プロが教えるわが家の防犯対策術!

鉄道にお詳しい方、教えてください。

先日私鉄の京成線で最後部に乗りあわせたのでなんとなく車掌室を見ていました。
すると車掌スイッチ(と言うのでしょうか?ドアの開閉をするスイッチのことです)に鍵穴があり、キーを抜き差ししているのを見ました。

普段乗っている電車(山手線など)では見た記憶がないのですが、あれは何のためにあるのでしょうか?セキュリティでしょうか?京成線だけでしょうか?
なんとなく煩わしそうに見えたのですが・・・。

お詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

仕事で京成車の車掌スイッチを操作します。



車掌スイッチは、中の棒にドーナツ状の接点が付いており、その接点が電気回路を接するか、断するかによって回路を構成します。
その回路の構成によってドアシリンダーを動かし、ドアの開け閉めをしております。

車掌(私も含みますが、、、)が鍵を入れているのは、その棒をロックする為です。

電車のドアは、DSCという安全装置があり、京成車の場合は発車時は時速7キロ以上、到着時は時速5キロ以下でドアスイッチを誤操作してもドアは開かない様になっております。

しかしながら、ドア故障時などに電車を動かす際に、このスイッチがあると逆に電車を動かす事が出来なくなります。
その為、その機能をカットするスイッチがあります。

普段は封印してあり運転士が乗務前に必ず確認しているものですが、運転業務に「絶対~」といった言葉は無く、誤ってカットされている可能性も無い訳ではありません。

万が一カットされていても、鎖錠しておけばドアスイッチのシリンダーを誤操作してもロックが掛かるので開きません。

二重の安全対策と考えて頂ければと思います。

京成線や相互乗り入れしている各社の車両、取り決めがあり皆ドア鍵を必要としております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

車掌さんから回答をいただけるとは思いませんでした。
大変よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:50

質問者様こんにちは


鉄道車両の車掌スイッチは、鍵の抜き差しするタイプが本来の形です。
鍵穴に鍵を挿して、回すと上下を貫いている棒状のスイッチが操作できる様になります。
これは、♯1さんのおっしゃっている通り、走行中誤ってスイッチを触ってしまっても、ドアが開いたりしない様にするためのものです。
また、昔は先頭車同士(もしくは先頭車と中間車)が連結するときがあり、車掌側(運転台とは反対側)は運転室の様に仕切れなかったため、(一般客室と同様の空間になってしまう)セキュリティーの意味もあります。
また、電車によっては、運転席と客室が明確に仕切られていない(路面電車の様な車両をイメージしてください。)車両もありますので、車掌が都度鍵を抜き差し、持ち歩きしてます。

最近のJRの車両は見ていると、ある程度の速度が出ると車掌スイッチのそばにある「走行中」という表示が点灯します。たぶん、速度と連動して、「走行中」が点灯しているときは、押しボタンを押してもドアは開かない様になっているのかな?と思います。(新型車両は詳しくないです。すみません。)

余談ですが、昔、私が学生時代、京成電車で中間に入っている先頭車の車掌室側に陣取り、車掌の雰囲気を味わったことがあります。
ドアの窓も下に開き、夏の暑い日でしたが、風が気持ちよかったのを覚えています。駅に到着したときは、動かない車掌スイッチに手をかけてみて、ドアを閉めるタイミングでスイッチを触りました。(当然スイッチは機械的にロックされていて動きませんが・・)もう気分は車掌さんでした。楽しかった思い出です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔の経験談も楽しく拝見しました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:49

ドアを開けるときにキーを差し込んでロックを解除しないとスイッチが動作しません。


JR山手線の車両ではキーを使用しませんが、ドアスイッチの開ける方には棒状の物が出ていて(ドアスイッチの下側に出ています)それを回して押し上げるという操作をします。単純に押し上げても上がりません。ガスコンロに火を付けるときにそのまま回してもダメで、押して回すと火がつくのと同じ原理です。(ちなみに、閉めるときは上側にある閉スイッチを押すだけで閉まります。)
キー方式は京成以外でも使っています。キーのない方式でも上記山手線の例のように 1.回して 2.押す などのダブルアクションが必要になっています。

なお、時速10km程度(会社によって違うようです)を越えると自動的に完全ドアロックがかかります。従って、この速度を超えるとキーを差す(山手線などは回して押し上げる)といったことをしてもドアは開きませんから、走行中に開く心配はありません。

走行中あるいはホームのない場所でドアが開くという現象は、乗客が転落する危険性が非常に高いので、このようなことが起こらないようにしている安全対策だと理解するといいでしょう。
例えば高架線で停止信号によって電車が停止しました。乗務員室では車掌さんがかがんで作業をしています。この時車掌のおしりがドアスイッチに当たってドアが開いてしまいました。止まっている電車のドアが開き、お客さんが次々と転落・・・なんて言うのも考えるだけでぞっとしますね。
煩わしくても安全のための配慮でそのようになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明でよくわかりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:49

3番ですが追伸



阪急電車は時速20Kになると、ドアロック(クルマみたい?)が働き、走行中に誤って車掌が「開」操作を行ってもドアは開かない構造になっています。
それでそのつどキーを抜き差ししないのでしょう。

「ドアロック」JRや他私鉄のことについては装備されているかどうか、よくは存じません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:48

