本年4月よりグリーン購入法が制定されましたが、皆さんの会社での意識付けはどの程度でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最近は環境マネジメントシステムISO14001を導入する組織が、企業規模・業種・組織体を問わず増加してます。


このシステムの内容で、環境側面(環境負荷の抽出のシステム)や法的側面において、クリーン購入の取り組みを掲げる企業は少なくありません。位置付けは確実に高くなってます。
ただ、グリーン購入は、地球にやさしい商品購入だけをとりあげるのではなく、無駄に購入せずに、長期使用すること・無駄な消耗をさけるためリースを活用することもグリーン購入の一つです。コスト削減の厳しいおり、どの企業も経費・サービス調達費の削減を行っていますので、主旨はちがえど、グリーン購入は行っているのではないでしょうか。グリーン購入を推進しているグリーン購入ネットワークでは、最近グリーン購入の提議をこうした視点を取りいれたものになってます。
詳細は下記のURLを参照してください。
ただ、官もコスト削減を求めています。その一方、民間でも環境法規制が強まり、環境志向が高まる傾向にあるので、官と民もグリーン購入について、そんなに認識の差はないと思いますよ。

参考URL:http://eco.goo.ne.jp/gpn/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に明解な回答恐れ入ります。
本年の適用法であり、来年の社内監査では、是非取り上げてみたいと考えています。
有難うございました。

お礼日時:2001/12/25 18:30

私の会社は規模が小さいからかも知れませんが全く


考慮してません。日常に使う文房具は100円ショップで
買ってますし、業務で使う車も燃料費が安いという理由で
ディーゼル車です。こんな時代なのでどこもコスト最優先
じゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
一般的に当アドバイスのとおりだと思われます。
とはいっても法的な規制が無いものは法ではないので、官への仕入れ商品に対しては、きっと厳しい競争が発生していることが予測されます。
民と官では捉え方が違うと思われます。
引き続き、関心のある方の回答をお願いいたします。

お礼日時:2001/12/20 11:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリーンエネルギーについて調べているのですが、グリーンエネルギーを100Vコンセントで時間貸しで充電

グリーンエネルギーについて調べているのですが、グリーンエネルギーを100Vコンセントで時間貸しで充電したりパソコン使ったりできる場所というのは、存在するのでしょうか。

駐車場でグリーンエネルギーで車の充電ができるところはあるみたいなんですが、車の充電機は家庭用電源とは違いますよね。。。

Aベストアンサー

グリーンエネルギーだけを使った設備は無いでしょう。
一般には、グリーンと汚いエネルギーは混じった状態で、
送電されています。
ですので、
>駐車場でグリーンエネルギーで車の充電ができるところ

も、使用量に応じた、またはそれ以上の発電をグリーンで行ってますよ、
という意味で、実際に充電に使う電気は、グリーンと汚いエネルギーが混じった
電気です。

一般家庭の電力も、グリーンと汚いエネルギーが混じった状態です。

Qグリーン購入の目的は??

グリーン購入とはわかりやすく簡単にいうとどういうことですか?
目的としては何が挙げられ、将来的には何を目標にしているのですか?!
環境省のサイトなども見たのですが言葉が硬すぎるので一般にわかり易く教えて欲しいのですが。

Aベストアンサー

グリーン購入とは、環境負荷に配慮した製品を優先的に買うことです。

目的は、環境負荷に配慮した製品の売上げを増大させ、製造企業に環境負荷に配慮した製品をより多く販売する動機を与えることです。
将来的な目標は、あらゆる製造企業が環境負荷の低さを最優先で争う製品開発をするようになることでしょう。

グリーン購入を政府がやる場合は、率先してやることで政策の推進をはかる意味。
企業がやる場合は、環境配慮型企業としてのイメージ戦略の意味でしょうね。

Qグリーン購入法適合商品って?

こんにちは。
表題のままですが、ときどきグリーン購入法適合商品ってカタログに書いているものがありますが、これは、グリーン購入ガイドラインを満たしていれば、勝手にかいてかまわないものなんでしょうか。エコマークみたいに、どこかに届出がいるんでしょうか。

Aベストアンサー

「グリーン購入法適合商品」とは、法律などの規定はなく、事業者が自らの判断で基準に適合していることを主張しているものです。

基準は、基本的に、第三者が確認しうる内容で構成されています。
例えば、事業者に「適合している証拠を見せて下さい」と言えば、基準に対応した資料やデータが出されるのではないかと思います。

悪意を持った事業者が、基準に適合していないのにこのような名称を使っても、グリーン購入法では罰則が有りません。

他の法律に抵触するかどうかは、当方の専門外ですので分かりません。
「法律」のカテゴリーで、法に抵触するかどうか質問することをお薦めいたします。

なお、グリーン購入法の特定調達品目の基準に適合していると事業者が判断している商品については、グリーン購入ネットワークが運営している「グリーン購入法特定調達物品 情報提供システム」(参考URL)に登録されているものを確認いただくのが、確実ではないかと思います。

参考URL:http://www.gpndb.jp/gpn/view/gov_index.asp

Q日本年間風向き予測は?

