惜春鳥ってなんて読むの?

A 回答 (1件)

そのまま「せきしゅんちょう」だと思います。


「惜春鳥」という書名があって、その読みがそうでした。

下記URLに「惜春鳥」の説明がありましたので参照してみて下さい。

参考URL:http://www.j-text.com/q&a.html#q12
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行定勲←なんて読むの?

タイトルの通りです。読み方を教えて

Aベストアンサー

ゆきさだいさお です

参考URL:http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/146674/

Q「ハウルの動く城」 ハウルが鳥の姿で戦っていたのは、何故?誰と戦っていた?

ブームが過ぎた感もあり、今更な内容かもしれませんが、どうしてもわからないので、みなさんのご意見を聞かせてください。


(1)ハウルは(主に夜)黒いドアを通じてどこかへ出かけて行き、鳥の姿で戦っていましたが、これは誰を相手に、何のために戦っていたのでしょうか?

引越しをして、城の実質的な本拠地がソフィーの実家に移った後は、ソフィーたちを守るために戦っていたというのは理解したのですが、

始めの方で、ソフィーが城に住み着き始めた時点から既に、ハウルは鳥の姿になって出かけていますよね。
あれは何のためだったのでしょうか。

そもそも、ハウルは戦争が嫌いで、自由に生きたいと思っていたのであれば、とりあえず安全なところにいればいいのでは?
王様からの召集を拒否しているのに、自発的に(?)戦場に赴いている、という理由がよくわかりません。

「僕は十分逃げた。ようやく守らなければならないものができたんだ!君だ。」というハウルの台詞がありましたが、あんまり「逃げていた」ようには見えなかったのですが…(^_^;)


(2)それから、引越し後に城の本拠地であるソフィーの実家が、サリマンの手先と思われる魔物たちに攻められていましたが、ソフィーの実家はサリマンの国の対戦国にあるのでしょうか。
とすると、カブはソフィーの実家のある国の王子様だった、という理解でよいのでしょうか。


戦争については、原作には全くなかったテーマなので、解釈が色々あると思うのですが、みなさんのご意見を聞かせてくだると幸いです。よろしくお願いします。

ブームが過ぎた感もあり、今更な内容かもしれませんが、どうしてもわからないので、みなさんのご意見を聞かせてください。


(1)ハウルは(主に夜)黒いドアを通じてどこかへ出かけて行き、鳥の姿で戦っていましたが、これは誰を相手に、何のために戦っていたのでしょうか?

引越しをして、城の実質的な本拠地がソフィーの実家に移った後は、ソフィーたちを守るために戦っていたというのは理解したのですが、

始めの方で、ソフィーが城に住み着き始めた時点から既に、ハウルは鳥の姿になって出かけて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ!ハウルの動く城、とても好きなので私も考えてみました。

(1)
はっきりと映画の中ではでていないですが、ハウルが戦っていた相手はサリマンの手下や、他の魔法使いたちです。
私自身はハウルは戦争をやめさせたくて戦場に行っていたんだと思います。また、ソフィーと花畑にいた時に現れた軍艦に対して、敵味方は関係ない、人殺しめ、ということを言っていたので戦争をとめたかったと同時に、戦争をしている者を憎んで、彼等を倒しに戦場へ行っていたようにも思えました。

ハウルが「十分に逃げた」というのは、国からの招集を断っているのに正面をきって戦争反対というのを行動に起こしていなかったということではないでしょうか。
自分の代わりにソフィーに王様に会いに行ってもらったということも逃げだったのでは。そこではっきりサリマンに伝えれたことで、ハウルも変わっていった気がします。
ある本には、ハウルは社会と積極的に関わるのを拒絶しているが、世捨て人にもなりきれない、とあるのでやはり中途半端な態度をとってきたことが「逃げ」であったんだと思います。

(2)
ソフィーの実家はサリマンの国の、対峙国ではありません。同じ国内にいます。ソフィーの実家がある国の首都がキングズベリーで、キングズベリーの王宮にサリマンは招かれています。
サリマンはソフィーの実家のある街を、ハウルがいるからという理由で攻めていたんだと思います。
また、カブはソフィーの実家のある国の、隣国の王子です。国に帰って戦争をとめると言っていたのでもしかしたら敵国の王子かもしれませんね。

長々と申し訳ありませんでした。
(1)については本当のところは分かりません。けっこう映画内ではっきり言ってない部分があるのでそこは観る側に考えさせようとしたのかもしれません。(2)については確かだと思います。

こんにちわ!ハウルの動く城、とても好きなので私も考えてみました。

(1)
はっきりと映画の中ではでていないですが、ハウルが戦っていた相手はサリマンの手下や、他の魔法使いたちです。
私自身はハウルは戦争をやめさせたくて戦場に行っていたんだと思います。また、ソフィーと花畑にいた時に現れた軍艦に対して、敵味方は関係ない、人殺しめ、ということを言っていたので戦争をとめたかったと同時に、戦争をしている者を憎んで、彼等を倒しに戦場へ行っていたようにも思えました。

ハウルが「十分に...続きを読む

Q「この世界の片隅に」という映画を観に行こうと思って居るのですが、原作を読んでから行くのと、原作を読ま

「この世界の片隅に」という映画を観に行こうと思って居るのですが、原作を読んでから行くのと、原作を読まないで行くのとどちらが良さそうですか?原作も読んで、映画も観に行った知人が私の周りに何人か居るのですが、ある人は「原作読まないと何言ってるかさっぱり分からないよ」と言い、またある人は「原作読んでからだと面白さが半減するよ」と言っています。どちらが良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

私は「原作読んでからだと面白さが半減するよ」派ですね。「原作読まないと何言ってるかさっぱり分からないよ」という人は、よっぽど映画やドラマや小説などを観たり読んだりしない人なのではないでしょうか。

原作漫画は現在本屋で売られてるのは上・中・下巻になってるもので、その長さなので当然映画に全部は収まりきれず、省かれたり変更されたりしたエピソードがあります。実際私は、映画→原作→再び映画という順にして正解だったなと思いました。

Q映画 姑獲鳥の夏に京極夏彦が出演しているのはなぜ?

映画「姑獲鳥の夏」に京極夏彦が傷痍軍人(水木しげる)役で出演しています。
どうして、この役で、原作者本人が出演したんでしょうか?
このいきさつを、教えてください。

Aベストアンサー

様様な経緯があるのですが、簡単に言うと「京極氏のセリフ発音が上手いから」「関わった映像化作品ではどこでもスタッフに原作ファンが多く、記念出演を乞われる事が多い」からです。

元を質せば、京極氏が97年に日本推理作家協会50周年記念公演「「文士劇・僕らの愛した二十面相」に強制的に参加させられた(笑)際に、経験がないにも関わらず台詞の発音がプロ並だったため、以後「ゲゲゲの鬼太郎/言霊使いの罠!」を始め、氏が脚本にタッチした映像作品では「長ゼリフの役は御自身でやっていただきたい」というスタッフの依頼を断れなくなってしまったそうです。
(膨大な薀蓄ばかりのセリフを俳優さんみんながイヤがるから、というのもありますが)

今回の役になった経緯は「京極氏が、絶大に信仰している水木御大に関わることだと絶対に断れない」のを知っているスタッフが仕掛けた罠だったと聞いています。

Q田舎でゴスロリっぽい格好をした女がヤンキー女と絡む映画ってなんですか?

田舎でゴスロリっぽい格好をした女がヤンキー女と絡む映画ってなんですか?

Aベストアンサー

「下妻物語」でしょうか?
http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E4%B8%8B%E5%A6%BB%E7%89%A9%E8%AA%9E/319259/
http://blog.goo.ne.jp/mfukuda514/e/58cd51f9310199827a42da3fec575e49


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報