「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

セルビア人のラスト・ネームは「~ビッチ」が付く事が多いですよね(ミドル・ネームじゃなくて)。
ストイコビッチ、ミハイロビッチ、サビチェビッチ、スタンコビッチ、、、、。
なぜなんでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


  まず、最初に、「ビッチ=ヴィッチ」には、「息子」の意味はないはずだと述べたのです。ただし、文法的な構成から、意味の上で、そのように理解すると分かり易い、説明し易く、そういう意味と理解されているということについては、そうであろうとは述べています。ロシア語父性称の語尾が、まず、「息子」や「娘」の意味はないと思うが、結果手に、そういう意味が出て来ているのであって、しかし、文法的にはそうではないのだろうと云う説明もしました。
  
  セルビア語(あるいは、名などは、セルボクロアティア語の問題になるのですが)での文法構造がよく分からないし知らないが、しかし、サンプル的に調べた主要単語や簡単な文章などの構造からするとロシア語によく似ており、語系統からしても、セルボクロアティア語は、南スラヴ語派で、東スラヴ語派であるロシア語とは確かに違うが、しかし、同じスラヴ語派である限り、ロシア語で言えることが、セルビア語等に適用して、相当な整合性があるなら、それは十分、説明の妥当性の可能性が高いというものです。
  
  ここまでは、検索エンジンの検索では何も調べていなかったのです。ただ、「イッチ」や「ヴィッチ」には、息子の意味はないだろうと云うことは、言語的に同系統のロシア語の父性称の構造を考えると出て推論できるのです。わたしは、ロシア語には、-ovich や -ich があり、この場合、-ov に -ich が付いているので、「息子」の意味がもしあるなら、-ich の部分で、しかしこれは、英語の -ish, -ic などと同じで、形容詞か何かの接尾辞で、「息子」の意味はないだろうと云いました。「属格(生格)的」な意味を持つ接尾辞だろうと述べました。ロシア語父性称の女性形の -na は、英語やフランス語の -in と似たようなものだろうとも述べました。
  
  そこで、以下、検索してみると、次のようなページがあります。
  
-----------------------------------
 
  まず、検索すると、どのページか分からなくなったのですが、(URLは記録したのですが、何故かページが出て来ないのです)、-ic, -vic は、son of とか、clan の名前だという説明をしているページがありました。しかし、これは、「結果的に」そういう意味が出て来たので、元々何であったのか、または、文法的に見ると何なのかという答えになっていないのです。
  
  そういうことの説明に、English という言葉を例にあげました。あるいは、Japanese でもいいです。Japan に「ese」が付くと、「人」とか「語」になる訳で、では、「ese」にそんな意味があるのかといえば、ないのです。これは「形容詞の接尾辞」です。
 
  とまれ、以下のURLで、-ic, -vic は、son of とか、clan の名前だと出ていました(これは、クロアティア語での話ですが、同じことです):
  
  http://archiver.rootsweb.com/th/read/CROATIA/200 …
 
  しかし、以下のURLのページでは、-vic に終わる姓、というか、「ボスニア人の姓」は、主にどういう風に造られているのか、文法的に説明しています。最後に署名しているのが、南スラヴ語系の名前の人で、英文が少し綴りミスがあるので(diminitive を duminitive と書いたりしていますが、ラテン語の語源からは、duminitive の方が正しい可能性があります)、多分、セルボクロアティア語を母語としている人ではないかと考えられます。少なくとも、文法的説明が行えると云うことは、その言語の文法は分かっていると云うことになります。
  
  以下のURLで、参考URLにも入れて置きます。
  http://www.rootsweb.com/~bihwgw/surnames/surname …
 
  書かれている文章全部を訳す必要はなく、また色々な実例をあげていますが、それも省略します。必要な部分だけ訳します:
  
  >Bosnian surnames are, same as in other south slavic regions, mostly ……
 
  (大意)
 
  >ボスニア人の姓は、他の南スラヴ地域におけると同様、誰か(ほぼ、男性に限定された)祖先のファースト・ネーム、綽名、職業に基づいて、大部分造られる。家族の名(ファミリー・ネーム)は、ほぼ80%のケースで、ファースト・ネームまたは職業[名]、または、これら二つの何らかの組み合わせ[名]の所有属格(生格)に、接尾辞 -ic を加えて造られる。このことを幾つかの実例で示してみよう:
  
  >kovac(職業-意味は、スミス[鍛冶屋])
  >Kovac の所有属格は、Kovacev で、接尾辞 -ic を加えると、Kovacevic(多分、もっともたくさんあるファミリー・ネーム)になる。
  
  >Adem
  >Adem の所有属格は、Ademov で、接尾辞 -ic を加えると、Ademov が Ademovic になる。
 
  (中略)
  
  接尾辞「-ic」の意味については、次のように説明しています:
  
  >……When suffix -ic is added, it has ……
 
  >……接尾辞 -ic が加えられると、名前は、(文法的に云えば指小辞は、少し違った形で作られるのであるが)、指小辞形の意味になる。
 
  (以下、文末の署名)
 
  >c 1999 Goran Kulenovic
 
  この説明で見ると、-ov, -ev は、属格(生格)語尾だということになります。ロシア語の「-ov」という接尾辞をわたしは考えましたが、これは「-由来の」のような形容詞を造る接尾辞で、「属格的意味」の接尾辞だと記しました。
  
  「-ic」は指小辞だということで、これは、例えば、上の例の Adem に付けると、Ademic になり、意味は、「アデム」という人名に対し、「小アデム」というような意味で、父を「アデム」、息子などを「小アデム」というのは、納得の行くことです(これは、例で、こんな姓があると云っているのではありません。-ev, -ov の形でない、所有属格形に -ic が付いた名が、「ヴィッチ」ない「イッチ」型の姓か、または上の例のように、所有属格を付けずに、直接 -ic を付けるのが、「イッチ」型かも知れません)。また、職業名にも付けるのですから、結局、「由来的子孫」の意味に大体なります。男性の場合は、「の息子」という解釈もできますが、別に男性の子孫にだけ付けるのではないということになります。(また、このことから逆に、ロシア語父性称の「-ich」も、指小辞ではないかという想定も出てきます。正確には、もっと調べないと分かりませんが)。
  
  なお、「ボスニア人の姓」の「ボスニア人」は何かということは、これは、現在のボスニア・ヘルツェゴビナのボスニア地方の人のことでしょう。問題は、上の語源説明は、何の言語での文法構造かということです。これは、ボスニア地方で使われているのは何語かで分かります。複雑なモザイクになっていた場合は難しいのですが、旧ユーゴスラヴィア領域は、色々な言語があると云っても、ロマンス語であるルーマニア語の一部使用を除いて、ほぼ「南スラヴ語派の言語」が使用されています。
  
  ボスニア地方では、「ボスニア語」などという言語はなく、ここは、セルビア語が主で、一部がクロアティア語です。しかし、この二言語は、元々セルボクロアティア語の二方言形であったので、ボスニア人の名前の文法説明は、セルボクロアティア語での文法説明となります。従って、同じ説明は、セルビア人の名にも適用できるのであり、どこの地域の人より、何語での名前の方が意味があるのであり、セルボクロアティア語でそうなら、セルビア人の名前も、そうだと云うことになります。
  
  なお、これも「受け売り」だということになるかも知れませんが、単に参考URLのページに書かれていることを述べているのではなく、スラヴ語派のロシア語での例を比較し、更に、原文は「ボスニア人」であるのを、ボスニアの使用言語は何かということからの適用可能性も述べているのであり、ただ、そこにそう書いているのでそうだ、というような単純な話ではありません。
  
  また、Goran Kulenovic という人が何か勘違いしているか、間違っている場合もあり得ますが、possesive genitive(所有属格または所有生格)という変な言葉を使っていることや、また元の英文サイトを見ると分かるように、もっと色々名前の説明をしており、オットマーン・トルコの影響で出来た名前も説明していますから、セルボクロアティア語を知っている人が、文法的説明をしているのであって、高度に確実性が高いです。genitive は genitive のままでよいのを、possesive genitive という二重表現をしているのは、「所有的属格」と「文法機能的属格」の区別のため、前者の意味だということを示すために、こういう表現を使っているか、または、セルボクロアティア語で、こういう表現があるのを、英語に訳して云っているのかも知れません。
  
  色々な面から考えて、高度な確実性があると判断できるということです。
  また、「ビッチ」とは、何かという答えも、ほぼ出ていると言えます。(「ほぼ」というのは、言語の語源解釈は、異説がありえるからです)。
 

参考URL:http://www.rootsweb.com/~bihwgw/surnames/surname …
    • good
    • 3

>セルビア人は同じ家族でも男と女でラスト・ネームが違うという事なんでしょうか?



セルビアやクロアチアの女性の名前がまとめてのっていそうなHPを探して見たら、ありました。そこにのっていたのは、クロアチア人ばかりで、Kresojevic、Vujcic、Cerin、Dlesk、Novak、Zuljicでした。これを見る限りでは「(ヴ)ィッチ」がわりと多そうには見えますね。イエリッチという女子バレーの選手もいたようです。ロシアでの父称と違って、クロアチアの姓では男女の区別はあまりないのかも知れません。現代のアイルランドやスコットランドでの、「Mac○○」や「O’○○」みたいに、男女共用で、だから「Clan of」なのかな?。いい加減ですみません。

>ミドル・ネームが「~ビッチ=(~の息子もしくは娘?)」というのは何となく分かったんですが、ラスト・ネームに「~ビッチ」がこれほど多いのはなぜなんでしょうかねぇ?

何故、セルビア・クロアチア人のLast Nameで、ロシアのミドルネーム(父称=乱暴に言ってしまえば敬称か?)と似たような付け方が多いのか、という事ですが、もっとわかりません。ある時点でロシア語の父称のつけ方が「輸入」されたのか、元々、「スラブ語」という根っ子の時代の共通点が、ロシア語の父称とセルボ・クロアチア語のLast Nameにそれぞれつながったのか、どちらなんでしょうか?
セルボ・クロアチア語の姓の「歴史」=一般庶民はいつ頃姓を持つようになったのか等=がわかれば面白そうなんですが。所詮「受け売り」の私にはお手上げです。すんません。

参考URL:http://www.mudokwan.at/austrian_open.htm
    • good
    • 1

 


  わたしが述べたことは、「ビッチ」には、「息子」の意味はないだろうということで、何故そうなのかを、ロシア語の父性称のでき方と、その起源についての考察から、説明したのです。しかし、「ミハイロヴィッチ」というような父性称は、「ミハイルの息子」というような意味になってくるのだということは述べています。そう考えると分かり易いというのは、結局、そういう意味あいを持って来るからです。しかし、このことと、「ヴィッチ」は「息子」の意味だは、別だと述べたのです。
 
  (なお、フランスのプロヴァンス地方では、いまもそうかは確実でありませんが、昔は、人を正式に呼ぶ場合は、母親の名前を付けたというのがあります。例えば、Claude de Marie というように呼んだようです。これは「マリーのクロード」が文字通りで、「de」は「-の」「-由来の」の意味はあっても、「息子」の意味はありません。しかし、クロードは男性の名ですから、Claude de Marie は、「マリーの息子クロード」のような意味が出てきます)。
 
  また、ロシア語とセルビア語は別の言語であるので、ロシア語で言えることがそのままセルビア語に該当するとは必ずしも言えないとは最初に述べていることです。しかし、語系統で云えば、両者はスラヴ語派に属し、実際、似た構造と語彙があるのです。また、セルビア人の代表的な「ヴィッチ」の名前と「イッチ」の名前を見ると、あまりにうまく、ロシア語の父性称のパターンに合っているので、偶然とは思えないということもあるのです(そのために、ロシア語父性称のパターンを丁寧に説明し、それと、セルビア人の名の語尾パターンを比較しているのです)。
 
  別の例えを云いますと、English というのは、名詞だと、「英語」と「イギリス人」です。では、「-ish」には、「言語」とか「人・民族」などの意味があるかと云えば、ないのです。これは、Engl から形容詞を造る語尾で、「イギリスの」という形容詞で、これを名詞にすると、もっとも考えられるのは、「イギリスに固有な何か」つまり、その「言語」と、その「民族」であるので、English に英語やイギリス人の意味があるので、-ish には、形容詞語尾の意味しかないのです。
 
  「-ov」という物主形容詞の接尾辞を説明した時、「出身の」という意味を示しました。ここまで詳しい意味は、元々ないと思うのですが、Rostov(ロストフ)という名であれば、形容詞としては、「ロストの」という意味で、アンドレイ・ロストフなら、ロストフを Rost + ov と考えると、「ロストのアンドレイ」ということになります。これは日本人の昔の呼び名で、出身地名を名の一部にしたのとよく似ています。相模出身の三郎なら、「相模の三郎」続けて「相模三郎」となるようなものです。
 
  -ovich などは、「……の」とか「……由来の」という意味が基本で、ミハイロヴィッチになって男性名詞の形になると、「ミハイル由来の男性名詞」ということで、これに合うのは、「ミハイルの息子」が丁度相応しいので、オヴィッチに「息子」のような意味があるようになってくるということです。(しかし、上のプロヴァンス方言の Claude de Marie ように、単に、「de」のような意味しかない可能性が高いのです)。
 
  元々、地名とか、人名の形容詞形で、属格や生格のような、「由来」「出身」「起源」的な意味の形容詞だと、その名詞形は、「由来のもの」「出身のもの」になり、English で説明したように、「アングル由来・アングル出自」というと、代表的には、言語か、人・民族のことになるので、アングル語、アングル族となるのです。従って、属格(生格)的意味の形容詞生成語尾には、名詞化した時、男性名詞や集合名詞になる場合、この語尾に、son of とか、clan of という意味が出て来るのは或る意味自然なのです。しかし、この接尾辞に、元々、son や clan の意味があったかというと、英語の Johnson のように、息子の意味があったような場合もありますが、なかった場合もあるのです。なくても、属格(生格)だと、代表的に、そんな意味だというように、考えてしまうことがあるのです。
 
  こう云ったことは、かなり丁寧に説明したつもりですし、ロシア語とセルビア語では違うということ、しかし、最初に述べたように、同じスラヴ語派で、共通の文法構造と語彙を持ち、かつ、-ich, -ovich, -jevich という対応は偶然にしては出来過ぎているので、何かの関係があると想定せざるを得ないと記しているのです。必要な根拠データは提示し、何が言えないかの限界を明示しています。「オビッチ」は、おそらく息子の意味ではないだろうと記し、しかし、「含意」として、そういう意味になるというのも、そう述べています。
 
  (セルビア語とロシア語の類似性をいうのは、ごく僅かなデータしかありませんが、語彙などでも比較した上での話です。例えば、代表的な前置詞を比較すると、対応語が多いのです。そこまでは書きませんでしたが、少なくとも、わたしが述べたことが分からないのは、日本語がきわめて不自由なのではないかとも疑われます)。
 

この回答への補足

すみません。お礼を書いていませんでした。
有難うございます。

補足日時:2002/01/08 20:20
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いや~、すごい力作ですね。ビビリました。
結局のところ、どうなんでしょうか(笑)?

お礼日時:2002/01/08 20:20

これは間違い無く「完璧なまでの受け売り」ではありますが、「(ヴ)ィッチ」は「~の息子」という事で良いんだろうと私は思います。



理由は、

・ ロシア語での父称と同じように作られたと推測するなら、「○○(ヴ)ィッチとか、○○(ヴ)ナは、○○さんの息子さん、○○さんの娘さん、という含意」と考えられる事。(ロシア語の父称については、参考URLの前の方もご覧下さい。)

・ 自分のひいじいさんが1800年代にクロアチアからアメリカに移住してきた人が、「クロアチア語ではichやicは、son of あるいはclan ofという意味がある」と言っているHPを見つけた事(参考URLの後の方)

の2つです。

No.2の方の説明は、「ich(orヴィッチ?)自体に息子という意味は無いだろう」という説明にはなり得ても(私はただただ「そうなんですか」と伺うだけですが)、「ロシア人・セルビア人・クロアチア人にとって、○○(ヴ)ィッチと言う名前に、○○さんの息子、という含意があるのかどうか」はまた別の話だと思います。仮に、セルビア人に多い○○(ヴ)ィッチという姓が、元々は、父親の名前+ic(ich)だったと推定するのであれば、(ヴ)ィッチの元の意味がどうあれ、「○○さんの息子(あるいは一族)」という意味だろう、と言っても別におかしくないと思いますが…。

