はじめまして。

韓国軍はその創設時に、当時の旧日本軍に従事された方が多くいたために、旧日本軍の伝統やスタイルといったものを取り入れている・・・
といった事を聞いたことがあるんですが、例えばどういうことでしょうか?

ご存知のかたがいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 補足ですが、ソウルに行くチャンスがあれば戦争博物館を訪れてみてください。

実際の兵器など展示しています。こんな事書くと反日家に噛み付かれるかもしれないけど、韓国軍の創設には旧日本軍の色を残したまま創設されているのは事実です。最初の回答された方は日本軍に在籍してた事は非国民扱いされると書かれているけど、朴大統領も日本の陸軍士官学校を卒業して朝鮮戦争では情報部にいました。非国民なら大統領にはなれないと思うのだけど....
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yukeeさーーーん。
度々ありがとうございまーす。

>朴大統領も日本の陸軍士官学校を卒業
大分前にこれも聞いた記憶が蘇りました。

ソウルには実は年末に行って来るんですよ!
「戦争博物館」もガイドブックに載っていたので、ぜひ行って勉強してきたいと思いました。

もし、又何かあればアドバイスをお願いします。

お礼日時:2001/12/21 18:40

 韓国軍の創設時には日本の士官学校や満州の軍官学校を卒業して日本軍や満州国軍に籍を置いていた人が士官以上のクラスに沢山居ました。

朝鮮戦争の開始時はアメリカ軍の軍服を来た日本ナイズされた韓国軍とソ連ナイズされた北朝鮮軍がぶつかり合いました。現実に金錫源将軍は日本刀を抜いて先陣を切り突撃したそうです。(彼は貴族出身、陸軍士官学校卒業、旧日本軍では少将)さらに当時の韓国軍の戦闘スタイルは防御に徹した後、突撃する、まさに日本軍の戦闘スタイルをそのまま実践していました。アジアの新興国は軍隊の創設時には日本軍のスタイルを踏襲しました。(世界大戦中にアジアの国で日本は現地軍を養成していたので)
 ただ、現在は違います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>士官以上のクラスに沢山居ました
これです。これを聞いたことがあったのです。

そうですか、朝鮮戦争の頃までは旧日本軍の戦闘スタイルが生きていたんですね。
そう考えると何か感慨深いものを感じました。

また何かありましたら、色々と教えてください。

お礼日時:2001/12/19 19:48

それはないと思います。



理由1:日本軍に従軍していた人たちに対する、社会的に問題があり、太平洋戦争中の非国民扱いだとのことです。

理由2:朝鮮戦争時に、国連軍として戦った韓国軍ですが、国連軍としてはアメリカ軍が最高指揮権を持っていました。この為アメリカ軍の指揮下にあり、訓練もアメリカ式のはずです。

以上2つの理由により旧日本軍の伝統やスタイルは排斥されていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

そうなんですか、そう言われればそんな感じがします。
多少、期待?していたところもあったので残念です。

また何かありましたら教えてください。

お礼日時:2001/12/18 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベトナム戦争での韓国軍の派遣に対する疑問

最近、戦後責任で韓国は日本に向かって戦争責任を追及しますが、韓国
もベトナムにおいて残虐なことをしたことが何かの雑誌を読んだのですが、そこで以下の質問にまとめたので、知っている範囲でよろしいですので回答をよろしくお願いします。
1.なぜ韓国軍が派遣されたのですか。
2.現地で韓国軍がしたことを教えてください。(本当のことをお願いします)
3ベトナムは韓国に対してこのことを追及しているのですか。
4.韓国軍の行為は国際法違反の場面があったのでしょうか。
5.韓国軍の帰還兵は現在どうしているのでしょうか。
もし、残酷なことをしていれば、日本だけでなくどこの軍隊も同じとおもいます。

Aベストアンサー

 日本の将来について、密接にかかわる部分だけですが。

1.
 米韓安全保障条約にしたがって、ベトナムに派兵せざるを得なかったということです。
 日本の場合はどうかというと、 
 日米安全保障条約のなかには、日米がそれぞれの憲法が定める所により義務を追う趣旨の規定があり、日本国憲法が集団的自衛権を認めていないと理解されているため、日本には海外派兵義務はありません。憲法改正して集団的自衛権を規定すれば、アメリカの起こした戦争に派兵しなければならない可能性がでてきます。