大阪市交通局の地下鉄でも、一駅ごとにキーを抜いたり差し込んだりしています。



JR(W)では差し込んだままにしていますが、反対側のドアを開く時は反対側の操作ボックスに差し替えています。

一方、阪急電車ではキーを抜いた状態で左右両側のドアを開閉しています。
阪急電車は鍵穴がON・OFFとちらの状態に位置していても抜き差し可能になっていますが、前述の交通局やJRでは必ずOFFの状態でないと抜き差し出来ない鍵穴形状です。

ドアスイッチのセキュリティーに対する各社の考え方の相違だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

関西の情報を
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:47

京浜急行でも一駅ごとに鍵を挿してはプシューってドアを開けてましたよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

京急線にもあったのですか。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:46

 JRでもありますよ。


 セキュリティの意味もありますが、走行中に誤ってボタンを押し
ドアが開くと大変なことになりますからね。安全上の
配慮の意味が大きいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

セキュリティの意味もあったのですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車掌スイッチ

ある鉄道会社での話です。この会社の運転士のほとんどの人は、終着駅のひとつ手前で停車中に、車掌スイッチに鍵を差し込んで、そのまま終点まで運転する人がいます。ちなみにこの鉄道の終点は両側の扉を開けて乗降分離する構造の駅です。このような行動はいかがなものかと疑問に思いました。走行中に何かのトラブルでドアが開いてしまう可能性もあると思うのですが。一度運転席の後ろでこの行動を見ていて、見られていると感じたのか慌てて鍵を抜いている人もいました。他の鉄道会社でもこのようなことをするのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは、鉄道会社で車掌をしております。

まず、電車のドアはDSR(戸閉保安装置)というモノがあり、発車時は時速8キロ以上、停車時は時速5キロ以下で無いとドアスイッチを操作してもドアは開かない設計になっております。

従って、ドアスイッチに鍵を指しっぱなしでも、ドアが開く事態は基本的にはありません。

ただ、故障時を想定し、この戸閉保安装置を解除するスイッチもあるので、質問者様が仰るように宜しくありません。

ちなみに、車掌はドア鍵の予備を所持しているので、ドア鍵を1本無くしてもドアが開かないという事態はありませんし、予備の鍵を全て無くしたとしても、最前部運転席側で、運転士がCOS(前後切り替えスイッチ)を後位置にすれば、運転士側でドアを開けることができますので。

Q京成電鉄の社員。

いつも京成線を利用しているのですが、車掌の車内放送が早口で何言っているか聞こえなかったり、駅員が客に対してタメ口を使っているところをよく見ます。全員ではないと思いますが、京成の社員はJRやほかの私鉄の社員より態度が悪いように思います。
土地柄なのか社員教育のせいか・・どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
社員教育は、ごくごく当たり前の内容を行なっていると思います。

ただ、現場に降り社風に染まると、どのような形に変容するのかは判りかねますが。

京成線から来る列車の乗務員室に、京成の組合の機関誌が読めとばかりに挟まっている事があるので、社風を知る機会はありますが、知った所でどうしようもありません。

もし、不満をお持ちでしたら、それはココで経緯を聞くより、本社に意見された方がスッキリされるのではないでしょうか?
質問者様にとっても、満足のいく結果が出ると思いますが。

Q小開扉と全開扉

閉扉後、ドアに何かが挟まっている場合、再開扉する必要がありますが、それには、挟まっているドアだけ再開扉する「小開扉」と、すべてのドアを再開扉する「全開扉」があります。

さて、鉄道事業者により、小開扉で済ます会社と必ず全開扉を行う会社があるようですが、その運用の違いは何なのでしょうか?

また、鉄道事業者別の運用状況も分かれば、教えてください。(運用状況については、主に首都圏の鉄道事業者のものを希望しますが、他地域のものでも構いません。)

Aベストアンサー

用語の意味の違いを・・・
小開扉:扉が閉まった後に、全扉を少しだけ開閉。
再開閉:扉を閉めた後に、開いている扉だけを開閉。

103系にも再開閉ボタンはありましたよ。


なお再開閉ボタンは扉が閉まる前に扱うと、全扉の開閉ができます。
最近の列車はNFBがトリップすることはありませんから、再開閉ボタンを使って全扉を開閉していることが多いですね。

Q車掌スイッチ購入について

今度、パソコンで車掌スイッチを買うのですが、鍵が無いんです。「動作未確認」と書いてあるのですが、ちゃんと動かせるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。首都圏の私鉄で電車運転士をしております。

ドア鍵を使うタイプのドアスイッチですか。
もし鍵が無いのでしたら、あのスイッチ棒(開け閉めする際の棒)は物理的に動きません。

あのドアスイッチの蓋をあけると戸閉の接点があり、開け位置にすると接点が板バネで接触し、閉め位置にすると離れるという、実は簡単な造りです。

そのスイッチ棒には凹みがあり、ドア鍵を入っていないロック位置ではスイッチ棒に出っ張りが差し込まれて動かず、鎖錠を解除した状態では出っ張りが抜けてスイッチ棒が動かせるというモノです。
従って、ドア鍵が無ければ動かすことは出来ません。

>「動作未確認」と書いてあるのですが、ちゃんと動かせるのでしょうか?

この一節がどういう意味をさしているのか分からないのですが、
ドアスイッチとしての機能動作の確認は、実際の車両で本線に出すために列車として仕立てる場面でなければ確認のしようがありませんから「動作未確認」となるでしょう。
ただ、開け閉め位置にスイッチ棒を動かせるかどうかという事でしたら、ドア鍵が無ければ動かせません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング