皆様はじめまして。

私が子供の頃、両親が離婚して父が親権者となりました。

その後父は再婚しました。(私は一人っ子です)
私はそのお嫁さんとは養子縁組をしておりません。

質問に入ります。
父の死後に相続関係で様々なトラブルが生じると思われます。

そこで相続の放棄を考えています。
父が生きている内に相続放棄をと考えましたが、少なからず
ショックを与えると思います。(なにぶん父は小心者なもので。。。。)

そのショックを与えないために父の死後に相続放棄をと考えています。

果たしてできるものでしょうか?

宜しくご教授くださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

相続放棄の申し立ては、相続開始から三ヶ月以内に被相続人の住んでいた地域を管轄する家庭裁判所に行き、「相続放棄の申述」という手続きを行うことになります。



相続放棄の手続きをすると、家庭裁判所から「相続放棄申述受理証明書」が交付されます。

詳しくはH.Pをご覧ください。

http://www.eiko.gr.jp/topics017.htm

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/kaji.nsf/ea1456 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 11:16

被相続人(父)が、健在なうちは、


相続放棄の申し立てはできません。

健在なうちに放棄をしたいのであれば、被相続人(父)に
遺書を書いてもらう必要があります。
もしくは、相続に対しての、欠格事項を満たす必要があるます。


相続放棄の申し立て
必要な書類を提出後、裁判官から直接、簡単な質問を受けます。
その質問にたいして、
遠まわしに答えず、冷静に、ありのままを答えてください。

私、個人の考え
言いたいこと、伝えたいことがあるのであれば、相手が生きているうちに言うべきだと考えるようになりました。
生きているうちに、言ってほしいと私は思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 11:17

相続放棄をするには、被相続人の死後3ヶ月以内に、家庭裁判所で、「相続放棄の申述」という手続きをする必要があります。


この手続きをすると、相続放棄の効力が発生し、家庭裁判所から「相続放棄申述受理証明書」が交付されます。

この回答への補足

早速のご返答ありがとうございます。

死後の手続きは生前と違いはありますでしょうか?
死後の方がややこしいのでしょうか?

補足日時:2002/01/18 20:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

もうちょっと詳しくお教え頂ければと思います。

お礼日時:2002/01/20 11:15

こんばんは。



結論から言うと出来ます。
ただし、期間が3ヶ月以内、となっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親権者の同意とありますが親権者とは親だけのことをさすのですか?

それとも兄弟で未成年以上ならいいのでしょうか?

Aベストアンサー

親権者とは通常は両親を差しますが、離婚、親の非行などの事情により、片方に指定されることがあります。
これは戸籍を見れば分かります。
戸籍に「親権者:母」などと成っていれば、この人のみが親権者であり、父親は親権を持たないことになります。
また、両親が死亡している場合などには後見人というモノが設定されます。
この場合も戸籍に「後見人:○山○太郎」などと記載されます。よって親権は○山○太郎氏にあることとなり、実親が居ても、親に親権はありません。
さらに、親(親権のある)が再婚したような場合、その親の結婚相手(継父や継母)には自動的には親権が発生しません。養子縁組をして初めて親権者となります。
レアケースですが、里親や児童保護施設の長には、親権の代行が認められる場合があります。

よって、兄弟では単純には親権が発生しないこととなります。戸籍上で「親権者 or 後見人」に指定されなくてはいけないのです。

ちなみに成人するか結婚すると、親権者を必要とはしなくなります。

Q相続の際相続放棄した親族に対してのお金

今年に入って父が亡くなり、一緒に生活していた長男(私)が遺産を相続することになりました。 遺産は不動産で5千万円弱、現金で約300万です。今回姉、弟は遺産相続放棄をすることで話し合いはすんでいるのですが、このような場合、相続放棄をした姉弟に対して、いくらかの金銭を渡したほうが良いのでしょうか。また、渡すのならば、金額はどれぐらいにすればよいのでしょうか。御存知の方おしえてください。

Aベストアンサー

かつては「家督制」で長男さんが全てを引き継ぐことが常識でしたが、
兄弟全員に相続権がある制度では、家業を全て長男が引き継ぐような場合、土地などを切り分け出来ないので逆に困ります。
「印鑑代」というような言い方で財産放棄した他の兄弟姉妹にいくらかのお金を支払う慣例もあるようです。
後々の火種にならないという金額は、いくらか? ですね。

不動産は5千万でもそれが直ぐお金になるのか、そして「気持ち」と言っても貴殿が出せる現金が如何程にもよると思います。
結論は場合によるので、「決まっていない」というのが答え。

私のオススメする点は、、
(1)不動産によって今後収入が継続的に発生するとしても(例えばマンションや駐車場) 今できる限りの金額であることを理解して頂いて
 相続問題を終わらせるようにする事。