 最後の部分について、コメントします。

 戦争において、兵士になると「日常と異常に異なる、人殺しができるような状態に、訓練される」のですから、その人間としてのモラル自体が歪んでしまう人がでてくるのは、必然ともいえます。

 そして、日本だけでなく、何処の軍隊でも同じようなことが起こります。しかし、同じだから責任が免除されるかのような論を展開するのは、全くの誤りです。

 そのことに対する責任は、それぞれの国が自国が責任あるとされる行為について、トコトン責任を取る覚悟でいなければなりません。
 責任を取らない国があれば、自分の責任が免除されると言う考え方は、脱税が時効で罪にならないのであれば、自分も脱税して時効まで逃げ切ろうと言う考え方と同一です。

 何処の国の軍隊でも、少しでも注意を怠れば、発生してしまう性質の違法行為であるから、徹底的にコントロールしなければならないということなのです。

 日本の将来について、密接にかかわる部分だけですが。

1.
 米韓安全保障条約にしたがって、ベトナムに派兵せざるを得なかったということです。
 日本の場合はどうかというと、 
 日米安全保障条約のなかには、日米がそれぞれの憲法が定める所により義務を追う趣旨の規定があり、日本国憲法が集団的自衛権を認めていないと理解されているため、日本には海外派兵義務はありません。憲法改正して集団的自衛権を規定すれば、アメリカの起こした戦争に派兵しなければならない可能性がでてきます。

 ...続きを読む

Q【旧日本軍】戦時中の旧日本軍は国際人権法を守っていたと聞きましたが本当ですか?旧日本軍の兵隊さん

【旧日本軍】戦時中の旧日本軍は国際人権法を守っていたと聞きましたが本当ですか?

旧日本軍の兵隊さんには赤十字社の国際人権法の手帳が配布されていたのでよ兵隊はそれを読んでいるのでそんなレイプや虐殺はあり得ないと言います。

赤十字社の国際人権法が書かれた手帳って本当に実在しますか?

みんな持ってたっていうのは胡散臭いんですけど。

Aベストアンサー

そもそも国際法というのは条約や慣習によって成り立っている暗黙のルールに近いものなので、手帳に書かれた「国際人権法」などというものは存在しません。

Q南スーダンの韓国軍の哀れについて

 韓国の新聞社、朝鮮日報/朝鮮日報日本語版では、南スーダンの韓国軍を、非難して、次の様な社説を書きました。
 しかし、戦場で、命をかけて戦っている韓国軍に対して、あまりにも無慈悲、突き放した扱いでは、ないですか。
 戦場で弾薬が足りなかったのは、国が貧しいから、弾薬は賞味期限があるから、必要以上には、持てない。
 そんな、国の事情を棚に上げ、韓国軍を悪く言うのは、国内で内紛を招くだけ。
 ここは、言いたくてもじっと、我慢し、内紛を抑えるべきだと、思います。
 命を懸けて戦っている韓国軍を支えるべきだと思いますが、みなさんどう思われますか。
 戦っていて、身内の後ろから、鉄砲が飛んでくるようじゃ、任務を遂行したくなくなるじゃ、無いですか。
 みなさんどう思われます?

 長くなりますが、朝鮮日報/朝鮮日報日本語版の社説を記載します。
これを読んで、ご回答下さい。


【朝鮮日報/朝鮮日報日本語版の社説】日本に集団的自衛権の口実与えた韓国軍の無能さ
 国連南スーダン派遣団(UNMISS)の一員として現地に派遣されている韓国軍の「ハンビッ部隊」が23日、国連を通じ現地で日本の自衛隊から小銃用の弾丸1万発の提供を受けていたことが分かった。
 韓国は今年3月、南スーダンに210人の工兵部隊とその警護に当たる70人の兵士を派遣。
自衛隊も主に工兵を中心とする320人規模の平和維持部隊を派遣している。
 韓国と日本は兵力の構成や部隊の規模ではほぼ同じだが、韓国軍は個人で携帯が可能なレベルの実弾のみを保有していたのに対し、自衛隊は不測の事態に備えて余分の実弾や火器を所持していたことが分かった。
 今月15日以降、南スーダンでは現職大統領と前副大統領のそれぞれが率いる部族間の紛争が内戦にまで発展し、国連平和維持軍の安全まで脅かされるほどになってしまった。
 これは7月に大統領が副大統領を解任した時点である程度は予測できていたことだ。
だとすれば10月に現地に到着し、第1陣と交代した韓国軍の第2陣は、自分たちを守るための最低限の武装は当然しておくべきだった。
 ところが韓国軍の上層部は派兵に先立ち、当然やっておくべき現地の状況把握やその分析さえ怠っていたのだ。
 韓国軍は当初、現地に展開するUNMISSに実弾の支援を要請したという。
 UNMISSの一員として南スーダンに派遣されている11カ国のうち、韓国軍が使用する5.56ミリ口径の実弾を保有する国は米国と日本しかなく、最終的に国連軍が中間に立って米軍と自衛隊から実弾を確保し、韓国軍に提供されたというわけだ。
 これについて韓国国防部(省に相当)は「現地にいる責任者の判断を尊重し、国防部の次元で決定を下した」と説明している。
 日本は韓国からの要請を受けると同時に、安倍首相を中心に関係閣僚による会議を開き、直ちに官房長官が会見を開いて実弾提供の事実を公表した。
 日本の各メディアはこれを大きく報じ、一部では「安倍首相が推進している『集団的自衛権』の必要性を示す最初の事例」といった評価まで出ている。
 今回の一連の事態を受け、日本は首相が直接会議を主宰したが、韓国は現地にいる責任者の提案に基づき国防部が単独でこの重大な決定を下した。
 しかしこの韓国の対応についてはどうも納得がいかない。今回の決定が呼び起こす外交面での影響について、韓国政府は誰も検討さえせず、頭を悩ますこともなかったのだ。
 これでは何のために毎週のように外交安全保障の関係閣僚会議を開催し、また何のために大統領府に韓国版国家安全保障会議(NSC)事務局を新たに設けたのか、理解ができない。
 日本は今回の事態について、安倍政権が掲げる「積極的平和主義」に韓国が同調したかのように主張するだろうが、そのようなことは絶対にあり得ない。
 しかし日本がこのような主張を行う口実を与えたのは、間違いなく韓国国防部と軍の無能さにある。
今回明らかになった韓国政府の外交安保政策における意思決定プロセスの問題点は、必ず早急に修正しなければならない。

 韓国の新聞社、朝鮮日報/朝鮮日報日本語版では、南スーダンの韓国軍を、非難して、次の様な社説を書きました。
 しかし、戦場で、命をかけて戦っている韓国軍に対して、あまりにも無慈悲、突き放した扱いでは、ないですか。
 戦場で弾薬が足りなかったのは、国が貧しいから、弾薬は賞味期限があるから、必要以上には、持てない。
 そんな、国の事情を棚に上げ、韓国軍を悪く言うのは、国内で内紛を招くだけ。
 ここは、言いたくてもじっと、我慢し、内紛を抑えるべきだと、思います。
 命を懸けて戦ってい...続きを読む

Aベストアンサー

> みなさんどう思われます?

この一件は、物凄いデジャビュ感に襲われる事件でした。
10年と少し前、韓国経済が崩壊してIMFが入った時、IMFが入ってもウォン崩壊は止まりませんでした。
その時助けたのが日本であり、日本が後ろ盾につくと市場に認識されたことで韓国経済の崩壊は止まりました。
その時の韓国の弁は、感謝の言葉ではなく、罵倒の言葉でした。曰く、助けに来るのが遅く、復興の邪魔をしたとのことでした。

韓国というのはそういう国です。


ところで、現場の軍人は、相当な困難を強いられているようです。
韓国軍の動向を追っているのですが、・・・何というか兵站がないって凄いですね・・・。実際問題として、過去に燃料が不足して他の国に借りにいったりしたことが公式に伝えられています。今回、別に珍しいことではないという発言として、です。つまり、今回日本に銃弾を借りたから問題になりましたが、今までも似たようなことは(弾薬ではなかったかもしれませんが)起こっていた、ということです。

韓国軍がいるのはボルという都市ですが、ボルが反政府軍の支配化に落ちたのは遅くとも19日のことであり、補給が早くても25日にならないと飛ばないというのは、どう考えても遅すぎます。本国からの補給としても全く用意していなかったようですし、そもそも中継地点すら見当たりません。



そういえば、現在の朴・韓国大統領の朴正煕が暗殺された後もクーデター騒ぎが起こっていましたね。もっとも、朴正煕自身もクーデターで大統領になった人でしたが。

> みなさんどう思われます?

この一件は、物凄いデジャビュ感に襲われる事件でした。
10年と少し前、韓国経済が崩壊してIMFが入った時、IMFが入ってもウォン崩壊は止まりませんでした。
その時助けたのが日本であり、日本が後ろ盾につくと市場に認識されたことで韓国経済の崩壊は止まりました。
その時の韓国の弁は、感謝の言葉ではなく、罵倒の言葉でした。曰く、助けに来るのが遅く、復興の邪魔をしたとのことでした。

韓国というのはそういう国です。


ところで、現場の軍人は、相当な困難を強いられているよ...続きを読む

Q旧日本軍とアメリカ軍の手順書(操作マニュアル)

旧日本軍とアメリカ軍の手順書(操作マニュアル)には、大きな差があった と言う事を聞きました。
旧日本軍の手順書は文章だらけで理解しにくく、アメリカ軍のそれはマンガが散りばめられていてとても理解しやすい内容になっていた との事です。

旧日本軍とアメリカ軍の手順書を見たいと思いますが、ネット上に文献はないでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLは米陸軍のマニュアル。
「地雷の埋め方」とか「負傷兵の抱え方」とかが漫画で描いてあります。
こういった「正しい動作」は絵にしないと伝わりません。

アメリカでは科学者を動員して
1.統計的なデータをとる
2.合理的な動作を検証する
3.正しい動作を漫画(今ならビデオ)にする
という手順で、合理的に戦力を向上していました。

戦後、W・エドワーズ・デミングらの科学者を招聘して日本の製造業がこの手法を取り入れました。
それが「QCサークル」や「カイゼン活動」というものです。
これにより、粗悪品の代名詞だった「Made in Japan」の品質が劇的に向上しました。
メーカーで仕事してると漫画を描かされることが結構多いですよ。

参考URL:http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:United_States_Army_Field_Manuals

Qやはり韓国軍の仕掛けた自爆地雷だった件

■23日にも韓国側で地雷爆発 韓国軍が設置 会談中で発表せず?
http://www.sankei.com/smp/world/news/150826/wor1508260039-s.html

韓国軍が北朝鮮軍へのいいがかりでヘイトスピーチしていた件で、業を煮やした北朝鮮軍の報復攻撃に応戦した件について、韓国軍と北朝鮮軍の会談中にまたしても、自軍の地雷で兵が負傷しました。

今までずっと北のせいにしてきたのが嘘とバレてしまい、会談でかなりの譲歩をしたと思われる韓国軍。

やはり集団的自衛権に、半島情勢は入れないということで正解ですよね?

この国とまともに連携はできないと思われますがどうでしょうか?

笑った方いますか?

Aベストアンサー

「助けない、教えない、関わらない」の 「非韓三原則」を徹底しましょう。
特に大事なのは「関わらない」です。
そういう意味では話題にもしたくないですね。

Q例えば日本が徴兵制になったとして、僕らはどういうところで軍の教育をされるのでしょう??

やはり、親元を離れて寮みたいなところで毎日訓練をするのでしょうか??
もしそうだとしたら、
(1)どのような教育を受けるのでしょうか??例えば兵糧楽とか、武器の取り扱いの練習とか。
(2)未成年でも、戦争に行くことになるのでしょうか??
(3)高校や大学などで、徴兵された時の身分って違うものなんでしょうか??例えば、警察で言うエリートコースみたいなものがあるのでしょうか??

Aベストアンサー

徴兵制になる確率は限りなく0ですが(世界的なトレンドや日本の置かれた戦略的、政治的状況など)。
 
1)どこかの駐屯地で居住して訓練を受ける、と言うことになります。戦前の徴兵制では基本的に本籍地が基準でした。

2)未成年の定義や、新しく制定される徴兵関係の法令によって決まります。その法律に「10歳から兵役義務あり」と書いてあれば10歳からでも召集するでしょうね。

3)これも制定される制度奈何です。普通に徴兵されると全員一番下からスタートですが、戦前には中卒以上者を対象に、予備の下級士官・下士官とする幹部候補制度、大学・師範学校卒業者を対象に海軍の主計士官とする「短期現役制度」、船舶系の大卒者を海軍の予備仕官とする制度など、様々な制度ががありました。
 しかし、この辺は「警察でいうエリートコース」ではなく、消耗の激しそうなポストの予備をあらかじめ手当てしておく、という意味あいが強いです。
 エリートコースはやはり生え抜きの将校になるわけでして・・・

 また、米国や、その制度を摸倣した韓国にはROTCという制度が現在でもあります。これは学費等の助成を受ける代わりに在学中に軍事訓練を受け、有事には士官として応集するという制度があります。こちらから、職業軍人になると、人事面では一般の士官と変わらず、例えばコリン・パウエル氏はこの過程の履修者ですが、制服組のトップになっています。

徴兵制になる確率は限りなく0ですが(世界的なトレンドや日本の置かれた戦略的、政治的状況など)。
 
1)どこかの駐屯地で居住して訓練を受ける、と言うことになります。戦前の徴兵制では基本的に本籍地が基準でした。

2)未成年の定義や、新しく制定される徴兵関係の法令によって決まります。その法律に「10歳から兵役義務あり」と書いてあれば10歳からでも召集するでしょうね。

3)これも制定される制度奈何です。普通に徴兵されると全員一番下からスタートですが、戦前には中卒以上者を対象...続きを読む

Qベトナム戦争における韓国軍兵士の死亡者数は?

ベトナム戦争における韓国軍兵士の死亡者数は?
ベトナム戦争で韓国も相当数の派兵をしていることを知りました。
米軍の死亡者数は5万人程度ですが、韓国軍はどの程度の損害だったのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは

死亡者数は、概ね5,000人前後、負傷者は10,000~20,000人、とする情報
が多いようですが、2005年に韓国国防部が発表した資料では
死者4,968名、負傷者8,004名、という数になっていました。

韓国は 合計約50,000人強の兵士をベトナム戦に参加させていたので、結構
な数ですね。

Q旧日本軍の提督の名言を教えて下さい。

旧日本軍の提督の名言、言葉など教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

どうもこんにちは!

山本五十六連合艦隊司令長官(海軍大将)の名言でしたら、

「やつてみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

…が有名ですね。

そのほか、↓こちら
http://blog19.fc2.com/o/orangekick/file/P_Isoroku.html


ご参考まで

Q韓国軍に武器援助?

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS23012_T21C13A2MM8000/
スーダンの韓国PKO舞台に日本の自衛隊が弾薬を援助するそうです?
反韓国の意見で書いているのではありません。
 外国に軍隊が言ってPKO活動するってことは、武器を使うのが前提ですよね。弾薬の準備もしていないのでしょうか?
 しかもまだ韓国軍が発砲したとのニュースは入っておりません。
韓国軍PKOって弾薬の準備をしてスーダンに行ったのでしょうか?
 北朝鮮が挑発しているそうですが本当に韓国は北と戦争する準備はできているのでしょうか?

Aベストアンサー

(1) 双方ウソは言ってない

日本側は「現地の韓国軍から現地の自衛隊に要請があった」と言い、韓国側は「UNMISS(国連南スーダン派遣団)に要請し、UNMISSが日本に要請した」と述べた。そして、国連事務総長は韓国側の発表内容を追認した(ニュースをググれ)。
これは両方正しいと考えられる。現場、上層部の両ルートということである。現地の部隊同士で話が付いても、シビリアンコントロールの鉄則から言って、上層部の文官同士で了承されていないと、責任問題になるよ。
また、上層部同士で了承されたからといって、現場同士で電話の一本も掛けなければ、仕事が雑な無礼者ということになるだろう。軍に限らず、一般の社会人なら、それくらいの社会常識は知ってるはずだ。

(2) 定量的に考えよう

私も学がないから、偉そうに語るつもりはないが、「定量的思考」って大学で習わなかっただろうか? 定性的に考えるのも、定量的に考えるのも大切である。
今回、自衛隊が無償譲渡した銃弾は、小銃用のもので1万発だったという。この1万という量に注目しよう。
今どきの小銃はアサルトライフルで、単射もできるが、全自動の連射もできる。1分間当たり600発も800発も連射できるそうだ。というか、いざとなったら連射するに決まってるよね。一発一発狙って撃つよりも、連射して敵をなぎ倒すのだ。
歩兵の場合、30発入りの弾倉を6個とか身に付けているらしい。小銃に充填しているのと合わせて7個だ。そして、現地の韓国軍は280人ぐらいいるらしい。つまり、全員歩兵だとすると、身に付けている分だけで6万発ぐらい必要だ。
さらに、駐屯地の武器庫(?)にはその10倍とか蓄えてないといけないだろう。つまり、数十万発必要だ。
したがって、1万発の譲渡なんて「お付き合い」程度のやり取りでしかない。本当に危険が差し迫って銃弾が不足しているんだったら、撃ちまくらなくちゃならないんだから、1万発程度もらっても話になりゃしない。
実際は、現地の韓国軍は工兵が主で、工兵というのは道路建設などが仕事だから、武器弾薬を少ししか持って行かなかったらしい。現地の自衛隊も工兵が主だが、ご存知のように自衛隊は危険な場所をなるべく避けるので、なおさら銃弾が少なくて済むのかも知れない。

(3) アメリカの手前

つまり、現地の韓国軍は、「予備の銃弾が多いに越したことはないから」一応自衛隊に頼んだ、ということだろう。それを、日本側が「韓国から緊急の要請があった」などと話を「盛って」いるんだよ。武器輸出三原則をゆるめるために、利用してるんだ。
一方、これまで韓国の現政権は日本との首脳会談を拒否したりして、アメリカの不興を買っている。アメリカ親分にしてみれば、子分同士が対立するのは困りものだ。
そこで、韓国は「実務レベルでは適宜日本と協力し合うことに、やぶさかではありませんよ」と示す必要があった。アメリカの手前、ポーズ(見せかけの態度)として日韓協力の事例を見せようとしたのだろう。
つまり、韓国にも日本にも魂胆(こんたん)があった。ネットでは、とかく「日本は優秀で韓国は愚劣だ」とか、その真逆とかの論調が多いが、現実には韓国も日本もずる賢く利用し合っているのである。

(1) 双方ウソは言ってない

日本側は「現地の韓国軍から現地の自衛隊に要請があった」と言い、韓国側は「UNMISS(国連南スーダン派遣団)に要請し、UNMISSが日本に要請した」と述べた。そして、国連事務総長は韓国側の発表内容を追認した(ニュースをググれ)。
これは両方正しいと考えられる。現場、上層部の両ルートということである。現地の部隊同士で話が付いても、シビリアンコントロールの鉄則から言って、上層部の文官同士で了承されていないと、責任問題になるよ。
また、上層部同士で了承されたからとい...続きを読む

Q旧日本軍の軍人の身分を調べることはできますか?

もう七八年前になりますが、私の祖父がなくなりました。私の祖父は旧日本軍の海軍で飛行機を開発をしていたことは話に聞いていたのですが、それ以上に詳しいことは聞いたことがありませんでした。
その祖父の遺品の中から、海軍の名刺が出てきました。そこには祖父の名前と、「少佐」という肩書きがありました。しかし同時に遺品からは、中佐の肩章が出てきたのです。最もそれが中佐のものを示すというのは、後日旧軍に詳しい友人に見せて初めて知った事でした。

最近になって、祖父が最終的に少佐だったのか、中佐だったのか、知りたいと思うようになりました。
これを調べたいと思うのですが、旧日本軍の身分を一般の人間が調べることは可能なのでしょうか。そういった資料は、例えば国会図書館などにあって閲覧可能なのでしょうか。
または、こういったことを問い合わせる機関はあるのでしょうか。

この辺のことをご存じの方は、お時間あるときに教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E8%BB%8D%E4%BA%BA%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.B5.B7.E8.BB.8D.EF.BC.88.E6.A9.9F.E9.96.A2.EF.BC.89.E5.B0.91.E4.BD.90

参考文献
『日本海軍指揮官総覧』

こういうサイトが参考になると思います。
図書館で日本海軍指揮官総覧を読むとか、
おじいさんが所属した部隊が分かれば、その資料を探すか、
軍恩連盟全国連合会に問い合わせればヒントは得られます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報