親類から高さ50cmくらいの「もみじ」を鉢植えでもらいました。(そこの家にある3m程のもみじの枝を挿し木して根付かせたもの)
 本によると、庭に植え替えるタイミングとしては12月下旬/西日の当たらない所に植え替えるのが良い、とのことでした。住んでいるところは千葉県です。今年は暖冬なのでこの時期でも大丈夫なんじゃないかとも思うのですが、いかがなものでしょうか?

 同様に「ゆず(1m強)」と「紀州みかん(50cm)」の鉢植えもあります。これらは12月初旬に実のなっているものを植木市で購入しました。今の時期に植え替えをしても大丈夫でしょうか?

A 回答 (1件)

千葉県南部(最低気温0度以上)の場合には多少異なる可能性があります。



千葉県北部で最低気温が0度程度になる場合には.次のようになります。
芽の先がちょっと地面から出る程度まで.横に寝かせて.凍結しない深さで埋める(仮植)。

寒さが穏やかになった春先(春分の日では遅いかも知れません)に.適当な深さで植え直す。
これは.苗の場合に低温や乾燥に耐えられなく枯れる場合があるので.芽が出始めた頃(根が膨らんできた情態.根が育つ前)に植えると枯れないという性質があるためです。

気温次第でしょう。気温の情態でかなり大幅に変化しますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
う~ん、一か八かやってみなくてはならない状況ではなく、「庭が淋しいからそろそろ・・・」程度の動機なので、やっぱり春先にしようかなぁ。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもみじの挿し木について(盆栽)

盆栽2年生のものです。

もみじを挿し木にし、盆栽にする予定で、1週間前に10本ほど植えました。

Q1
挿し木にした場合、根が出るまでは、土は常に湿った状態で置き場所は日蔭のほうが発根しやすいのでしょうか?

Q2
3本はかれたようですが、残りのものは葉が元気だったので1本抜いてみて、根が生えているか確認しましたが、何も生えていませんでした。根が出るまでには1か月くらいかかるのでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 挿し木をした時は新芽が発生して成長を確認するまで絶対触ってはいけません。 わざわざ抜いて発根を確認するなど意味のないことです。
 そのまま養生管理して1年間は同じ場所におきましょうね。

Qもみじを先月末植え替えました

 3年前に青龍という紅葉を庭に植えました。ウッドデッキを作るために先月末移し替えをしました。本来は根に土を付けて移し替えるのが良いとはわかっていたのですが土にガラが混ざっているので根に付いた土を落とし、花壇用の土、腐葉土を混ぜた土に植え直しました。
 移し替えて10日目くらいで青葉に元気がなくなってしおれた感じなって来ております。もし、対処方法をご存じの方がいらっしゃれば教えてください。それともこの紅葉は枯れてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

極度の脱水状態に落ち入っていると思われます
根が回復するまでのあいだ 葉の量を削減して 水分の収支バランスをとります

今年伸びた新枝を つけ根から数えて 1,2節 葉にして 2 4枚残しに切ってください

それでも葉が枯れて来るようなら  葉を総べてとってください

葉がなくても根はある程度は伸びてきます
伸びてくれば 芽も吹いて 復活しますよ

Q西鶴の「世間胸算用」では、なぜ紅葉(もみじ)のことを木偏に色とかく漢字で表記するのか教えてください

井原西鶴の「世間胸算用」巻一の三「伊勢海老は春のもみじ(もみじの漢字は木偏に色とかかれている)」という話では、同じモミジでも木偏に色とかく漢字が使用されていますが、これは

なぜ、もみじは「紅葉」とせず木偏に色とかく漢字としたのか。何か意味に違いがあるのか、ご存知の方教えてください。僕は、大漢和辞典で調べてみましたが使い分けなど書かれておらず大変短い説明で終わっていたのでがっくりしてしまいました。

Aベストアンサー

「世間胸算用」で「モミジ」を「紅葉」とせず、なぜ「木偏に色」としたのかは、専門家ではないので知りませんが、西鶴に限らず、文学作品にはいろんな「国字」が使われていますね。

モミジは古い言葉で万葉集には「もみじ」と出ています。モミジは日本産の植物なので、もともと「漢字」はないので、誰がいつ作ったかは知りませんが「紅葉」としました。
「紅葉」と言えば「楓」と諒解されたのは、平安後期になってからだと、詩人・尾崎左永子さんのエッセイで知りました。
しかし、あかく色づくのはモミジだけではないので、その場合「全山紅葉コウヨウ」したという言い方をしますね。
西鶴はこれを嫌ったのかもしれませんね。

西鶴が「木偏に色」を初めて使用したかどうかは知りませんが、「紅葉」としなかったのは、私の想像ですが、ありふれた「紅葉」を使用したくなかったのではないでしょうか。

村に「木偏の色」で「むらもみじ」と読み、むらむらに(まだらに)紅葉した様子、また散に「木偏の色」で「ちりもみじ」と読み、地上に落ちた葉を意味するという「国字」もあります。
「木偏に赤」で「もみじ」とした人もいます。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/TAB01645/ohara/p09.htm

「世間胸算用」で「モミジ」を「紅葉」とせず、なぜ「木偏に色」としたのかは、専門家ではないので知りませんが、西鶴に限らず、文学作品にはいろんな「国字」が使われていますね。

モミジは古い言葉で万葉集には「もみじ」と出ています。モミジは日本産の植物なので、もともと「漢字」はないので、誰がいつ作ったかは知りませんが「紅葉」としました。
「紅葉」と言えば「楓」と諒解されたのは、平安後期になってからだと、詩人・尾崎左永子さんのエッセイで知りました。
しかし、あかく色づくのはモミジだ...続きを読む

Qチューリップを秋植えしましたが根付きません・・・。

チューリップを秋植えにしようと10月にプランターに植えたのですが、事件が起こり(http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1102073)その際に少しシャベルで土を掘り起こしてみたのですがなんとこの時期になっても根が出ていない球根が多く目立ったのですが、これから根付くという事はあるのでしょうか?日陰側のプランターはすでに確認した全部が根付いており動かない状態なのに対して日向側のプランターは土に埋まっているだけの状態なので簡単に動きます。そして、次々何者かに食べられています。

これらの未だに根付いていないチューリップの球根は春に花は咲かないのでしょうか?すでに死んでいるとか?それともこれから根付くのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

チューリップは寒さに耐えるという過程を経て、育っていきます。
日陰はその最中、日向はまだ、暖かい季節と判断して根を出していないのかもしれません。
(土中の成長は寒い時期に進みます。暖かくなるにつれて芽が出始め、茎→花が咲くという順番です。
ただ、花が咲くときに土壌に氷などを敷き詰めると、まだ寒い時期と勘違いをして蕾のまま、花が咲かないのです)

しかし、球根はまれに土中で腐ることがあります。
これを防ぐには土に埋める前に消毒剤(殺菌剤)などに一度、球根を浸してから植えるという作業をします。

球根の中でもチューリップは菌に弱いと聞きますから、腐ることも多いはずです。
これらのことから毎年、新しい球根を購入したほうがよいという方もいらっしゃいます。
(それだけ病気に罹りやすいのでしょう)

どの地域にお住まいかわかりませんが、もう少し様子を見てはいかがでしょう。
私も今、植えているのですが掘り返すことはしていないので根が張っているのかはわかりません^^;
芽はもちろんまだ出てないですね。
この時期で昼は20度近く、夜は8度ほどになる地域です(西日本)。
今年は変な気候が多くて植物全般の病害虫にずいぶん悩まされました><
先日までピーマン(夏野菜)がワンサカ収穫できるほどです・・・。

球根が食べられてる?に関してのご質問も拝見しましたが、
外から掘られている様子があるのか、中から盛り上がったように何かが出てきたようになっているのか・・・?
中からの場合だと害虫が住んでいる可能性がありますね><
この場合は、食すものではないので農薬の類を使用する手があります。
外からだと、ねずみ、カラス(?)などでしょう。
こちらも農薬の類を使用してみるのもいいと思います。
農薬の臭いなどで近寄らない可能性があります。

チューリップは寒さに耐えるという過程を経て、育っていきます。
日陰はその最中、日向はまだ、暖かい季節と判断して根を出していないのかもしれません。
(土中の成長は寒い時期に進みます。暖かくなるにつれて芽が出始め、茎→花が咲くという順番です。
ただ、花が咲くときに土壌に氷などを敷き詰めると、まだ寒い時期と勘違いをして蕾のまま、花が咲かないのです)

しかし、球根はまれに土中で腐ることがあります。
これを防ぐには土に埋める前に消毒剤(殺菌剤)などに一度、球根を浸してから植えるとい...続きを読む

Qもみじが枯れてしまいました

6月から鉢植えでモミジを育てていました。何も知識がない状態で、水をバケツでたっぷりあげていたせいで枯れてしまいすべて葉が落ちてしまいました。
根腐れした場合、何か処置はありますでしょうか?
是非ともアドバイスお願いします!!

Aベストアンサー

完全に枯れて再生しない場合は、植物が枯死(こし)すると言います。
質問者さんの場合、落葉しただけかもわかりません。
本来モミジは落葉樹です。

さて、本当に今お知りになりたいのであれば方法が有ります。

ポキンと小枝の先を折って枝の中の状態を見てあげてください。
まだ枝の中が青色(緑色かな)であれば枯れてはいません。
折っても折っても枯れ枝のように茶色く変色している場合はその部分には栄養分は吸い上げられない(完全に枯死)している状態です。

我が家の鉢植えのモミジも毎夕たっぷり水を与えていますよ。
排水さえしっかりしていれば大丈夫です。

恐らく何かのストレス(暑さ、一時期の乾燥状態、日照など)で
ただ落葉しただけだと思います。
この場合は、一時的なもので来年の春先には思い出したように新芽が吹き出します。

これからもあると思います、
どんな植物でもこうして健康状態を見てあげてください。
専門家は少し枝にナイフを入れて枝の中の状態を見ています。
この方法だったら、もし生きていればその枝自体も傷だけで済んで、
今後再生するからです。

完全に枯れて再生しない場合は、植物が枯死(こし)すると言います。
質問者さんの場合、落葉しただけかもわかりません。
本来モミジは落葉樹です。

さて、本当に今お知りになりたいのであれば方法が有ります。

ポキンと小枝の先を折って枝の中の状態を見てあげてください。
まだ枝の中が青色(緑色かな)であれば枯れてはいません。
折っても折っても枯れ枝のように茶色く変色している場合はその部分には栄養分は吸い上げられない(完全に枯死)している状態です。

我が家の鉢植えのモミジも毎夕た...続きを読む

Q1週間前に植えたつるバラの大苗を地植えに植え替えても大丈夫でしょうか。

約1周間前につるバラの大苗を10号鉢植えにしました。品種はアンジェラです。
これを地植えにしようと考えています。
それは,日当たりや,水やり,今後の成長を考えてのことです。
まだ,2月中なので,根は活動していないので,植え替えは大丈夫だと考えているのですが,どうでしょうか。
それとも,鉢植えで1年間育ててから,地植えにするほうがいいのでしょうか。
また,このアンジェラの大苗の他にも つるミミエデンという品種のバラも1週間前に鉢植えにしていますが,この品種は,あまり病気に強くないようなので,地植えよりも鉢植えで育てるほうがいいのでしょうか。
アドバイスよくろしお願いします。

Aベストアンサー

バラの植え付けは今が時期(休眠期)なので最適です。従いこの時期に苗木が多く売られています。
出来れば早いほうが良いと思います。
ミミエデンはどちらでも問題ないのですが、病気 特にうどんこ病が発生しやすいので
その対策(風通し、日当たり)に注意が必要です。鉢の方が管理がしやすいかもしれません。
庭植えなら 苗木ですので、雨の時の泥除けが必要かと思います。
鉢植えなら(雨除け、)日当たり、風通しと場合によっては早めの薬剤散布(春)で大丈夫でしょう。
時々ジョウロ等でシャワーも必要かと思います。(風通しは大事です。)

結構どちらも 日々の点検と早めの対策が好ましいと思います。
バラは比較的病虫害が多いので、放置は危険です。

Q柑橘類ともみじの植え替え時期

親類から高さ50cmくらいの「もみじ」を鉢植えでもらいました。(そこの家にある3m程のもみじの枝を挿し木して根付かせたもの)
 本によると、庭に植え替えるタイミングとしては12月下旬/西日の当たらない所に植え替えるのが良い、とのことでした。住んでいるところは千葉県です。今年は暖冬なのでこの時期でも大丈夫なんじゃないかとも思うのですが、いかがなものでしょうか?

 同様に「ゆず(1m強)」と「紀州みかん(50cm)」の鉢植えもあります。これらは12月初旬に実のなっているものを植木市で購入しました。今の時期に植え替えをしても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

千葉県南部(最低気温0度以上)の場合には多少異なる可能性があります。

千葉県北部で最低気温が0度程度になる場合には.次のようになります。
芽の先がちょっと地面から出る程度まで.横に寝かせて.凍結しない深さで埋める(仮植)。

寒さが穏やかになった春先(春分の日では遅いかも知れません)に.適当な深さで植え直す。
これは.苗の場合に低温や乾燥に耐えられなく枯れる場合があるので.芽が出始めた頃(根が膨らんできた情態.根が育つ前)に植えると枯れないという性質があるためです。

気温次第でしょう。気温の情態でかなり大幅に変化しますから。

Q植木 もみじの木

植木 もみじの木に先日アリが沢山いたので殺虫剤キクイムシ退治にアリアトールAタケダ園芸KKの物を散布しました
1週間後位から葉が一部赤くなり引っ張ると葉が簡単に落ちてしまいます
葉が青いところは直ぐに落ちません
しかし、だんだん赤いところが増えてきます
原因は根に近いところから木の皮にアリが入り込んでいたので、それを退治した殺虫剤だと思われます
対策の方法を教えて下さい

Aベストアンサー

 直接メーカーに電話して中和剤があるかどうか、または状況を話して対策があるかどうか聞いたほうがよろしいのでは。

 説明書はよく読まないとね。 ひょっとするともみじの表皮から薬剤が葉や根に回ったかもしれませんね。 

 もみじやカエデ類はある程度樹齢がかさんで来ると表皮がはがれるものが出てきます。 そこを隠れ蓑にしてアリはよく巣穴を作ります。 その場合は表皮を取り去って水分が停滞しないようなするのが一番です。 我が家でもイロハモミジに群れをなして行軍しているのを見るときは行き先を見つけて取り去ります。 その程度で終了でいいのです。 
 
 

Qもみじ葉ゼラニウムが大きくなりません

去年の春先に鉢植えのもみじ葉ゼラニウムをふた鉢
買ってきました。
鉢植えのアクセントにと思ってオリーブの木の
根元に寄せ植えしましたが、ちっとも大きくなりません。
日当たりは比較的良いところに置いているつもりですが、
二階のベランダの下なので半日陰になっているのかも知れません。オリーブの木は下枝を切ったので風通しはよいと
思います。肥料もマグアンプをあげてます。
葉の形がきれいでとても気に入っているので
単独でも一番良い条件で育てられる方法を
教えていただきたいです。
できればもっと増やしたいと思っているのですが、
他のゼラニウムのように挿し木で増えますか?

Aベストアンサー

 割と強くて丈夫なのですが、オリーブに栄養や水分を取られてしまっているのかもしれません。(オリーブは根が張りますから。)

 梅雨明け前に移植してあげたらいいと思います。もしそのままがよいのでしたら、葉差しして他の鉢で大きくしてみては?本当は子株が出るのを待ってこれを移植してやる方が簡単で確実なのですけど・・・

 肥料は液肥の方がいい気がします。花が咲いていれば1週間に1度くらいは必要と思います。(花期が長いですから。)

Q観葉植物の鉢を植え替えたいのですが、今の時期に行ってもいいものでしょうか?

自宅のウンベラータ、オリーブ、ガジュマルの鉢を、一回り大きい鉢に植え替えたいと思っています。
理由は、可愛い鉢に植え替えたいからなのですが、どうせならもう少し大きくなって欲しいので大きめの鉢に入れ替えを考えています。

寒くなってきたので時期的にあまり向いていないのかもと思うのですが、植え替え後は室内に置こうと思っているので植え替え可能かな?と思っていますがどうでしょうか。
今まではベランダの端っこで半日ほど陽の当たる場所に置いていました。水やりは10月からは3日に1回ほど。夏場も2日に一回ほどでした。

ガーデニングや観葉植物に詳しい方、是非アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私がよく参考にしてるサイトにありましたよ。
「ヤサシイエンゲイ」
オリーブはそろそろ植え替えの時期のようですが、他の2つは時期を過ぎてるようです。
ウンベラータ、ガジュマルは、クワ科の植物で育て方はゴムノキの括りになっているようです。
植え替え以外にも肥料の時期や、その植物の特徴なども書いてあり、便利ですよ。
一度見られては?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報