プロが教えるわが家の防犯対策術!

X線発生装置における、X線撮影用タイマとホトタイマ(フォトタイマ)の違いを教えてください。

A 回答 (1件)

X線撮影用タイマとは、X線照射時間を設定するタイマのことでしょうか。

そうだとすると、単純に撮影時間を設定するタイマです。

フォトタイマは、いわゆる自動露出装置です。
X線濃度を一定にするため、被写体の透過X線量により、撮影時間を制御するものです。

X線撮影中に、あらかじめ決めたX線量に達すると、撮影用タイマで設定された時間内でも、強制的にX線OFFさせます。

この装置により、被写体の厚みや密度が違っても一定の濃度の画像が得られます。

ですから、X線OFFを時間で制御するか、濃度(透過X線量)で制御するかの違いだと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/02/17 19:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング