プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

原爆報道で、被爆者を被害者扱いする報道が大半です。

とはいえ、極論ですが、自業自得ではないでしょうか?

勝てない無謀な戦争を拍手喝采して推し進めたのは

日本人です。敗戦後、クーデターや暴動が起きなかったこと

から判断しても、当時の翼賛体制に、国民は賛成していたのです。

戦争もしない国に原爆を落とす国などあるでしょうか?

当時、日本人が戦争に至った経緯を検証しないで

被害者面するのはおかしいと思います。

ご意見お待ちしています。

gooドクター

A 回答 (14件中1~10件)

広島、長崎を自業自得と表現した、質問者に敬意を表します。


そいう見方は、必要だと思います。
しかしこの問題はもう少し多面的に考えるべきだと思います。

まず広島の被害者は、どう考えても被害者であることは、否定できません。

それは原爆投下が、国際法違反の市民の虐殺であって、そのことは国際裁判で裁かれるべき戦争犯罪だった、と言う意味です。

東京裁判はこのことから見て、無法な裁判だったと言え、被爆者はその被害者でもあります。

問題は我々生き残っている日本人として、どう考えるか?と言うことです。

我々日本人は、戦争を起こした張本人であることを忘れてはいけません。

日本国民はこの戦争を起こした当時者で、この意味で戦争責任があります。

だからその責任を取って、原爆を自業自得と考える気持ちは、理解できます。

だから今までの日本人は、原爆について、アメリカを恨むことをしないで、自分たちの責任だと思ってきたのです。

ところがのことについて最近の日本人はおかしくなっています。

その張本人が田母神氏で、彼はあの戦争はアメリカに挑発されてやむを得ず立ちあがった戦争だから、日本は悪くない、と言って、人気を博しています。

田母神氏はアメリカの国務省にソ連のスパイが居て、日本との戦争を起こさせようと画策し、日本を挑発したと得意げに、あちこちで言い続けて、国民の拍手を浴びています。

つまり原爆について日本に責任は無く、アメリカに責任がある、自業自得などというのは、とんでもない、非国民の考えだと言っています。

この見方はまことに軽率な考えなのですが、今の日本国民にはこの軽率さが見えなくなっています。

それは挑発されたことは事実としても、挑発に乗って、先に手を出した日本が馬鹿だった、ということに気が付いていないからです。

挑発に乗っただけだから、日本は正しかったなどという軽率な軍人が、日本を守っているのかと思うと恐ろしくなります。

あの戦争はやったことが間違いであり、真珠湾攻撃などと言う戦術をとったために、アメリカ国民の怒りを買い、広島の悲劇を招いたのです。

真珠湾が無ければ、アメリカ国民は、日本に対してそれほど憎しみも持っておらず、戦争をする気にはなれなかったのです。

真珠湾で大勝してしまったのが間違いでした。山本五十六長官の間違いでした。

「挑発に乗ってはいけない」という軍事判断は何時になったら、日本軍人のものになるのでしょうか?

要するに、戦争をしたことが間違いであって、その間違いの被害者が広島、長崎の人たちだった、と悟る必要があります。

今更アメリカを責めても、何の利益もありません。

お互いに戦争をしてはいけない、という教訓を得る以外に考えられることは無いと思います。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

貴方はいいことをおっしゃる。
本来ならベストアンサーつけて締め切りたい。
でも、もう少し、いろんなことの議論をしたい。

議論をしないで、一方的にものごとが
決まるのが一番恐ろしい

取り急ぎお礼します

お礼日時:2013/08/10 18:23

>>  国民の方にも責められるべき点はあったと思いますね >


 それらがあるとするなら、他国を侵略する要素その因子、軍閥およびそれらを煽動する者、それらを日本に於いては日本書紀の歴史それ以前から考慮処断するべきではないでしょうか。それらが綿々と他国侵略の血統を継いだと見える。諸国の内部および国際間でそれらを改質できなかった事、それがその民その権力_法の過失なのではないでしょうか。
 如かして、時代は地域地球を全滅となし得る核ミサイルの時代であり、その地球歴史的所産は、傷深手を負う事もなく双方を壊滅とする礎_金字塔とも見える。暴力凶器の終着ターミナル、歴史の賢者賢人への一つの回答_結果となり、愚かな歴史の抑止力_人々の暴力性その解散解放を見えるものとし、国際諸国平和大転換への指標にすらなるのではないでしょうか?
 一方、終戦当時はTVドラマおしん等で知るしか由がありませんが、当時の電話なり軽便鉄道なり教育背景では、日々仕事にも駆り出されていた事でしょうが、知る権利 が全うされていたとするのは全くの疑問ではないでしょうか。汗して働かされて、何の知らせもなく被曝した市民が殆どとも見える?
大正デモクラシーも、普通選挙も全くの未熟であったのでは?
{当時の翼賛体制に~} とありますが、現在でもあの政党あの政治では予算が削られるが人々の噂であり、当時の悪政は中央地方に限らず、食糧計画まで疲弊腐敗していたとなれば、追われる家畜の如くであったのではないでしょうか。
 責められるべきは、私利私欲//独裁、何千年にも渉る国家地域的軍事暴力放置、その遺伝の世襲ではないでしょうか。
 広島・長崎も運悪く選択されたに過ぎず、候補は他にもあったとなっていました。
No.7@2
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴方、頭いいね。友達になりたい。

お礼日時:2013/08/10 18:38

被爆者は被害者であることは間違いありません。


被害者面(づら)をするのはおかしいとのことですが、彼らは、こういうことがあったという事実を世界に伝えていく、それによって核兵器の再使用を阻みたいという崇高で明確な目的があるのです。これは日本国としての義務でもあるとわたしも思います。このことと先の戦争自体の検証とは無関係とはいえませんが、検証がされていないからといって前者の行動をしてはならないという理屈にはなりません。核兵器禁止は喫緊の課題であり、全世界の平和主義者が望んでいることでもあります。
そういうことよりも、日本政府がアメリカに媚びて核兵器禁止条約に賛成しなかったことの方が問題です。それとも貴方はアメリカ人で核兵器賛成派なのですか。それなら「被害者面」という冷酷な言い方が出来るのは頷けます。
    • good
    • 0

当時のわが国の状況を、現在の価値基準で判断されているのでしょうか。



当時は治安維持法などがあり、正しい情報は十分開示されていなかったと思います。したがって国民の多くは、当局の情報が正しいか否かも判りません。

戦後は、言論統制もなくなり、国民は自由に意見を言うことができます。また最近ではインターネットが普及して、色々な意見があることが判り、多面的な意見に基づく判断ができます。

当時の状況を現在の価値基準で判断することは、少々無理が生じるかと思います。

原爆の被害者の多くは、非戦闘員です。軍事施設をねらって投下したという意見もあります。しかし当時の米国の秘密文書が公開されて、新爆弾の実験として広島、長崎に投下したという事実が明らかになりつつあります。当時、米国は黄色人種の日本人に対する人種差別もあり、日本・日本人に対する被害にまで考えが及ばなかったのではないでしょうか。したがって被爆者は、やはり被害者と考える方が自然ではないでしょうか。

韓国人の一部とは異なり、原爆の投下に対して、日本人・日本政府は米国に対して「賠償請求」をしてこなかったので、質問者のような意見が出てくるのはないでしょうか?被ばくの後遺症など、ひどい状況をご存じでしたら、「自業自得」とか「被害者面」という言葉はなかなか出ないように思います。
    • good
    • 0

お礼有難う



貴方の仰る理屈は理解しています。

(被害者面=自分自身を被害者だと認識している表現です。)

揚げ足を取るつもりは無いですが、、

>原爆投下は悪と考えます。
なら貴方は悪から痛みを受けた人々を悪からの被害者と思わないのですか?

>私は検証は不十分との認識です。

質問では「検証しないで」と仰っています。

ご自身の見解がブレ無い様に、もう少し他人の痛みをわかる人間になる事と、太平洋戦争の歴史事実をもう少し学ぶ事が必要だと思います。

長崎の平和祈念式典
せめて黙祷で被害者に哀悼を
    • good
    • 1

米軍が日本に対してやったことの最大の犯罪は、非戦闘員を大量に虐殺したことです。


(広島、長崎への原爆投下による20万人の虐殺、東京大空襲による10万人の虐殺、他の地方都市での虐殺多数・・・戸籍制度が整った日本での被害人数は紛れもない事実です。)
戦争とはいえこのことはアメリカという国家の犯罪であり、アメリカが東京裁判で「人道に反する罪」という事後法で日本の戦争責任を追及しましたが、そっくりそのままアメリカに対しても追求されるべきです。

日本によるハワイへの攻撃は軍事施設、軍艦などが主な攻撃目標であり、民間人に対する攻撃はありません。

>極論ですが、自業自得ではないでしょうか?
原爆攻撃が軍人、軍事施設のみを対象にしていればそういう言い方も正当化されるかも知れませんが、それ以外への攻撃となれば正当化される余地はありません。

アメリカは「原爆投下は戦争を早く終わらせるため」とか「アメリカ兵の犠牲を減らすためだった」とか言って正当化していますが、それはアメリカのみの言い訳であり公的には何ら正当化されるものではありません。

戦後日本国民がGHQの方針に従った左翼新聞の論調によって洗脳されているにすぎないのです。

答えは、非戦闘員の原爆被害に関しては、被害者の立場は不変です。
    • good
    • 0

>当時、日本人が戦争に至った経緯を検証しないで


>被害者面するのはおかしいと思います。

長い年月の間、様々な立場の人々が多くの検証を行っています。
あなたが不勉強なだけです。
また、被爆者が一方的に被害者としてアクションを起こしたのは、アメリカではなく事なかれ主義で無為に医療対策を遅らせ続けた日本政府に対してであり、それ以外は全て「核兵器廃絶」としての抗議活動です。
原水爆禁止運動がただの被害者抗議活動だとか左翼のアジテーションだとでも思っていますか?
参加すれば分かるでしょうが、記念日関連の各種シンポジウムはかなり専門性が高く、すでに国際学会の態をなしています。
冷戦時代に核兵器が使用されなかったのも、中国から核ミサイルが飛んでこないのも、もしかしたら彼らの運動の功績が幾分かあるのかもしれませんよ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>原水爆禁止運動がただの被害者抗議活動だとか左翼のアジテーションだとでも思っていますか?

そうは思っていませんが、戦前の国民がもう少し国に対して適切に行動したり、
あるいは国家が戦争を回避するように動いていれば
原爆の被害もなかったと思われ、悔しいです。

お礼日時:2013/08/10 18:19

 知る権利 というのがありますが、( 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF% … ) 、当時、ラジオ/テレビ/印刷物/インターネット/民主化etc. が未開であり、政府の煽動にみんな乗せられやすかったと言う事ではないでしょうか。それにより、兵は、桃太郎侍の鬼が島退治のつもりにでもなったのではないでしょうか?
状況を知らされずに、その理解が進められないまま、被災した人々は、被害者なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知る権利が制約されていたのはわかりますが、
準戦時体制下を除いて、
大正デモクラシーも、普通選挙の時代もあったでしょう?
政府の扇動にのったといっても、国民の方にも
責められるべき点はあったと思いますね。

お礼日時:2013/08/10 14:18

 戦争に至った経緯は「間違っていた」ともう誰もが認めています。


 民間人を攻撃対象にしてはならないという世界的共通概念を大目にみても、果たしてあの状態で原子爆弾投下の必要があったのかどうか・・・・。から議論しないと。

 どうせ落とすなら大本営に落とすべきでしたか?当時の技術ではピンポイントでは無理でしょうから、
 その他の民間人が巻き添えになることは明白ですよね。

 戦争を仕掛けたから原爆を落とされたんですか?

 それ以外の攻撃方法もあるのに?(東京大空襲など)

 どちらにしても、戦争をして被害をこうむるのは民間人です。

 戦争そのもののことととは区別して考えるべきではないでしょうか?

 戦後68年たった今になって新たな被爆被害が出てきています。
 MDSです。

 今でも終息していない問題なんです。

 これを国家戦略の被害者とせず何と呼びますか?

 日本人がどのくらい当時の正確な状況を知っていたと思いますか?

 原爆投下についてもビラがまかれたこともありますが、当時はそれを鬼畜米英として教育したのですから、信じないのもこれも国家の責任。

 よって、原爆被災者は「被害者」として位置付けるべきです。国家戦略の被害者でもいいでしょう。

 資料館を見ましたか?あれをみてもまだ自業自得だと言えますか?

 

 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつのひか資料館にいこうとおもいます

お礼日時:2013/08/10 14:15

まあ、通常兵器にしておけば、放射能の被害はなかったですからね。


結局、核兵器のない世界とか言及していますが、言葉だけです。
日本政府も痛いところを突かれたくないから適当にやっているだけです。

まあ、プロレスと同じですな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうお答えしていいか
わかりかねますが、御礼します

お礼日時:2013/08/10 18:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング