SHARPの1bitデジタルシステムとその他の24bitで処理できるようになった機器とではどちらが録音する際にいいのでしょうか、SHARPのものだとサンプリング回数が28万回と、既に24bitを超えているようにも聞こえてしまいますし。説明書では圧縮/伸長:ATRAC/ATRAC3
24bit演算処理とあります(←圧縮はただのATRAC?)、今ではATORAC4.5も出ているという事ですしどうなんでしょう、どれを買うのがいいか迷っています。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

シャープの製品は下ですかね?


http://www.sharp.co.jp/auvi/index.html


まず、ATRAC3とVersion4,5は別物ですのでご注意ください。
ATRAC/ATRAC3はソニーが開発したオーディオ圧縮テクノロジ(Codec)の一つです。それぞれの圧縮率が違います。

対して、ATRACVersion4,5はDSPコアのバージョンを指します。最新のDSP処理ができるか否かということで、24bitWideBitStreem演算をサポートしたDSPコアを指します。
24bitでは192KHz相当の音声演算も軽々行えますから、余裕を持って音声を高速エンコードできます。
また、音質面でも同じATRACでありながら高音質を維持できる特徴があります。(ただし、その精度を発揮するには再生側、録音側ともに4,5に準じる必要がある・・・再生機器や録音機器がVersion1では再生はできますが音質差はさほどありません)


ではSHARPの1Bitはどういう意味かというとこちらは、格が違います。ΔΣ変換による1ビットを採用しており、一般的にSACD(スーパーオーディオCD)などで原音自体のダイナミックレンジが高いオーディオに対して忠実な処理をするサウンドDSPを採用しています。とりあえず、1ビットアンプの場合で下を参照ください。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/smsx200.html
ちなみに、28万回ではなくサンプリングは280万回となるはずです。これは、SACDのDSD(ダイレクトストリームデジタル)ベース、64fs1ビット(2,8224MHz<CD、MDが44,1KHz>)のサンプリング(符号化方式)にあわせてあります。
DVDオーディオでも出せないほどの音の質感や状況(雰囲気)を出すには最適です。

これは次世代に向けたオーディオシステムです。
もちろん既存サウンドもそれなりに高音質です。
ただし、MDの音質を重視する場合はMD側のエンコード用DSPの精度がものをいいます。

将来性を考えるなら、SHARPをとにかくMDをよくしたいならその他の4,5対応機器を買うのが妥当でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この欄の文章書き終わりアップしようとした瞬間操作ミスで消えてしまいました。ショック!えー、詳しい説明をありがとうございました。自分にはなじみが無かった部分だったのですが、ホームページを見ていくうちに分かるようになってきました。1bitの方はアンプに関するもので録音の際に重要になるDSPコアとは関係がなく、またATRAC3はencodeの方式などを表しているということでいいのですね。ところでさらに検索していくと、http://www.utmc.or.jp/~tomomi/mdatrac.html という所があるのですが、そこに ゛1996年以降の発売である
   「20ビットワイドストリームテクノロジー」または
   「20ビット相当の処理が行える云々」という記述がある
 といった要素がカタログにあればまず間違いなく4.0以上と見ていいでしょう。"との記述がありました。98年の時点で4.5のさらに上のtype-Rも出ているそうです。しかし、この間行ってきた電気店ではsonyの新製品に最新のATRAC4.5を搭載の文句で売り出してましたし、現在もATRAC3の名はあちこちで見かけることから、ややつじつまが合わない点が出てきます。この事についてさらにもう少し教えてもらえないでしょうか。

お礼日時:2001/12/19 14:54

もう少し補足がいるかな?


「またATRAC3はencodeの方式などを表しているということでいいのですね。」

確かに、ATRAC3はエンコードとデコードの方式、圧縮テクノロジに関してを差します。
そのため、ATRAC3とATRACでは同じ圧縮率ならATRAC3の方が高音質になるように設計されています。(これはATRAC3/MDLPに基づく)
ATRAC3やATRACは圧縮技術ですからパソコンなどでもオーディオ圧縮として使われます。

それに対してATRACVersion4,5はそれとはまた別の物で、ハードウェアDSP規格(DSP=デジタルシグナルプロセッサ)です。これはDSPの世代を指します。
これらは、圧縮率ではなくハードウェア処理のチップが異なるのです。
ATRAC-DSPの3世代はありますが、ATRAC3とそのまま記述したDSPコアはないでしょう。圧縮方式のATRAC3と混同してしまうと困りますからね。

そのため、ATRAC3の名前を良く聞くことがあるのは当然です。ATRAC3はCodecでATRAC4,5はDSPで元々違いますからね。


確かに最近のDSPはたいていは20ビット前後の演算が可能です。特に高倍速のエンコードを必要とする場合は演算子の能力を高めてあります。
ATRACTypeRはかなり強力ですよ。
まあ、オーディオCDそのものの音質には劣りますが・・・ソニーは最近これを中位機ぐらいから使ってますね。あと、録音再生のポータブル機にも流用しています。
ただ、仕様を考えるよりは一番良いのは聴き比べて気に入ったのを買うのが良いですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごもっともです。それで聴き比べてみていいなと思ったのはONKYOとPAIONEERだったのでした。確かに数字などを使うと説得力が増すと思います、曖昧な言葉より客観的でもあります。しかし、やはり音楽は耳で聴くものなんですね。もっと感覚を大事にそして鋭くなるようにしていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/20 12:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMP3のサンプリング周波数について

MP3を再生した際に、サンプリング周波数が20KHzを超えることはあるんでしょうか?

今MP3プレーヤーの購入を考えているのですが、プレーヤー側の仕様でMax20KHzという制限があるようです。
たとえ聞こえないとしてもやっぱり気になるので、これに引っかかるのであれば購入を考え直そうと思っています。通常の音楽CDですでに引っかかっていますし。

尚、デコーダに関しては一般的なものを使用し、ビットレート128Kbpsの場合、ということで解釈してください。某事情によりデコーダを特定することができないんです。
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 20KHz 以上の周波数というと 20KHz ~ 22KHz のことかと思いますが、この帯域の信号は AD(アナログ-デジタル)変換時のフィルタの影響でかなりレベルが低くなっていますし、場合によっては位相が乱れていることもあります。いずれにしても、再生の際に DA 変換の補間フィルタでばっさり切られる筈ですので、あまり気にされる必要は無いと思います。
 ちなみに、音楽 CD では約 22KHz (サンプリング周波数の半分)を超える信号を記録・再生することはできません。無理に記録しようとすると、再生時に 22KHz 以下の信号(折り返しノイズ)になるそうです。

 お使いの「午後のこーだ」の特性についてですが、128Kbps・固定ビットレートに設定すると遮断周波数 16KHz のローパスフィルタが入ります。つまり帯域上限は16KHz になります。フィルタを無効にすることもできますが、単に帯域が広くなるというだけで、音質は悪化するようです。
 160Kbps 以上のビットレートを使用すると、標準的な設定ではフィルタは入りません。サンプリング周波数が音楽 CD と同じであれば、帯域上限も同じ 22KHz になります。
 また、「午後のこーだ」など LAME 系のエンコーダでは、ハイパスフィルタを使用しない限り 20Hz 以下の信号はそのまま通るようです。

 MP3 プレイヤーの再生帯域が 20Hz ~ 20KHz であれば、音楽 CD の実質的な帯域と同じですから、エンコーダの設定にかかわらず特に問題は無いと思うのですが、いかがでしょうか。

 20KHz 以上の周波数というと 20KHz ~ 22KHz のことかと思いますが、この帯域の信号は AD(アナログ-デジタル)変換時のフィルタの影響でかなりレベルが低くなっていますし、場合によっては位相が乱れていることもあります。いずれにしても、再生の際に DA 変換の補間フィルタでばっさり切られる筈ですので、あまり気にされる必要は無いと思います。
 ちなみに、音楽 CD では約 22KHz (サンプリング周波数の半分)を超える信号を記録・再生することはできません。無理に記録しようとすると、再生時に 22KHz ...続きを読む

QOMAファイル、ATRACファイルについて。

OMAファイル、ATRACファイルを読み込めるソフトはなんでしょうか?
ITUNEでできれば聞きたいのですが、どのようにすれば聞けるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.6です
※この設定をしておけば、フォルダごとドラッグ&ドロップで入れるだけで良い
分かりにくいですね
(フォルダがMP3Conversion Toolになってる)
Xアプリでの説明が分かり易いかも
ドラッグアンドドロップで取り込むの項
(変換したアルバムのフォルダをiTunesにD&Dです)
http://www.sony.jp/support/pa_common/x-appli/howto/import_files.html#import4_3

それと現在iTunes使ってませんが
デタラメ回答にあるaacは初期の取り込み設定ではaacのハズです
(AACの拡張子はm4aです)
MP3はDVD-Videoのデタラメと言う根拠です
DVD-Video音声記録方式は
PCM 直線 16/20/24bit(最大)量子化・96KHz もしくは 48KHz標本化(32/44.1KHz 含む)
DOLBY AC-3 5.1ch デジタルサラウンド
MPEG Audio Layer-2(MP2)
その他DTS

QオーディオADCのサンプリング・レートに関して

SDカードやUSBメモリースティックにセーブされた音声ファイルをミュージック(ファイル)・プレーヤーで再生する際に、ADCがWAV対応で48k24bitと謳っていた場合、再生しようとするファイルが192k32bitだとすると、この音声ファイルの再生は可能でしょうか?もし再生出来るとしたら、このチップは48k24bitで再生するのでしょうか?またヘッドホンで視聴する際に48kと192kの差異は誰にでも分かりますか?

Aベストアンサー

先ず第一に ADC ではなく、DAC のことを御質問されていらっしゃるのだろうと思います。

ADC は Analog Digital Converter の略、つまり ADC Chip は Analog 信号を Digital 信号に変換する Chip で、Microphone などで収録して Mixer 等を介して増幅した Analog 信号を 16bit 44.1kHz などの Digital 信号に変換します。

DAC は Digital Analog Converter のことで DAC Chip が Digital 信号を Analog 信号に変換します。

さて 24bit 48kHz を謳っている DAC Chip では WAV 対応であろうとなかろうと 24bit 192kHz の Digital Music Source の再生はできません。・・・おそらく 24bit 48kHz ではなく、16bit 48kHz または 24bit 96kHz の DAC だろうと思いますが・・・。

Headphone で聴収しようと Speaker System で聴収しようと 48kHz Sampling と 192kHz Sampling との差異を聴き分けられる人はいません。

48kHz Sampling はその半分の 24kHz まで、192kHz Sampling は 96kHz までの音を記録できる性能がありますが、音符で示すことができる楽音の主音は 3~4kHz までであって、それ以上は倍音成分となり、人間の耳は 6~8kHz 辺りから感度が下がって 12~16kHz 以上は殆んど聞こえなくなります。

また Recording Studio で使用されている Professional Microphone も 20KHz 以上の音を収録できる性能を保証していませんので 24kHz 以上の音を記録する 48kHz 以上の Sampling 周波数を設定しても、そもそも収録される音源がありません。

48kHz 以上の Sampling は収録時の忠実性を求めるためよりもむしろ再生装置の欠点を補うために行われるようなものとも言え、DAC の欠点を是正するために開発された Over Sampling 回路の負担を減らすために予め 96kHz や 192kHz の Sampling Rate を設定しているとも言えます・・・このため Over Sampling の Over と言う言葉が使われているように、決して Super (卓越した) というものではなく、単なる Over (過剰な) Sampling Rate であるに過ぎません。

DAC は SACD 用の DSD (Direct Stream Digital) 方式に対応した DAC でもなければ Over Sampling 回路の動作を Cancel できませんので、予め 96kHz や 192kHz で録音された Source を用いても殆んどの DAC では Over Sampling してしまうことになります。

また 44.1kHz を 48KHz や 192kHz にといったように整数倍ではない周波数に Re-Sampling すると原音波形が乱れてしまいますので、特に楽音の高音域や倍音域の立ち上がりや広がり感覚が乱れる場合があります。

録音時に 16bit ではなく 24bit を選択するという手法は高音質を得る意義がありますが、48kHz 以上の Sampling Rate を選択しても Microphone などが 24kHz 以上の音を拾わないことや、人間の耳が 24kHz 以上の音を聞く能力を持っていない以上、殆んど意味がありません。

従って 16bit 48kHz までの DAC でも充分良い音を出せますよ(^_^)/。

先ず第一に ADC ではなく、DAC のことを御質問されていらっしゃるのだろうと思います。

ADC は Analog Digital Converter の略、つまり ADC Chip は Analog 信号を Digital 信号に変換する Chip で、Microphone などで収録して Mixer 等を介して増幅した Analog 信号を 16bit 44.1kHz などの Digital 信号に変換します。

DAC は Digital Analog Converter のことで DAC Chip が Digital 信号を Analog 信号に変換します。

さて 24bit 48kHz を謳っている DAC Chip では WAV 対応であろうとなかろうと 24bit 192...続きを読む

Q古いバージョンのATRACと光デジタル出力端子による録音の差!

6年前のMD/CDシステムによる録音と最新の再録ポータブルMD(PCからの光デジタル出力端子接続)による録音ではどちらの音がいいですか?もちろん標準録音です。ATRACのバージョンが新しいほど音がいいですよね?でもCDからMDへダイレクトの方が良い気もします。どちらが良いのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

再びnimaibaです。

私もかつてはテクノロジー優先でオーディオを考えていました。
でも、オーディオは最終的には空気の振動を身体で感じるものですよね。
そう考えると機械の箱の中身がどうのこうのと考えるのがバカバカしくなってしまいました。
オーディオは数値では測りきれない「人間の感覚」が最も大切だと思うのです。
だからもし、今の条件でdekirumonさんが十分満足していらっしゃるのであれば、私はそれがBESTだと思うのです。
ただ、勿論チャレンジ精神も大切なので、試してみる価値は十分にあるでしょうし、そのためにある程度の出費に目を瞑るのも「趣味」だと思います(結果がどうであれ本人は楽しいわけですから)。
オーでイオという趣味は、機材のテクノロジーだけでは味わいきれないものだと思いますので、dekirumonさんもぜひ、いろいろな事を試してみてください。
「人の意見より自分の耳を信じろ」ってとこですか・・・?

スミマセン、偉そうなことばかり書いてしまって(^_^)

Q48KHZでサンプリングできる?

DVDに使用する場合、音声のサンプリングレートは48か96KHzになっていなければならないようなので

■サウンドは1373Sound Blaster AudioPCI 128とのことですが、48KHZでのサン
 プリングは出来るのでしょうか。

と言う問い合わせををPCメーカーのサポートセンターにしたところ、

■Crystal Semiconductor CS4299 AC'97ステレオオーディオ (チップセットに内
 蔵)
 周波数応答:20Hz - 20,000Hz (ライン出力±3dB)
 S/N比:>90dB (ライン出力):>65dB (マイク入力)
 SHD+N (通常値):0.005% (ソース:ライン入力)1Vrms,1kHz

と言う回答をいただきました。つまり、これは「出来ない」と言う意味なのでしょうか。

Aベストアンサー

CS4299で検索してみましたが、別メーカーのオンボードのサウンドカードに
使われていました。
で、48kHzサンプリングは可能です。ただ、取り込むソフトも対応していないとだめかも
知れませんが。

でもメーカーの回答って答えになっていないような気がします。こんな回答しても
普通の人はちんぷんかんぷんなのに。的外れな回答をするのはどこかの国の偉い人(なのか!?)
と同じですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報