痔になりやすい生活習慣とは?

最近政界で盛んに論議されている憲法改定問題ですが、テレビや新聞などを読んでいて疑問に思うことがあります。それは非戦と不戦。どちらも戦争をしない、と理解していたのですが、何か違うような……。どなたかわかりやすく回答してください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

国家の意思があるかどうかの違いではないでしょうか。

国家の意思が介在する方が「不戦」、しない方が「非戦」と考えます。
例えば、「非戦」という言葉を使う場合、「非戦闘地域」など、戦争をしない場所を指します。「不戦」という場合は、「国家が戦争をしない」という意味で使うと思います。
「法律」のカテゴリーでこの質問を見つけたので法律的な側面から述べますと、日本国憲法第9条の戦争放棄の規定は以下のように書いてあります。憲法9条第1項「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」とあります。この中の「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」というくだりは、日本独自の発案ではなく、1928年のケロッグ・ブリリアント協定(別名パリ不戦条約、または不戦条約という)が、その基となっているというのが定説です。
従いまして、国家が戦争を始める意思を起こし戦争を始める、それをしないようにする、が「不戦」であり、国家の意思がない戦争をしない場所などをさす場合に使用するのが「非戦」ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>国家が戦争を始める意思を起こし戦争を始める、それをしないようにする、が「不戦」であり、国家の意思がない戦争をしない場所などをさす場合に使用するのが「非戦」ではないでしょうか。

 ということは、「不戦」とは戦争そのものに対する言葉で、「非戦」とはその戦争に関係する事柄(非戦闘員・非戦闘地域など)のときに使う言葉、と理解すればよいでしょうか。

お礼日時:2007/05/11 13:39

1番です。



>今の日本は戦う力(自衛隊)があるのに法律(第九条)で参加したくてもできない状態は「不戦」と理解してよろしいでしょうか。

このへんは、微妙なところでしょう。
憲法解釈により戦えないのであれば、不戦でしょうが、あえて戦争に介入しないというのでしたら(憲法条文を理由に)非戦となると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、解釈の問題ですか。そういえば、改憲論者、護憲論者ともそれぞれの解釈で議論しています。
そういう意味では、改憲してスッキリとした方がいいのかな。戦争にはあくまで反対ですけれど・・・。

お礼日時:2007/05/11 13:18

非戦は、戦い(戦争)ではないこと。

戦いに非ずという意味、非戦闘員は戦闘員ではないという意味からそう思います。
不戦は、たたかわないこと、戦争をしないこと(広辞苑)。例:不戦勝、不戦の誓いなど。

日本国憲法の第9条は、不戦を明記した条文だと言えるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、第九条は「不戦」を明記したものですね。

お礼日時:2007/05/11 13:12

非戦は、戦闘に参戦しないこと。


不戦は、戦闘に参加できない事だと理解しています。

つまり、戦う力があるのに戦いに参加しないのが非戦で、参加したくてもできないのが不戦です。

アメリカと中国が戦争を始めたとすると、日本はアメリカと一緒になって中国を攻める事ができるのにその戦いに参加しないのが非戦。
アルゼンチンとチリが戦争を始めたような場合、日本はどう考えても両国の戦争には参加できませんから、これは不戦となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

>つまり、戦う力があるのに戦いに参加しないのが非戦で、参加したくてもできないのが不戦です。

ということは(回答の例えとちょっと違いますが)、今の日本は戦う力(自衛隊)があるのに法律(第九条)で参加したくてもできない状態は「不戦」と理解してよろしいでしょうか。

お礼日時:2007/05/10 02:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Qメダルゲームの目的って・・・

よくメダルゲームを扱ったゲームセンターなどみかけます。メダルであふれたカップ片手にみなさん一心不乱にメダルを投入してゲームしてますが、結局目的って何でしょうか?お金を使ってたとえば1000枚のメダルをがんばって3000枚にしたところで何かメリットがあるのか。
パチンコだったら換金できたりするようですが、メダルゲームの場合はそういうものはあるのですか?

Aベストアンサー

そうそう、補足ですが、
メダルを換金したり 景品と交換する事は確か法律で禁止されていると思います。
パチンコやギャンブルとは違いますので、あくまでお遊びです。
 
しかし、それなりの規模のゲームセンターでは メダルをプールしておけるところが多いのではないでしょうか。
メダルを増やして 自分のメダルが有る限り、追加料金を払わずに遊べるのは結構魅力的だと思いませんか?

Q「楽しい」と「愉しい」の違いを教えてください

それぞれ使用例をよろしくお願いします。

ちなみに景色を眺めるのがたのしい場合はどちらを使えばよいのでしょう?

Aベストアンサー

日本語の漢字の意味と、中国語の漢字の意味は、
100%同じ物は少ないです。

私が回答した内容は[中国語での意味の違い]でして、
[日本語での意味の違い]を記したものでは有りません。

少なくとも、
私の所有する3冊の国語辞書には、 
どの辞書にも「愉しい」は記載されていません。

この辞書を監修した日本語学者たちは「愉しい」を、
正しい日本語としては認めていないのだと思います。
もちろん、「愉快」や「愉悦」、「愉楽」は記載されています。
(昭和60年代に購入した、高校生~大学生向けの国語辞書で出版社が其々違います)

ですので私は、「愉しい」は当て字かな? と回答したのです。
もし「愉しい」が当て字なら、定義が無いことになります。
(最新の国語辞書に「愉しい」が記載されているか、どうかは知りません。)

> 自発的なものが「楽しい」で与えられたものが「愉しい」でしょうか。
例文は、[私なら、このように使い分けします]と示しているのです。
つまり、私の個人的意見です。 (@-@); 汗

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


人気Q&Aランキング