(2)いくらかの現金をお持ちで、
(例えばご妹弟に1000万円づつ 出せるとか。。)
 あれば、ご自身が「もったいなかった」と思わない限り多く差し上げるのがよいと思います。
お金をもらって嫌な人は そうそういません。
感謝こそしても悪くは思わないでしょう。

(3)第三者を入れることもオススメです。
放棄の手続きの期限は過ぎていませんか。
過ぎていれば、分割協議をすることになりますね。
モメていなくても調停にして、裁判所で代償分を相続するものよいと思います。 第1回で調停は済むでしょう。

ご妹弟との関係をどうぞ大事に。。

かつては「家督制」で長男さんが全てを引き継ぐことが常識でしたが、
兄弟全員に相続権がある制度では、家業を全て長男が引き継ぐような場合、土地などを切り分け出来ないので逆に困ります。
「印鑑代」というような言い方で財産放棄した他の兄弟姉妹にいくらかのお金を支払う慣例もあるようです。
後々の火種にならないという金額は、いくらか? ですね。

不動産は5千万でもそれが直ぐお金になるのか、そして「気持ち」と言っても貴殿が出せる現金が如何程にもよると思います。
結論は場合によるので、...続きを読む

Q未成年者の法律行為に対する親権者の同意について

共同親権者(父母)のうち、父親が父親名義のみで同意をし母親は同意をしておらず、未成年者が契約をした場合、その後離婚等により単独親権者となったケースで質問です。

1)単独親権者が父親の場合、父親は取り消しができるのか。また、契約当時親権者だった母親は取り消しすることができるのか。

2)単独親権者が母親の場合、取り消しすることができるのか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨は良くわかりました。要は、「共同親権者のうちの片方(母親または父親)が、未成年者のした法律行為について、自己単独名義で同意した。この場合には、同意が共同名義で無い以上、無効であるため、未成年者の法律行為を、なおも取消できるのが原則だが、後に、その父母が離婚して単独親権者となった者が、この同意をした者か否かで、後に取り消しできるかどうかについての結論が異なるのか?」と言う事だと思われます。

実はこのような判例があります。「未成年者の後見人ではない者が、後見人として未成年者の所有する不動産を売却後、この者が現実に後見人に就任した場合には、就任と同時に売却の効力が発生する」(判例番号はすいませんがわかりませんでした) この判例とご質問の事例とでは、「未成年後見人」と「親権者」という違いはありますが、双方とも「未成年者の法定代理人」である事には変わりありません。つまり、「最初に権限なく行い、無効な行為だったからといって、その者が、後にその権限のある者に就任すれば、民法1条2項の信義誠実の原則から、その無効な行為が当然に有効になり、もはや取り消す事は出来ない」と言う事を意味しています。したがって、この判例に従えば、次のようになると思われます。

「母親(または父親)が単独名義で、未成年者の法律行為について同意したが、後に父母が離婚した」この場合に、

(1)同意した母親(または父親)が単独親権者となった場合→もともとの同意は単独名義であり無効であるが、同意した者自身が単独親権者となったのだから、民法1条2項の「信義誠実の原則」から、同意は当然に有効となり、もはや未成年者の法律行為を取り消す事は、信義誠実に反し許されない。

(2)同意していない父親(または母親)が単独親権者となった場合→同意していない者が単独親権者になったのであるから、(1)のような事はなく、その単独親権者が取り消す事が出来る。

なお、どちらの場合も、離婚後に親権者とはならなかった者は、親権が無い以上、取消は出来ないものと考えられます。

ただ、NO2さんの言われるように、果たして、このような事例において、「信義誠実の原則の適用をすべきなのか」という問題は残ると思われます。つまり「未成年者保護の趣旨」や「相手方保護の必要性の無さ」から考えれば、適用しなくてもいいのではないか、という考え方もあり得ると思います。

もう一つは、実は、「親権者の共同親権行使違反行為」(民法818条3項違反)は「絶対無効」であるとされていると言う事です。これに対して、後見人の権限無く行った行為は、原則どおり「無権代理行為」です。したがって、「共同親権行使違反」については、「絶対無効」である以上、「無権代理行為」のように、行為した者自身が権限ある者に就任しても、有効となるような効果は発生しない、と解することも出来ると思われます。

結局どっちつかずの結論になりますが、ご質問の事例がそのまま当てはまる判例等があれば、結論が出るのですが、「どちらとも言えない」、あるいは、私もNO2さんと同じように、「どちらの場合も、同意は無効のままで、単独親権者は常に取消できる」の方がいい解釈かもしれない、と考えています。

ご質問の趣旨は良くわかりました。要は、「共同親権者のうちの片方(母親または父親)が、未成年者のした法律行為について、自己単独名義で同意した。この場合には、同意が共同名義で無い以上、無効であるため、未成年者の法律行為を、なおも取消できるのが原則だが、後に、その父母が離婚して単独親権者となった者が、この同意をした者か否かで、後に取り消しできるかどうかについての結論が異なるのか?」と言う事だと思われます。

実はこのような判例があります。「未成年者の後見人ではない者が、後見人とし...続きを読む

Q父が亡くなって相続の手続きをするにあたり法定相続人全員の印鑑証明がいる

父が亡くなって相続の手続きをするにあたり法定相続人全員の印鑑証明がいると聞きましたが、病気が重く印鑑登録が出来ていない人の場合どのようにするといいのでしょうか?

Aベストアンサー

地元の役場にお問い合わせ下さい。
委任状をもって代理人が出向き、本人宛に届く郵便物をもってもう一度役所に出向くことと成るはずですが、代理で登録できる方法を教えてくれます。

Q戸籍記載文の読み方 養父と親権者

よろしくお願いします。

遺産相続関係で戸籍を追うことになり分からない記述があるため教えてください。

昭和47年1月17日「A」の養子となる縁組届出(代表者親権母)

昭和50年9月23日親権者を母と定める旨 養父及び母届出

以上が記載されているのですが、これは養子縁組をした時点では親権者が養父になり、後に母親が親権者に変更になったことを意味するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 戸籍の記載からすると、以下のように推測されます。

1.父と母は離婚して、母が子の親権者になった。
2.母はAと婚姻(再婚)した。
3.子(15歳未満)がAの養子となる養子縁組を母が代諾した。(代表者ではなく、代諾者ですよね。)これにより、子はA(養父)と母の共同親権に服する。
4.母とAは、子の親権者を母と定めて協議離婚をした。


民法

(十五歳未満の者を養子とする縁組)
第七百九十七条  養子となる者が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、これに代わって、縁組の承諾をすることができる。
2  法定代理人が前項の承諾をするには、養子となる者の父母でその監護をすべき者であるものが他にあるときは、その同意を得なければならない。

(親権者)
第八百十八条  成年に達しない子は、父母の親権に服する。
2  子が養子であるときは、養親の親権に服する。
3  親権は、父母の婚姻中は、父母が共同して行う。ただし、父母の一方が親権を行うことができないときは、他の一方が行う。

(離婚又は認知の場合の親権者)
第八百十九条  父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない。
2  裁判上の離婚の場合には、裁判所は、父母の一方を親権者と定める。
3  子の出生前に父母が離婚した場合には、親権は、母が行う。ただし、子の出生後に、父母の協議で、父を親権者と定めることができる。
4  父が認知した子に対する親権は、父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父が行う。
5  第一項、第三項又は前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、父又は母の請求によって、協議に代わる審判をすることができる。
6  子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。

 戸籍の記載からすると、以下のように推測されます。

1.父と母は離婚して、母が子の親権者になった。
2.母はAと婚姻(再婚)した。
3.子(15歳未満)がAの養子となる養子縁組を母が代諾した。(代表者ではなく、代諾者ですよね。)これにより、子はA(養父)と母の共同親権に服する。
4.母とAは、子の親権者を母と定めて協議離婚をした。


民法

(十五歳未満の者を養子とする縁組)
第七百九十七条  養子となる者が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、これに代わって、縁組の承諾をする...続きを読む

Q相続放棄をすると・・・

父が先日他界し、相続放棄を考えています。相続放棄をすると全ての財産と負の財産を放棄すると聞いています。父の厚生年金の扶養に入っていた母の年金なども放棄することになるのでしょうか?会社からもらえる死亡見舞金なども放棄しなければならないように思えるのですが・・・  どなたか詳しく教えてください。

Aベストアンサー

遺族年金などはお母さんの権利ですから相続放棄の対象ではありませんし、死亡見舞金金額とか性質にもるでしょう。

Q母子家庭で母親死亡後の親権者について

母子家庭で親権者である母親が死亡した場合、その後の親権者を前夫ではなく同居している自分の母(子にとっては祖母)にしたいのですが・・・

普通にできることなのでしょうか?
何らかの手続きをすれば(しておけば)可能でしょうか?
あるいは、前夫が親権を主張すれば、親権は前夫にいく可能性もあるのでしょうか?

解る方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

まずね、親権者になれるのは 親 だ け なの。だから、祖母が親権者になるには、孫を養子にして養親とならないと駄目なのね。それが1番の回答。
んでね、これは判例ないみたいだから確定的なことは言えないけど、両親が婚姻関係にない場合は一方の親の単独親権になるわけで、この親権者が死亡した場合は、審判で親権者をもう一方の親に変更することはできずに未成年後見が開始するってのが学説では通説なの。つまり通説的には、親権者の母親が死亡しても 父 親 は 親 権 者 に は な れ な い の。だから親権者が遺言で祖母を未成年後見人を指定しておけばそれでいいってわけ。それが2番の回答ね。

だけど、通説が未成年後見が開始するとしているとは言え、確立した判例でないからリスクが0とは言えない。
そうすると一番間違いないのはやはり祖母の養子にすることだね。もっとも養子にした段階で親権者は養親の祖母になっちゃうけど。あと、祖母が高齢だと次のことまで考える必要があるかもしれないね。

Q相続放棄できますか?

伯父が銀行の支店長の時、担保を取らずに巨額融資(50億位)をし、焦げ付き、懲戒免職になり、背任で逮捕されました。懲役3年を勤め、現在は公団住まいの年金暮らしです。不動産はすべて没収されました。
時々、銀行か債権団体?から借金支払いの催促が来ているようです。ここで質問です、伯父が死亡した場合、伯父の妻、や子は相続放棄をすれば良いでしょうか?刑事事件の場合は相続放棄は出来ないのでしょうか?
わかる方教えてください。宜しく御願いします。

Aベストアンサー

被相続人(亡くなった人)の債務の性質や原因に関係なく、相続放棄は出来ます。ただし、相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に手続きをしなければなりません。
具体的なことは下記ページをご覧ください ( ^^

相続放棄
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_13.html

Q親権者

親権者に断りも無く勝手な行動をした場合。問題有りますか?例えば学校に親権者の断りも無く、学芸会の手伝いに出たり、こちらは子供達が母親が学校に来る事事態嫌がって居るんで。父子家庭の父からの質問です。

Aベストアンサー

「親権者に断りも無く勝手な行動をした場合」
1.親権者に断りも無く(学校が)勝手な行動をした
2.親権者に断りも無く(同級生が)勝手な行動をした
3.親権者に断りも無く(児童が)勝手な行動をした
と言うぐあいに、三つの可能性が考えられます。

「学校に親権者の断りも無く」
最初の「学校に」の意味は?
1.学校が親権者に断りをせず・・・
2.誰かが学校を通しての、親権者の断りを取らず・・・
素直に読めば1.のようですが、「学校に」で「に」とあるので、2.の様でもあります。

「学芸会の手伝いに出たり」
で、手伝いに出るのは誰?
1.児童
2.学校の教員
3.同級生の母親
4.母親に限らない父母
の四つの可能性が考えれますが、文脈からは判断困難です。
もちろん、出る人によって意味が全く異なります。

「こちらは子供達が母親が学校に来る事事態嫌がって居る」
「こちら」って誰、児童? 質問者? 児童と質問者?
その次の文の嫌がっている主語は? 「子供達が学校に来る事を母親が嫌」? 「母親が学校に来る事を子供たちが嫌」? どちらにしても、「こちらは」という文との関係は?

ということで、何回読んでも良くわかりません。
もう少しわかりやすく書いていただければお返事もしやすいと思います。

「親権者に断りも無く勝手な行動をした場合」
1.親権者に断りも無く(学校が)勝手な行動をした
2.親権者に断りも無く(同級生が)勝手な行動をした
3.親権者に断りも無く(児童が)勝手な行動をした
と言うぐあいに、三つの可能性が考えられます。

「学校に親権者の断りも無く」
最初の「学校に」の意味は?
1.学校が親権者に断りをせず・・・
2.誰かが学校を通しての、親権者の断りを取らず・・・
素直に読めば1.のようですが、「学校に」で「に」とあるので、2.の様でもあります。

「学芸会の...続きを読む

Q相続権放棄について

去年祖母の父がなくなり、今日相続についての手紙が来ました。
祖母は相続権放棄をしたいそうなのですが、書類が難しくよく分からないので教えてください!

放棄したい場合、祖母の父が住んでいた場所の家庭裁判所に相続権放棄の書類を提出すればいいんですよね??
祖母の父は静岡で、こちらは東京なのですがこっちの家庭裁判所でも書類はもらえますか??

Aベストアンサー

相続放棄する祖母様は同居ではないのですか?ないのなら、次のようにしてください。

静岡の住所地を受けもつ家庭裁判所に電話して、手順を聞き、書類を祖母宅に送ってもらってください。届いたらあなた宛に転送してもらい、記入し、再度祖母宅に送り、ハンコを押してもらい、家裁に郵送します。家裁宛の封筒同封、ハンコ押す箇所をわかるようにしておきます。

郵便切手を予納していっさいがっさい郵送で手続きすることになります。


人気Q&Aランキング