先日、大画面テレビがたくさん置いてある店に行きました。
そこで店員に質問したのですが、
私は他の店でソニーのグランドベガを見て、あれは液晶プロジェクションテレビだが今までの液晶プロジェクションよりとてもキレイだったと言ったら、
「あれは液晶ではありません。プラズマと区別するためにリアプロというんですよ。」と言われました。
さらに、「液晶というのはプラズマの事をいいます。」と言われました。

リアプロ(リアプロジェクション)というのはその名の通り背面から投影するタイプのことを指すのだと私は理解していました。ですから映像表示部分が液晶であろうがフィルムであろうが、スクリーン背面から映像を投影しているもの全てを指すと思っていたのですが違うのでしょうか?
私がグランドベガは「液晶パネルを採用したリアプロ」ではないのかと言ったら、店員は「違います。液晶じゃないです。リアプロです。」の繰り返しでした。

先日からこの件がなんだか腑に落ちないので、お教えいただければ幸いです。

↓ソニーのグランドベガのページです
http://www.sony.co.jp/sd/products/Models/Library …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

その店員が言ったことに笑わせていただきました。

その方,何を勘違いしたんでしょうかねぇ?
SONYのグランドベガのページを見たところ,「デジタルハイビジョン対応LCDパネル」と書かれていたので,「液晶リアプロジェクションテレビ」と言うことになりますね。
で,液晶は液晶ですし,プラズマはプラズマですから,まったく別物ですよ。
プロジェクションとは,スクリーンに映してみるタイプのもので,それをスクリーン後部から透過してみるタイプを区別してリアプロジェクションと言いますから,うん,so0417さんの理解の仕方が正しいですね。
あと,SONYのプラズマテレビは,プラズマベガと言います,ハイ。
うん,自信持ってね。店員の間違いだから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が大変遅れてしまいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 01:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報