自分で考えた問題なんで、解けるかどうかも分かりません

「1辺70cmの正方形の内部(辺上含む)に、50個の点を適当にばらまく。このとき、2点間の距離がαcm以下になるような2点が必ず存在する。」
上記の主張が成り立つようなαの最小値を求めよ。

これの元ネタは、αでなく10√2 という具体的な値で、これが成り立つことを証明せよというものです。
この場合は、正方形を7×7=49個の小正方形に分けると、鳩の巣原理によって明らか、ということでした。
しかし、直感的に、これより小さな値でも成り立ちそうなので、この問題を考えました。
作ったはいいものの、私には解けそうにありません。
誰か代わりに解いてやってくれませんか?
できれば、高校レベルの知識で分かるように説明してほしいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

 


  これは、NGではなく、答えは、α=10√2 です。
 
  また、No.2 の人の言っておられることは、何か勘違いされています。49個の点を並べて、そのなかの任意の二点が、かならず、ある大きさ以上になる場合というのが、49個の小さい四角形の中心に点を置くことで、この時、点の最小の距離は10cmになります。これにもう一つ点を加えて、可能な最大の二点間距離を求めると、それが、10√2 cmです。つまり、最大にして、この値なので、50個のなかの二点は、どうしても、この値以下のものが必ず存在するのです。
 
  「適当にばらまく」とは、「ランダムにばらまく」ですから、この時、どうランダムにばらまいても、任意の二点は、最大で10√2 cmしかならないのです。二点の最小距離は、限りなくゼロに近づくものがあるでしょうが、「必ずそうなる」という訳ではありません。「αcm以下になるような2点が必ず存在する」とうのは、結局、上の答えの通り、α=10√2 cmです。これ以上(この大きさは除く)になることはないというのは証明されていますから、「この値以下になるような2点が必ず存在する」と言えることになります。
 
  分かりにくいかと思いますので、もう一度説明しますと、幾らでも2点は接近できます。しかし、必ず、0.1cm以下とかは言えないのです。ランダムですから、もっと大きな間隔が最小の2点間隔となる場合があり得るのです。何cm以下だと、必ず言えるかと云いますと、任意の二点は、10√2 cm以上は、大きな間隔になれないのですから、10√2だと、どんな場合でも、これ以下の二点間距離となるのです。
 

この回答への補足

問題の意図がうまく伝わらなかったかもしれないので、少し問題を書き換えます。

「50個の点をどのように並べたとしても、そのうち一番距離の近い二点を選ぶと、その距離はαcm以下となる。」
上記の主張が成り立つαの最小値を求めよ。

α=70√2で主張が成り立つのは明らかです。
α=10√2の時も証明できました。
このようにαの値を小さくしていけば、いつかは主張が成り立たなくなるはずですが、その境界線が知りたいのです。

"直感的に、これより小さな値でも成り立ちそう"と言いましたが、そのわけはこうです。
「」内の主張が成り立たないようなαの値に対して、以下のことが言える。
「どの二点をとっても、その間の距離がαcmより大きくなるような並べ方が(少なくとも一つ)存在する。」
しかし、ここで、どの二点間の距離も10√2より大きくなるように50個の点を並べるということは不可能だと思います。(紙に書いてやってみました)
もしできるなら、証明は終わりなので、その並べ方を教えてください。

それから、「>」と「≧」の違いはあんまり深く考えていませんが、あしからず。

補足日時:2002/01/08 14:01
    • good
    • 0

2点間の距離が全て10√2になる配置が存在するわけだから、αの最小値が10√2未満では成り立ちません。

    • good
    • 0

αcm“以下”になるような2点が“必ず”存在する-という問題なら


NGではないかと思います。

うまく説明できませんが(^-^;)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコインの敷き詰め問題

類似問題が質問No.194307
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=194307
にもありますがあえて質問させてください。

「14cm四方の正方形の中に一円玉(直径2cm)を互いに重なることなく何枚敷き詰めることができるか」

という問題です。化学の先生に出されて3日間悩んでます。よくある問題かと思ったら案外ネット上に情報がなく、
http://web2.incl.ne.jp/yaoki/acbox.htm
くらいしかありません。
49枚入るのは当然ですが、50枚入ることはあるのでしょうか。一円玉50枚で実際にやってみたり、一列あたりの枚数による一列の高さ、平均充填率などを求めて計算したりしていますが、惜しいところで必ずわずかにはみだしてしまいます。
14cm四方では無理なんじゃないかと思い始めているんですが、数学の先生が、ある数学者(?)が成功したというのを何かの本で見たことがあるというようなことを言うので、あきらめるにもあきらめきれません。出題した化学の先生も知っているというわけでもないようです。やってみたら入ったということですが、本人自身も上に参照してある「惜しいケース」だったのではないかといい始めてます。
本当は数学的な証明がほしいところですが、なくてもけっこうです。50枚入ったという方、もしくはその方法を知っているという方がいらっしゃったら教えてください。もちろん不可能であるという証明でもかまいません。よろしくお願いします。

類似問題が質問No.194307
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=194307
にもありますがあえて質問させてください。

「14cm四方の正方形の中に一円玉(直径2cm)を互いに重なることなく何枚敷き詰めることができるか」

という問題です。化学の先生に出されて3日間悩んでます。よくある問題かと思ったら案外ネット上に情報がなく、
http://web2.incl.ne.jp/yaoki/acbox.htm
くらいしかありません。
49枚入るのは当然ですが、50枚入ることはあるのでしょうか。一円玉50枚で実際にやってみたり、一列あ...続きを読む

Aベストアンサー

度々申し訳ありません。
逆に質問したいのですがhttp://web2.incl.ne.jp/yaoki/acbox.htm
の回答のプロセスはどうなっているのですか?

実際にやってみるのだったら出来るのではないですか?
まさに参考のページにあるような方法で。
だって枠自体正確じゃないだろうし
1円玉だって磨耗しているだろうと予想されるからです。
少しはみ出しているのでは肉眼で判別できないのではないでしょうか?

まるで議論する余地はなしですが
1円玉を立てて敷き詰めたら恐ろしいほど
たくさん敷き詰められますね。

Q13×13の正方形に直径1の円を敷き詰める

少し前に同様な質問をしました。

13×13の正方形に直径1の円を重ならないように
なるべく多く描いたら何個できるか、という問題です。

以前に質問した時に教えていただいたような方法では
13の場合はうまくいかないようで
素直に13×13=169個とした方が多くなります。

ところが5×8の長方形には41個が可能なことから
41×4+3×3=173個の円はかけると考えたのですが
これより多く円をかくことはできるでしょうか?

Aベストアンサー

このタイプの問題はcircle packingと呼ばれるもので現段階では個別に調べていく方法しかないようです。
私はこの分野の素人ですが興味があったので調べてみると以下のサイトを見つけました:

http://hydra.nat.uni-magdeburg.de/packing/csq/csq.html#overview

これを参考にすると181個([表のradius]*2*13≒0.03848*26≒1.00048のときで、182個になると[表のradius]*2*13が1を下回ってしまう)が最良でしょうかね。

Q箱に瓶を詰める問題

コンビニでビンを陳列している時に思いつきましたが
どうやって解くか全くわかりません。
有名な問題でしたらサイトや名前をお教えください。

縦・横の長さがそれぞれx,yの長方形に
半径1の円をなるべく多く敷き詰めることを考えます。

m,nを自然数として
x=mかつy=nならば敷き詰められる円の個数はmnであってますか?
次にx=mのまま、yのみを(n+d)に拡大したとき、敷き詰められる円の個数がmnを超えるような最小の実数dはいくつですか?
(そんな陳列は汚くて店長に怒られそうですが)

Aベストアンサー

>x=mかつy=nならば敷き詰められる円の個数はmnであってますか?
もっと入ると思います。

横8,縦5とします。下の詰め方では8*5=40個しか入りませんが,
上の詰め方では41個入ります。
横の必要長は,(1/2)+8*(√3/2)+(1/2)=7.928で8より小さいです。

Q大きい円の中に小さい円が何個が入るか?

例えば直径10ミリの円があって、その中へ直径0.5ミリの円がいくつ入るかということを算出する公式のようなものがあるのでしょうか?例題をあわせてご教授願います。

Aベストアンサー

#1です。
もっと半径比が大きいところまで(小円が500個まで)の
図が記載されたURL(下記参照)がありました。
それによれば、質問の例題では、337個です。(図は下記参照)
http://hydra.nat.uni-magdeburg.de/packing/cci/cci337.html

参考URL:http://hydra.nat.uni-magdeburg.de/packing/cci/


人気Q&Aランキング