原発の放射性物質の拡散は、風向きが非常に影響します。
日本列島の年間 風向きが知りたいのですが、
そのようなサイトはないのでしょうか?
これは、皆さん気にしている大事なことと思います。

また、本当かどうか、わかりませんが ドイツ気象台の
風向き予測(放射性物質拡散予測)も出ています。

http://atmc.jp/germany/
http://www.dwd.de/bvbw/generator/DWDWWW/Content/Oeffentlichkeit/KU/KUPK/Homepage/Aktuelles/Sonderbericht__Bild4,templateId=poster,property=poster.png


どうなのでしょうか?

ドイツのそれなりに信用できるところの発表であれば、日本の気象台も、否定するなり、肯定する
なり、した方がいいと思います。


出来るだけ、直感的にわかるようなところがあれば
教えて下さい。


http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/bild-750835-191816.html
これなどは、リアルタイムに表示されて わかりやすい
のですが、期間が短いですね。
年間通したものがあればいいと思います。

原発の放射性物質の拡散は、風向きが非常に影響します。
日本列島の年間 風向きが知りたいのですが、
そのようなサイトはないのでしょうか?
これは、皆さん気にしている大事なことと思います。

また、本当かどうか、わかりませんが ドイツ気象台の
風向き予測(放射性物質拡散予測)も出ています。

http://atmc.jp/germany/
http://www.dwd.de/bvbw/generator/DWDWWW/Content/Oeffentlichkeit/KU/KUPK/Homepage/Aktuelles/Sonderbericht__Bild4,templateId=poster,property=poster.png


どうなのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

ああ、それ、私も気にかけてますね。回答期待してます。
年間を通して、どのような風向きが日本各地において多いのか。。そういう風向き傾向を知りたいという事なんだと思います。
今は3月から4月にかけての風向きなので、春夏秋冬と変化していかないのか?ということですね。

他の人への返信内容も読んでみたんですが、日本を除く各国の予報機関が出した数種類の予報は、概ね一致する傾向が高いですので、それらの予報は非常に高い精度で的中している「傾向」にありますね。
勿論、寸分の間違いもなく的中というのじゃないですが。

なお、西日本にバーッッと放射能雲が広がっていくここ2~3日の予報は、私が知る限り今度が初めてです。いつもこの傾向じゃないです。
これは、大部分の放射能雲が太平洋上に出て拡散していきながら北辺で西日本を襲うという流れ方ですね。
今また原発で大事故があれば、四国・九州・沖縄まで被災します。

また、放射能汚染が最も深刻だった事故当初の風向きは、北東への風と、南南西への風。
これで最初は宮城の牡鹿半島の方向へ向けて、次は関東地方全域へと向けて、放射性物質は拡散した。

関東地方が大汚染した時のは、各種の海外予報で正確に予報されてました。
凄まじい放射能雲が関東地方を襲ってましたよww
特に何故か東京にギュッと集中してましたね。末期色でした。
関東地方への風はかなり長い期間、断続的にも継続しており、その間も原発は水素爆発したり火事を起こしたりして、継続的に放射性物質を撒き散らしていました。
この時、関東地方が大汚染し、同時に飯館村や福島市のあたりが濃厚汚染したのでしょう。

ドイツやオーストリアでその関東大汚染の予報を行い、その予報の図柄を自分達で見れば、こりゃー絶対に予報をやめてはダメだな! と確信するでしょうよ。
ドイツ人やオーストリア人はそういう人達です。
まだその時の動画が残っておれば、それを見れば東京の人はビビリます。

日本にもSPEEDIというそれらに似た予報システムがあって、1日2回予報を出しているようですが、何ゆえか公表されていない。海外では「公表しないのはおかしい」と避難ごうごう… ご引用のニュースには書いてあります。
きっとバカ菅のオフィスパソコンの中では常時動いているんでしょうよ。
一人でそれを眺めて、突然泣き出したり、ニヤニヤしたりしているそうです。← コレ、多分、安住あたりがメディアにオフレコで流した情報による。(パソコンの中に何があるのか知らんが、話も聞かずにマウスをウツロな目で動かしてるそう)

ああ、それ、私も気にかけてますね。回答期待してます。
年間を通して、どのような風向きが日本各地において多いのか。。そういう風向き傾向を知りたいという事なんだと思います。
今は3月から4月にかけての風向きなので、春夏秋冬と変化していかないのか?ということですね。

他の人への返信内容も読んでみたんですが、日本を除く各国の予報機関が出した数種類の予報は、概ね一致する傾向が高いですので、それらの予報は非常に高い精度で的中している「傾向」にありますね。
勿論、寸分の間違いもなく的中という...続きを読む

Q本日、4/2(土)付けの読売新聞より

専門家の方が、「60ヘルツの電力を、中部電力から東京電力の鉄塔と変電所の施設を借りて、仮設の60ヘルツ用変電所を東電変電所の施設内に作って、東電管内の工場地帯に、緊急に供給すれば安上がりではないか?」という記事が、専門家の意見として載っていましたが、現実問題として可能なのでしょうか?半導体の工場や、両ヘルツ共用のモーターを持つ、重工業の工場などは、大丈夫でしょうが、家庭までひっぱるまでには、東電の電線の下に、西日本の電線をひっぱって、変圧器を両ヘルツ共用にして、流して、アンペアブレーカーを交換して、エレベーターのモーターに60から50にするアダプターをかませて…、など結構費用がかかると思うのですが…。どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

工場などで使われている三相交流電動機(モーター)は周波数が違うと回転速度とトルクが変動します。まともな工業製品が作れなくなります。

この学者はアホです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報