パウンドケーキ、特にバターケーキをよく焼きます。いつもは金属製のケーキ型で焼くのですが、たまにプレゼントにも便利で手軽な紙製の型を使うと、レシピどおりの焼成温度、時間だと、金属製のものよりも焼きすぎのようなぱさつきを感じます。皆様はいかがですか?レシピ本でも、紙製のケースの使用方法にもそのような注意点を見受けたことがありません。皆様のご経験、アドバイス、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 やはり、ケーキは金属製の焼くのをお勧めします。

なぜなら、紙の型だと、ワックスがしてあっても、油分を紙が吸ってしまうから、どうしてもはさつくのだと思います。いろいろ試してみましたが、金属製の型がいいと思います。
 面倒でない限り、金属製の型でつくり、プレゼントには、別の箱に移して、ラッピングする方がいいと思います。最近は、手作りキットで紙の容器でセットで売ってたりするから、そういうので作ったって思われちゃうかもよ・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おっしゃる通り、紙に油分がしみてますね。それで生地がパサつくのなら一理あります。私なりには、熱伝導が紙と金属では違うからかな~とも考えていたのですが・・・   最近は100えんショップでも、ラッピングが充実してますよね。うまく利用しようと思います。 ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/18 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンタ紙詰まりエラー消えず。なんとかしたい・・・

先日もお聞きしましたが、エプソンのEP-702Aで、エラー表示「詰まった用紙と同じサイズの用紙を1枚縦方向にセットし、スタートボタンを押してください。」が出て、何度紙を入れてもこのエラーが解除されません。入れた紙が、紙送りされて、そのまま出てくるだけです。

エプソンのサービスセンターに問合せたところ、紙詰まりを検知しているセンサ不良が考えられるので、修理センターに出して欲しいとのこと。
ちなみに修理には、最低でも必ず約¥9,000ほどはかかり、それプラス修理費用、運賃などが加算されるそうです。

それだけの費用を出してまで修理する気はさらさらありません。間違いなく、新しいプリンタに買い換えます。

そこで、もう壊れても全然かまわないので、なんとか、上記のエラーを解除して、とりあえず印刷できるようにする方法はないでしょうか? 紙検知センサを殺すとか・・・。

なんでもいいので、お教えいただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買い換える最後の手段でなにか方法はないかって質問に
買い替えを勧めるトカ
回答になってないし
なにもアドバイスできないなら回答しないほうがいいんじゃない

ひまつぶし回答が最近多いですね・・
ま それはおいといて

どっちみち破棄の運命にあるハードを
捨てるまでになんとかしたい 気持ちわかります
せめて原因と対処法の糸口くらい見つかれば今後に活かせるでしょう

こういう場合私はとにかく分解します
本当に紙が詰まってのエラーなのか
センサーの誤動作なのか 興味ありですね

紙が見つかれば除いて手順通りに組み立てる
紙がなかってもキチンと組めば不思議と治る場合もある

センサー部分は正直わかりませんが
分解して仕組みとかいろいろ勉強に使えばどうでしょうか
偶然でも治ればokだし

破棄はいつでもできます
それまでにやることやって ダメでも今後のスキルアップに活かして下さい

こういう機械的なモンは目一杯能力を引き出してあげて
寿命までまっとうさせてあげる
いよいよダメになったら自分の勉強に使って終了させてあげる
納得できるまで自力修理可能ならおいこんで治す
そういうもんだと思います

とりあえずダメ元で分解組立を経験してみてはどうでしょうか

買い換える最後の手段でなにか方法はないかって質問に
買い替えを勧めるトカ
回答になってないし
なにもアドバイスできないなら回答しないほうがいいんじゃない

ひまつぶし回答が最近多いですね・・
ま それはおいといて

どっちみち破棄の運命にあるハードを
捨てるまでになんとかしたい 気持ちわかります
せめて原因と対処法の糸口くらい見つかれば今後に活かせるでしょう

こういう場合私はとにかく分解します
本当に紙が詰まってのエラーなのか
センサーの誤動作なのか 興味ありですね

紙が見つかれば除...続きを読む

Qパウンドケーキを1度に2つ焼く時の注意

こんにちは。
パウンドケーキを1度に2つ焼きたいのですが、
その際の注意点がありましたら教えて下さい。
何故かいつも中が生焼けで失敗してしまいます。
どうしてもうまく焼けないのですがなぜでしょうか。

また、小麦粉をいれてからさくっと混ぜる時の
さくっとは、ある程度混ぜないと粉がまざらない
気がするのですが・・・さくっと加減がいまいち
わかりません。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

パウンドケーキを一度に二つ焼くんですね、私もよくやりますよ。

生焼けになる原因で考えられるのは、
・オーブンの温度が高すぎる(表面だけ先に焦げてしまう)
・焼き時間が短い
・オーブン庫内の高さに比べて、ケーキ型が高すぎる(天井につきそう)
あたりじゃないでしょうか。

オーブンにはそれぞれ癖があります。
たとえレシピ本の通りの温度と時間に設定していても、火の周りが早いオーブンだと外側が先に焼けてしまって中が生焼けってことも。。。
一度試しにレシピの温度から10~20度下げ、時間を10~20分ほど増やして調整してみてはどうでしょうか。
(途中で串を刺したりして加減して)
私はお菓子作りで今まで3台のオーブンを使ってきたんですけど、2台目のガスオーブンは火がよく廻るものだったのでケーキやパイ類はたいていレシピ本よりも温度を下げて焼いてましたよ。それで出来上がりに何の問題も無かったです。

またNO.1さんも書いてらっしゃるように、上にアルミ箔をかぶせるのも一手ですよね。これは生地が盛り上がってある程度高さが出てからにしましょう。
パウンド型の周り全体をアルミ箔で覆ってしまう手もありますよ。

それから粉を混ぜるときの「さくっと」加減ですが、
私の信頼する本「お菓子作りのなぜ?がわかる本」(文化出版社)によると、
>一般に「合わせすぎると重いケーキになる」とか「さっくり合わせる」といわれているため、慎重になりすぎて合わせ方が足りない人が多いようです。
とありました。私も思い当たりました。
事前に粉をキレイにダマ無くふるってさえいれば、しっかり混ぜても重くはならないようです。ましてパウンドケーキは大量の油と粉を混ぜるんですから、おっしゃる通りある程度混ぜないといけませんよね。スポンジケーキとは違います。

ご参考になれば幸いです。

こんばんは!

パウンドケーキを一度に二つ焼くんですね、私もよくやりますよ。

生焼けになる原因で考えられるのは、
・オーブンの温度が高すぎる(表面だけ先に焦げてしまう)
・焼き時間が短い
・オーブン庫内の高さに比べて、ケーキ型が高すぎる(天井につきそう)
あたりじゃないでしょうか。

オーブンにはそれぞれ癖があります。
たとえレシピ本の通りの温度と時間に設定していても、火の周りが早いオーブンだと外側が先に焼けてしまって中が生焼けってことも。。。
一度試しにレシピの温度か...続きを読む

Qセンサの使用用途について教えて下さい。

・ 私なりに調べてみたのですが、各センサやスイッチが
  どういう用途で使われるのか、イマイチわからないので
  間違っていて、ほとんど選び出すことができませんでした。
  どうか、簡単の用途の説明つきで、お力を貸してください。

1・機械センサ
2・物体センサ
3・温度センサ
4・磁気センサ
5・光検出センサ

マイクロスイッチ/圧電素子/光学式変位センサ/ストレインゲージ/近接スイッチ/リードスイッチ/超音波スイッチ/ホール素子/硫化カドミニウムセル/磁気抵抗素子/光電スイッチ/静電容量型変位センサー/
熱電帯/フォトトランジスタ/タッチスイッチ

・ 機械センサはどういうものをさすセンサなんですか?
・ 物体センサとは、物体を確認するセンサという解釈でよいのですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

マイクロスイッチ:マウスのボタンやベルトコンベアーの通過物検出に使用されます。

圧電素子:強い荷重の検出、たとえば鉄工所の生産ラインやトラックの重量計など。

光学式変位センサ:いわゆるロータリーエンコーダです。パソコンのマウスや産業用ロボットに使用されます。

ストレインゲージ:大きくて硬い物体に加わる力の大きさを検出します。デジタル体重計や建築物、飛行機の羽などにかかる力の大きさを測定するのに使用されます。圧電素子による荷重計と置き換わりつつあります。

近接スイッチ:分かりません

リードスイッチ:ドアや窓の防犯センサー、工場ではベルトコンベアーの通過速度検出などに使用されます。

超音波スイッチ:?です。

ホール素子:CRTディスプレーなどの地磁気検出や、コイルと組み合わせて電力計や電流計に使用されます。

硫化カドミニウムセル:略してCdSです。街路灯のスイッチや、道路工事現場の誘導灯、

磁気抵抗素子:これはホール素子と同じだと思いますが良く分かりません。

光電スイッチ:物理の光を使った実験など、かなり特別な用途にしか使用されません。

静電容量型変位センサー:銀行のATMやパソコンのタッチパネル、防犯器具などに使用されます。

熱電帯:「ねつでんつい」(熱電対)ですね。高温や低温の温度測定に使用されます。鉄工所の炉や焼却炉の温度計測、物理の実験、宇宙開発などに使用されます。

フォトトランジスタ:フォトダイオードとペアになっているものはフォトカプラと呼ばれロータリーエンコーダの検出素子にも使用されます。テレビのリモコンの受光素子やなどに使用されます。

タッチスイッチ :インバータ蛍光灯のスイッチなどに使用されます。

マイクロスイッチ:マウスのボタンやベルトコンベアーの通過物検出に使用されます。

圧電素子:強い荷重の検出、たとえば鉄工所の生産ラインやトラックの重量計など。

光学式変位センサ:いわゆるロータリーエンコーダです。パソコンのマウスや産業用ロボットに使用されます。

ストレインゲージ:大きくて硬い物体に加わる力の大きさを検出します。デジタル体重計や建築物、飛行機の羽などにかかる力の大きさを測定するのに使用されます。圧電素子による荷重計と置き換わりつつあります。

近接スイッ...続きを読む

Qパウンドケーキとバターケーキの違いを教えて!

パウンドケーキとバターケーキの違いを教えてください。
形は同じなのになぜ呼び方が違うの?
知っている方誰か教えてください。
それと、紅茶を入れるとしたらどちらのほうがいいと思いますか?

Aベストアンサー

 お答えします。バターケーキと言うのは、普通のケーキにくらべてバターの割合が多いものを指します。
 基本的に、小麦粉=砂糖=バター=卵の重量が同じなんです。
 パウンドケーキもバターケーキと同じことです。
 なぜパウンドと言うかは、欧米で使われている単位pondから来ているからです。
 つまり全材料が450グラムずつだから、ポンドなんです。
 (でも変ですよね、日本語の発音ではpond=ポンドなのに、pond-cakeはなんでパウンドケーキ?)
 紅茶ケーキを作るとしたら、砂糖を小麦粉の約半分の量にするらしいです。
 ちなみにマドレーヌもシフォンケーキもブラウニーズもバターケーキの範疇に入るようですよ。

Q吸気センサとO2センサ

後輩のVitsは吸気センサの劣化(汚れ)で燃調が狂って(濃くなって)アイドリングで
俗に言うカブる状態になりセンサを交換しました。
しかし私が知る範囲ではマフラーのO2センサで燃調を確認して補正しているので
あまり吸気センサは関係ないような気もするのですが・・・
Vitsの事例で吸気センサとO2センサの関係を教えていただけると幸いです。
ご存知の方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ともに燃調に使用しているセンサです。

吸気センサーはビッツというより最近のトヨタ車はエアフロ(熱線式)です。
エアフロから吸入空気量をはかり、それとエンジン回転数から基本噴射量を作ります。
なのでエアフロは燃調の一番もとになる部分を作るセンサーです。

なのでここでの狂いは、根本的に燃調が狂うので不具合につながります。


そこからアクセル開度やエンジン負荷、吸入空気温度、冷却水温、電装作動有無などの補正をかけてくのですが
そこでO2センサーも補正するのですが、大きな役割としては排ガスの浄化のために
触媒がついますが、それが最も機能するのが理想空燃比付近なので、それにあわせて
補正する為にO2センサーで実際にはかって燃調補正するって役割がO2センサーの仕事です。

O2に不具合があると補正がおかしな補正になるのでよけいなおっせかい状態になって
不具合となる訳です。


参考にして頂ければとおもいます。

Q蓋付き紙製シフォンケーキ型

最近シフォンケーキ作りにハマっています。紙製シフォン型で焼いて友達にプレゼントしたりしてるのですが、
蓋付き紙製シフォン型がなかなかみつかりません。17cm-18cmくらいのものを通販しているサイトをご存知
ありませんか?

Aベストアンサー

[KIKUYA]にありました。焼成用ケースの欄 に18センチのものがあります。

「富沢商店」にもあります。
http://www.tomizawa.co.jp/catalog.asp?fCategory=packag

参考URL:http://www.cc-kikuya.co.jp/

Q圧力センサについて

圧力センサについて知りたいのですが、感圧センサとはどういうものですか。
また、感圧センサの圧力分解能とは何ですか。
おすすめの圧力センサがあったら教えてください。

Aベストアンサー

シロウト考えですが・・・
圧力センサ・・・圧力の値を測る物
感圧センサ・・・圧力の有無を検出する物(要はスイッチ)
圧力センサの分解能・・・測定値の最小単位
感圧センサの分解能・・・?(強いて言えばOFFからONになる値の最小単位??)

お薦めの圧力センサ・・・
用途・用法・条件、つまり、被測定物の物性(気体・液体・固体、危険物・耐食性等々)、温度、圧力(正・負、測定したいレンジ)、要求する分解能、等、色んな条件がありますので、何の何を測りたいと仰有らないと、お薦めは見つからないと思います。

取り敢えず、キーエンス、オムロン、サンクス(松下)等センサメーカーで、お調べになったら如何ですか?

尚、マットスイッチ等の(導電性ゴムを使ったスイッチの)メーカーは、まるっきり畑が違います。

違ってたらご免なさい。

Qシフォンケーキを紙の型で焼いた時の失敗について

このところシフォンケーキに凝っていろいろな味のものを作っています。
いつもは21cmのフッ素樹脂加工の型で焼いているのですが、先日はお友達にCDをお借りしたお礼にプレゼントしようと思い、12cmの紙の型(100均で購入)で焼きました。
焼き上がりまでは普段通りうまくいって、逆さにしてさましていたのですが、しばらくして見てみると外側が型から離れてしぼんでしまっていました。
内側と底はくっついていたので落ちはしませんでしたが、とてもプレゼントできるようなものではなくなってしまいました。

紙の型で焼くと、このようなことはよくあるのでしょうか?
もしかして、100均の紙型だからだめなのでしょうか?
紙なので型から離れるとは思っていなかったのですが、何となくつるつるしていてコーティングしてあるような紙だったのでそのせいかとも考えています。(でも、シフォン型なのに…)
紙の型で焼く場合に特に注意することや、うまく焼けるおすすめの紙型があればお教えください。m(_ _)m
また、紙の型でうまく焼けたという方以外にも、私と同じような経験がある方のお話も伺えればと思っています。

ちなみに、この失敗した型のその後ですが、型にはがれた外側の生地が張り付いていたので、ここに流し込んだら今度は張り付いてうまくいくかもしれないと思い、しぼんでしまったケーキを取り出して、その型にもう一度生地を流し込んで焼いてみました。(こうなるともう実験感覚です。(^_^;))
2回目に焼いた時は、1回目に焼いて型に張り付いている生地に2回目の生地がしっかりくっついていて、しぼまずにうまくいきました。

このところシフォンケーキに凝っていろいろな味のものを作っています。
いつもは21cmのフッ素樹脂加工の型で焼いているのですが、先日はお友達にCDをお借りしたお礼にプレゼントしようと思い、12cmの紙の型(100均で購入)で焼きました。
焼き上がりまでは普段通りうまくいって、逆さにしてさましていたのですが、しばらくして見てみると外側が型から離れてしぼんでしまっていました。
内側と底はくっついていたので落ちはしませんでしたが、とてもプレゼントできるようなものではなくなってしまいました...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、No.1です。  100均のでもだいじょうぶでしたー。ヽ@(o・ェ・)@ノ 何が、失敗の原因だったのか、、わかりませんが、(ごめんなさい)失敗はたまたまだったのではないでしょうか??  とりあえず、プレーンなシフォンを試しに焼いてみてはいかがでしょうか??ミルクテイ シフォンもおいしそうですね、、。私も、いろんなレパートリーを増やしたーい!!頑張って、失敗は成功のもとです。 

Qセンサの応答速度と得られたデータの処理の仕方についてなのですが、

センサの応答速度と得られたデータの処理の仕方についてなのですが、
センサの応答速度とは、センサに何か外乱を加えたとき
センサが反応し始めるまでの時間のことなのか
それとも、センサが反応しきるまでの時間なのかどっちなのでしょうか?

また、センサの応答速度が測定対象の経時変化速度よりも遅いと、センサとリンクしているA/D変換器の
サンプリング周期をいくら早く設定したところで、そもそもセンサが正しく現象の経時変化を追えておらず、意味がないと思うのですが、実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.2のご回答でも指摘されているように、ご質問には大事な情報がいささか足りませんね。
せめて、
・測定したい現象は周期信号なのかインパルス信号なのか
・問題のセンサの応答時間はどれくらいなのか(μsecなのかsecなのか)
・ON/OFFが測定できればよいのか、物理的変化量を測定したいのか。
・位相遅れが問題になるのかならないのか
……などの情報を付けてもらえれば、より適切な回答が寄せられたかも知れませんね。

> センサの応答速度とは、…… どっちなのでしょうか?

応答「速度」ではなく、ふつうはステップ応答の「時間」で表されます。
センサの仕様書には「応答時間」の項目に、その定義も含めて、値が出ているはずです。
ご質問の場合はアナログ量を検出するセンサのように思われますので、
ふつうはステップ状の入力を与えたときに出力が最終値の90%になるまでの遅れ時間Tで表されていると思います。
(ON/OFFの2値センサの場合は定義が若干異なってくるようですがここでは略します)

> また、センサの応答速度が測定対象の経時変化速度よりも遅いと、センサとリンクしているA/D変換器の
> サンプリング周期をいくら早く設定したところで、そもそもセンサが正しく現象の経時変化を追えておらず、意味がないと思うのですが、

そのとおりです。
ADCへの入力(=センサ出力)信号自体が既にナマっているのですから、サンプリングを必要以上に細かく刻んだところで、測定すべき現象をそれ以上に正確に記録できるわけではありません。

なお、入力(測定対象の経時変化)に対して出力(センサの応答)がどの程度まで素早く正しく追従するかを表すのには、ふつう「速度」ではなく、「周波数」で表します。
入力が、大きさ(振幅)は一定のまま周波数が高くなってくると、ある周波数を境に、上記の遅れ時間によって出力の方は追いつけずにだんだん大きさが小さくなってきます。
出力が本来の値から-3dB(=1/√2≒71%)に下がる周波数Fcを「カットオフ周波数」と呼び、周波数応答限度の目安とします。
(ただしこの時、入力に対する出力の時間遅れ(=位相遅れ)がπ/4周期生じています)

センサの応答特性が1次遅れだけと見なせるならば、
上記の応答時間(遅れ時間)をTとすれば、系の時定数τ=T/2.3
カットオフ周波数Fc=1/(2πτ)
でざっと計算できます。

実用上は、測定したい周波数をFとしたら、
信号の大きさだけが必要で位相遅れは気にしなくても良いのならF<Fc/3くらい、
位相遅れを起こしたくないならF<Fc/10くらい
に収めておけば、まあ安心というところでしょうか。

詳しくは「ステップ応答 応答時間 時定数 カットオフ」などでネット検索してみることをお勧めします。

ANo.2のご回答でも指摘されているように、ご質問には大事な情報がいささか足りませんね。
せめて、
・測定したい現象は周期信号なのかインパルス信号なのか
・問題のセンサの応答時間はどれくらいなのか(μsecなのかsecなのか)
・ON/OFFが測定できればよいのか、物理的変化量を測定したいのか。
・位相遅れが問題になるのかならないのか
……などの情報を付けてもらえれば、より適切な回答が寄せられたかも知れませんね。

> センサの応答速度とは、…… どっちなのでしょうか?

応答「速度」ではなく、ふつうはス...続きを読む

Qチョコレートケーキとバナナケーキのレシピ

あさってに友達のお家にお招きされ、作っていこうと思います。
おいしくできるレシピを教えて下さい。
チョコレートは、こくがあるビターな味がいいんですが。
バナナもバナナ味が濃いのがいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チョコレートケーキhttp://www.cakepia.info/cooking/search/detail.html?LM_ID=13

バナナケーキ
http://www.cakepia.info/cooking/search/detail.html?LM_ID=523


頑張ってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報