とは言いながらも、ロシア語の父称がどういう経緯でセルボ・クロアチア語の姓になったのか、そもそもロシア語の父称とそのような関連性があるのかどうか、について、私に自信があるわけではありません。(という訳で「自信なし」です。)

参考URL:http://www.din.or.jp/~suzurin/a_runa1.htm,http:/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有難うございます。
参考URLをチラと見たのですが、セルビア人は同じ家族でも男と女でラスト・ネームが違うという事なんでしょうか?
ミドル・ネームが「~ビッチ=(~の息子もしくは娘?)」というのは何となく分かったんですが、ラスト・ネームに「~ビッチ」がこれほど多いのはなぜなんでしょうかねぇ?

お礼日時:2002/01/08 20:24

 


  まず「自信がない」、としているのは、ほぼ間違いないとは思うのですが、セルビア語(またはセルボクロアティア語)の知識が基本的にないからです。従って、以下の話はロシア語での話で、セルビア語で、これが妥当かどうか分からないのです。
 
  しかし、セルビア語は、南スラヴ語派という、スラヴ語の分派に当たります。そしてロシア語は、ベラルーシ語やウクライナ語と共に、東スラヴ語派を形成し、その他方、ポーランド語やチェコ語が、西スラヴ語派を構成し、スラヴ語派は、現在存在するのは以上の三つに大まかに分かれ、互いにかなり似ています。そういう訳で、東スラヴ語派のロシア語の「父性称」で、南スラヴ語派のセルビア語の人名の説明が付くというか、そう考えると、かなり一致するのです。
 
  前置きが長いですが、No.1 の方が挙げられているページを見に行きますと、書いていることがどうもいい加減なので、どこかの受け売りだろうと思いましたが、その通りで、参考URLのロシア人の名前の作り方のサイトから、この情報を拾って来たようです。(ロシア語とセルビア語は違うという前提で、しかし、スラヴ語派だから、多分応用できるだろうというのなら未だ分かるのですが。わたしは、少なくとも、そういう前提で記しています)。
 
  とまれ、「ビッチ」は、恐らく「息子」のことではありません。二つの理由があります。(ロシア語と考えての話ですが)。一つは、ロシア語での父性称は、基本的に「母音+v+ich」という形をしているからです。更に、これは、おそらく「母音+v」+「ich」だと考えられる余地が大いにあります。「息子」という意味がもしあれば、「ich」の部分がそれに当たると思えるのですが、これは、息子という意味はないと思えるのです。
 
  しかし、具体的には、例えば、「イワン」という男性の息子の父性称は、「イワノヴィッチ」となるので、「ヴィッチ」が、「イワンの息子」の「息子」に当たるのだと説明されると、何か納得が行くのです。しかし、上で示唆したように、どうもそうではない可能性が高いということです。根拠を述べます。
 
  ユーゴスラヴィア系の姓で(これは、何かのスポーツの選手の名でした)、色々挙げていた人がいて、その姓の語尾パターンからすると、四つの形があるのです。つまり:
  1)クラリ
  2)デュキッチ
  3)ミロシェヴィッチ
  4)ミハイロヴィッチ
 
  以上の四パターンです。クラリは、「-イッチ」に終わっていません。あとの三つは「-イッチ」に終わっている訳で、更に、「-オヴィッチ」と「-イェヴィッチ」の二つのパターンがあるのです。ミロシェヴィッチというのは、セルビアだとかの大統領の名前でしたから、「-オヴィッチ」でない姓もあるということが分かるでしょう。最初のクラリは、パターンから外れるので、残りの三つを考えると、どうして、三つあるのかが疑問になります。
 
  「-ich」がそもそも何なのか、未だ分からないので、この文章も疑問形に留まるのですが、ロシア語の父性称のパターンは、実は四種類あります。語尾の形だけ問題にすれば、三種類です。次のようになります(ここでは、父性称女性形は省きます。これは「-ich」形とは全然違うパターンなので、「ich」は息子の意味はないという想定の根拠にもなります):
 
    父親の名の語尾            父性称男性形
  1)-a,-ja が語尾  → -a, -ja を取り -ich を付加
  2)-i,-ji が語尾   → -i,-ji を取り -jevich を付加
  3)子音       →  語尾に続けて -ovich を付加
  
  具体的に例を挙げると
  1)Iljja    Iljich
  2)Nikolaji  Nikolajevich
  3)Ivan    Ivanovich
 
  1)イリヤ   イリイッチ
  2)ニコライ  ニコライェヴィッチ
  3)イワン   イワノヴィッチ
 
  このロシア語父性称の三つのパターンが、上のセルビア人の名の三つの形:
  2)デュキッチ
  3)ミロシェヴィッチ
  4)ミハイロヴィッチ
  に丁度対応するのです。
 
  上のロシア語の三つのパターンの「イリイッチ」「ニコライェヴィッチ」「イワノヴィッチ」は、それぞれ「イリヤの息子」「ニコライの息子」「イワンの息子」だと考えると、よく分かるような気がするのですが、「ヴィッチ」が「息子」に対応するのではないというのは、父性称の作り方の規則からも言えるのです。父性称の語尾は、「イッチ」「イェヴィッチ」「オヴィッチ」なのです。セルビア人の名前も、この三種類があります。
 
  何故「イェヴィッチ」と「オヴィッチ」しかないのかも不明です。「アヴィッチ」「ウヴィッチ」「イヴィッチ」も可能なような気がしますが、聞きません(実際はあるのかも知れません。しかし、父性称の作成規則で、語尾は三種類のパターンしかありません)。
 
  これは、「イェヴィッチ」の場合は、「jev + ich」で、「オヴィッチ」の場合は、「ov + ich」、そして「イッチ」の場合、直接「-ich」が、「ov」を前に置かずに付いているのではないかとも考えられます。
 
  ロシア人の姓を考えると、「-オフ」に終わる名があるのに気づきます。例えば、トルストイの『戦争と平和』に出てくるロストフ伯爵が、この「オフ」の語尾です。他に、「-イン」に終わる姓、「-スキー」に終わる姓があります。これらは、代表的なロシア人の姓の語尾で、詳細は省きますが、こういう「形容詞」作成語尾、また出身表示語尾があるのです。地名などにこれらの語尾を付けると、姓ができるのです。ラスプーティンやストラヴィンスキーのようにです。
 
  「-オフ」の場合が問題で、これは、子音で終わる名詞に付けて、物主形容詞を造る語尾です。地名に付けると、「……出身の」にほぼ対応する意味になります。この物主形容詞を造る設備語「-オフ」というのは、正確には三種類あって、「-jev, -jov, -ov」となります。「-イェフ,-ヨフ,-オフ」なのです。私たちは、「-ヨフ」と「-オフ」をまとめて「オフ」だと考えていたのだということになります。ロストフは、「オフ」語尾の例ですが、「ヨフ」語尾の例は、ゴルバチョフが実はそうです。
 
  ここまでは、文法的にロシア語で確認できているのですが、以下は、そこからの想定です。
 
  つまり、父性称は、物主形容詞語尾「-ov」に、英語で、-ic か -ish に当たる、これも形容詞語尾「-ich」を付けて出来ているのではないかという想定です。父性称女性形の場合、「-ich」の代わりに、英語・フランス語などで、女性形を作る「-in」に当たる「-na」が付加されているのではないかということです。そして、「イリヤ」のような名の場合、語尾が母音に終わるので、「ov」を付けずに、直接「-ich」を付けているのではないかということです。
 
  結論的に云えば、「-ビッチ」と付く名は、ロシア語の父性称に当たるものを名にしているので、これは、「-イッチ」「-イェヴィッチ」「-オヴィッチ」の三つのパターンのなかで、後の二つを考え、更に、特徴が日本人には、「ヴィッチ」部分に感じられるので、実は「-イェヴィッチ」「-オヴィッチ」の二つがあることが分からないのだということになります。
 
    • good
    • 1

過去に同様の質問がありましたので、参考にしてください。




http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=100385
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答有難うございます。
実は参考URLは既に見たんですが、ミドル・ネームではなく、ラスト・ネームが「~ビッチ」になっている理由をしりたいと思って、今回質問させていただきました。

お礼日時:2002/01/08 20:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユーゴスラビアの人の名前「○○ビッチ」

先日のキリンカップ、
ユーゴスラビアの選手のほとんどが「○○ビッチ」と、
名前に『ビッチ』がつくのですが、どうしてですか?
また、女性の場合も「○○▲▲▲」のように統一した呼び方があるのでしょうか?
一昔前の日本の「○○子」のようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

「ビッチ」は息子、「ブナ」が娘ですね。

ちなみにスラブ人は名前を「名・父称・姓」で呼称するそので、名前でお父さんがわかるそうです。
「ボリス・ニコライビッチ・エリツィン」
なら、エリツィン家の父ニコライの息子のボリスという意味です。

父がミハイルなら、息子はミハイロビッチ、娘ならミハイロブナと呼ぶそうですよ。

英語で言えば「●●ソン(son)」や「マク(mac)●●」みたいなものですね。
ジョンソン=「ジョンの息子」、マクドナルド=「ドナルドの息子」といた風に。
言語によっては「●●セン/ゼン(sen)」(アンデルセン=「アンデルの息子」)だったりします。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/k-taizo/russia5/russia5.html

Q~ビッチという人名

セルビアやユーゴスラビアの人には、~ビッチという名前が多いのですが、このビッチ(ヴィッチ?)とはどういう意味ですか。

Aベストアンサー

過去ログに同じ質問がありました参考までに・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=193545

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=193545

Q人名の~ビッチ

こんばんわ。
ふと気になったので質問させて頂きます。
どなたかご存じでしたら教えてください。

旧ユーゴスラビア人の男性の名前には~ビッチという人が
多く、それは男の子を意味するというのはなんとなく知って
いました。日本人でいう~男というような意味合いでしょうか。

それで、こないだ女子バレー中継で、日本対セルビア戦を
見ていたのですが、セルビアの選手で~ビッチという人が
多くいました。

女性の~ビッチには何か別の意味があるのでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
「○○ビッチ」という苗字は確かにユーゴスラビアに多いですが、全体的に分布している訳ではなく、セルビアとモンテネグロ特有のものだと言われます。
「○○ビッチ」は「○○の子」という意味で、英語で言うところの「マック」や「サン」と同じです。
まだ苗字が固定化していない頃には父親の名前の後ろに「ビッチ」をつけて苗字の代わりに使っていたのです。
例えばドラガン・ストイコビッチでしたら本来は「ストイコ(?)の子のドラガン」という意味ですが、現在ではそれがある世代から固定化して苗字となっていますので、ドラガンのお父さんがストイコとは限りません。
「ドナルド・マクドナルド」が本来「ドナルドの子ドナルド」であるのと一緒です。
今でもロシアでは父親の名前に「ビッチ」をつけてミドルネームにします。
ボリス・ニコライェビッチ・エリツィンでしたら「エリツィン家のニコライの子ボリス」ということになります。
これを確か日本語だと「父姓」などと呼んでいたと思いますが、ユーゴスラビアのそれは父姓とは違い苗字ですから男女の別はありません。

QNIKEでおなじみの【JUST DO IT】とは・・・

NIKEのキャッチフレーズ?でよく聞く、

【JUST DO IT】

とは、和訳すると、どんな意味なのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します☆

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そしてやるだけさ」とか「行動に移すだけ」と言う意味合いにも使います。

さてNikeですが、私の知っているコマーシャルは野球場で4人の観衆の表情を見るだけのものと「いわくつきの物」があります。

画面が変わるたびに画面の中央にある小さな年も距離計みたいに変わります。 やるけのことさ、をこのように何年もやってきた、と言いたいのではないかなと思います。

余談が次の「いわくつき」のものです。 1990年になる前に(もうないキーをストップするものはいない」と言う時代ですね。 そのときに、アフリカの土着民に靴を見せているシーンなんですが、(マーケティングとしては、靴を履いていないから売れない、ではなく、靴を履いていないから売れる!!!と言う観念を引っ掛けていたんだと思いますが) その画面で土着民の一人が彼らの言語で何かを言います。 その字幕として、Just do itが使われたんですね。 いくつかのシーンをもちろん撮ったわけですがこのシーン自体が一番よかったのでしょう。 しかし、後になって、その土着民がしゃべってのはJust do itを彼らの言葉で言ったのではなく、これは大きすぎるよ、と言ったと言うのが事実らしかった、と言うことでその時分はかなり話題となりました。 (ネットで検索すればまだその頃のことが残っているんじゃないかな)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そし...続きを読む

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

QD+サイドブレーキで信号待ちしてもいいですか?

1500ccの普通車に乗っています。
(タコメーターは付いていません)
免許はAT限定で、初心者です。

ちょっと長めの信号待ちをする時のことですが
「ブレーキペダルを踏み続けるのは、○○が伸びて
良くない。N+サイドブレーキで停まってもいいが
発進の時に時間が掛かるようなら、D+サイドブレーキ
でも良い。(その方が回転数は低くてすむ)」と
言われたので、そのようにしています。
(○○の部分は、はっきりと憶えていません)

↑私の馬鹿馬鹿しい疑問に答え続けてくれた人で
信頼していたのですが、最近退職されましたので
もうお訊きすることができないのです。

D+サイドブレーキ(ブレーキペダルは踏まない)で
停まるのは、私としては楽なのですが
周囲に同意してくれる人がおらず、少し不安です。
「ブレーキランプが点いていないと追突されるよ」
・・後続車が停まるのを確認してから
ブレーキペダルから足を放すようにしています。
「クリープ現象で進んだらどうするの?」
・・すぐにペダルを踏めるよう身構えてはいます。
「サイドブレーキを引きっ放しだとベルトが伸びるよ」
・・でも、完全停車の時は、引いていますよね。
前進しようとする車を止めているのが良くないのでしょうか?

また、急な(上)坂道でも
1,ブレーキペダルで停める
2,(Dのまま)サイドブレーキをいっぱいに引く
3,ブレーキペダルから、そろそろと足を放す
発進時は
4,アクセルをゆっくり踏む
5,サイドブレーキを戻す
としているのですが
「停まっている時もブレーキペダルを踏んでおくべきだ」
と言われ、迷ってしまいます。

つまらない質問で申し訳ありません。
車の仕組み等も絡めて、易しく教えて下さると
嬉しく思います。どうぞ宜しくお願いします。

1500ccの普通車に乗っています。
(タコメーターは付いていません)
免許はAT限定で、初心者です。

ちょっと長めの信号待ちをする時のことですが
「ブレーキペダルを踏み続けるのは、○○が伸びて
良くない。N+サイドブレーキで停まってもいいが
発進の時に時間が掛かるようなら、D+サイドブレーキ
でも良い。(その方が回転数は低くてすむ)」と
言われたので、そのようにしています。
(○○の部分は、はっきりと憶えていません)

↑私の馬鹿馬鹿しい疑問に答え続けてくれた人で
信頼していたの...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に推奨している使い方です
自身が先頭などで交差点の状況がよくわかり
短時間で発進というのであれば
Dレンジでフットブレーキ
比較的長い停車であればNレンジ
フットブレーキでもサイドでもOK

Dのままサイドはお勧めできません
そもそもサイドブレーキは前に出ようとする
車を止めようとする用途で使うものではありません
この状況は御発進を生む恐れがあるので
(サイドが甘かったり 微妙なアイドル変化で少し発進してしまった時にあわててアクセルを踏む恐れがあるからです サイドを引くという事はその時点で注意力が落ちるものです)

Pレンジを信号のたびに使う方が居ますが
間違った使い方です
機構的にもあまりよくありませんし
謝ってバックしたり
後続車へ迷惑やけんかの原因になります
ワタシ 前の車が信号のたびに(発進の際)バックへ入れるのでわざと嫌がらせをしていると思い 運転者を
殴った事があります(=今は反省)

Qトリビアの泉でなんとかビッチばかりだった国ってなんでしたか?

タイトルどおりなんですが、今日のトリビアの泉でワールドカップの選手がなんとかビッチばかりだった国ってどこでしたっけ?

Aベストアンサー

セルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)だと思います。

Qロシア人の名前

もし ご存知の方がいらしたら教えてくださいませんか。

私、バレエが好きなもので ロシア人の名前、
けっこう耳慣れてますが 名前の特徴が気になります
 ○○チェンコ(女性も チェンコ ロシアではなくその他の民族?)
 ○○コフ、ノフ、ネフ(女性はコワ ノワ )
 ○○ィ(トルストィ、モーストヴォィ、キュィ など
     女性は何でしたっけ?)
 ↑もしや同一?
○○スキー(女性は○○スカヤ)
○○パ(リエパ、プティパ 女性は???)
○○クス
○○ーキン(女性は キナ)
○○ビッチ
ちなみに ○○シビリ(ジュガシビリ、アナニアシビリ)
○○ゼ(シュワルナゼ、ツィスカリーゼ)は
グルジアだかアゼルバイジャン出身者だと聞きました

自分で調べろ 勉強しろって言われたらそれまでですが
それぞれ決まった意味があるのでしょうか・・・・
長々と羅列しましてすみません、気になったもので。

Aベストアンサー

-енко(~ェンコ)で終わる姓ははウクライナ系に多い姓ですね。もともとの意味は「~の子孫」という意味です。-вич(ヴィチ)も同様で、「~の子」という意味です。例えばサッカーで有名なシェフチェンコなどはそうですね。この姓は男女共通の形で用いられます。

ロシア系、ポーランド系、チェコ系によくみられる-ский(~スキイ)や-ски(スキ)(例:ドストエフスキイ)は「~の」という意味です(形容詞語尾)。-ский(スキイ)の女性形は-ская(スカヤ)です。例えば、ドストエフスキイの奥さんはドストエフスカヤになります。トルストイ(Толстой)も元は形容詞男性語尾です。なので、女性だとトルスタヤになります。

また、ロシア人によく見られる-ов(~ォフ)-ев(~ェフ)-ёв(~ョフ)-ин(~ィン)-ын(~ィン)(例:ゴルバチョフ、エリツィン、プーチン)も形容詞語尾(物主形容詞)が基になっていますね。女性形はそれぞれゴルバチョヴァ、エリツィナ、プーチナとなります。

また、ロシア人に関して言えばファーストネームでは男性は子音、-й(ィ)、-ь(軟音記号)で終るものが大半で、女性は-а(ア)、-я(ヤ)で終るものが多いです。日常会話では普通は愛称形をよく使いますので、男性でも語尾が「ア」、「ヤ」になることがほとんどです。例えばアレクサンドル(Александр)→サーシャ(Саша)、エヴゲーニイ(Евгений)→ジェーニャ(Женя)と言ったようになります。一人が複数の呼ばれ方をすることもあります。そのため、文学作品を読むときなどとても紛らわしいです。

ジュガシヴィリはスターリンの本名でもありますね。こちらはオセチア起源のグルジア姓といわれています「ゼ」(-дзе) и 「シヴィリ」(-швили)はどちらもグルジア系の語尾です。「ゼ」のもともとの意味は「~の生まれである」、「シヴィリ」は「~の子」という意味だそうです。

また、他の方の回答の中で、揚げ足を取るようで申し訳ないのですが、チャイカ(чайка)は普通名詞なので、雄でも雌でも同形です。

以前いくつか同じような質問に回答したことがあるので、参考までに貼っておきますね。

「各言語のdimunitiveについて」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1811555

「チャイコフスキー、ドストエフスキーのスキーの意味は」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1944009

「チェンコとは」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1711986

「オホーツク、イルクーツク」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2260008

-енко(~ェンコ)で終わる姓ははウクライナ系に多い姓ですね。もともとの意味は「~の子孫」という意味です。-вич(ヴィチ)も同様で、「~の子」という意味です。例えばサッカーで有名なシェフチェンコなどはそうですね。この姓は男女共通の形で用いられます。

ロシア系、ポーランド系、チェコ系によくみられる-ский(~スキイ)や-ски(スキ)(例:ドストエフスキイ)は「~の」という意味です(形容詞語尾)。-ский(スキイ)の女性形は-ская(スカヤ)です。例えば、ドストエフスキイの奥さんはドストエ...続きを読む

Q30代から勉強して、英語を習得された方いらっしゃいますか?

物心ついた時から海外の色々な事に興味を持ち始め、今では大の映画・海外ドラマ好きです。

ここ1年ほど自力で英語、特に文法より英会話重視で勉強しています。
映画や海外ドラマを字幕なしで理解出来たり、接客業のなかでふいの外国人のお客様と会話が出来たら…そんな想いが発端でした。

とりあえず、ユーキャンの教材から始めました。
自然な流れでリスニングが上達する良い教材なのですが、自分の発音・リスニングが実際ネイティブに通用するかどうか、試す場所がないのです。

その壁にぶつかって以来、有り余る向上心とは裏腹に自分にどのような勉強方法があっているのかわからず、現在色々な英語の勉強方法を模索中です。
英会話スクールに通おうとした時もありましたが、正直あまり経済的に余裕がないため、尻込みしてしまった感じです。

英語を習得されている方々はよく、現地に行ってネイティブな英語に慣れるのが一番と言われますよね。
私も確かにそうだろうと思うのですが、期を逸したというか…いますぐにすぐ実現する事は厳しいのです。

パスポートも持っておらず、海外旅行や留学とは無縁な生活を送ってきた私ですが、どういう形であってもとりあえず海を渡ろうと今少しずつ貯金はしています。

英語を話せるようになりたいという夢は、どんなにおばあちゃんになろうが諦めない自信だけは人一倍あります。
30代から英語の勉強を始めた方で、オススメの勉強方やためになる助言をしてくださる方がいらっしゃったら、宜しくお願い致します。

物心ついた時から海外の色々な事に興味を持ち始め、今では大の映画・海外ドラマ好きです。

ここ1年ほど自力で英語、特に文法より英会話重視で勉強しています。
映画や海外ドラマを字幕なしで理解出来たり、接客業のなかでふいの外国人のお客様と会話が出来たら…そんな想いが発端でした。

とりあえず、ユーキャンの教材から始めました。
自然な流れでリスニングが上達する良い教材なのですが、自分の発音・リスニングが実際ネイティブに通用するかどうか、試す場所がないのです。

その壁にぶつかって以...続きを読む

Aベストアンサー

なんとしても字幕なしで洋画を見たいと思い立って、30歳の誕生日に、独学で英語をゼロからスタートしました。
(学生時代は英語が苦手で、わざわざ2次試験に英語がない大学を探して受験したくらいでした。)

勉強を始めて15年以上になります。これまでに英検1級、TOEIC975点、通訳ガイド1級、通訳技能士2級などに合格しています。

私のつたない経験からアドバイスをすると・・・・、

リスニング・・・スクリプト付きのCDを繰り返し聴いて、音声と文字が完全に一致するようにします。
私はアルクの English Journal を使いました。スクリプトは、丁寧に辞書を引いて、CDの内容の意味を理解してから、あとは、ひたすら聞くことです。
なかなか成果はでてきませんが、ある日突然に、「耳からウロコがとれるように」(←変な日本語だが)英語が聞き取れるようになります。その瞬間には、体がふるえるくらいに自分で自分に感動します。
それからは、洋画、2ヶ国語のドラマ、インターネットラジオなどで、英語のリスニングの時間をできるだけとるようにしましょう。(もちろん、CDとスクリプトを使ったリスニングは平行して続けていきます)


単語とリーディング・・・週刊STを定期購読して、そこに出てくる単語は全部覚えるようにしました。
最初は、単語帳を作って、40個ぐらい知らない単語を抜き出します。それを1週間かけて覚えます。朝、昼、晩の食前食後、通勤途中、トイレの中などで、単語帳に目をとおす習慣をつけることが大事です。
1週間たったら新しいSTが届きますから、また、新たに単語帳を作って覚えます。
3年ぐらい続けると、STレベルでは知らない単語がなくなります。私はこのあたりで英検をはじめて受験したのですが(準1級)、問題文中に知らない単語はありませんでした。
この頃から、ペーパーバックや英字新聞をどんどん読むようにしていきました。

スピーキング・・・独学では話し相手がいないのが難点ですが、まずは、CDを使って、リピーティング、オーバーラッピングをひたすら繰り返します。
英語の学習を続けていけば自然と外国人との交流の機会も増えていきますから、そういう機会があれば、そこで日頃のトレーニングの効果を試すようにしましょう。

英語を学習する上で一番大事なことは、毎日続けることです。
英語に接する時間を最低でも2~3時間は取りましょう。
通勤時間、トイレの中、買い物の時間、家事の時間なども決して無駄に使ってはいけません。

海外に行かなくても、30歳から勉強をはじめても、独学でも、田舎暮らしでも、仕事を抱えていても、英語を身につけた人はいくらでもいます。
(なんといっても、私が『生き証人』ですから)

どんなにつらくても、あきらめなければ、かならず、できるようになります。

英語は、「できるか、できないか」ではなく、「できるようになるまで続けられるかどうか」です。
変な言い方ですが、「できるようになるまでやれば、できるんです」

がんばってください。

なんとしても字幕なしで洋画を見たいと思い立って、30歳の誕生日に、独学で英語をゼロからスタートしました。
(学生時代は英語が苦手で、わざわざ2次試験に英語がない大学を探して受験したくらいでした。)

勉強を始めて15年以上になります。これまでに英検1級、TOEIC975点、通訳ガイド1級、通訳技能士2級などに合格しています。

私のつたない経験からアドバイスをすると・・・・、

リスニング・・・スクリプト付きのCDを繰り返し聴いて、音声と文字が完全に一致するようにします。
...続きを読む

Q苗字が最初に来る国

日本、韓国、北朝鮮、中国、台湾、ハンガリーなどは人名の最初が苗字で始まりますよね。

同じように人名の最初が苗字で始まる国は他にどこがあるでしょうか?

確か、イランもそうだったような気がするんですが。
それと、アジア圏の国もそうだったように思いますがいかがでしょうか?

特にハンガリーのようにヨーロッパ圏でそういう国があるかどうか知りたいです。

Aベストアンサー

たしかベトナムも姓・名の順だと聞きました。参考URLにいろいろな国について書いてあります。

余談ですがフィンランドは一般的には名・姓の順なのですが、会話でたとえばミカ(名)ハッキネン(姓)である Mika Hakkinenを、Hakkisen Mikaという言い方をときどきします。日本語に訳すと「ハッキネンのミカ」という感じです。

また、お役所などから来る形式的な書類では Hakkinen Mikaというように姓・名の順のことがよくあります。こういうこともあってか、講演会などで出席者のリストを作るときに名前を書く紙を聴衆に回すと、姓・名の順で書く人と名・姓の順で書く人が混在していることがあります。

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~tokyo3/namae.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング