムシンボルセットアップについて質問です。
WinMEの時には発生しなかったのですがWinXPにして、VC++を
インストールすると、次のようなメッセージが出ます。

"Windows NT デバッグ シンボル"
(Visual C++6.0 Tools プログラムグループにVisual C++ CD-ROMからシンボ
ルファイル(DBG)のサブセットをセットアップするためのアイコンを登録しま
した。これらのシンボルファイルがセットアップされなかった場合、Visual C
++のデバッカは呼び出し先関数のコンテキストを決定できません。
アプリケーションのデバッグを容易にするために、これらのシンボルファイル
をセットアップすることを強く推奨します。)

と、出るので指示通り"SETUPDBG.EXE"を実行して見ると

(ファイルのバージョンがこのマシン上の対応するDLLと
マッチしません。)

と、出て正常にセットアップが終了しません。
(このマシン上の対応するDLL)とは、どこにあるのでしょう?また、正常にセ
ットアップをするにはどうしたらいいでしょう?
ぜひお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Windows2000ProとXP ProのCDをざっと目を通しましたが、シンボルファイルはないようです。



もっともXPはその性質上、付かなくとも不思議ではありませんし、2000もNT5から改名された時点でなんかあったのかも知れません。
また、VisualStudio6.0が出た時点ではXpはもちろん、2000もまだリリースされていませんでした(2000はまだNT5として発売予定だったはず)。

なのでVisualStudio6.0移行に発売された2000/Xpではシンボルセットアップがサポートされていなくとも別に不思議ではないでしょう(前科もあるし・・・NT4でVC4.0のデバッグが出来ないとか・・・VC4.2以降で可能でした)。

なお、デバッグシンボルですが、なくてもそれほど困るものでもありません。KernelやGDIなどのシステムDLLのエントリポイントアドレスと関数名のマッパですので、なくてもCallStackを上がってソースを見れば、どのコードの中にいるのか、は分かりますので(stack破壊してシステムDLL内で止まった場合はその限りではありませんが、はっきり言ってそういう場合では現在位置も結構怪しいです)。

なお、NT4.0ではDisc2にシンボルファイルが入っておりServicePackを当てるたびにServicePackのDisc2からシンボルを入れなお差投げれば行けない、というけっこう面倒なものでした。結局入っていても使わないような代物だったので今ではセットアップしなくなりましたが・・・(もっとも雑誌添付のServicePackではDisc2が付いてないので入れるためにはMicrosoftに注文しなきゃならない、という事もあったんですが・・・)。

・・・と調べてたら出てきました。
参考URLに載っています。
Windows 2000 Customer Support and Diagnostics Tools CD-ROM
というのに添付されているらしいです・・・入手方法はMicrosoftに問い合わせてください。

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articl …
    • good
    • 0

デバッグシンボルは実行ファイルに埋め込まれる


デバッグ用情報ですよね。本格的にデバッグしないのなら(^^;
いらないと思います。正当で理想的な解決方法は
WinXPあるいはVC++のサポート情報等を探してもしあればアップデートファイル(パッチ)を適用する
ことではないでしょうか。

あまり助けになってなくてすみません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

"WinXPあるいはVC++のサポート情報等を探してもしあればアップデートファイル(パッチ)を適用する "

と、ありますがアップデートファイル(パッチ)がなければ解決できないということなのでしょうか?
たびたびすいません。

補足日時:2001/12/16 21:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング